「北朝鮮の暗殺部隊に狙われている」ソフトバンクの孫正義社長が、米国の豪邸に身を潜めて帰国できない

2014年04月11日 05時57分48秒 | 政治
◆ソフトバンクの孫正義社長が、米国に行ったまま帰国する気配が窺えないことに、日本最大の金融商品取引所である株式会社東京証券取引所(東京都中央区日本橋兜町2−1 東京証券取引所ビル、略称「東証」)界隈のとくに証券業界では、「トップである孫正義社長が不在で、ソフトバンクの経営は一体どうなるのか。経営陣や幹部社員は、どうしていいか相当困っている。すでにソフトバンク株が売られ始めている。それにもかかわらず、孫正義社長は、何の手も打てないでいる。IT銘柄の代表的銘柄であるソフトバンク株が暴落すれば、子会社のヤフーはもとより、日経平均株価まで連動して暴落しかねない」と憂慮する声が、日々強まってきているという。
 孫正義社長が、なかなか帰国しないワケについて、兜町の大物証券マンが、驚くべき情報を「全国マスコミ研究会」に寄せている。
 「孫正義社長がいま、米国にいて日本に帰国できないでいる。米国ニューヨーク市のセントラルパークに高級マンションを持っており、西海岸のシリコンバレーには、豪邸がある。現在、シリコンバレーの豪邸に身を潜めて、ボディガード10人を雇い、守ってもらっている。日本に帰国できないのは、命を狙われているからだ。銃社会の米国では、銃を持っているボディガードに身を守ってもらえる。銃社会でない日本に帰国すると、守ってもらえない。なぜ、命を狙われているのかと言えば、餃子の王将の大東隆行社長が、何者かに銃で殺された事件が起きたが、『次は孫正義だ』と噂されていた。このため、孫正義社長は、同じ相手か組織に暗殺されると恐れているといわれている。孫正義社長は、北朝鮮の張成沢国防副委員長と親しくしていたのが、命を狙われる理由ではないか」
◆張成沢国防副委員長は2013年12月12日、「国家転覆陰謀罪」に問われて、直属の部下2人とともに「腹を空かせた猛獣犬に食わせる方法」で処刑された。指揮を取ったのは、国家安全保衛部の金元弘部長(朝鮮人民軍大将)である。現在ナンバー2の崔竜海(チェ・リョンヘ)軍総政治局長(4月9日の最高人民会議で国防委員会副委員長に選任)に次ぐ金正恩第1書記=元帥の側近である。金元弘部長は、張成沢国防副委員長配下の約1000人をはじめ、ビジネスに関係していた北朝鮮内外の企業経営者を粛清すべく「暗殺部隊」を派遣しているといわれてきた。
 張成沢国防副委員長派の主な逃亡先は、中国と米国である。このうち、中国に逃亡した者の大半は暗殺されているという。中国は、北朝鮮から近すぎて、暗殺部隊に発見されやすい。このため、米国に逃げて、身を潜めている者が少なくないという。日本の政治家のなかでも、張成沢国防副委員長とつながっていた政治家は、戦々恐々としている。
◆餃子の王将の大東隆行社長暗殺事件は、張成沢国防副委員長処刑の7日後「12月19日早朝」に起きている。京都市山科区の王将本社前にて大東隆行社長が自身で運転していた自動車付近に倒れているところを通報されて病院へ搬送された。だが、4発の銃弾を撃たれ、全てが急所に命中していて、即死していたこと確認された。捜査当局は、午前5時45分ごろ、現場付近で何者かに至近距離から小型の25口径の自動式拳銃(消音装置付き)で撃たれたと見ている。孫正義社長が、米国に渡ったのは、「12月21日ごろ」といわれている。
 兜町界隈で密かに話題になっているのは、餃子の王将の大東隆行社長を殺害した「犯人像」である。大東隆行社長は、張成沢国防副委員長と親しくしていて、関係が極めて深く、張成沢国防副委員長には送金していたのに、金正恩第1書記=元帥側には、まったく送金していなかった。このため、日本の治安当局は、「国家転覆陰謀罪」に関わった「反金正恩第1書記=元帥」の一派として暗殺されたのではないかということだ。
 孫正義社長は、張成沢国防副委員長に送金していたばかりでなく、いくつもの会社を設立して、「北朝鮮ビジネス」により、張成沢国防副委員長を潤わせていたといわれている。これが、災いして、国家安全保衛部の金元弘部長が放っている「暗殺部隊」にどこまでも狙われている模様なのだ。これでは、とても日本に帰国できるワケがない。

※Yahoo!ニュース個人・有料記事(4月分)をご購入されたお客様へ

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
オバマ大統領は、ソフトバンクと孫正義社長の「化けの皮」を剥がし、「資産のすべてを身ぐるみ剥ぐ」構えだ

◆〔特別情報 
 ソフトバンクの孫正義社長が、米携帯電話3位のスプリントを1.8兆円で買収(2013年7月)したのに続き、TモバイルUSの買収に向けて活発にロビー活動を展開させていると言われている。本当に「米国携帯電話市場」進出で「世界1の企業」になろうとしているのか。孫正義社長に最も近い筋の情報によると、どうも「本音」は、「米国携帯電話市場の制覇」ではなく、まったく別なところにあるという。一体、何を考えているのか。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


にほんブログ村 政治ブログへ



第28回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成26年4月12日 (土)
「中国4分割と朝鮮半島統一」
〜ネオ・マンチュリアと大高句麗建国の行方



 板垣英憲の最新著書 「ロスチャイルドの世界派遣奪還で日本の《政治・経済権力機構》はこうなる」(ヒカルランド刊)
  ■NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ―新帝王に小沢一郎が指名され、旧ロックフェラー派は大粛清、しかし日本は消費増税分の大半を上納しなければならない

詳細はこちら→ヒカルランド


 板垣英憲の最新著書 「TPP本当のネライ〜あなたはどこまで知っていますか」(共栄書房刊)
 全国書店で発売中 定価(本体1500円+税)
■TPP本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか2013年9月刊
まえがき
第 1 章 TPPとアメリカの食糧支配
第 2 章 TPPの最大のネライは保険だ
第 3 章 TPPで日本医療界への食い込み ―― 国民皆保険制度の崩壊
第 4 章 TPPで雇用はどうなる ―― 解雇自由の法制化
第 5 章 米国「軍産協同体」が防衛省を食い物に ―― 米国の肩代わりをする「国防軍」の建設
第 6 章 米国が日米事前協議で日本政府に強い圧力をかける
第 7 章 日本のTPP参加に向けての経緯
あとがき


**********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売********
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
3月開催の勉強会がDVDになりました。
 「世界支配権を掌握した金塊大国・日本の使命と役割」〜世界銀行・エリザベス女王、ジェイコブ・ロスチャイルドの期待
その他過去の勉強会19種類をご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】




『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』三菱財閥を築いた男・岩崎弥太郎が見た風雲児

目次

『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』 珪蓮 岾亜廚暴个胴圓行動力 

〔岩崎弥太郎は、このころ何をしていたか?〕
 1856年(安政3年)、父親が酒席での喧嘩により投獄されたことを知り帰国。父親の免罪を訴えたことにより弥太郎も投獄され、不遇の一時期を過ごすことになりました。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。


『人生の達人〜心に残る名言・遺訓・格言』(2000年6月11日刊)
『細川家の大陰謀〜六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊(2000年6月11日刊)
『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』(2010年1月20日)
『内務省が復活する日』(1995年10月25日刊)
『情報流出のカラクリと管理術』(2003年3月10日刊)
『利権はこうしてつくられる』(1991年3月25日刊)
「『族』の研究〜政・官・財を牛耳る政界実力者集団の群像」(1987年3月9日刊)
『愛する者へ遺した最期のことば』(1995年6月10日刊)
『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)
『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』(1999年7月8日刊)
『大蔵・日銀と闇将軍〜疑惑の全貌を暴く』(1995年5月26日刊)
『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』(2001年6月15日刊 板垣英憲著)
『戦国自民党50年史-権力闘争史』(2005年12月刊 板垣英憲著)
『小沢一郎 七人の敵』(1996年2月6日)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊 同文書院刊)
『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日)
『ブッシュの陰謀〜対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日)
『民主党政変 政界大再編』(2010年5月6日)
『国際金融資本の罠に嵌った日本』(1999年6月25日刊)
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』(2006年11月刊)
「孫の二乗の法則〜ソフトバンク孫正義の成功哲学」(2007年7月刊)


板垣英憲マスコミ事務所
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「STAP細胞、200回以上作... | トップ | 米国グーグル日本法人が、「日本... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
女性に靴投げられる=クリントン前米国務長官 (リサ)
2014-04-11 20:38:37
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014041100607
クリントン前米国務長官(66)が10日、西部のネバダ州ラスベガスで講演中、女性から靴を投げ付けられる一幕があった。靴は当たらなかったが、クリントン氏は驚いて上半身をかがめた。その後「彼女が私のようにソフトボールをやっていなくて良かった」と冗談を飛ばし、場を取り繕った。

>これは次のアメリカ大統領に就任予定のヒラリーに対しての世界支配者層からの警告です。ヒラリー・クリントン氏の言動に注目すべきですね。
未来志向の日韓関係を目指して (愛信)
2014-04-11 23:31:08
未来志向の日韓関係を目指して
http://youtu.be/A0rQztPmGPU
(動画)

外務省が「未来志向の日韓関係を目指して」という動画を作成[03/14]

日本語版
英語版
韓国語版
動画はこちらから(現在、外務省の竹島コーナーからリンクされている)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/index.html

詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
 

地球上最大最緊急の救急救命医療 (通りがけ)
2014-04-11 23:32:21
http://hirookay.blog.fc2.com/?no=77
病院で泣き喚くこどもは必ずテレビでそういう場面を音声付動画で放映するしまじろうなどの教育アニメや病院で子供が泣いているニュース映像を見ています。ところがテレビを一切見せずに動きも音もない紙に描かれた漫画でしまじろうなどを見たこどもは注射を見ても泣き喚かず注射後もすぐになきやみます。日本のテレビ放送が如何にこどもの脳を傷害し破壊する凶器であるかはこれを見ても明らかであるし、昨年11月東北大学川島隆太教授が全世界に発表した論文でも明らかです。インフルエンザ脳症は世界一家庭にも官公庁(!)にもくまなくコマーシャルテレビが普及した日本での発生が一番多く、日本以外の国ではほとんど発生していない厳然たる科学的事実があります。この事実から明らかにわかることは(こどもでもわかることですが)インフルエンザ脳症はじめすべてのウイルス性脳症はこの世に存在しない。存在するのはテレビ脳症だけであるということです。これが日本のテレビ(とテレビ局を持つ大新聞)が絶対に報道しない真実です。
テレビが大々的に騒ぐエイズのウイルスを見たものがこの世に一人も存在しないという科学的事実をテレビが絶対に報道しないのとちょうど同じことですねw
川島隆太教授の論文は世界中の科学者と一般人が真実であると認めた科学的常識です。世界中の人が知っているのです。知らないのは日本のテレビを見ている日本人だけです。日本のテレビが如何に人間の脳をテレビ放送で物理的に傷害を負わせて死に致らしめる殺人兵器であるかがこれで明らかになりました。直ちに日本からすべてのテレビを撲滅廃棄しなければなりません。これこそが地球上最大最緊急の救命救急医療なのです。
間違いでは? (政治関係者)
2014-04-14 15:02:39
孫社長は今月に日本でインタビューなどを普通にしています。誤報では?

仕事って何 「脳がちぎれるほど考えよ」  (孫正義ソフトバンク社長)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0403Z_U4A400C1000000/
>間違いでは? (政治関係者) (板垣英憲マスコミ事務所)
2014-04-14 22:13:52
この記事のどこに日本でインタビューしたと書いているのですか?
まさか日経新聞に掲載されているから、日本でインタビューしているとでも思っているのでしょうか。
記事2頁めには、(学生向けに話した内容と書面回答をもとに再構成しました)
とあります。いつインタビューしたものかはっきりしませんし、基本的に書面回答による記事です。日本にいることの証明にはなりませんね。
Unknown (ひろ)
2014-04-15 16:05:28
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140415-00026598-engadget-sci

日本に居るじゃないですか。
>日本に居るじゃないですか。 (板垣英憲マスコミ事務所)
2014-04-16 01:09:06
こちらが記事として書いたのは、11日です。あくまで11日の時点での情報です。
しかし記事になったことで慌てたのではないでしょうか。

政府関係の委員会ですから、何があっても外すわけにはいかなったでしょう。万全の警備の上、プライベートジェットで来たということも考えられます。すぐにトンボ帰りしたかもしれません。もちろん、これは推測ですが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。