一日一幸

2011年6月乳がんステーⅣ判明。現在ホルモン療法とゾメタ投入中。2014年2月小脳の手術をしました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

骨盤 放射線」終わった

2014-04-23 | 転移
 1回3Gy、12回で36Gy終わった。あと8月にPET-CTやる。どの程度、効果があったかな?と言うのを確かめるのだな。       
とりあえず、毎日病院まで行かなくてもよくなった。でもまだまだ女子医大の方の病院にはいかなくてはいけない。


 
 今、何とかしたいのは、めまい。これがなくなると自動車にも乗れるかなあ、と言う展開、早くこれを実現したい。」

あと空腹の時の気持ち悪くなるのがなくなるといいなあ。これが一番嫌だ。

んだかよくわからないうちに、闘病生活に入っている。前回の胸の時は元気だったけど、今は頭クラクラ。車も運転不可能。


もう少しおとなしくいていて、5月になったら、自動車運転できるようにしよう。


でも頭の照射は今後どういう[影響」があるのだろうか
目がふらふらとか、頭がくらくらと言うのはこの後治ってほしいね。

定年前は、普通に1年間やって、頑張りました、で終わりにしたいな。






この記事をはてなブックマークに追加

めまい  と   食欲なし

2014-04-10 | 転移
 骨盤の放射線4回目。
お腹が少し緩いと言ったら、整腸剤を処方してくれた。
「ちょっと、早いね。」と言いながら・・・
 骨盤に照射すると、腸にも影響があるらしい。

このふらつきが一生続くのはいやだなあ。
あと、低気圧がくると、頭が重いので、寒いとテレビで言われると、かなり、ヘコむ。

そういえば、胸に、放射線を2年前に受けたときは、もう夏になったのに汗をかかなかった。
今回は、頭と腰の周辺も汗をかかないのかも知れない。

それも、なんだかなあ・・・・

この記事をはてなブックマークに追加

骨盤の放射線を開始

2014-04-09 | 転移
 今週から骨盤の放射線開始。3Gyで12回。合計36Gy。再来週までかかる。
2年前に右胸→そして全能照射→骨盤、と放射線のお世話になっている。
 今回は腰なので、恐怖心はないが、その代わり下半身は脱ぐのがちょっと恥ずかしい。
それに、基本仰向けなので、チョット・・・・・ネ。
まあ、治療なので、だんだん慣れて来ている今日この頃。でも、骨盤に照射するので、お腹が緩くなっているかも知れない。
今日で3回。あと、9回。
 がんばろう。




この記事をはてなブックマークに追加

次は骨盤への放射線

2014-04-04 | 転移
 今日、放射線をした病院で診察。
やっぱり放射線をしたほうがよいということになった。
骨盤の部分が少しスカスカになりつつあり、やっぱりしたほうがいいらしい。
あした、今回の放射線計画を立てる。
今日は、CTを取って少し線を書かれた。
頭の時みたいに、恐怖はあまりないけど、恥ずかしい。
結局、下半身は脱いで台に上がるので、前をタオルで隠しても、結局当てるときはほぼ露出状態だし・・・小さな紙はかけてくれるけど・・・
おまけに、技師さんは、若い男性だし・・・
まあ、こちらは60歳目前の女だからいいのだけど・・・お仕事だけど大変だ。

この記事をはてなブックマークに追加

万獣こわい 観劇

2014-04-02 | 観劇記録
 先日、渋谷のパルコまで劇を観てきた。
 1点集中のほうが眩暈は少ない。勿論、途中の電車の乗り降りには十分注意を払って行った。

 「ねずみの三銃士」というユニット。なにせみんな忙しいので数年に1度のユニットである。その3回目。前回は三田佳子さんが中々はじけていた。
 脚本は宮藤官九郎。それに古田新太、生瀬勝久、池田成志、夏帆、小池栄子、小松和重が出た。演習は、河原雅彦。
 当然パルコ劇場は一杯で、でもオープニングで、池田さん扮するゾンビが客席に来て「ここ空いてる」って1席あいている場所で悔しそうにバシバシしているのが笑えた。みんな笑っていた。本当にもったいない。

 今回は大阪のほうで起こった(と記憶しているが)家族で殺しあった事件がもとだ。
マンションでたった一人逃げてきた少女が5年後助けてくれた喫茶店でバイトを始めるところから、だんだん喫茶店内に事件が展開していく。

 多分、クトカンは松尾スズキを意識していると思われるので、ブラックでいやらしい。朝の連ドラとは違う。

 小池さんは着実に舞台女優として育っている。前に青山の円形劇場で舞台で見たけど、ポッと出のグラビアアイドルとは違ってきたなあという印象だ。夏帆さんはがんばっていた。舞台を多く経験するといいんじゃないかな。
 男性陣は、相変わらず、脚本なのか、アドリブなのかわからない。古田さんは今回、ふんどし姿になって、たいてい,裸を観ることになるね。
途中で、あのゴーチさんみたいな格好の人が頭を壁に打ち付けたりして「明日はオボカタさんネタをやります。」と言ったいた。やったのかな?
こういう、自由奔放なところが、舞台のいい点だね。

 帰りも、奇跡的に座って帰れて、ラッキーだった。5月の観劇の時は、めまいが治っているといいなあ。



 


この記事をはてなブックマークに追加