深川車掌区乗務員発行 車内補充券

昭和61年9月に深川車掌区乗務員により発行された羽幌線振老から北川口ゆきの片道乗車券です。


   


青色こくてつ地紋の駅名式車内補充券で、羽幌線の他、深川車掌区が担当していた留萠本線(現・留萌本線)にも対応しており、比較的需要が見込まれる函館本線の小樽~旭川間および宗谷本線豊富~稚内間の主要駅も記載されています。

留萌本線の列車は現在はワンマン運転が実施されていますが、当時は必ず車掌が乗務し、無人駅で乗降する旅客に対する乗車券の発売および集札が行われていました。

1983(昭和58)年10月の交通公社(現・JTB)時刻表の留萠本線のページです。

    ☜ クリックすると、やたら大きくなります。2回クリック・クリック!

普通列車の本数は少ないですが、旭川~留萠間の急行「るもい」が、深川駅で併結されていた急行「かむい」から解結される列車を含めて2往復、札幌から急行「大雪」に併結されたのちに深川駅で解結されたうえで留萠本線を経由し、留萠から羽幌線幌延に向かう急行「はぼろ」が1往復設定されており、短いながら「本線」を名乗る路線として優等列車が運転されていた時代もあったことが分かります。


この券が発行された羽幌線については昭和62年3月に既に全線が廃止され、留萌本線についても明日12月4日を以って留萌~増毛間の営業運転を終了し、翌5日に廃止されることになっています。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

JR西日本 〇ム同志社前駅発行普通入場券

平成4年12月にJR片町線(学研都市線)同志社前駅で発行された普通入場券です。


   


白色無地紋のB型大人・小児用券で、大阪印刷場で調製されたものです。


同志社前駅は国鉄時代の昭和61年4月に上田辺駅(現在のJR三山木駅)と田辺駅(現在の京田辺駅)間に開業した国鉄初の学校名を使用した駅名の駅で、同志社大学京田辺キャンパスの最寄駅となっています。


大阪印刷場で調製された硬券の普通入場券は、入場料金が80円になった当時、国鉄の各印刷場が駅名の上に冠していた「普通入場券」の文字をアンダーラインの下に移して駅名の活字を大きくした中、唯一様式を変えないまま民営化を迎え、以後も旧様式を死守してきた印刷場でしたが、平成3年ころから突如として様式を変更し、新様式券が登場しています。

JR西日本には大阪印刷場の他に全く様式の異なる広島印刷場で調製された硬券もあり、この券は双方の印刷場の様式を足して2で割ったような様式になっています。
「旅客車内に立ち入ることはできません。」の字体は東京印刷場のものによく似ていますが、東京印刷場の活字と全く同じものと、この券のように「できません。」の字体が若干縦に細くなっているものの2種類があったようです。


JR西日本では平成5年に硬券が廃止されたため、大阪印刷場の新様式券は登場から2年足らずで廃止されてしまっており、また、この時代には硬券の普通入場券を発売する駅が激減しており、駅によっては100枚1ロット程度しか発行実績が無く、比較的残存している枚数が少ないようです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

えちごトキめき鉄道 糸魚川駅発行青海ゆき片道乗車券

前回エントリーに続き、えちごトキめき鉄道糸魚川駅の券売機券の話題です。

平成28年9月にえちごトキめき鉄道糸魚川駅で発行された、青海ゆきの片道乗車券です。


   


桃色えちごトキめき鉄道自社地紋のA型券売機券で、矢印式の自社完結券になります。
前回エントリーの普通入場券が券番「0001」でしたので、その次に購入した券になります。

「(えちごトキめき鉄道)」の社名が左上にある矢印式券で、特段特徴があるわけでもない券です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

えちごトキめき鉄道 糸魚川駅発行 普通入場券

平成28年9月にえちごトキめき鉄道糸魚川駅で発行された、普通入場券です。


    


桃色えちごトキめき鉄道自社地紋のA型券で、サーマル印字式の券になります。

よく見る券売機で発行される普通入場券に見えますが、「旅客車内に立ち入ることはできません」という文言が無く、代わりに「この券で列車に乗車できません」という特徴的な文言になっています。地方私鉄としては珍しく2時間制が採られていますが、これはJRから第3セクターに転換された経緯によるものと思われます。


前回エントリーの同駅発行のJR190円区間ゆき片道乗車券の券番が「9999」でしたので、同じ券売機で普通入場券も購入した次第です。おかげさまで券番「0001」の普通入場券を入手できたわけですが、硬券と違い、「0000」という券番は出てこないことを確認することができます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

えちごトキめき鉄道 糸魚川駅発行 JR西日本190円区間ゆき片道乗車券

平成29年9月にえちごトキめき鉄道の糸魚川駅で発行された、JR糸魚川駅からJR西日本会社線190円区間ゆきの片道乗車券です。


   


桃色えちごトキめき鉄道自社地紋のA型券売機券です。

糸魚川駅はもともとJR西日本の駅でしたが、北陸新幹線が開業すると在来線の駅業務はえちごトキめき鉄道に移管されており、同駅に発着するJR西日本の大糸線についても出改札業務はえちごトキめき鉄道に委託されています。そのため、大糸線の乗車券については北陸新幹線のきっぷうりばの他、えちごトキめき鉄道の窓口や券売機でも購入することができます。


様式としては一般的な私鉄に見られる字体の金額式となっていますが、左上には「(えちごトキめき鉄道)」と発行会社名が印字されているのが特徴です。


購入したときにすぐ気づきましたが、この券は券番が「9999」となっており、当然ながら、次に発行されるであろう券の券番を想像することができますので、同じ券売機で別の券も購入した次第です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

国鉄バス 厚岸線開業35周年記念 厚岸から300円区間ゆき片道乗車券

廃札券ですが、厚岸駅で発行された、国鉄バス300円区間ゆきの片道乗車券です。発行箇所名は自動車駅である「〇自」厚岸駅となっています。


   


昭和61年12月に厚岸線開業35周年記念として発行されたもので、桃色こくてつ地紋の金額式D型大人専用券で、札幌印刷場で調製されたものと思われます。

券面左側には当時のバスの写真が印刷されていますが、かなり旧型の日野ブルーリボンを使用した貸切格下車で、新車が投入されるような線区ではなかったようです。

写真右下にある「国鉄バス/北海道」は国鉄北海道地方自動車部を表しているものと思われます。


   


裏面です。乗車券部分の裏には料金機対応と思われる「300円」の表記があり、写真部分の裏には厚岸線の説明が記載されています。

国鉄バス厚岸線は根室本線と釧網本線を短絡する目的で開通した自動車線で、厚岸駅~標茶駅間(41.5km)と厚岸駅~国泰寺間(3.8km)から成る路線でした。国鉄民営化後は北海道旅客鉄道に引き継がれましたが、新拓~標茶駅間が平成5年に部分廃止されて厚岸側のみの運行が続けられてましたが、平成9年に残った区間も廃止されてしまっています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

富山地方鉄道 宇奈月温泉から黒部ゆき片道連絡乗車券

平成28年9月に富山地方鉄道宇奈月温泉駅で発行された、あいの風とやま鉄道の黒部ゆき片道連絡乗車券です。


   


若草色富山地方鉄道自社地紋の補充片道乗車券(補片)で発行されています。

拙ブログ11月2日エントリーの「富山地方鉄道 宇奈月温泉から富山ゆき片道連絡乗車券」で御紹介いたしましたように、かつて同駅ではJR西日本北陸本線の主要駅への連絡乗車券を硬券で設備していましたが、北陸新幹線金沢開業時に北陸本線が第三セクター化された際、硬券の設備を廃止してしまっていますので、連絡乗車券は補片での発売となります。前回エントリーで御紹介させていただきました青色の券がJR連絡用で、こちらの若草色の券はあいの風とやま鉄道連絡用の券になります。

乗車経路は、宇奈月温泉~(富山地方鉄道本線)~新魚津 / 魚津~(あいの風とやま鉄道)~黒部という経路となっています。


この券はあいの風とやま鉄道への連絡乗車券専用であるため、経由駅は連絡運輸が実施されている富山(電鉄富山)および魚津(新魚津)が予め印刷されており、該当する方を〇で囲むようになっています。また、前売に対応できるようになっているのか、有効日(使用日)と発行日を各々記載するようになっており、その代わり、発売当日限り有効・下車前途無効が前提となっているため、通用日数を記入する欄がありませんのでJR用の券とは趣きが異なります。

富山地方鉄道からあいの風とやま鉄道への連絡乗車券はすべて補片対応となりますため、通しで購入しても運賃や有効期間など、旅客には一切のメリットはありませんので、敢えて購入するのに時間が掛かって煩わしい連絡乗車券の需要はさほど多くはないと思われます。


   


裏面です。補片のご案内文としてはかなり特徴的な文面となっています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

JR東日本 海老名駅発行宮山ゆき往復乗車券

平成元年4月にJR相模線海老名駅で発行された、宮山ゆきの往復乗車券です。


   


青色JRE地紋のA型大人・小児用往復乗車券で、東京印刷場で調製されたものです。


同区間はさほどの需要のある区間ではありませんが、この券が発売された当時の着駅である宮山駅は駅員1名配置の小さな駅で、正月の初詣シーズンになると駅最寄りの寒川神社参拝客で混雑し、臨時出札窓口が設置されて駅員が多数派遣されるほどになるため、往復乗車券が設備されていたものと思われます。


宮山駅は平成28年2月に無人化されてしまって現在は無人駅となっていますが、今度の初詣シーズンが無人化されて初めての混雑時期となりますため、期間限定で管理駅である茅ケ崎駅から駅員が派遣配置されることになるかもしれません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

北陸鉄道 割出から140円区間ゆき乗車券

平成28年9月に北陸鉄道浅野川線割出駅で発行された、140円区間ゆきの片道乗車券です。


   


桃色北陸鉄道自社地紋の金額式大人・小児用券で、A型券よりも若干横幅の大きな千切り式券となっています。

発駅および発行日はスタンパーで捺印する発駅記入式の券で、線内どこの駅でも使用できる様式となっています。スタンパーを捺印する箇所には地紋の印刷が無く、券番が印字されています。


   


裏面です。白色無地紋となっていますが、印刷されている内容は券番が無い以外は表面と同様です。
本来であれば矢印の左側に発駅名を捺印するようになっているものと思われますが、ここでは省略されて空白のままとなっています。


この券には小児断片が付いており、これを切り取ることで小児用として発売することが可能ですが、千切り式の券の場合、小児断片を切ってしまうと裏面の発駅名を記載する部分が切断されてしまうため、上下逆に印刷して小児断片部分を用紙の同じ箇所に持ってくることで、この問題を回避している特徴的な券になっています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新夕張駅発行 普通入場券

昭和56年10月に新夕張駅で発行された、普通入場券です。


   


白色無地紋のB型大人・小児用券で、札幌印刷場で調製されたものです。

この券が発行された前日の昭和56年9月30日、前回エントリーで御紹介いたしました紅葉山駅が石勝線開業に伴って営業最終日を迎え、翌10月1日に石勝線新夕張駅に改称されています。


石勝線開業により、追分駅~夕張駅間の夕張線は石勝線に編入されましたが、現在でも新夕張駅~夕張駅間の通称として用いられています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ