留萠鉄道 新雨竜から恵比島ゆき 片道乗車券

昭和40年4月に留萠鉄道新雨竜駅で発行された、恵比島ゆきの片道乗車券です。


   


青色こくてつ地紋のB型一般式大人・小児用券で、札幌印刷場による委託調弁券と思われます。


留萠鉄道は国鉄留萠本線(現・留萌本線)の留萠駅(現・留萌駅)で分岐する臨港線と、留萠本線恵比島駅から分岐する炭砿線の2つの路線から成る鉄道で、両線の間は留萠本線に乗り入れる形で結ばれていました。臨港線は貨物営業のみでしたが、炭砿線は貨物営業のほかに旅客営業も行われており、末期には自社発注のキハ22にキハ55のタイフォンを付けたようなキハ2000形液体式気動車を導入し、恵比島~深川間の国鉄留萠本線への乗り入れも行われていました。
このキハ2000形は路線廃止後は茨城交通(現・ひたちなか海浜鉄道)に引き取られ、キハ2004および2005として近年まで営業運転されています。


    (ひたちなか海浜鉄道キハ2004)


これがひたちなか海浜鉄道キハ2004で、後方にわずかに見える国鉄準急色であったキハ2005とともに近年まで運転されていましたが、運用から離脱した今も、キハ2004が那珂湊機関区に、キハ2005が阿字ヶ浦駅に現存しているようです。


留萠鉄道の臨港線は戦前に鉄道省に買収されて留萠駅の側線扱いとなっていますが、炭砿線は昭和30年代の営業係数(100円稼ぐのにかかる経費)がほぼ70~80円代、貨物は年間約45万トン、旅客は年間約45万人規模の黒字路線で、その好景気によってキハ2000形気動車を新製配置することができたほどでしたが、昭和43年12月の第4次石炭政策答申で国内炭鉱の整理統合政策が明確に示されると炭鉱が閉山となり、収入の要である石炭輸送収入が無くなったばかりか炭砿周辺の住民が居なくなったことによる旅客収入も激減し、留萠鉄道昭和45年に営業休止し、昭和46年に全線廃止されてしまっています。


    (恵比島駅)


御紹介の券の着駅である、留萠本線との分岐駅であり、旅客の乗換駅でもあった恵比島駅は、昭和59年に出札業務が廃止されて運転要員のみ配置の駅となり、昭和61年には完全無人化されて貨車を利用した駅舎に改築されてしまっていますが、旧駅舎の基礎を利用してNHKの連続テレビ小説「すずらん」のセットである架空の明日萌(あしもい)驛が建てられ、同時に貨車を利用した本来の駅舎についても外板に木材を貼って改装されています。(写真左手前の建物)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京臨海高速鉄道 天王洲アイルから品川シーサイドゆき片道乗車券

平成22年月に東京臨海高速鉄道(りんかい線)天王洲アイル駅で発行された、品川シーサイド駅ゆきの片道乗車券です。特別補充券で発行して頂きました。


   


ねずみ色東京臨海高速鉄道自社地紋のノンカーボン式券で、券の上の部分で切り離すようになっています。同社は東京都が9割以上を出資する外郭団体である東京都都市整備局所管の施設であるからでしょうか、東京都交通局の特別補充券と様式が良く似ています。


最近、同社では特別補充券の発行に対する条件が大変厳しくなってきており、非常時等の正当な理由がなければ、券売機で発行できる乗車券を特別補充券で発券することは絶対に不可とのことで、簡単には入手できないものとなってしまったようです。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

JR東日本 荻窪駅発行中野接続営団地下鉄180円区間ゆき連絡乗車券

平成元年7月に中央本線荻窪駅で発行された、中野接続営団地下鉄(現・東京メトロ)180円区間ゆきの連絡乗車券です。


   


桃色JRE地紋のB型大人・小児用金額式券で、東京印刷場で調製されたものです。


JR中央本線と営団地下鉄東西線は、中野接続の場合ではJR側が高円寺~立川間、営団側が東西線各駅および銀座線銀座-三越前間各駅・日比谷線東銀座~小伝馬町間各駅において連絡運輸を行っており、都営地下鉄に跨る3社局連絡の乗車券は発売していません。そのため、営団地下鉄から都営地下鉄に跨る乗車の際の運賃割引が適用される乗車券を購入することができません。
しかし、都営地下鉄への乗換指定駅において営団地下鉄の改札口で都営地下鉄に乗り継ぐ旨を申告すると「区変都営線 着駅精算」というゴム印が捺され、都営地下鉄分の運賃は都営地下鉄の着駅で精算することで割引を受けることができました。

これは原券が営団地下鉄発の乗車券であっても適用され、乗継指定駅での区間変更券を発行する手間を省略するためにできた手法であると思われます。


現在は自動改札機とICカード乗車券が主流になってきていますのでこのような区間変更の取り扱いはめっきり減ったと思われますが、磁気乗車券の旅客への区間変更の際には自動精算機もしくは改札での端末による区間変更の手続きが殆どとなっており、このような取り扱いは行われていないかもしれません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

湯浅駅発行 藤並接続有田鉄道田殿口ゆき連絡乗車券

昭和60年8月に紀勢本線湯浅駅で発行された、藤並駅接続の有田鉄道田殿口ゆきの連絡乗車券です。


   


桃色こくてつ地紋のA型一般式大人・小児用券で、大阪印刷場で調製されたものです。同駅に設備されていた有田鉄道への連絡乗車券は田殿口ゆきと終点の金屋口ゆきの2口座のみがあったように記憶しています。


晩年の有田鉄道は1日2往復、1日の平均利用者数は29人とかなり厳しい数字の路線でしたが、かつて紀勢西線(現・紀勢本線)と並行していた海岸駅 - 湯浅駅 - 藤並駅間が不要不急路線として廃止され、戦後有田鉄道の列車の湯浅駅乗り入れによって海岸駅~藤並駅間が廃止となり、廃線敷の一部が紀勢本線の複線化の際に転用されているという経緯からでしょうか、有田鉄道の列車の始発駅である湯浅駅では連絡乗車券が発売されていました。

紀勢本線への有田鉄道列車の乗り入れはJR化後の平成4年12月まで継続されていましたが、平成3年に発生した信楽高原鐵道正面衝突事故の後に廃止され、それから10年後の平成14年の12月に有田鉄道線自体が廃止されてしまっています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

JR東日本 (信)横川駅普通入場券 ~その2

前回エントリーでJR東日本横川駅の普通入場券を御紹介いたしましたが、手元に2時間制限がかかる前の様式がありましたので御紹介いたしましょう。


   


JR化後間もない昭和62年11月に発行された普通入場券です。白色無地紋のB型大人・小児用券で、東京印刷場で調製されたものです。

この券を購入した当時は北陸新幹線(当時は長野新幹線)が開業する前の時代で、横川~軽井沢間の峠越えをするためにEF63重連の補機が連結もしくは開放されていたため、列車は同駅で必ず10分程度の長時間停車をしていました。また、釜めしで有名な駅弁のおぎのやさんの立売りによる駅弁の販売と列車が発車する際には列車に向かって深くお辞儀をする光景が見られ、情緒ある駅でした。


JR化後の東京印刷場で調製された普通入場券は、「口東」という符号が追加されることがなかったため、様式的には国鉄時代のものと同じで、国鉄時代から引き継がれた券も存在しますので、昭和62年11月という発行時期からすると、この券は国鉄時代から引き継がれた券である可能性もあります。

では、前回エントリーの2時間制限のかかった券(新様式券)と比較してみましょう。


   


これが前回エントリーのものです。時間制限の文言の他は、だいたい今までの様式(旧様式券)を踏襲してるように見えます。


   


駅名の部分の拡大です。
上が新様式券で下が旧様式券です。「川」と「駅」の間の間隔が若干違っていますが、東京印刷場は閉鎖されているので新様式券は外注印刷と思われますが、特活については同じものが使用されていたのかもしれません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

JR東日本 (信)横川駅普通入場券

平成17年10月に発行された、信越本線横川駅の普通入場券です。


   


白色無地紋のB型大人・小児用券で、東京印刷場スタイルのものとなっています。

入場時間2時間制限となってからの様式ですので「入場時刻 時 分から2時間以内1回限り有効」と表記されていて、もし現在でもJR東日本が硬券の普通入場券を発売していれば、このようなものが各駅で発売されていたのだろうかと思ってしまいます。


   


裏面です。駅開業120周年記念としてセット発売されたものの中の1枚です。記念入場券特有の「呪文」と呼ばれている有効期間は裏面に印刷されており、見た目さっぱりとしています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

〇簡 増毛駅発行 自由席特急券

国鉄民営化直前の昭和62年2月に〇簡 増毛駅で発行された、深川から旭川までの自由席特急券です。


   


若草色こくてつ地紋の料金専用特別補充券(料補)で発行されたものです。

増毛駅は留萌本線の終端駅で、かつては増毛町の農産物や海産物の貨物取扱でにぎわった駅であったとのことですが、現在の駅は閑散としており、JR北海道は本年12月に留萌本線の留萌駅~増毛駅間を廃止することを予定しているため、それが実現すれば増毛駅は廃止される運命にあります。

同駅は昭和59年に直営駅から無人化されて簡易委託駅となっていますが、JR化後の平成初期に簡易委託が解除されて完全な無人化をされているようです。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

西武鉄道 西武新宿から武蔵関ゆき片道乗車券

平成24年1月に西武鉄道新宿線の西武新宿駅で発行された、武蔵関駅ゆきの片道乗車券です。


   


緑色せいぶてつどう自社地紋の特別補充券で、カーボンを挟んで記入する様式の特別補充券で発行されています。

西武鉄道の特別補充券は指定欄が特徴的で、列車名がすべて記載されている他、事由欄にも「3 特急券」という欄が設けられています。


この日は特に特別な理由があったわけではありませんが、乗車券を購入する際に「ダメ元」で窓口氏に特別補充券での発券をお願い致しましたところ、実際に乗車するならと発券して頂けました。

西武新宿駅の改札で入鋏を受ける際、改札掛員氏は「おっ、特別補充券ですね。正当な位置にスタンパー入れましょう」と言いながら往路欄のところにスタンパーを入れてくださり、着駅の武蔵関駅で使用済の乗車券を持って帰りたいと申告すると、「西武新宿が出したんですね。無効印捺さない方がいいでしょ?」とそのまま改札を通してくださいました。


同社では特別補充券の取り扱いは比較的厳しいようで、かつて車内精算が行われていた時代、使用済の常備券や券売機券の持ち帰りには寛容でしたが、車内補充券は監査に提出するために持ち帰ることができないくらいでした。
特別補充券は正当な理由が無ければ発券できないため、恐らくこの日は「駅員氏の裁量」と「たまたま」が重なって入手できたのだと思われます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

二条駅発行 保津峡から160円区間ゆき金額式乗車券

昭和60年9月に発行された、保津峡から160円区間ゆきの乗車券です。


   


桃色こくてつ地紋のB型大人・小児用金額式券で、大阪印刷場で調製されたものです。
当時の旧保津峡駅は二条駅が管理駅で、発行された券の発行箇所名は「B二条駅」となっており、二条駅のB窓口扱いとなっていたようです。


この券が発行された頃の保津峡駅は線路を付け替える前の旧線にあった駅で、JR化後の平成元年3月に新線切り替え移転のために廃止され、現在の保津峡駅は新線上に移転した後の新しい駅となっています。
現在、廃止された旧駅は嵯峨野観光鉄道のトロッコ保津峡駅として再開業しています。

移転後の現在の保津峡駅は亀岡駅管理の無人駅で、ホームが京都市西京区と亀岡市保津町に跨っていますが、駅舎が亀岡市側に位置していることから、駅所在地は亀岡市保津町となっています。しかし、旧駅が京都市にあった「京都市内」の駅であった関係から、現在でも京都市内の駅に含まれています。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

アルピコ交通 茅野駅から80円区間ゆき乗車券

日付がありませんが、本年3月にアルピコ交通茅野駅前案内所で発行された、茅野駅から80円区間ゆきの片道乗車券です。


   


緑色ALPOCO自社地紋のB型千切り軟券で、発駅記入式の金額式券となっています。題字部分には「アルピコ交通乗車券」と記載されています。

アルピコ交通は長野県松本市に本社を持つ松本電気鉄道が母体の交通企業で、子会社であった諏訪地域の諏訪バスおよび長野地区の川中島バスを吸収合併してアルピコグループを形成しています。


   


裏面です。

ALPICO GROUP(アルピコグループ)と記載されている下に「諏訪バス株式会社」と印刷され、その上から社名を隠すように黒い線が印刷されています。

表面を見るとアルピコ交通となってからの券面となっていますが、裏面は諏訪バス時代のままとなっており、一種のミス券であると思われます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ