Speed hour

プラス思考と熱い想いで挑む!!
 ~『熱血系瞬発型blog』~前へススんで行くんだ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

駒大苫小牧の暴力問題を考える

2005-08-23 | 時事ネタに喰らいつく
駒大苫小牧の野球部長が部員殴る、高野連に報告せず(読売新聞)
暴力行為の内容に相違 部員の親と学校側(yahoo)
駒大苫小牧の処分、高野連が9月決定の見通し(読売新聞)


周知のとおり、
駒大苫小牧高校での暴力行為が表沙汰になった。
優勝直後の最悪のタイミング・・・。
真面目にやってきた選手にとって
これほど苦しいものはないだろう。

今回、被害者となった選手はベンチ外の選手。
レギュラーメンバーではなかった。
ここに焦点を当てて考えてみたい。

強豪校へ入学する者たち。
おそらく中学時代には良い結果を残し、
エースで四番など”お山の大将”なる人間であったことだろう。
少なからず、自分へのプライドを持ち合わせている。
親も子供へ期待し、自分もチームにおいてトップ選手となり甲子園出場を夢見て入ってきたと思う。
親元を離れ、越境入学をしてくる者もいる。
スポーツ推薦や特待生という大きな期待と金銭的な費用をかけ、『甲子園』を夢見て入学をする。

強豪校に入学をしてきた者たち。
強い”個”の集まりである”集団”内には
様々な個性が存在し、ゆえに競争も激しい。
その競争に勝った者(例:レギュラー)は、『甲子園へ夢』をつかむため練習に励む。
だが競争に負けた者(例:サブor登録されなかった者)は、夢を目標を失う。

ここで大事なのは、競争に負けた者が
その時点で(メンバー登録されないと告げられた、悟ったなど)
腐ってしまわずに、最後までチームを盛り上げられるような対応を
遂げられるかどうかが大きなポイントなのだ。

今回の事件を知った際に、真っ先に浮かんだ事は
レギュラー争いに敗れた選手が、部活動にやる気を失い
惰性的な気持ちをもって、練習に望んでいたのではないだろうか?ということだ。
『腐った林檎は、まわりの林檎を腐らす』
指導者のひとりである野球部部長もこのような気持ちを少なからず持っていたと思う。
いや、そう願いたい。
おそらく、口頭での注意は行っているはずだ。
しかしその限度を超えた態度を被害選手は表したのではないだろうか?
結果、暴力行為(指導行為と僕は考える)を、手を出してしまったのだろう・・・。
高校生であるがゆえに、精神的に未熟な部分はあることは否めない。

言葉でわからなければ、体でわからす・・・というのは古い考え方であるが
ある程度のルールというか常識的な指導は、僕はあってしかるべきであると考えている。
特にそれは、チームスポーツであればなおさらだ。
自分ひとりが、自分の都合でプレーを行えば他のメンバーに迷惑がかかる。
チームスポーツは独りでは行えない。
皆との協力・協調をしつつ、互いに切磋琢磨し、レベルアップしていくものだ。
本気で甲子園という大舞台に出場し、大いなる結果を出すべく努力していく
意識の高い集団において、意識の低い者はいらない。
勝つためのスポーツと楽しむためのスポーツは根本的に違うのだ。


激しい競争に負け、ベンチ外へ行かざるをえなかった選手には同情をする。
しかし、負けたからと言って終わりではなく、
競争に勝った選手であるレギュラーメンバーに対して
『今、自分が彼らに出来る事、貢献できる事は無いのだろうか?』という
気持ちを持って最後までチームとしてまとまりの意識を持ってくれさえすれば
今回のような最悪の出来事にはならなかった・・・避けられたのではないだろうか。
そういった精神面での指導・サポートを監督やコーチが行えばよかったのだろう。


もちろん、現時点では暴力行為の真相は
当事者でなければ分からない。
野球部部長による一方的な過失、100%悪いのであれば
その責任は重い。
(教師が悪いという事例も多々ある)
しかし、被害選手にも少なからず非がある場合
今回の問題を大きくさせた被害選手の親の責任もあるはずだ。
子供を愛すべき事、守る事は大事である。
しかし、時にそれは加減を超えてしまうこともある。
暴力と指導との線引き・ラインが低くなってきている事を
今回の問題から強く感じている。

また教育という問題に対し
親と教師の関係が歪みを起こしている側面を垣間見れる問題でもある。


今回の問題に対して、僕は被害選手の親に問いたい。
本気で子供を信じて応援していたのですか?。
大事な子供が殴られたから、暴力なのですか?
なぜそのような行為が行われてしまったのか、理由をまず子供としっかりと話し合いましたか?
甲子園を目指すチームは、甘い環境ですか、それとも厳しい環境だと思いますか?
まず、客観的に今回の問題を考えましたか?
問題を大きくする事で、在学中の子供の気持ちや立場を考えましたか?
駒大苫小牧野球部選手たちのこれからの事を考えましたか?
あなたのように子供へ夢を託している親は、選手の数だけいます。
そして夢を持って練習に励む選手がいます。
あなたのしている行為は、その夢から引きずり落とそうとしている事にはなりませんか?
子供を守る事と過保護は違いませんか?



≪8/25追記≫
マスコミの視点から、今回の件を見つめている
放送局の裏の裏。さん
新聞やテレビでは出てこない事をそっと教えてくれる。

≪8/26追記≫
駒苫が暴力事件の被害者と和解、高野連へ報告書提出へ(読売新聞 2005年8月26日22時26分 )
これによって、ひと段落はすると思われる。
高野連がどのような判断を下すかを今後見守りたい。

時代遅れの固定観念が根底にある「暴力事件」 - サンケイスポーツ (2005年8月26日)
指導者や保護者も変わらなければ… - サンケイスポーツ (2005年8月24日)
野球部不祥事 指導のあり方考えたい - 信濃毎日新聞 (2005年8月26日)
駒大苫小牧 不祥事 高野連は適切な対応を - 徳島新聞 (2005年8月25日)
駒大苫小牧不祥事/「報告せず」が傷を深めた - 東奥日報 (2005年8月25日)
高校野球不祥事/指導者の暴力は論外だ - 神戸新聞 (2005年8月25日)

コメント (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新党「日本」の誕生から | トップ | なんと、お家でハイライトシ... »
最近の画像もっと見る

40 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
慎みというかプライドというか (たろう)
2005-08-23 22:17:55
intelle162さん、TBありがとうございます。

『今、自分が彼らに出来る事、貢献できる事は無いのだろうか?』強豪校ならベンチに入れない選手の方が多い。競争に敗れたものは、intelle162さんが書かれたこの気持ちになるべきです。これが人間としての「慎み」というか「誇り」というか、そういうものだと思います。ただ、年々、こういう気持ちが薄らいでいく生徒の数が増えています。そこがこれからの指導で大変なところと感じます。
コメントありがとうございます (intelle162)
2005-08-23 22:50:37
>たろう さん

このような考え方は、僕が高校時代の部活動を行っている時に学んだ事です。

競争に敗れることは、本当に辛い事です。

舞台に立てず、スタンドから応援する立場となったらば、心苦しい心境も絶対にあります。ただその苦しい気持ちを、自分の中できちんと整理できるかが、成長の過程において大事な事だと思います。

『痛み』がわかる人間は、心が豊かな人間へ成長することでしょう。
一言言わせて (ゴブリン)
2005-08-23 23:58:13
私も同感です。さらに付け加えるとすればこれだけ大きな問題(優勝旗変換・・・?)にまで発展してしまったのだから事件の当事者同士の問題だけでは済まないですよね!!

当事者の方良く聞いてくださいね!

この問題は、当事者だけでなく、苫小牧高校の野球部員やその学校全体さらに取り巻く環境の人々、北海道民へ与える影響は計り知れないということです。

ちなみに私は東海地区のものですが連覇の瞬間は本当に感激し涙しました。全国の高校野球ファンへまたは野球ファンへ大きな夢を与えてくれた苫小牧ナインを心から祝福しようという気持ちになれなかったのですか?

ひょっとしたらとてもつらい事件だったのかもしれませんが、なぜ穏便にすますことができなかったのですか?自分さえ良ければそれでいいのですか?

様々な気持ちがあるでしょう。様々な意見があるでしょう。今からでも遅くはありません、当事者の名前を公にしてみてください、できないのであれば訴えを退けてください。あまりに犠牲が大きいとはこれっぽちも思わないのですか?良識ある方であることを願います。



なんだか熱くなってしまいましたが、甲子園開幕前の明徳義塾高校の出場停止問題に始まり優勝高校の優勝旗変換問題・・・今年の甲子園は見せしめの劇場として使われているような気がしたので、悔しさのあまり一言言わずにはいられませんでした。



コメント長くなってしまいまして申し訳ございません。
あまりにも可哀想すぎる。 (朝倉南)
2005-08-24 01:02:59
私も同感です。今回の駒大苫小牧のⅤ2は、歴史にも残る、すごいことです。苦しくて辛い練習に耐えて、結果を残した選手たちが、あまりにも可哀想すぎます。私も、学生時代体育会系に入っていましたが、強いチームならなおさら、チームの雰囲気を乱すものには助言し、言って駄目ならある程度の対応はあっていいと思います。というよりあって当然です。今回の事件の真相はまだ明らかではないのですが、甲子園を目指して野球をやっているんですから、厳しいのは当たり前なのではないでしょうか?!それを、この当事者(被害者)は、親に言って、それを親がまに受けて・・・こんな大事に!!高校3年生なら、体罰(暴力)なのか、指導の一環なのか判断つくと思うのですが、今の若い子は、甘やかされているというか、子供の責任ばかりではないと思うのですが。この親も親です。注意されて聞かなければ、体で教えるしかないじゃないですか?それがイヤなら、言われたら素直に聞く子供に育てろって言いたいですね。

また、高野連関係者の方にお願いします。これは体罰(暴力)と判断するのは間違っていると思います。もしこの問題を体罰(暴力)と判断したら、これからどういう指導をしていけばいいのですか?これからの甲子園のレベルが下がることに成りかねないと思います。
Unknown (emotion)
2005-08-24 02:37:05
TBどうもです。

今回の件は、本当に残念でしょうがないです。

苫小牧ナインの努力の結果が優勝を勝ち取ったのですから・・・・。

北海道という土地柄、どこのチームよりも練習量が違っていると思います。



あれだけ頑張って手にした優勝旗の返還は苫小牧ナインにとっても考えてたくない事ことでしょうね。



やはり、どんな場合でも暴力になってはいけないと思います。指導の一環であれば多少の事は大目に見れたのでしょうね。

指導者である部長に勿論責任はありますが、注意された生徒にも非はあるのではないかとも思います。



ここで一番大切な事は勝つ事だけを考えていた指導だったのではないか?

ベンチ入り出来なかった子供達への心のケアー等も大切だったのではないかと考えてしまいます。



チーム全員で戦うという意識や指導が出来ていたら、避けれた問題だったのではないかと思うと、指導不足の一言なのかも・・・・。



とにかく高野連の判断に委ねるしかないのでしょうね。



素晴らしい試合だっただけに、残念でなりません。

Unknown (おじゃまる)
2005-08-24 05:04:05
TBありがとうごいます。

私も、同感です。

指導と暴力の区別が付かないというのは困ったご時世になったと思います。

体罰を受けたといって訴える親子には個人の権利がありますから、彼らを責めるのは民主主義に反するでしょう。

ですが、57年ぶりの快挙という偉業に泥を塗るマスコミの報道姿勢はいただけません。

体育系だもの、体罰ぐらい当たり前と笑い飛ばしくれるようなコメントが欲しいものです。

残念です。
Unknown (Cap)
2005-08-24 06:50:06
マスコミはたたくのが仕事ですからね・・・優勝旗返還がマスコミとしてはオイシイ展開でしょうねw

しかし運動部なんて上下関係厳しいですからね、男子なんかは特に。高野連、マスゴミの連中は甲子園に出ているすべての高校を調べてから判断してほしい。

おそらく最低でも1割はそういうことはあると思います。過保護すぎてかえって肩身が狭い
子供が育つ環境 (ヒーリングステーション)
2005-08-24 09:13:45
TBありがとうございます。

子供がすくすくと健全に育つ住まいや学校、地域社会について、みんなで考えていく一つのきっかけになる事件ですね。騒ぎすぎの大人の理屈やマスコミにも大きな問題があります。

難しい世の中になりました。 (fujimino)
2005-08-24 10:50:33
TBありがとうございます。

難しい問題です。

実際、報道されているような指導の一環として行われた制裁だったのか、被害者の親が言うようないじめに近い内容だったのか、今の所解りません。

得てしてこの様な事件は、双方平行線をたどり真相は解明できないの事がおおいんです。

言い換えれば、たとえ愛の鞭でも受けた方がそう思わなければ、そうはならないからです。



この間、テレビでバレーの竹下佳江さんが体育館の端から端まで殴られ続けたなんて言っていましたが、そんな経験を得て世界的な選手になったのも事実です。



明徳義塾の件と言い、今回の事と言い、指導する側がやりにくくなって行くことは間違いない事実です。



今回の事件を見て、指導者達の困惑が目に浮かぶようでした。
熱い熱いコメントありがとうございます! (intelle162)
2005-08-24 13:56:54
>ゴブリンさん

心から祝福しようという気持ちをもちあわせていれば、今回のようなことにはならなかったと思います。

今回の件が公になったことで、駒大苫小牧の優勝に感動した気持ちは、少なからず吹き飛んでしまったことと想像します。

「終わりよければ、全てよし」とまで行かなくても、お互いがよい落とし所を見つけて欲しいと願います。

ゴブリンさんの熱いコメント、感謝いたします♪





>朝倉南さま

甲子園優勝校なのですから、厳しい環境である事は容易に想像できます。

そのような環境に子供を預けるわけですから、親としての覚悟もしなければいけないと思います。体罰と指導は似て異なるものです。ただし、受け取り方によってはどちらにもなってしまうので難しい事だと思います。生徒が悪い事をして注意した。しかし親は先生にクレームを言う。今のご時世、おかしな先生がいる事は否めませんが、真面目に頑張っている先生にも同様のことが降りかかってしまうことがあれば、ますます”サラリーマン先生”が増えていくことでしょう。

僕はゆるい環境にいるよりも、厳しい環境に身をおいたほうが、己を成長させる事が出来ると考えます。例えレギュラーになれなかったとしても、そこでの競争は成長への大きな糧となるはずです。

レギュラーとして試合に出ることが主であれば、他の学校へ進学すれば良い事ですし。また、部活動なのですから”辞める”という選択肢もあるはずです。

この親子を駒大苫小牧の生徒たち・同級生はどのような目でみているか?非常に気になります。

皆さんコメントありがとうございます (intelle162)
2005-08-24 14:25:25
>emotionさま

はじめまして!

>ベンチ入りできなかった子供への心のケアー等も大切だったのではないかと考えてしまいます

そうですね。その点まで指導者側がフォロー出来れば良いチームだと思います。

ただし、そのフォローを生徒のなかの誰かが担うというのも必要ではなかろうかと思います。近年レギュラーでない者がキャプテンとしてまとめあげている姿を目にします。

技術が優れている事と、チームをまとめる事は同等でないことを表わしていると思います。

甲子園決勝戦、最終回に駒大苫小牧のメンバーが指を天に掲げた姿がありました。

このときにメンバー外の選手が、スタンドで応援していようとも気持ちは、あの輪の中にあって欲しかった・・・その気持ちがあれば、今回のように事が大きくならなかったでしょう。





>おじゃまるさま

おしゃるように、体育会系ですから厳しさを持ち合わせていますよね。

多少の理不尽さはあるが、それが体育会であり学ぶべき事はたくさんあります。

ゆるい世の中へ変わってきているのでしょうね。





>Capさま

過保護すぎる事で、いろいろな弊害がでてきます。僕は過保護にならざるを得ない理由は”少子化”があると思います。

大事な、大事な子供を預けるわけで、守りたいと思う親が多いと思います。

子供たちも、そんな環境で育ってきたわけですから親に甘える・・・。ある意味パラサイトな関係を感じてしまいます。





>ヒーリングステーションさま

そうですね。

今回の件は、野球部内の問題だけでなく学校・教育・地域社会・人間関係を考えるきっかけになって欲しいと思います。

まずは、子供としっかりと話しあえる親になること。僕は、ここからはじめていければと思います。





>fujiminoさん

良いコメントありがとうございます。

>たとえ愛の鞭でも受けた方がそう思わなければ、そうはならないからです。

受け取り方次第ですよね。もちろんこれは子供にとっても親にとってもです。

親が「そんなん、おまえが悪いんだろ」「それくらい当たり前だ」と言ってしまえばなんでもないことだと思います。そこで考えてしまうのですが、今回の問題となって親は、学生時代に厳しい環境においてスポーツ経験をしてきたのか?ということです。

体育会系に所属をしていたのであれば、厳しい環境に身をおいていたのであれば、今回の件は問題にすらなりません。





Unknown (讃遊亭禅楽)
2005-08-24 16:27:30
初めまして。トラックバックさせていただきました。よろしかったら私のブログにも気軽に遊びにいらしてください。



問題意識を持つべきポイントがずれている人も多く、嘆かわしい限りです。よってたかって悪者をつくり上げ、連帯感に酔いしれる日本人の民度の低さがうかがい知れます。その流れの中で教育は歪んでいくばかりです。中国の反日運動のピンボケぶりを笑えませんね。
はじめまして。 (ロナウジーニョ)
2005-08-24 17:13:55
TBありがとうございました。

非常に理論的な文章で読んでいて勉強になりました。

選手たちのためにも優勝は取り消さないで挙げてほしいと思います。



『子供を守る事と過保護は違いませんか?』という最後の一行は全国の親御さんに考えてほしいことそのものだと思いました。思わず共感してしまいました。
コメントありがとうございます (intelle162)
2005-08-24 19:16:42
>讃遊亭禅楽さん

ブログ読まさせて頂きました。

なかなか、身か引き締まる思いです。

今回の件は善悪という対立軸であらわすことよりも、指導をする側とされる側。生徒と教師、そして保護者という三者が考えねばならない問題でもあると思います。

『大人の質の低下』には同意します。





>ロナウジーニョさん

今回の問題で優勝を取り上げる事があれば、高野連は批判されると思います。

あの素晴らしい決勝戦を見た人であれば・・・選手の立場になって考えてみれば、ごく当たり前の判断がなされると思います。



思うこと (ウー)
2005-08-24 21:18:16
TBありがとうございました。

今回の一件は大きな波紋へと広がっていますね。

いろんなブログを見ましたが、皆さんそれぞれ意見があることから、改めて野球は国民的スポーツであるということが分かりました。

それだけに、優勝後にまた問題が出てきたことが残念でなりません。

暴力を受けた選手は、納得ができなかったのでしょうね。2年生の時に優勝を経験している(その時の立場はわかりませんが)からこそ、最後の夏はどうしても甲子園に立ちたいと思うのは当たり前の感情ですよね。

指導者は来年も優勝して欲しいと思います。練習にも熱が入るでしょうし、チームの士気も上げていくでしょう。でもそんな時は周りに目が向かない時でもあるのだと思います。

その結果の今回の問題なのではないでしょうか。

やはり優勝することは容易ではないのですね。



ただ、優勝は苫小牧野球部全員の結果ですから、それが覆すことは絶対にできませんよね。
TB有り難う御座いました (asagao007)
2005-08-24 22:01:20
高校野球・・・北海道代表はその昔、いつも大差で負けていました。「冬は雪に閉ざされ練習が出来ない」負けた理由に必ず付いた形容詞でした。でも近年になり強くなりました!互角になりました!地域差を感じなくなりました!



そしてこの夏、偉業を成し遂げました。



更にこの不祥事も前代未聞のことであり、優勝をしたという事実と共に付いて廻る汚点なのですね。こんな事で!誰も良い思いをしないこんな事で!その時点で解決できたはずのこんなことで! かけがえのない大きな物を無にしてしまうのですね・・・でもあの少年達の、誇らしい笑顔は決して忘れません。 
Unknown (明神)
2005-08-24 22:47:05
皆さん大筋で意見は一致してるようですね。

私も似たような考えでいるのですが、もっと奥深くに問題の根源があるように思います。

小さなクラブですが、野球の監督を頼まれて数年が経ちました。

私は野球の経験はありませんが、バレーボールとモータースポーツでの実績と指導の経験を買われての依頼でした。

当然指導方法は今までの監督とは、まったく違う練習メニューです。

しかしチームの戦跡は年毎に上がり、今では県大会優勝に今一歩のところまで来ました。

と、同時に県大会優勝を2回逃したということで私に対する批判が出てきたのも事実です。

その批判の元は、起用しなかった選手の父兄です。

その父兄の一言で、今チームはいくつかに分裂しています。

分裂した数だけ父兄の意見があります。

しかし意見の大筋は一致してるのです。

勝てるチームを強い選手を育ててほしい。

しかしその裏には、ウチの子を使ってほしい。

その育て方、起用方法は私が監督を引き受ける際に全父兄に確認したはずです。

経験がない者が監督になって1から始めるんだから、期待はしないでほしい、そして私に一任してほしいと。



勝手な意見の持ち主、それは親バカ。

自分の子供を強く、そして使ってほしくて贈り物をしてくる親。

練習のときには、必ず全員に差し入れする親。

監督の私に色仕掛けで迫る母親。

こんな親と子供が高校生になって今回の事件を作り出すんですよ。



今回のニュースを見て、すぐにどこにでもある話が、大きく膨らまされたなって思いました。

特に野球をやってる人は、根性って言葉が好きですから。

膨らみ方にも根性が入ってます。

脳みそも筋肉質ですから膨らまし方も強いです。
体罰 (hiro)
2005-08-24 23:01:16
そもそも皆さん学校教育法11条をご存知ですか?

体罰を行う人間はすぐに刑務所でそれ相応の罰を

受けなくてはいけないのでは。

もし、そのような部長が教員だとしたら二度と教壇にはつけないようにする必要があるのではないだろうか?
Unknown (A220)
2005-08-24 23:14:38
TBありがとうございました。



みなさんのコメントを読んで、

いろいろ考えさせられました。

わたしの書いたブログはあれで良かったのか?とも

思いました。

今後が気になります。
今風! (円山太郎)
2005-08-25 00:35:09
暴力は悪い事だとは思うが、この父親は息子の名誉回復と言っているけれど何がしたいのだろうか。わからない。

うわさでは、前回言わなかったのはベンチ入りを要求したから、今回は事実を大袈裟に認めさせ、慰謝料の請求らしい。だから数発ではなく、四十発位にしたいみたい。

今日も、マスコミ&テレビ出演!息子は、もう三年生だから後はどうなってもいいらしい。自分さえ良ければいい人最近多い。こんな大事になると、優勝取り消しのようです?

現に抗議の電話数百件近くきているらしい。駒苫の選手って礼儀正しいんだよ。他の生徒の見本だよ。関係ない選手が可愛そう。 他の人を巻き添えにしないで、野球部長と学校そして当事者でかいけつできる問題ではないだろうか。マスコミを利用しなくても。 

本来、親は子供を守るのが役目だと思うけれど?この親子は今後どうやって生きていくのだろうか?本当は、どっちが被害者なのか?  

TBありがとうございます。 (よっぱらい)
2005-08-25 00:47:58
本音をいうと私は体罰を悪いことと思っていません。

親なら一度や二度殴ったことはあるでしょう。

子供に間違ってほしくないからそうするのだということと、子供とはいえ人間と人間がぶつかり合うわけなので多少の暴力沙汰は当事者と近親者で解決していくべきだと思います。ですが公の話にしてしまうと体罰はいけないとしか言い様がないので困り者です。

とまぁこんなことを分っていながら公にした親に問題ありです。

子供を愛していないのか?

この子がチームメイトから一生恨まれることを想像できなかったのか?



同じ親として残念です。

コメントありがとうございます (intelle162)
2005-08-25 08:56:56
皆さん、たくさんのコメントありがとうございます!今夜にでもひとつづつお返事をしたいと思います。よろしくお願いします。
根が深い問題 (MASA)
2005-08-25 13:07:54
真実はまだわかりませんが、

単純に考えれば優勝旗の返還は

処分としては、重い重くないの話ではなく

筋違いだと思いますね。



何が問題だと言えばこの「暴力問題」が学校側からの

発表ではなくメディアからの発覚したこと。

あと事実を隠蔽しようとしたことではないでしょうか?



「被害者」とされている親の発言などに違和感を

持ってらっしゃる方たち多いですね。

でも仮に被害者の親が、事を大袈裟に言っているとしたら、

学校側も会見で言ったことを変えなければいいと思います。

3~4発平手打ちしたことを、バットなどで突ついたり

拳で殴ったり、回数で言うと10発くらい殴った

かもしれないと言い換えた所に、うさん臭さを感じます。

結局、最初に会見で発表したことが「嘘」になるわけ

ですから、学校側にも正す面がおおいにある思います。

しかも、圧力をかけるようなことを「被害者部員」

言ったことも明らかになっています。



学校側・野球部関係者の人達が

責任を持つことをしないとダメだと思います。



そもそも優勝しようが連覇しようが、

あくまで学校のクラブ活動。

教育の一環なのだから、被害者部員の態度に問題が

あるならまずは話しあうことが先でしょう。

何度言っても解らない、チームの輪を乱すような態度を

とるようなら、多少身体で解らせることも必要だとは

思いますけどね。



とにかく今後事実が明らかになってくるので、

それをも守りたいと思います。

いきなりコメントし、しかも長文になり

すいませんでした。



全く同感です (puripuri)
2005-08-25 14:05:24
全くの同感であります。この親の意としているところは恐らく「誠意をみせて欲しい」ってことに尽きるでしょう。いわゆる「誠意」、要するにお金?同郷人として恥ずかしい限り・・・。これ以上全国に恥をさらさないで欲しいというのが本音です。自分の子がベンチ入りできないから腹いせですか?ベンチ入りできていたら絶対にこんなこと公にしていなかったはず。情け無い話です。ナインが不憫でなりません。確かに学校の対応もコーチのしたことも問題はあると思います。しかし、優勝旗返還とは全く関係のない話、おかど違いです。大人のしたことは大人だけで話し合ってください。子供を巻き込まないで!!そして優勝報告会を早くやってよ~!ナインのみんな、負けるな!優勝旗は絶対に返さないよ。事実は事実です
Unknown (駒苫OG)
2005-08-25 22:32:52
苫市民は多くの人がこの事件で憤慨しております!メディアでは、被害者という親子に同情するコメントの報道しか見ていません。でもこちらでは、多くの方がよくわかっていてくださる。それが本当に嬉しいです。私たちの周りでは、今、みんなで嘆願書を連盟に送っています。賛同したい方はこちらからhttp://komatoma.nomaki.jp/

ちなみにその生徒、他の生徒にかなりブーイングで今は、しょんぼりしている様ですが、どの面ぶらさげて学校行ってるのか不思議
たくさんのコメントありがとうございます!! (intelle162)
2005-08-25 23:40:05
>ウーさん

今回の件で、様々な方のブログを読まさせていただきました。

ウーさんのおっしゃるとおり”野球熱”をしっかりとみなさん持っていらっしゃることを強く感じました。

プロ野球人気と高校野球は同等のモノではありませんが、野球に対して、スポーツに対して、熱い思いをそれぞれが持っている事がわかりました。

今、プロ野球の人気が非常に下がってきており憂慮していましたが、ちゃんとしたきっかけを作っていくことが出来れば十分盛り上がれるのではないかと感じています。

悪い膿をしっかりと吐き出し、正常な姿に戻ってもらいたいものです。





>asagao077さん

北の大地に優勝旗が渡ることを、昨年誰が予想した事でしょうか・・・。そして今年の優勝。連覇。今までの常識、概念を打ち破った北海道代表である駒大苫小牧。

隠してしまえ、目をつぶれ・・・とは言いませんが、少年達が成し遂げた功績を大人が潰してしまう事は許されざるべき事です。

僕は、あの指を天に掲げた姿に心を打たれました。良い思い出として、彼ら選手の心に『手につかんだ優勝』を残してあげたかったです。





>明神さん

コメントを読みまして、僕があえて書かなかったことを書いてくださいました。

指導者と子供。そして保護者の関係。

僕自身、その関係・姿を団体競技選手として見てきましたのでよく理解しています。

親としては、子供のためと思い熱心にサポートを買って出るわけですが、実は子供のためではなくて自分自身(親)の為なんですよね。

『私は、レギュラーとして全国大会に出る選手の親なんですよ!!』と胸を張りたいわけなんです。自慢したいのです。優秀な子供の親なんですから、私も優秀なんですよと。

エゴともいうかもしれませんが・・・。こんな人を何人も見てきました。正直見ていて、ウンザリでした。

監督も人間ですから、当落線上の選手の場合、チームに貢献してくれている親の子供を選ぶということも無きにしも非ずです。

ある意味、監督に対して親がプレッシャーをかけているのですから。

明神さんがどこにでもある話とおっしゃりましたが、そのとおりです。

僕が書かなかったことを代弁してくださり、感謝いたします。





>hiroさん

体罰と指導の境がどうなのか?が今回のポイントだと思います。

これは、当事者でなければ難しいところだと思われます。

現在苫小牧の教頭のコメントが問題化されています。ここでの正直な対応が望まれます。





>A220さん

そうですね、今後どうなっていくか気になります。

学校側の発表が二転三転するようですと非常に不信感を抱きます。今回おきた問題に対し真摯に対応する事を願います。





>円山太郎さん

自分が地域の、県の代表であると言う自負とプライドを持っていれば、自然と礼儀は身につくと思います。

これは僕自身の経験からです。僕も学校の代表として県の代表として舞台に立ちました。代表であるという責任感を行動で示すということを皆がしておりました。そんな環境に身を置いておりました。

今回の被害生徒は、そのような規範となる意識は持ち合わせていなかったのかもしれません。

被害生徒とその親は、”レギュラーになれなかったやっかみ”と見られても仕方ないと思います。

このあたりに関しましては、ブックマークにあります、「放送局裏の裏」さんの記事を見ていただくとお分かりになるかと思われます。





>よっぱらいさん

最後のコメントにあります

>この子がチームメイトから一生恨まれることを想像できなかったのか?

普通はそう考えると思うのですが、それを通り越すくらいの自己中心的な考えがあるのでしょう。このコメントに最初に書いてくださった、

たろうさんの言葉

「慎み」というか「誇り」が欠如しているのでしょう。親も子も。

これが時代の流れなのでしょうか。僕は親となった時に、このような親には絶対になりたくないです。





>MASAさん

優勝旗の返還はおっしゃるとおり筋違いだと僕も思います。

学校側にも当然問題点はあります。その対応のまずさには、あきれてしまう部分もあります。

事が大きくなったのは、被害選手の親の影響が大きいかと想像しますが、学校側のその対応のまずさが、火に油を注ぐというか、マスコミ的においしいものだったのでしょう。

マスコミへ漏れた裏側に関しましては、ブックマークにあります「放送局裏の裏」さんの記事をお読みください。





>puripuriさん

「誠意」ですか・・・。ある種この親は、学校側との取引を持ちかけた・・・そんな匂いがありそうな感じは否めませんね。

そこまでしても、息子を”甲子園”に立たせたかったのでしょう。

本来、親というものは子供に”甲子園”が人生のゴールではないと諭すのが親の役割だと思います。この親はそのような事が出来ない、ある意味子供のままなのでしょう。





みなさんのコメントを読みまして、

”スポーツにおける親の役割とは・・・”

を考えさせられました。

親は子供の背中をそっと押してあげる存在であり、手を引っ張る存在ではないはずです。

ましてや、他人(他の生徒)を押しのけてまで・・・僕は教育者でもありませんし、親でもありません。偉そうな理想論を唱える事も出来ません。

ただ、記事にも書きましたが

『今、自分が彼らに出来る事、貢献できる事は無いのだろうか?』のような痛みをきちんと受け止め、理解する子供の成長をサポートしてあげられる、そんな親になりたいと思います。
なぜ (たむたむ)
2005-08-26 02:41:59
生徒たちは「どこよりも強いチームになる」

という目標を達成したのだから、優勝旗は

返還してもいいのではないですか。彼らが

目指しているは勝つことであって朝日新聞が

作った名誉ではないのです。社会のルールを部長が

お貸し、学校が隠微したのなら、ルールに従い

返還すれば住むこと。どっちにしても勝ったのですから。社会には勝ち負け以上に大事なことがあることを

学ぶ本当の教育の機会になるはずです。

どんな会社でも、社員殴ったら警察沙汰です。

今、彼らにできること、貢献できることは

「オトナになるには、暴力を許さない」

「勝ち負け以上に大事なことがある」

を全国の高校生たちの代表として果たすことだと信じています
Unknown (うに)
2005-08-26 03:46:22
サッカーのように、

指導者はライセンスを取らないといけないというシステムになればいいですね!

(まぁ高校サッカーもライセンスなくても指導はできますが、

 強豪校やユースの指導者だと持ってたりしますよね)

そうすればこういう問題ってある程度防げるんじゃないでしょうかね??
理解に苦しむ (のじ)
2005-08-26 04:47:41
どうもこの記事とここのコメントを読んでいると、被害者とその親を叩けばいいような雰囲気に違和感を覚える。

連覇という快挙を成し遂げたのだから事件を大きくするべきではないという意見はおかしい。

暴力自体もそうだが、学校側が嘘をついたり事件を隠蔽しようとしたことをもっと問題視すべきだ。

やる気のある野球部員がこのような体質ままで指導をうける方が気の毒というもの。
違和感 (台風)
2005-08-26 07:08:39
学校側を擁護し、被害者親子を誹謗中傷するコメントが多いけど、事の本質は学校の隠蔽体質でしょう。

被害者親子がどういう人であったかなんて関係ないと思いますが。

優勝を取り上げられたくない・子供たちは頑張ったんだから、という感情論も理解出来なくはないですが、そもそも6月・8月の事件を隠蔽している時点で出場権自体が無いのでは?不条理なんてこの世にある限り避けられないと思いますよ。
Unknown (党首)
2005-08-26 12:24:48
私は優勝旗の返還、優勝の取り消しといった措置には断固反対です。高野連が勝手に「裁判官」になって、大会出場を差し止めるようなことも、おかしいと思います。



しかし、親子が「集団の論理」に同調しないことは、「罪」なのでしょうか?何十人という選手がいれば、感情の行き違いや、怒りを、消化できない人もいるでしょう。私は敢えて、彼らを支持します。自己犠牲は美しいですが、強制されることではありません。我慢にも「限界」があっていいと思います。



親子の告発を勝手に悪い方へ解釈し、「二重被害」を与えている情況も見受けられます。被害者も人間です。告発には勇気が必要だったでしょうし、今の状況に苦しんでもいるでしょう。「無神経」「独善的」というような評価で切って捨てることは、違うと思います。



「優勝チームのスタッフだから正しいに違いない」「選手も悪かったに違いない」という憶測が背景なのでしょうか?色々な噂話も拡がっています。加害者だけでなく、被害者双方に対して「集団リンチ」の気配がありますね。駒大苫小牧の選手を弁護するのは分かります。しかし、そのために「被害者のイメージを落として自分達を正当化する」ことは、正しく無いと考えます。
隠蔽体質 (Unknown)
2005-08-26 14:52:38
暴力を容認する高校野球のあり方がおかしいのでは?「体育会系だから」で暴力を容認してたらこのような事件はこれからも起こりつづけるでしょう。そしてそれは野球人気の低下に直結します。

サッカーやバスケ人気の高まりの中人材確保の観点からも合理的な指導法を確立するべき時です。



まして今回は学校側が事件の隠蔽を図ったことは明らかで、これを放置すれば「隠したもの勝ち」の風潮が蔓延するでしょうね。明徳義塾同様、高野連には厳正な対処を求めたいと思います。
暴力とは? (通りすがり)
2005-08-26 15:52:48
なぜ注目を浴びる学校だけがこうも取りざたされるんでしょうね?今年の甲子園を目指した学校は4千幾つでしたっけ?この中の2校だけが暴力、喫煙などの不祥事を起こしたんでしょうか?私の知る限りではあと3校はありますが・・・。これらの高校も他の2校同様の扱いをされなければおかしいのではないでしょうか?マスコミの報道も視聴率を取れればいいと言うだけですから、無名校になんか構ってられないか・・。
Unknown (Unknown)
2005-08-26 15:52:53
後付の理屈で「隠蔽だ」とか言っている思考停止した人がいるが認識違いもはなはだしい。

当事者は今になってなんだか大げさに騒いでいるが、そもそも6月の段階では事件ですらなかった。30~40発(後に20発以上に訂正w)も殴られて顔を腫らして登校すれば野球部に関係ない人間ですら気がついただろうが、そんな事実も無く。

その後8月になってスリッパで殴られたのをきっかけに(これすらきっかけになったのかどうか怪しいが)学校に連絡した。その上で当事者の側から調査・好評は大会後でいいと申しいれをしている。もっとも自分で申し入れをしておきながら同意していないとか分けわからんこと言っているが。

あからさまに金を渡して転校させ、うやむやにしようとした明徳の「隠蔽工作」とはまったく次元が違う。

公表が遅れただけで「隠蔽だ、隠蔽だ」ってどっかの野党みたいだなw

少しは自分の頭で考えようね。

Unknown (台風)
2005-08-26 16:15:07
>公表が遅れただけで「隠蔽だ、隠蔽だ」ってどっか>の野党みたいだなw

>少しは自分の頭で考えようね。



当初3,4発と言ってたのに訂正した事、口止めしようとした事(これらは学校が認めている)、これを隠蔽といわずに何というのかな?

野党だのって変なレッテル貼りする方が、よっぽど思考停止しているように見えますよw

Unknown (Unknown)
2005-08-26 17:17:18
>当初3,4発と言ってたのに訂正した事、口止めしようとした事(これらは学校が認めている)、これを隠蔽といわずに何というのかな?



は?最初に受けた報告をそのまま発表しただけでしょ。学校で意図的に情報操作しているわけではない。

しかも後に訂正したのは小突いたのも入れたら10発程度かもということだし、現場を目撃した人間も4発以上は絶対に殴っていないと言っていますが、何か?

さらに当事者に対して口止めとも取れる発言をしたのは事実が明るみに出た後ですが、これじゃ隠蔽になってませんけど、隠蔽の意味わかってんのww

学校側としてはこの親子にあからさまに不利になる報告はしたくないしできないのだろうから、逆にあまりに事実と食い違うことを言う当事者側に助け舟を出しているとも取れるね。

野党見たいっていわれたくなかったらちゃんと事実を確認した上で、自分の考えを述べようね。
Unknown (のじ)
2005-08-26 18:27:49
様々な事件や不祥事が明るみになるにつれ、今回のような事件が起こる下地がもともとあったと言わざるえまい。

だが、ここにきて被害者側を一方的に貶める発言が多いのは不思議でならない。

野球部だから、体育会系だからといった理屈がはたしてどこまで通用するだろうか。

処罰を恐れての嘘、口止め、隠蔽が平気で横行しているから、叩けばいくらでも埃が出てくるような今の状態になっているのでは?

このような体質のままなら今後も似たような事件が起こるだろう。
Unknown (suima-)
2005-08-26 19:07:22
こんばんは。



【6月2日の朝練中ビンタ&バット小突きの件】

前日の白樺高校との大会一回戦負けで、部長も多少のイラつきや、今後への

危機感もあり、熱く(または熱心に)なっていたのかもしれない。

(ただ、甲子園優勝の野球部の指導っていうのは、半端な事じゃないでしょう)

平手打ち、バット小突きという行為を行ったのは事実。

練習の態度がどの程度悪かったのか、言葉で叱っても反抗的だったから手が

出たのかは、その場にいた人しかわかからないが、少なくとも部長にとっては、

暴力(体罰)を加えるだけの状況があった。



部長の失敗①

6月2日の件は、躾のための体罰なのか、野球部という集団を律するために

必要だったのか、その両方かは部長の脳内であり、仮に体罰のつもりでも、

それは部長だけの個人的な判断。

体罰として殴ったといっても、生徒ひとりひとり性格も個性も違う。

殴ってわかる生徒とわからない生徒がいる。

周囲への迷惑や集団の和を乱したり、反抗的な態度によって殴られたとして

も、自分が殴られた理由がわからないバカな人間もいる。

そんな生徒を殴っても、相手には何も伝わらないし、不当な暴力を受けたと

思うだけ。それを判断して(人を見て)対応していかなければならなかった。

もし他の部員への悪影響を考えたのなら、練習から追い出せばよかった。



部長の失敗②

8月7日に宿舎の部屋の前でスリッパで頭を1発叩いたのは、飯3杯ルールを

破った事より、その生徒が残したご飯をおひつに戻した事、それを叱った際に

反抗的だったのが原因というが、いずれにしても「スリッパは屈辱!」という人

もいるわけで。。。(個人的には肉体的ダメージの少ないスリッパもありでは?

と思うけど)

部長の行為を理解してくれる人もいると思うが、理解できない人もいる。

尻ビンタにしとけば良かったのに。



部長の失敗③

6月の件で最初に部長が自己申告したのは、3~4発平手打ち。

被害者親の「30~40発証言」が出たので、学校側が再度確認したところ、

バット小突きも含めると10回程度に変更。

最初の申告で部長は、バット小突きなどを勘定に入れなっかた。

まあ、平手打ち○回、バット小突き○回、蹴り○回、うちクリーンヒット○回

など正確に数えて憶えているわけもないが、部長は少なめに言ったのだろう。

心情的には理解できるが、部長は出来るだけ正確に話せばよかった。

これらは、部長が直接会見したわけではないので、学校側との話し合いで、

回数の調整があったのかもしれないが、どちらにせよ、後から変更したこと

で印象を悪くし、叩かれるはめに。



学校の失敗①

8月初め、生徒の親から最初の連絡があった時に学校側は、明徳義塾のよう

な部員の喫煙や部員同士の暴力事件ではないので、「指導者の体罰」という

体育会系的な認識によって、事件を穏便にすませられるという読みがあったと

思われる。

この時点で高野連への報告をしなかったのは、隠蔽!隠蔽!と糾弾する人も

多いが、事件自体がそれほど大事ではないと学校が判断していたからだろう。

結果としては、この大騒ぎによって高野連を怒らせることになった。

親からの連絡後、双方の間で示談交渉をしていたようだが、決裂し夜10時の

校長会見となった。

親の怒りと不満を解消するために学校として何をすべきだったのか?

部長の謝罪か?生徒のベンチ入りか?甲子園からの引き上げか?慰謝料か?

あの親を甘く見た。。。



学校の失敗②

教頭の会見で記者から「(たたかれた回数が)3、4発だったら(新チームが)

秋の大会に出られるかもしれない」と生徒に言ったのか?と質問され、「そういう

ニュアンスの事を言ったかもしれない」と答えた。

実際は、生徒が、「1、2年が試合を出来なくなるようなことにると可愛そう」と

いった会話の後に教頭が、「(たたかれた回数が)3、4発だったら(新チーム

が)秋の大会に出られるかもしれないが、それは真実を曲げることになるよな」

と言ったようだが、いくら生徒との会話でも気をつけなければ。

この会話、圧力とか隠蔽というほどの事もないような気もするが、マスコミ大騒

ぎの現状では、悪い方に解釈されるような危険な会話をしてしまった。

会話が外に漏れる事は想像しなかったのか?

この生徒を甘く見た。。。



【不思議なこと】

①6月の事件を、その時点では問題にしていない。

 ~息子が野球を続ける為に我慢した?



②「ボコボコ」にされた息子を、その時は病院にも見せず、告発後に病院で精密検査。

 ~訴訟も見据えた弁護士のアドバイス?



③最初は殴られた回数を30~40発と主張するが、その後20発以上に変更。

 ~腹立ち紛れに多めに言った?



④学校側との交渉決裂または不満爆発が、優勝直後というタイミング。

 ~注目が一番大きくなる時を選んだ?



⑤教育委員会や高野連ではなく、マスコミ(週刊○○)にリークしている。

 ~穏便に済ますより世論に訴える?



⑥彼らをすでに傷つけている状況で、野球部員たちを気遣っている。

 ~騒ぎが大きくなりすぎたので、とりあえず?



いずれにしても、情報ががマスコミに流れ、全国的に大騒ぎになった以上、学校側も

マスコミも、しっかり事実の全てを公表して欲しい。

部長が殴った経緯、その程度、親の要求、それに対する学校側の対応、慰謝料の

有無、全て。。。
Unknown (党首)
2005-08-26 20:01:12
> suima-さん



私なりの推測ですが、勝手に「不思議なこと」を考えて見ます。



> ①6月の事件を、その時点では問題にしていない。



甲子園期間中の「スリッパ」「強制謝罪」で、被害者の気持ちが「切れた」のではないでしょうか?なぜ晴れの舞台で、自分は晒し者にされなくてはいけないのか…。なぜ部長が自分だけを標的するのか…。



> ②「ボコボコ」にされた息子を、その時は病院にも見せず、告発後に病院で精密検査。

> ~訴訟も見据えた弁護士のアドバイス?



交通事故・傷害事件等では、必ず検査を受けますよね。「精密検査」といっても、せいぜいレントゲンとかCTスキャンです。警察に告訴するのならば、診断書が必要です。往々にして「形だけ」なのは確かですが…。

8月になって受診したのは、学校の管理下にある合宿生活中に、子供が勝手に変な検査を受けられないからだろうと納得できます。



> ③最初は殴られた回数を30~40発と主張するが、その後20発以上に変更。

> ~腹立ち紛れに多めに言った?



私が以前保険会社で自動車事故の紛争処理をしていたから分かりますが、人間は大概記憶を自分に都合よく塗り替えます。双方どうせ正確には覚えていません。ある程度の割合で、「私が全部悪い」という風に自虐的になる人がいますけれども。

おそらく両者の主張の「中間」が真実なのでしょう。



> ④学校側との交渉決裂または不満爆発が、優勝直後というタイミング。

> ~注目が一番大きくなる時を選んだ?



8月8日の段階で、優勝を前提に考えていたということは無いでしょう。まだ一回戦もやっていない時期ですからね…。



> ⑤教育委員会や高野連ではなく、マスコミ(週刊○○)にリークしている。

> ~穏便に済ますより世論に訴える?



アグレッシブなのは確かですが、高野連に告発することが「穏便に済ませる」ことでは無いと思います。



> いずれにしても、情報ががマスコミに流れ、全国的に大騒ぎになった以上、

> 学校側もマスコミも、しっかり事実の全てを公表して欲しい。

> 部長が殴った経緯、その程度、親の要求、

> それに対する学校側の対応、慰謝料の有無、全て。。。



完全なプライバシーですし、被害者側を不利にする情報ですから、公にすべき性質のことでは無いと思います。ただし大した暴力事件ではないので、せいぜい慰謝料20万30万って話だと思いますが…。
Unknown (suima-)
2005-08-26 20:45:11
> 党首さん

客観的で冷静なご意見ありがとうございました。

書いてよかったです。

2ちゃんに晒されたけど。。。

あわせて読む

関連するみんなの記事