耳を洗う

世俗の汚れたことを聞いた耳を洗い清める。~『史記索隠』

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日は『第3回食育祭』~「大地といのちの会」の“いのちの祭り”

2009-01-12 18:21:07 | Weblog
 今日は「大地といのちの会」主催の「教育ファームの成果発表会」『第3回・食育祭』が開催される。11:00~16:00の間、①元気野菜劇、②各団体食育活動展示③保育園・幼稚園・小学校の教育ファーム活動展示のほか、「体験教室」では“味噌作り実演”“塩作り実演”も。「いのちをいただく食生活体験ラリー」では、

1.元気野菜はどっち
2.野菜の特に元気な部分はどこ?
3.菌ちゃんパワーをいただこう
4.種はいのちのカプセル。30回かもう!
5.いのちのくるくるを体験しよう

などが計画され、特別講演で東京農大の小泉武夫教授が「発酵による土作りと農業体験の大切さ」と題しお話くださる。これから出かけるが、“祭”の様子はのちほどご報告します。

 (この項つづく)

 
 『第3回食育祭』は主催者発表で約1500人の参加者があり盛会だった。とくに目を引いたのは、保育園・幼稚園・小学校の子どもたちの「食育」活動である。下の写真は保育園での活動だが、見事な野菜を作っている。幼い時期に“いのち”の源が「土」にあることを体験させ、その土は“菌ちゃん”(微生物)なしには食べ物を作ってくれないことを先生と親とともに学ぶ。


 「大地といのちの会」が生産した完全無農薬の農産物、伝統の加工品(協力生産者)「展示・販売会場」は身動きできないほどの人で賑わい、生産者と消費者の会話もはずんでいた。


 スライドを使った三川内小学校4年生の「食育学習体験発表」。給食残飯などの生ゴミから土作りをし、種まき、植え付け、水やり、草取り、収穫までの苦労や発見や喜びを教えてくれた。


 小泉武夫先生の講演。専門の「発酵菌」の話を1時間20分語られる。微生物なしにはこの自然界は成立しないこと、発酵食品は栄養的に優れているだけでなく、近年では免疫力を高める作用があることがわかってきたこと、など興味深い話が聞けた。(写真は失敗作で失礼)

 
 最後に、主催者代表の吉田俊道さんが、「大地といのちの会」のこれまでの活動の概要と目指している今後の運動についてアピールされた。



 パンフレットにこんなことが書かれていました。

 <「いのち」の少ない“もどき食品”が氾濫するという、「生命力の食糧危機」で、大人も子供もあえいでいる現代。本格的な食糧危機が到来するとも言われていますが、その時、誰が私たちを支えてくれるのでしょうか?>

 
 菌ちゃん(微生物)の力を信頼し、その助けを借りて野菜づくりに励もうと、改めて確認させられた一日だった。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昔の名物男:“カックンちゃん... | トップ | 「幸徳事件」連座の“内山愚童... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。