稲敷 宝 ブログ

茨城県稲敷市の公式ブログを開設!!
稲敷の宝(情報)をお届けします!
~観光・イベント、日常風景、行政情報など~

稲敷BASSトーナメントin霞ヶ浦

2016年09月19日 | イベント

9月18日、和田公園湖畔で稲敷市商工会青年部主催「稲敷BASSトーナメントin霞ヶ浦」が開催されました。

関和学プロが共催となり、127名の方が参加しました。

その他にも、子どもたちを対象にルアー色塗り体験、キャスティング教室、バスボート試乗体験が行われました。


この記事をはてなブックマークに追加

あずまミルキークイーン収穫祭

2016年09月12日 | イベント

9月10日、あずま米産地づくり推進協議会主催の「あずまミルキークイーン収穫祭」が開催されました。収穫祭には、地元の児童や首都圏の親子、生産者が参加し、稲刈りを体験しました。


この記事をはてなブックマークに追加

いなしき夏まつり花火大会

2016年08月22日 | イベント

8月20日、稲敷の夏の風物詩「いなしき夏まつり花火大会」が江戸崎総合運動公園で開催されました。

あいにくの雨により、ステージイベントの一部変更などがありました。

夜には天気も回復し、稲敷の夜空に大輪の花が咲き、約11万人を魅了しました。

とくにグランドフィナーレの「日本一スターマイン」では、その迫力に見物客からは大歓声と拍手が沸き上がりました!

 


この記事をはてなブックマークに追加

カブトムシ相撲大会

2016年08月08日 | イベント

8月7日、敷市商工会青年部主催のカブトムシ相撲大会があずま生涯学習センターで開催され、128名の小学生と園児が参加しました。

友達とカブトムシを捕りに行ってきた子やおじいちゃんに捕ってもらった子など、それぞれ自慢のカブトムシを持ち寄って戦いました。

試合に負け涙する子や試合に勝ち大声を出して喜ぶ子など本気の戦いが繰り広げられ、角を使った見事な背負い投げが決まった瞬間には、会場内が子どもや保護者からの大歓声に包まれました。

優勝した小田部隼人君にはディズニーチケットが送られ、「優勝できてうれしい。お父さんが深夜に一生懸命探してくれた。」と話し優勝を喜んでいました。

表彰式では、参加者全員を対象とした豪華景品が当たる抽選会も行われ、大いに賑わいました。


この記事をはてなブックマークに追加

江戸崎祇園祭が開催

2016年07月26日 | イベント

7月22日〜24日、江戸崎商店街にて、「江戸崎祇園祭」が開催されました。

江戸崎に400年続く伝統のあるお祭り「江戸崎祇園祭」は8台の山車、八坂神社と鹿島神社の合祀みこしが1基。お囃子に合わせて、山車が町内を回りました。

浴衣姿の家族連れらがそぞろ歩きを楽しんでいました。


この記事をはてなブックマークに追加

男女共同参画講座「パパ&じいじ Let,s Enjoy クッキング」

2016年07月17日 | 行政情報

7月17日、あずま生涯学習センターで男女共同参画講座「パパ&じいじ Let,s Enjoy クッキング」が開催されました。

講師で管理栄養士の根本偉代(ひでよ)さんを迎え、「ロールパンでメロンパン」と「フルーツポンチ」を作りました。

参加者の中には、お母さんの勧めで参加する父と子もいて、「パパと一緒に料理ができて楽しかった。」「意外と作りやすく、めったに娘と料理する機会はないのでよかった。」といった声が聞かれました。

 


この記事をはてなブックマークに追加

映画「天心」上映会

2016年07月15日 | 行政情報

7月14日に江戸崎公民館、15日にあずま生涯学習センターで映画「天心」の上映会が行われました。

明治時代の美術思想家「岡倉天心」の半生を描いたこの映画にはたくさんの方が詰めかけ、会場はのべ1650人の観客でいっぱいになりました。

観客の中には「映画館で一度見たけど、監督が来ると聞いて駆けつけた」という方もいました。また、市内中学校の全生徒も鑑賞し、天心やその弟子たちの生き方を学んでいました。

上映会には、松村克哉監督による舞台あいさつやトークショーも行われ、その中で監督は撮影の裏話や舞台となった茨城県のことを話され、特に中学生に対しては「自分が映画監督を目指したのは大学生のころ。それまではこの業界に入るなんて思ってもいなかった。映像関係に興味がある生徒さんがいらっしゃたら、頑張ってください。」エールを送っていました。


この記事をはてなブックマークに追加

江戸崎駅リニューアル

2016年05月12日 | イベント

昨年から進められていたバスターミナル「江戸崎駅」待合室の改修が完成し、5月11日から利用が始まりました。

利用者がゆっくり休憩できる畳7畳の小上がりを作り、壁の一角には黒板を設置。材料は市内の木材店から使わなくなった廃材などの提供を受け、床に敷き詰め、木の温かみが感じられる待合室に生まれ変わりました。

改修工事を実施した筑波大学大学院の栗山広佑さんは「小学生からお年寄りまでさまざまな世代が座敷に腰を掛けながらおしゃべりしてふれあうスペースになってほしい。」と話しました。


【江戸崎駅待合室】

市の中心部にある江戸崎駅は、バス会社4社が乗り入れる拠点の停留所で、小学生から高齢者までの多くの市民が利用しています。

昨年度から筑波大学生や江戸崎総合高校と協力して改修を進めてきました。

床はこのようになっています。


この記事をはてなブックマークに追加

あずまミルキークイーン田植祭

2016年05月09日 | イベント

5月7日、あずま米産地づくり推進協議会主催の「あずまミルキークイーン田植祭」が開催され、市内外から約170名の方が参加しました。強風の中、ぬかるむ田んぼに苦戦しながら、楽しく田植え体験をしました。自分たちの植えた苗を眺めながら「早く実らないかな」「稲刈りはいつごろできるかな」と秋の収穫祭が待ちきれない様子でした。


この記事をはてなブックマークに追加

4月14日チューリップ開花状況

2016年04月14日 | 日常・風景

今年のチューリップまつりは終わってしまいましたが、まだまだ和田公園のチューリップは見頃です。

まだチューリップを見ていないという方は、今週末に和田公園に行ってみてはいかがですか?


この記事をはてなブックマークに追加