マネジメントを機能させて、あらゆる組織で成果をあげる

先哲の知恵を実践し、新たな知恵を紡ぎ出す

相槌

2017-07-16 09:49:03 | メモ
「相槌」という言葉は日本刀を制作するときの鍛冶場での打ち方に由来してる。
 
鍛冶場では、名匠一人が刀を打つのではなく、相手となる弟子と代わる代わる交互に打っていく。
 
つまり相打ちをする。
 
このとき、刀匠は大槌で打ち、弟子は小槌で打つ。
 
弟子の小槌は、師匠が大槌を打ちやすいように、刀を整えるのである。
 
これが相槌。
 
 
:立正大学名誉教授 齊藤勇
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幸せ感があふれる社会 | トップ | 人生の方針 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。