マネジメントを機能させて、あらゆる組織で成果をあげる

先哲の知恵を実践し、新たな知恵を紡ぎ出す

イノベーションするための5つの資質

2017-04-24 06:55:41 | メモ
イノベーションするための5つの資質

1.旺盛な「好奇心」・・・・・・・・・・・組織として成果をあげるためには、マネジメントを機能させる必要がある
2.努力を重ねる「持続力」・・・・・・・・組織にマネジメントを機能させることに取組続ける
3.前向きに物事を捉える「楽観主義」・・・絶対にできると思い込む
4.固定観念に縛られない「柔軟性」・・・・うまくいかない時に、自分のやり方を疑い、よりよいやり方を他に求める。
5.失敗を恐れない「冒険心」・・・・・・・使命感を持つ

イノベーションのための7つの機会

1.(予期せぬ成功)予期せぬ失敗・・・・・マネジメントの考え方を伝えることで効果が期待できると考えたがうまくいかなかった。
2.ギャップ・・・・・・・・・・・・・・・トップ層と管理組織と現場の間にはマネジメントに対する考え方にギャップがある。
3.ニーズ・・・・・・・・・・・・・・・・トップ層も管理組織も現場もマネジメントをうまく機能させたいというニーズがある。
4.産業構造の変化・・・・・・・・・・・・組織が生き残るには産業構造の変化に対応しなけらばならない。
5.人口構造いの変化・・・・・・・・・・・組織が高齢化している。
6.認識の変化・・・・・・・・・・・・・・組織の誰もがイノベーションを求めている。
7.新たな知識・・・・・・・・・・・・・・マネジメントを機能させる。

組織には「直接の成果」と「価値への取組」と「人材育成」の3つの成果が必要

人材育成は、「直接の成果」と「価値への取組」のために行う。

「直接の成果」を上げるための人材育成・・・自己管理による目標管理とアドバイス
「価値への取組」のための人材育成・・・・・イノベーションを促進するための研修とアドバイス
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成功の法則≒イノベーション

2017-04-24 06:41:36 | 名言
計画的(積極的、意図的)に行動する中で偶然に起こった予期せぬ成功や失敗に対して真摯に取り組む。

予期せぬ成功や失敗に対して真摯に取り組む=イノベーション

イノベーションするには、予期せぬ成功や失敗に対して真摯に取り組むことである。

イノベーションするための5つのポイント(資質)。

1.旺盛な「好奇心」・・・・・・・・・・・組織として成果をあげるためには、マネジメントを機能させる必要がある
2.努力を重ねる「持続力」・・・・・・・・組織にマネジメントを機能させることに取組続ける
3.前向きに物事を捉える「楽観主義」・・・絶対にできると思い込む
4.固定観念に縛られない「柔軟性」・・・・うまくいかない時に、自分のやり方を疑い、よりよいやり方を他に求める。
5.失敗を恐れない「冒険心」・・・・・・・使命感を持つ

:スタンフォード大学 J・D・クランボルツ教授
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

計画的偶発性理論

2017-04-24 06:32:00 | 名言
主体的に行動する中で起こるさまざまな偶然を人生を開く好機にする。

≒成功の鍵は予期せぬ成功や失敗に対して主体的に行動すること。

成功するための5つのポイント。

1.旺盛な「好奇心」
2.努力を重ねる「持続力」
3.前向きに物事を捉える「楽観主義」
4.固定観念に縛られない「柔軟性」
5.失敗を恐れない「冒険心」

:スタンフォード大学 J・D・クランボルツ教授
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栄誉をつかむ

2017-04-22 10:18:33 | 名言
暗澹たるときでも真実を見限ることなく、あきらめることなく何度も試み、愚弄されても、屈辱を受けても、敗北を喫してもくじけない人に、栄誉は与えられる。

:ネルソン・マンデラ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポストモダンの7つの作法

2017-04-22 10:16:42 | ドラッカー
1.見る。

2.聞く。

3.わかったものを使う。

4.基本あるいは原則となるものを、知って使う。

5.欠けたものを探す。

6.あらゆるものがエントロピーの法則を逃れられず、放っておけば形態を失っていく。

7.フィードバックの仕掛けをつくっておく。

:「ドラッカー入門 新版」より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加