ブログ de ビュー

映画や本、テレビ、ゲームの感想がメイン。作品の記事はカテゴリ「索引」から探せます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ALWAYS 三丁目の夕日

2005-11-23 01:09:00 | 映画
『ALWAYS 三丁目の夕日』を観てきました。
この映画の監督の前作、『リターナー』が面白かったから
この映画もきっと面白いとの期待を込めて観に行きました。
実際、面白かったです。

まず内容紹介を簡単に。
昭和33年、ちょうど東京タワーが建設されていた頃
その建設中の東京タワーの見えるある町の三丁目に暮らす人達のお話です。

以下感想です。
三丁目に暮らす人達の織り成すドラマがすごく面白かったです。
それから、吉岡秀隆さん演じる売れない小説家兼駄菓子屋のおじさん役の竜之介が
なんとも魅力的でした。
竜之介は頼りなくてずるい大人だったりするんですが
その実、純粋で優しい大人です。
竜之介以外の三丁目の人達も個性的かつ強烈な人達だけど
みんな素敵な人達でした。
竜之介の表現の一部を借りるなら
"赤の他人"に対して優しくなれる、真剣になれる
そんな人達が三丁目には住んでいるんだと思った。

僕はこの映画で描かれていた時代(昭和33年)について全然知りません。
だからこの映画を観て
「あの頃はよかった」とか「懐かしい」
なんてことは思ったりはしません。
それでも三丁目に住む人達の暖かさはしっかりと感じることができたと思う。

少し笑っちゃうようなシーンもたくさんあって
もちろん感動するようなシーンもありよかったです。

おすすめ度:★★★★
(★は5つ中)
公式サイト
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 箱舟はいっぱい / 藤子・F... | トップ | 七色いんこ / 手塚治虫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ALWAYS 三丁目の夕日の世界に行きましょう・・・・ (NATURA BLACKで撮る世界)
『ALWAYS 三丁目の夕日の町・・・』