冷凍都市通信

映像を中心に都内で活動しているアイスマンの通信

夏の終わり

2016-09-15 21:50:28 | こちら側
寝る直前に本を読むことが習慣であり心が休まる瞬間の一つである。

特にマンガ読みながら就寝することが多い。

最近は季節の変わり目なのか眠すぎてすぐに落ちてしまうが。。。

あぁ秋が来てしまったなぁとか感じながら森山直太朗の「夏の終わり」なんか

聞くとむかーし昔に憧れていたヤンキーの兄貴分との思い出がよみがえる。

この曲を聴きながらよく二人で暑苦しい男談議に花を咲かせていた。

今年は夏っぽいこと一個もやらずに終わったなぁ…なんて感慨にふけったりすることもチラホラ。

仕事ばかりしていたなぁと思うがそれを選択したのは自分であり求めてもいたから

結局考え出すと全然悪くないサマーを送っていた気がする。

仕事自体が人生と生活と遊びに密着にかかわりあっているからこそ

考え方もしっかりしないと全力でぶつかっていけないなぁと思ったり。

お金をもらう手段?

仲間と楽しむ?

社会での役割を果たす?

面白いことを表現したい?

自分らしく生きたい?

著名な誰かのもとで活躍したい?

人とは違う生き方をしたい?

なんかいろいろ無限にありそうだけど僕にとってどういうことかを

マジで真剣に向き合って再構築する期間に差し掛かっているということが

直感的に感じてきた。わりとリアルに。。。


仕事はほとんどが多種多様な様々な人々とかかわっていくビジネスである。

特に僕が仕事として行動している分野は人とのかかわりが必要不可欠だ。

僕は経営者でもなく技術者でも営業でもカメラマンでもプロデューサーでもないと思った。

僕はかかわった人間や僕がかかわったプロジェクトによって人々を笑顔にするきっかけを与える

そんな役割をいつも心に思っていたことを思い出していた。

きっかけ。。。

笑顔。

行きつく果ては感謝。

感謝から見える先が繋がりであり楽しさに変換できる装置だ。

そしてさらに極めてこちら側の世界に入門すると

自分の周りすべて物体や自然、呼吸にも感謝できるようになり

すべてが楽しくてたまらなくなる。

これ一種の生活圏でのゾーン状態。マジでパナイ。無敵。スター状態。

これを知っている人は本当に強い。だって楽しんでるんだもん。

手塚先生が末期に入院中でも漫画書いてて死ぬまで全うしたのも

かなり高次元な状態でビジネスを楽しんでいたからに他ならない。

だから僕は人々を楽しさのゾーン状態にもっていかせることをやっていきたい。

みんなが楽しめればそこに夢中になり、ポイントの感謝に隙がなくなる。

だってマジで楽しいから。

そうやって楽しめるきっかけづくりを個人的にも会社的にも目指します

今日もこの曲聞いてます。

この曲以外このアーティスト聞かないです。

やっぱり思い出が付随している曲は響きますね。。

懐かしいですねお兄さん。

僕は元気、というか相変わらず楽しみながら馬鹿やってます。

お天道様の強い日々がだんだんと変わってきましたが

楽しさは何の変化もしてません。

今日もいい日でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

nagare

2016-09-09 09:26:22 | こちら側
九月に差しかかったが気温は夏のままだ。

湿気もあるし日差しも強い、台風だって来る。

ただセミの鳴き声はやんだ。なぜかそれだけで夏の終わりを感じたりする。

季節の変わり目は嫌いではない。生命の変わり目でもあるからだ。

僕も一つの有機生命体として何かが内側から脈打っているからなのかもしれない。

季節も人生も山あり谷ありといったところか。

そんな流れ流れるときの中で根底にある僕なりの考え方がある。

ベースにこの世は良いことも悪いことも両方が存在する陰と陽の考え方だ。

どっちかだけという流れは存在しないと思っている。

表裏一体、白と黒、プラスとマイナス。

人間は根本的にマイナス思考になりがちという記事をどこかで読んだことがある。

僕からするとマイナスのとらえ方が間違っているからそう思われがちなだけだと思っている。

マイナスはマイナイスなんだ。寒いギャグだがそういうことだ。

プラスが起きるときに人はそこに全力で向かっていったり楽しむ気持ちを学ぶ。

マイナスの時も同じことなのだ。そこにある意味を見つけ出し

自分を向上するためのヒントがちりばめられている場面なのである。

嫌なことがある⇒嫌な気分になる⇒嫌な未来を創造する⇒落ち込んだまま物事に接する
ではなく
嫌なことがある⇒なんで起きたのか考える⇒自分に足りない要素に気付く⇒感謝できる

といういたってシンプルでちょっと危うい考え方のようだが

僕は基本的にはそんな感じで、なんで自分に身に何かが起こっているのかをしっかり考えて

様々な自己を見つめなおすきっかけを与えてくれたことに感謝するようにしている。

流れていく時間の中で同じことなどありえない。

そこに起こりうる現象の意味を知り自分を変化させ続けることこそが大切なのだ。

まるで流れ続ける水のように…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オフ会的なもの

2016-09-02 08:00:33 | 日記
つい先日、会社のクルーたち(といっても友達)と遊びに行った。

「遊び」というのも9月からにかけての仕事量が尋常ではないので

遊べるときに遊んで気を引き締めて9月からブチ上げていこうという考えの基の企画である。

とはいっても当日までみな仕事を持っておりなかなか遊びのプランが決まらない。

非日常を感じる場所ということで奥多摩のほうにある鍾乳洞に行くことになったわけだが。。。

行き帰りの移動時間合計5時間はかかる。一名体調不良により欠席。

何を目的とするわけでもないぶらりドライブ感は意外にそれだけでも非日常。

馬鹿な話しかしなかったので内容はみんなほとんど覚えていないだろう。

みんな僕の友達だがいまでは仕事仲間だ。

仕事の話もするが、だんだんとクルーの距離感が縮まってきた気がしている。

思い返せば中学も高校も大学もそれ以降も

おんなじ仲間で同じようなことをして、どこか退屈感も感じながら

いまの幸せに鈍感で、だけど仲間といることが最高に楽しい。

そんな風に友達と過ごした時間があったことを思い出した。

30代になっても変わるわけがないんだなぁと思いにふける。

最高にくだらないことって後になって最高の価値がわかったりするもんなんだよね。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

sunrise

2016-08-20 10:25:07 | 動画日記
ということで先日行った山の映像を簡単にまとめた。

写真を撮るという習慣がゼロに等しい僕は画像をほとんど持っていない。

高校生から大学生にかけては使い捨てカメラにはまり

主に仲間たちとのバカな様子を記録としてとらえてはいたのだが

携帯で撮影できるにあたり、より簡単に写真がアップできるようになり

SNSの発達とともに携帯依存症が増加していったこともあり

写真を撮るより、自分の目に様々なシーンを焼き付けたほうが理に適っているのではないかという考えと

人と一緒にいれば誰かしらが写真を撮っているし、

今の画像補正アプリはフォトショップ顔負けなので

下手に自分が慣れない写真を撮るよりよっぽどいい出来のものがシェアされたりする。

そう、いまや世の中表面的には『シェア』という聞こえのいい時代になり

そこに対する価値が上昇している。内心は自己顕示欲と承認世級の成れの果てでもあるとは思うが。。。

前置きが長くなった。僕は写真を撮影する習慣はないが、

5年前から様々な日常シーンを切り取って編集するのが趣味みたいなものであった。

一週間動画や一か月動画がいい例である。

そんな流れで作った家族の記録映像という需要が限りなくゼロに近いものを作ることが

案外とても楽しかったりする。特に仕事として映像案件が増加して行ってからは

プライベートで一丸カメラを持つこと自体が減り(仕事とプライベートの境目がつかなくなるから)

こういった趣味映像制作自体が減ってしまったが、2016下半期はまたバンバン作っていこうと思っている次第である。

需要は限りなくゼロに近いが自分の人生においての記録としては何にも代えがたい財産になるのだから。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近よく聞く音楽

2016-08-17 17:44:35 | 音楽
ここ最近よく聞く音楽特集。

遊びでフリースタイルやっているからヒップホップばかりだが

abemaTVのおかげで昔のようにMTVやスぺシャTVを見まくれるいい時代。

音楽というものが自分の意志で買うものから自然と耳に入ってきてしまう、

PVが勝手に視界に入ってくるという受け身な時代。

そんな中で大切なツールは情報の選定のしかた事態になっていて、

自分の意志というものは持ちづらいのが正直なところである。

よって昔懐かしい90年代や生まれる以前の70年代や60年代の

楽曲がやけに新鮮であったり耳に残るのも必然といったところか・・・。

どちらにせよ今流行っているものから昔懐かしいものまで区別がつけづらくなっている状況だ。

社会的にも自分的にも…。

そんな中でもヘビーローテーションな曲を紹介します。


DJ RYOW『ビートモクソモネェカラキキナ 2016 REMIX feat.般若, 漢 a.k.a. GAMI & R-指定』

新旧代表するフリースタイラーでありラッパーの三人の曲。
曲もリリックもかっこいい。男くさい感じ全開だ。
こういう曲を聴いているとテンションが上がる。
個人的最近好きなアーティストのMC漢のヴァースがかなり気に入っている。




山仁・ビッチーズ・Keyco・RUMI・ふま・MIHO・Libra

先輩から教えてもらった山仁というラッパー。
彼のアルバムもかなり胸に刺さるリリックが多くお気に入り。
その中でもこのフィメールラッパー四人の贅沢なコラボレーションは
なかなか拝めない。
そしてそれをビッチーズと呼ぶ素晴らしい世界観と落ち着くメロディラインに
ついついよく聞いてしまう。




Velvet Underground - I'm Sticking With You

あこがれの人の結婚式で使用されていた60年代の楽曲。
単純に好きな曲調と雰囲気であったり、世界観。
調べたバンドの時代背景もなかなか面白かったりで、、、
かなりこの曲は聞きまくってます。



Skyrocket company × 黒木渚「命がけで欲しいものひとつ」

最近の邦楽だとよく聞いているほう。
歌詞もメロディも00年代の感じが懐かしくも
心地よく響きます。
この曲は特によく流している感じ。
この手のアーティストが最前線に来る時代はもう終わったようだが、
だからこそ響く音の力強さみたいなものを最後の「喜びの歌」の挿入で感じたりするものです。



ハンバート ハンバート"横顔しか知らない"

強い楽曲が厳しい時によく流れるハンバート ハンバート。
このアルバムの中でもこの曲が不思議と心にしみわたる。
こっち系の好きなオシャンぶった奴らもいますが
きっとかれらも社会と生きる中での隙間が必要なのかもしれませんね。。。
ええ、もちろん僕も同じ穴のムジナってやつです。



「Pellicule」by 不可思議/wonderboy

こっち系の曲?ニュアンスだが高校生や大学生や夢を持ったフリーターとかが
なんか熱いものを共感したりする感じの曲って
昔々(といっても割と最近)すごく好きで一番聞いてたのだが
最近は全然聞いてなかった。聞くとなんか恥ずかしくなってしまったり
なんか共感ができづらくなってきて自分が変な意味で大人ってやつになっちまったのかな
なんて自己嫌悪気味になったりで敬遠してたりもした。
しかし最近地元の仲間たちと集って話したりした日がめっちゃ久々にあって
その時を思い出すと僕の中の青春歌が鳴り響く。
ああ、なるほど。。やっぱ僕はこういう系が好きなんだなってな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加