冷凍都市通信

映像を中心に都内で活動しているアイスマンの通信

未来を作る

2017-04-22 09:08:45 | こちら側
最近この話題について話す機会が増えてきたので自分自身に言い聞かせる意味でも記そうと思う。

僕自身の会社に対する考え方だったり人生観だったりだ。どちらもさほど違いはないと思っている。

会社とは読んで字の如く社会を循環させるために存在していると思う。

そして社会とは人々の未来を形成していくために機能していると思っている。

僕の個人的な思いは『人々が笑顔でいる未来』を作る会社になるべきで

その思いは人生そのものでもある。

そのために何ができるできないは人それぞれ、会社それぞれで存在すると思う。

最近僕の会社は仕事が嬉しいことにたくさんあった。・・・いや、忙殺されるほどだった。

それは現在進行形で続いている。あくまでとても小さな僕の会社のケースな訳だが。

僕自身、会社設立前は仕事がなく暇になる時があり、何よりそんな暇を恐れていた。

仕事が入っても一回こっきりで終わったり、お金が支払われず音信不通になったり、バッサリとレギュラーの仕事をカットされたり、

故に僕は仕事という社会を循環させることに関われる事象を断るという決断を私情や感情ではほとんどしてこなかった。

なぜならどんなに忙しかろうが明るい未来に進んでいるからだ。

本当に未来を作る会社はもっともっと凄まじく忙しいはずなんだ。

会社という存在以上は利益を上げ社員や仲間を食べさせても行かなければならない。

僕は自分自身、経営者というワードにこだわりお金や仕事の有無に対して敏感になりすぎていた。

大前提である『人々が笑顔でいる未来』を作る会社にしようとしていたのに

最も近い人々であるチームの仲間たちが疲弊し、目的を見失い、困惑してしまっていたのだ。

革新的に進んでいく会社の場合よく有能な仲間が去って行ったりすると聞くが、

僕はまだそんな位置にいないし、僕の会社の強みであり弱みは仲間で仕事をしているということ。

そいつらにそんな思いを抱かせてはいけない。僕みたいな男の場合は。

逆にそいつらが夢中になれるような未来を提示することに集中すべきだった。

今以上忙しいはずなのにドキドキワクワクが止まらないようになっているという感じ。

ほとんどの経営者たちには友達と仕事をするのは難しいし無理だぞきっと、と言われる。

たしかにメチャクチャ難しい。無理だなと思うことも多々ありもする。

けど数年前、僕がいつか会社を作ると言った時だってほとんど周りは無理だって言っていた。

だからこそ僕の人生観をしっかり会社の思いに乗せて様々な人間を巻き込み

本当の意味で『人々が笑顔でいる未来』を作る会社にしていこうと思う。


そういう思いと行動力に従って5月からまたしっかりと走りまくっていきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奄美大島

2017-04-13 08:49:16 | 日記
仕事の出張で今度は奄美大島に行った。

その週はかなり多忙で千葉県の銚子にロケに行き

そのままチームの一員を残しそのままチームの先輩と奄美大島に飛んだ。

面白かったのは今回は完全にカメラマンではなく、動画内のちょい役のために人員として読んでくれた。

クライアント様でもそうやって面白がって外部を入れてくれる人たちもいるのだ。

何よりも・・・・

昔先輩とやらされていると感じている仕事をしている時代(といっても3年前ぐらいか)

よく終電近くまで仕事をして帰りに渋谷警察署の近くのコンビニで缶ビールを買い

簡単な酒盛りをしながら色々話していたものだ。

その時に今の現状を打破してより自分たちのして行きたいことに正直に生きること。

会社設立したいだとか、こんな映像作りたいだとか、出張で沖縄とか行きたいとか。

まぁそんなような至極普通の少年達が語らうことさ。

その小さな一つの目標がまた叶った。

以前幼馴染と出張で沖縄に行ったが、今回はそのようなことを語り合った先輩と島に行ける。

人生まだまだ面白い。叶えたいキラキラした目標はきっと誰しも腐るほどあるだろう。

だから僕も自分自身を裏切らず信じて信頼して、チームの仲間たち、、その先はこれから絡むだろう人たちも

みんなを最高に楽しいところへ誘う役目があるみたいだ。。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

事務所

2017-02-22 21:06:13 | こちら側
去年の9月ごろからチームで掲げた目標「事務所を持つ」

そうでなくとも会社設立からはずっと走りっぱなしで息つく間がなかったが、

去年の後半は特にいろんな案件の重なりもあり多忙を極めた。

けどその甲斐あって会社設立から十カ月、やっと事務所を持つことができた。

本当に一人では何もできなかったのに信頼できる仲間たちと力を合わせると

色々な目標が現実なものになっていく。体感速度日に日に加速し、

平衡感覚を失ったりしつつも様々な問題があっても前が見えない時でも

上を見続けることはやめていなかったと自負している。

そしてそんな自分のわがままに付き合ってくれる最高の仲間たちがいたから

新しいステップを踏めた。みんなで踏んだ。

だからもっと結束力を高め、自分たちにしかできないことを仲間とぶち上げようと思ってる。

人もさらに増えて合計8人。

きっとまだまだ進んで観たことのない景色を意識する間もなく過ぎ去りつつ

どんどん階段を上がっていき未来を作っていけるようになるんだと信じている。


事務所は原宿と千駄ヶ谷の中間ぐらい。

2011年当初は友人の家が近くにあり毎日のように通っていた神宮2丁目付近。

美味しい食べ物屋さんやシャレオツなアパレル会社などたくさんある中

ものすごく泥臭く何もないがきっかけとなる始まりの場ができたことに

一人でいるときにやたら感動したりしている。

まだまだブチ上げて、ぶち込んで、明るい未来を作っていきたいと思っている。

事務所初日。

仕事のため二人欠席。懸垂マシーンしかない初日でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お酒飲み

2017-01-29 10:43:54 | 日記
今週はかなりお酒を飲んだ。

お酒を飲むことはよくあるっちゃあるが、メッチャ酔っぱらって

色々な人たちに絡んでいた。素面の人にめっちゃ迷惑をかけた。

更に日課をことごとくこなせなかった。

今冷静になって判断しようと思う。

確かに飲みニケーションによってさまざまな人々と仲良くなれた。

そこから仕事にもつながったし自分の目標に近づけた

とても大切なコミュニケーションツールとも自負している。

しかし考えるべきはそこでの良し悪しではなく、

20歳まではアルコールの力なしに人生をくそ楽しんでいたし

そこで起こる事象も今の僕にとってかけがえのないものだ。

たしかにお酒は楽しい。美味しくもある。

だが僕の飲み方は「お酒」そのものに対してリスペクトがなかったように思う。

力を借りて色々楽しくなったり熱くなったりすること自体は悪くない。

むしろいいとさえ思う。

しかし今週は酒を飲み喋りたいことをしゃべり朝方帰り次の日パフォーマンスが発揮できない。

という悪循環をはらんでいた。

これをよりよい循環にするためにも日々の継続性のある努力と

自己を律して向上するマインド、それに伴った肉体という神殿を清潔に保つこと

こういった当たり前に思う日常プラスの恒常性から生まれる小さな成長。

僕にとってお酒は嫌悪するものではなくあくまで最高の友達みたいなものだ。

そういった日々の中に楽しく入れる関係性を今後はしっかり踏まえて

来週からも飲みにケーションをしていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイスマンの記録映像 2016年11月~2017年1月

2017-01-20 14:59:20 | 動画日記

動画日記最新版。


いつも通りすべて携帯電話で撮影。


去年でまとめようとしてたがなかなかタイミング会わず


この中途半端な感じで。けどそれぐらいがちょうどよくもある。


最近は携帯をiPhone7+にしたので


オプションで撮影アイテムそろえて携帯電話とはいえ


なかなかのクオリティで映像が制作できることを実証していきたい気持でもある。


とはいえ相変わらず100%自己満映像。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加