冷凍都市通信

銀河系の彼方から東京に繋がるワームホールの手がかり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

冷凍都市通信

2012-07-08 00:39:52 | 日記
長らく続けてきたこのブログの形式を変えていこうと考えている。

冷凍都市の情報発信は新たに変革を遂げなければならない節目が来ていると感じたからだ。

様々な記憶と記録が残されているこのブログを閉鎖する気はないが、

この中ではもう書いていくことは今の自分には必要ないと感じた次第だ。

よって冷凍都市通信も新たに展開して行くことに決めた。

主観的に。もちろん。

もしお付き合いしてくださる方々がいれば下記URLで、

冷凍都市通信2.0をご覧になっていただければ幸いかと。

では長らくお付き合いいただきまことにありがとうございました!!!


http://icemanskyw.exblog.jp/
コメント

air basketball 2.0

2012-07-03 23:37:36 | 映像作品
エアーバスケというプロジェクトに携わって早一年。
そろそろかっちりした作品を世に提示しないといかんと感じてはおります。

そんな中、去年の夏に収録した素材がありまして。。。
スパークマン監修、撮影の元、代々木公園で行われたエアーバスケ2.0

キャストにはパズルとオマッチが集結。

収録後はみんなで代々木公園でノンビリピクニックして温泉に行ったことは
もうなんだかずいぶん昔に感じてしまうなぁ・・・。




こういったことが何より楽しいと感じてしまうんだよね!
そろそろ本格的に作品をリリースするんでヨロシコ!!!

画質が綺麗なのでVIMEOにアップしました。
https://vimeo.com/45112022
コメント

『It's out!』

2012-06-26 17:21:06 | 日記
6月22日の金曜日の夜に表題のパーティーが行われた。

コンセプトはダサい格好できたもの勝ち!!とのこと。

主催者やDJ陣は中途半端ではいけないということでなるべく気合の入ったダサさを

お願いしていたのだが、ところがどっこい。

来る人来る人ダサさのクオリティが高い。

普通の格好の人のほうが浮いてしまいエントランスに売っているダサい古着を買ったりしていた。

店員さんも乗ってくれてダサい格好でお酒を売っていた。

告知を聞きつけやってきたというテンション高い輩などもやってきて大盛り上がりをみせた。

定例化するであろうこのイベントの初回は大成功といったところだ。

唯一、オールナイトという長丁場のため時間の経過と共にダサい格好になれてきてしまうという事態が発生。

お次は終電までの短期決戦で花火のように閃光を上げようと思ふ。






直前に作った告知ムービー
コメント

冷凍都市写真館 VOL 1

2012-06-17 09:11:31 | 写真館
冷凍都市通信も長いあいだ続いている。
ここ最近の写真を掲載。

本来のフィルムとは違いデータ化出来る昨今。
しかしながら現像しないとデータはたまっていく一方だ。
だから形式だっているとはいえ、こうして形の残すことは大事な作業の一つだ。

ウッチーとトムの家でサプライズ結婚プレゼントのワンシーン
ピザを食べながらウエディング画像を見て感動した。



豊洲のビル街。空の青が綺麗だ。



相変わらずの神谷さんとシンヤさんが家に遊びにやってきた。
最近はアニメトークが三人で楽しめるようになったわけだ。



茅ヶ崎の海岸。そろそろ季節は海が似合うようになってきた。
サーフィン早くやってみたいの。



六本木のフリーのナイキのイベント。やっぱり豪華でかっこよかった。
いつも最上級のものを提供しようという姿勢には感服だ。



K2Oミックステープのジャケシャもどき。
こしてみると胡散臭さ満開だが、バスケの腕は確かである。



恵比寿の結婚式場。夜景が綺麗だ。
たくさんの偶然が重なったこのイベントは
きっと何かしらの意味があるのだろう・・・。



カフェマガジンさんとのバースデームービー製作の際のカップケーキ。
手先が不器用な私には到底無理な作品だ。素晴らしい。今度アイスマンのも作ってもらおう。





コメント

変革

2012-06-13 23:41:20 | 日記
2012年も半分が過ぎようとしている昨今。
心の片隅にひっそりと存在していた違和感がくっきりとした形をとって
僕の表に現れてきた。

そもそも今年は走り抜ける年と決めていた。
それ自体はまったく悪くない。
去年はその土台を模索し様々な想像力を形付けることを主としてきた。

今年はその上に肉付けをし、経験と技術を上乗せしていく。
自分が決めた世界でお金を稼ぎ他者に喜んでもらえるようになる。

ほんの少しずつではあるが前進している実感もある。

・・・・しかし、何かが足りない・・・・。


『クリエイティビティ』

文字にすると恐ろしく陳腐だが、そういうことだと思っている。
少し前にも書いたが、やるべきこととやりたいこととの境界線がなくなってきている。
これはいいことだ。ぼくにとっては。
しかし他人が描いた画の上や船の上で一生を終えようとなんてしてるはずもない。
全ては自分の描く壮大な夢へのステップに過ぎないことを忘れてはいけない。
そこを忘れて今に捕らわれすぎると自分が選んだこの道の
本当の価値を履き違える羽目になる。


より自分の想像性を具現化していくことが必要なのだ。
自分の内側の声に耳を済ませてなくちゃならない。
そのためにはより一層技術も機材も人とのつながりも必要だ。

僕は今日思い出した。
自分がここにいる意味を。
「変革」したのだ。
まだまだ始まったばかりというわけさ・・・。


コメント