幸福維新の志士となれ <幸福の科学>

国難打破から、いざ、未来創造へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今月号の「ザ・リバティ」「ア・ユ・ハ」

2011年05月01日 | 書籍・新刊情報
月刊『ザ・リバティ』と『Are You Happy?』6月号発売日でした。
前回に引き続き、震災関連特集が目立ちますが、
今月号は、先月よりも練り込まれた内容というか、深~い内容がギッシリです。

先月号は震災直後に、急きょ内容を差し替えたということなので
時間もなかったのかもしれませんね。





『ザ・リバティ』は、政治的オピニオンがメーン。
震災復興に向けたプランや、日本人の心に巣くい始めた「貧乏神」をたたき出せ!という特集です。

日本を蝕む3つの危機、
「成長はいらない」
「国防はいらない」
「原発はいらない」
という思想を真正面からバッサリ斬り、反撃を加えています。

また、「被災者が知っておきたい大切なこと」として、
亡くなった方の魂がどのように救われていくかについても、描かれています。
記事全体のボリュームとしては、やはりリバティはオピニオン、言論誌なので
政治的な話題が多いですね。

今回はリバティとアユハで、別に役割分担したわけではないのでしょうが、
よい感じで、それぞれのミッションに沿った企画になっているようです。

2冊両方合わせると、パーフェクトな感じ。




ア・ユ・ハ』は、震災で傷ついた心を癒すための処方箋が、
いろんな切り口で語られています。

特集1つを、ポンと出すのではなくて、すべてのコーナーが同じテーマで執筆されている。
これはすごい・・・!
今回の震災で心が傷ついた方に、そっと寄り添うような一冊になっています。

被災地の方や、悲しみの中にある方には、政治的な堅いものよりも
まだ今の時期は、こちらのほうがお勧めだと思います。

恐れを克服するパワーストーン
ポジティブに考える秘訣
防災準備は万全ですか?
ペットの防災
心の傷を癒すには
気持ちが明るくなる一曲

ゲストの寄稿も、掲載されている写真も
〈癒し〉や〈励まし〉がテーマですね。


そしてそして、何よりも癒されたのは
大川咲也加さん(幸福の科学総裁室秘書部長)のハワイレポートです。
こんなにキレイな女性になっていて、びっくり。
裕太君も、ものすごく背が伸びましたね。




ちなみに、「ア・ユ・ハ」のP.53でニーサマが
「気持ちが明るくなる一曲」として推薦しているのは、こちらの曲です。

Madeleine Peyroux - I'm All Right




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迫る津波…心支えた「ファイト... | トップ | ビンラディン容疑者死亡=米... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。