幸福維新の志士となれ <幸福の科学>

国難打破から、いざ、未来創造へ

Pray for JAPAN

 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

首相官邸前で「原発推進」「再稼働賛成」集会!

2012年09月26日 | 動画
首相官邸前で「原発推進」「再稼働賛成」集会!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとう沖縄、ありがとうアメリカ

2012年07月24日 | 動画
ありがとう沖縄、ありがとうアメリカ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本を守る!防衛プロジェクト

2012年06月21日 | 動画
日本を守る!防衛プロジェクト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

振り向けば愛~「ファイナル・ジャッジメント」挿入歌

2012年05月31日 | アニメ、映画
振り向けば愛~「ファイナル・ジャッジメント」挿入歌
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファイナル・ジャッジメント紹介 BSフジ シネマ情報最前線! 20120527

2012年05月30日 | アニメ、映画
ファイナル・ジャッジメント紹介 BSフジ シネマ情報最前線! 20120527
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尖閣紛争勃発! 近未来ムービー

2012年05月29日 | 動画
尖閣紛争勃発! 近未来ムービー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロローグ 〈沖縄・九州防衛プロジェクト まもなく始動!〉

2012年05月29日 | 動画
プロローグ 〈沖縄・九州防衛プロジェクト まもなく始動!〉
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SAVE OKINAWA!

2012年05月09日 | 動画
SAVE OKINAWA!(ロングバージョン)


SAVE OKINAWA!(ショートバージョン)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SAVE JAPAN! (全国Version)

2012年05月09日 | 動画
SAVE JAPAN! (全国Version)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Treasure of the Earth

2012年05月02日 | 動画
Treasure of the Earth
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アジアの希望となるために

2012年04月30日 | 動画
アジアの希望となるために


日本には、大きな使命が与えられています。
日本が「アジアの大国」としての使命を果たすことで
弾圧と虐殺を繰り返す中国の、変革を促すことができるのです。

私たちの活動が、アジアの方々のひとつの希望なのです。
希望にならなければいけないのです。
今、中国の野望を打破し、世界に希望を与えられる国は、
日本以外にありません。

「人間として一番大切なもの」のために、今、多くの方々がアジアで戦っています。
その方々にとっての希望になろうではありませんか。
世界の希望となる──そのために立ち上がりましょう。

5月3日、日比谷公会堂において、「憲法を変えて日本とアジアの自由を守る!国民集会&デモ」を行います。

憲法9条を改正し、毅然とした国家として生まれかわること。
これは日本のみならず、
アジアのすべての方々の「自由」を守るための戦いです。
覇権主義国家、中国の野望を思いとどまらせ、アジアの人々を守らねばなりません。
それが、この国の使命でもあるのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SAVE JAPAN! SAVE ASIA!

2012年04月17日 | 動画
SAVE JAPAN! SAVE ASIA!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画『ファイナル・ジャッジメント』PR Movie

2012年04月13日 | 動画
映画『ファイナル・ジャッジメント』PR Movie
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画『ファイナル・ジャッジメント』予告編

2012年04月08日 | 動画
映画『ファイナル・ジャッジメント』予告編
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どこかで聞いた話だと思ったら

2012年04月08日 | 動画

・中国人の被災地ビザ 7月めど(2012/04/08 毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20120408k0000m020096000c.html

・7月めど数次ビザ発給=被災地訪問の中国人向け−政府‎(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&rel=j7&k=2012040700315


小説『205X』より

 一度目の首都圏大震災は関東大震災と同様、東京を中心に神奈川、埼玉、千葉の近接する地域に大規模な被害をもたらした。土木、建築に関わる産業から福祉や健康、観光にウエイトを移していた日本社会にとって、都市の再興は大変厳しい試練となった。

 (中略)

 それでも、最後の力を振り絞るように、地方からの救援隊に支えられて、少しずつ復旧が進んでいった。ところが、首都圏大震災の3年後、ちょうど首都復興の目途が立ち始めた矢先だった。追い打ちを掛けるように、首都圏から東海地方の太平洋岸を関東東海大地震が襲い、臨海部の被害は関西にまで達した。(中略)もはや日本には、首都を再建する気力と体力は残っていなかった。敗戦の痛手から勇気を持って立ち上がった、あの誇り高き日本民族の不屈の闘志は、この時に喪失してしまっていた。

 それを最も端的に表したのが、政府の態度だった。
 中国政府は悲劇の極みにある日本に対し、「貴国には、首都を再建する力はもう残っていないでしょうから、わが国がお金を出して、新しい都市建設をしてあげましょう」と、言葉巧みに三平党政権に近づいてきた。既に沖縄を奪われていたにも関わらず、アジア経済連合で中国の国家主席と仲良くなった的山新太郎総理は、渡りに船とばかりにその甘言に飛びついた。

 臨時政府は中国の勧めに従い、何も考えずに福岡に置かれた。しかしその選択は、沖縄を統治下に置き、本土支配を企む中国に、好餌さを与えたようなものだった。


(※この小説は、東日本大震災発生の3カ月前、2010年12月に発刊されました)



『205X』水野 武光 (著)  幻冬舎(発行)
Amazonはこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加