さあ、片付けの話しをしよう !


暮らしはいつも現実的でドラマティック。

 ここだけの暮らしの話。

 土曜日AMご一緒に!

 
 

連続のキャンセル待ち!整理収納2級

2017-04-28 23:45:42 | 整理、収納、の話
先日のテレビの影響でしょうか?


 KBCアサデス4/4放送

2月と4月に引き続き、
5月6日と6月4日に開催予定の
整理収納アドバイザー2級認定講座は
これまでにない驚異的なスピードで
両日ともキャンセル待ちとなりました。


ありがとうございます!
九州各地からお申込みくださった たくさんの皆さまの期待に
心が震える思いでおります。



捨てればいいのは誰でもわかっているのです。

それができたら
どんなにスッキリすることか。


わかっているのにできないというジレンマは
どこからくるのか。

答えはたったひとつ

何事にも原理原則となる理論があるのに
これまで誰もそれを教えてくれなかったこと。


私自身もこの講座に出会うまでは

書店の雑誌を何冊も何冊も参考にしたけれど
本が増えるばかりでちっとも片づかなかった。


学んで初めてわかることがあります。

この講座で
文字通り「腑に落ち」て
今すぐに片付けたくて片付けたくて

そしてやってみたら
なんだ、案外できるじゃないの私。

そんな講座です!

急遽7月1日も開講が決まりました。
 暮らし美人化計画ハウスキーピングSanをチェックしてくださいね。

最近はアメリカや中国など
海外からも問い合わせが増え続け
とうとう英語でも学べるようになりました。
 
 Seiri-Shuno Sawa Method Basic Seminar


整理収納メソッドは世界中に広がっていきます。
10年後は「我が家が大好き!」な暮らし美人がいっぱいの世の中になっていますように!








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家庭訪問前の女神?

2017-04-24 02:51:57 | 整理、収納、の話
「さとさん、たいへん!
小学校の先生は玄関でいいみたいだけど、
中学校の先生はリビングにお通ししなければならないの。」

家庭訪問の季節です。

決して片付けができない人ではないけれど
何しろフルタイムのお仕事を持ち
残業が続き
休日は子供のスポーツ大会に同行し
学校役員も引き受けて

忙しさのあまり
片づけが後回しになっているだけに
プレッシャーを感じている様子ですが

家庭訪問は片付けの最高のチャンス!


昨日の夜までぐちゃぐちゃでも
今日はやるしかない。

私が伺うと
「さとさんが女神に見える」と言って
満面の笑顔でお迎えいただきました。


リビングが片付くと
壁の絵も素敵に映えました

ついでにその絵も丁寧にホコリを払って
ピカピカにしておけば完璧ですよ。
他人の視線は案外そういうところ、見ていますから。


ふだん気付かないことも気付ける家庭訪問。

「年に4回くらい家庭訪問があればずっとキレイに暮らせるのに!」

なんて

もうとっくに家庭訪問から解放された女神(?)は
無責任にもそう思ったのでした。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トイレマークのデザインが素敵!

2017-04-17 00:42:14 | 日記
先日訪れた佐賀県立美術館のトイレマークが
とても素敵だったので 思わず写真を撮りました。



日本のトイレはほとんど 色と形で識別できるように
男性用が主に青色系か黒、
女性用が赤色系に分けられていることが多い中、

コンクリート打ちっぱなしの壁に 白一色のサイン。
たったこれだけで 授乳もおむつ替えもできますよ、とわかります。

そして突き当りの白い壁には女性用を表す黒のマーク。
 
確かにモノトーンの空間にトイレのサインだけが赤や青では浮いてしまいますね。
 
わかりやすく見せながら 空間の雰囲気にもマッチしているデザインは
現実的にも、色弱者の方への配慮でもあるそうです。


今後は日本でも色分けしない、形だけで認識できるトイレのサインが
増えていくかもしれませんね。

最近 トイレのマークばかり見てしまいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茶托、本当に要らないの?

2017-04-15 00:08:07 | 「捨てる」より「生かす」ために


若いご家庭で 使っていない茶托をよく見かけます。

「使っていないモノは要らないモノ」として
すぐ捨てたくなりますが、その前に

「なぜ使わないのですか?」と、まずは確認するようにしています。


茶托よりコースターのほうが手軽だしおしゃれに見えるから。
 茶托を使うようなお客様はほとんど来ないし。」




なるほど。

最近は来客にもペットボトルや粉末のお茶でOK(?)なように
ますます合理性が優先になってきましたね。

でもね、


 なぜ茶托が必要か、
私が若い頃に勤めていた会社でその意味をしっかり教えてくれた先輩がいました。

「湯呑の飲み口に お茶を出す人の指が触れないように」
「茶碗の熱さを感じてこぼしたりしないように」


だから
茶托はおもてなしの気持ち
 日本の文化なのよ、と。


もちろん コースターでもいいのですが
コースターは主に冷たい飲み物の下に敷いて、
水滴でテーブルが濡れるのを防ぐためのもの。

もし、熱いお茶をお出しするとしたら

先にテーブルにコースターを置いて
お茶を手で持ってその上にのせることになるから

「あちっちーーー!」とひっくり返してしまったら大変!
お客さまも自分もヤケドするかもしれないでしょう?
お客様のお洋服やテーブルの上の大切な書類も汚すかもしれない。


でも茶托なら縁が立ち上がっているから
熱い湯呑を載せたまま持って
そっと安全にお出しできる。


せっかくお持ちなのですから
どんどん使ってみてはどうでしょう、


そんなふうに お客様にお話をします。


「そうなんですね!
マナー、というよりも思いやりの気持ちなんですね。
知らなかった!」

そう、使わない理由は「知らなかった」だけ。
納得すると人はすぐ整理をしたくなるようです。

奥に押し込めて忘れていた茶托が使いやすい場所にスタンバイされて

早くお客さん来ないかな、
 なんてかわいい発言も飛び出します!


 最近「知恵袋」だな
 いや「年の功」でしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「先延ばし」の罪悪感から解放された本

2017-04-10 01:49:31 | オススメの本やグッズ
不思議なことです。

忙しい時ほど
「あれもこれも今やっておかなくちゃ!」と
さっさと物事を片づけるのに、

明日は少し時間がある、となると
「明日やろう」とつい先延ばしにしがちです、私。

今日やっておけば明日がラクなのはわかっているのに。



 「ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか?」
 ピアーズ・スティール/池村千秋:訳

ネットで偶然見つけたこの本を取り寄せてみました。

自己啓発的な内容ですが
意外にも95%の人が先延ばしをすることがあるほど
先延ばしはありふれた行動パターンで
歴史上のいかなる時代にも
地球上のいかなる文化圏にも先延ばしは蔓延しているとありました。

単なるぐうたらな性格とか、
だらだらグセとかではなく

先延ばしを生む原因の一旦は遺伝的要因、
すなわち脳の構造にあるが
現代社会の生活環境が拍車をかけているとして

行動心理学や脳のメカニズムから
どう克服すればいいか
13の行動プランを紹介しています。

この13の行動プランは
なんとなく「頭ではわかっていること」ばかりで
片付けの行動プランによく似ています。
 よかったら読んでみてください。
 共感できることがたくさんあります。

ただ、
どんなに優れた行動プランを作っても
実行できなければ絵に描いた餅。

やるかやらないか、それが問題なのです。

私のライフワークである整理収納サービスは
片づけを先延ばしにしてきたお客様の行動プランを作り

それを実現するために定期的に訪問をするので
「片付けを先延ばしにできない環境」
に自動的になることが大きな役割となっていると、 
この本にそう認められたた気がします。


そして、私自身にとって「先延ばしにできない環境」とは
いつも忙しい状態にしておくことかな、やっぱり。

忙しいことは幸せなこと。

やりたいことを仕事にしている
待ってくれるお客様がいる
だから 忙しいけど楽しい


 時々先延ばしをして逃避もうまく取り入れて
 罪悪感は持たないと決めました!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現実をしっかり見てほしくて

2017-04-02 01:27:04 | 整理、収納、の話



床の足元を見てください。
何がありますか?

壁を見てください。
何が貼ってありますか?

テーブルの上の郵便物やダイレクトメールは
いつからそこにありますか?

洗濯モノはどこに干していますか?
誰がどこでたたんでいますか?

矢継ぎ早に質問から入いっていく今日のセミナーは
あるマンションディベロッパー様主催の
「リビング収納攻略法」でした。


毎日見ているはずなのに
毎日使っているはずなのに
案外覚えていない家の中のモノ。


見た目のスッキリ感より
使いやすさが大事。

では、どうしたらいいか?

と、
リビング収納のことだけで120分間!


ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
今頃きっと明日(日曜日)の整理収納プランを練っていることと思います。

 実は会場の後ろのほうには
 主催社社員の方々がズラリと20名!
 
  今までの「片づけ」のイメージと大きく違って
 はじめて聞くことばかりだった。
 とても現実的な内容で、一緒に学ぶことができました。
 今すぐ帰って片づけたい。


そのような感想を主催者の方からお聞きしてホッとしています。


セミナー終了後は
DAIKEN福岡ショールームにて某情報誌の取材と写真撮影です。
なんたって55歳です!
笑うほどシワが寄るんです。

でもこの年齢だからこそホンネで言えることがたくさんあるのです。

今日出会った皆様、本当にありがとうございました!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

整理収納のお仕事 4日間で7件

2017-03-30 20:23:41 | 整理、収納、の話

気が付くと3月も今日が最終日、
福岡の桜開花はまもなくですが
あるお宅の玄関には写真とよく似た満開の桜。
 (写真:サザンタワー新宿にて)


フラワーアレンジメントが大好きで
花器をたくさんお持ちだったので
初めて伺った時にそれらコレクションを
「和のもの」「洋のもの」
「ガラスのもの(夏用)」
「小ぶりのもの」
と分類をし、

納戸の一部をプチリフォームをして
フラワーベース専用コーナーをご提案したのが3年前。

まるで昨日のことのようです。

訪問するたびに
毎回違うフラワーベースに生けられている季節のお花。

大好きなお住まいになったことが
嬉しくてたまらなくなる瞬間です。


「整理収納の仕事は捨てさせるのが仕事」と
よく誤解されますが
そうではありません。

そこに住む方の意思を尊重し、
ライフスタイルに合わせた整理収納の方法を提案することが仕事です。

結果的に大量にごみや不用品が出ることはよくありますが
片付けはあくまでも手段で

どんな暮らしを実現したいのか
その1点を大切にしたい、

改めて初心に帰らせていただく時間でもあります。


今月末は4日間で7件、
3月は延べ25件のお宅にお邪魔いたしました。

たくさんのお客様に笑顔で招き入れていただいて
本当にありがとうございます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おすすめの逸品!ニトリの滑り止めシート

2017-03-20 00:24:44 | 整理、収納、の話

滑り止め加工がされていない引き出し、
ココにグラスや食器を収納すると
開け閉めするたびに食器が動いて ガチャガチャ気になります。

そこで、自称「収納グッズ研究家」の私は
キッチン収納のお仕事の時に必ず持参するのは

ニトリ 滑り止めシート
 
シートが引き出しの底にもピタッ!と、
その上の食器の底にもピタッ!と、

両面に滑り止め加工されているおすすめの逸品です。

半透明な樹脂製なので清潔感も◎

サイズに合わせてカットして
汚れたら洗ってまた使えます。

お試しくださいね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すぐ食べるコーナー

2017-03-17 23:40:26 | 整理、収納、の話

ずっと忙し過ぎた。
立て続けて2人分の介護が長期間におよび
片付ける時間も心の余裕もなかった。

やっと片付ける時が来た。

そんな理由で整理収納サービスをご依頼くださったK様。
まず一緒に取りかかったのはキッチンのパントリーです。

パントリーに詰め込まれていた食品を全部出して
賞味期限を確認すると
一番古いのが2008年。


それはそのまま9年間もの介護年月を物語っています。

食品ロス問題が叫ばれて久しいけれど、
 消費者庁 食品ロスの現状と削減への取組
やむにやまれぬ事情もあるのです。

買い物に行く時間がないから
たまに行けた時に
長期保存ができる食品を多めに買い、ためおく。

けど
実際には毎日の重労働に疲れ果てて
食事はすぐ食べられる外食や出前で済ませ
かろうじて体力を維持して来られたのでしょう

それだけ誠心誠意 心を尽くして看取った

そうお察ししました。


期限の過ぎたモノは思い切って処分をし、

あと1か月似内に期限が切れる食品は
まとめてかごに入れてパントリーの一番見えるところに置きました。

名付けて
「すぐ食べるモノコーナー」です

「このカゴの中のモノを毎日順番に食べてくださいね。」

それが次回までの宿題です。

もともと無駄買いを好まないK様です、
片づけが終わった後の表情は
大役を成し遂げた女優のように美しい笑顔を見せてくださいました。



今日もありがとうございました





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

整理収納コンペティション チームプレミアから2人も!

2017-03-13 07:43:09 | 整理収納アドバイザーの仲間達
今日は年に一度の整理収納アドバイザーコンペティション九州・沖縄予選会でした。

プロフェッショナル部門にチームプレミアから2人がノミネートされて
両者とも、本当に素晴らしいプレゼンを披露してくれました!
 

プレゼン終了後、チームメンバーは皆 
誇らしげな笑顔です。

河田真里さん (写真左端)
「熊本地震から思うこと!明治屋敷・河田邸40日間非難生活記録 災害時に大切なモノ」

石堂直子さん(写真左から2人目)
「ビビり建築士の奮闘記 工務店の整理収納」
 
与えられた時間は一人20分。

この20分のために半年もの時間を要しました。
様々な仮説を立て、
データを取り
検証し
実践しては改善を重ね
 
ようやくたどり着いた研究成果を
より多くの人に伝えるためにパワーポイントに思いのたけを詰め込む。

この挑戦によって、
その成果が多くの人の役に立つメソッドとなるのです。
 

九州から全国へ発信していくチャレンジでもあります。

全国大会への出場が決定するのは約一か月後です。

河田さん
石堂さん
本当によく頑張りました。
今夜はゆっくり休んでくださいね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カーナビにひたすら頼る

2017-02-27 01:03:57 | 洗濯
もともと 道を覚えられない方向音痴です。
カーナビがなければ もうどこにも行けなくなりました。

 
愛車搭載ナビは到着予定時間がほぼ正確なので

午前の現場から午後の現場に移動する時
ランチ時間を何分取れるかまで計算できるのが
一番うれしかったりする。
 
昨日は
目的地を入力した時点の到着予想時間9時22分 
ぴったりに到着しました。


一般道と都市高速を走って 
渋滞もあったのに
なぜこんなに正確?!

途中でコンビニに寄ったりすると
即座に更新されていく。

 
「テクノロジーは人を退化させる」って、誰かが言ってましたが、
その通リ
電話番号は全く覚えなくなったし
簡単な漢字をど忘れして 読めても書けない。
 
便利さと引き換えました。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「普通の暮らし」って大多数の平均的な暮らし方のこと

2017-02-25 00:35:35 | 整理、収納、の話
「普通、他の人はどうなんですか?」

整理収納サービスでよく聞かれます。



普通 こんなにモノがあるなんて考えられないですよね

普通 洗った洗濯物をずっと積んであるなんておかしいですよね

普通 冷蔵庫に紙をたくさん貼るなんてしないんですよね


いいえ。

「普通」を
「大多数の平均的な暮らし」と仮定すれば

それが普通です

整理収納を専門としている私の家でさえ
忙しかったり疲れていたりするとどんどん散らかります。
 案外ずぼらです。


いろんな家庭
いろんなこだわり
いろんな習慣

いろんな生活を見てきました。



服をたたむことができない人もいれば
ハンガーにかけることができない人もいます。

たたむことが苦痛な人に
たたんで引き出しに収納する方法を提案しても
継続ができません。


たためなくても かごに分けておくことならできる人もいます

服はたためても引き出しに入れることが苦手な人もいます

ハンガーにかけられなくても
フックに吊るすことならできる人もいます


冷蔵庫が張り紙だらけでも
それで忘れ物をしないで済むなら
そのままでいいんじゃないでしょうか。

自分の暮らしやすさは 他の人とは違う。


モデルルームのような静止画像と比べて
「普通と違う」なんて
どうか自分を責めないでください。


私は「普通」を教える人ではなく
その人の「暮らしやすさ」を一緒に見つけていく人です。

そんな会話をしながら
昨日も今日も明日も お客様と一緒に整理収納です!

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かわいい、けど怖い 

2017-02-20 02:16:16 | 日記
ソフトバンクのショップのペッパー君、
くるんとした目で私を追いかけてきました。
 
こんにちはと話しかけてくる。


 
かわいいけど怖い。

子供みたいに無邪気にできなくて
遠くから観察してみたりして。
 
明らかに目の前の人工知能に戸惑っています、わたくし。
 
小学校では「プログラミング教育の支援」という目的で、
ペッパーくんは全国の小学校・中学校へと無償貸与されることになって
教育そのものが変わっていく時代なんですね。
 
すでに我が家にもお掃除ロボットが働いています。
もしかしたら近い未来は
片付けもロボットがしてくれるようになるかも知れないですね。
 
そうなったら人間は何をするんだろう。
 
私の老後はロボットに介護をしてもらっているかも知れません。
 
かわいいけど怖い
 
そんな偽りのない自然な感情も
いつかは「便利でラク~」と変わるのかな。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住宅と生活の間をつなぐもの

2017-02-13 00:59:24 | 整理、収納、の話
絶対に切りはなせない「住宅と生活」

言い換えれば「建物と人」


その関係をスムーズにして
「快適な暮らし」を長く続けるためには
双方をつなぎ
「片付けやすさ」を客観的にアドバイスをする専門家が必要だと
ずっと感じていました。


その思いが形になりどんどん広がっています!

昨日(2/11) アクロス福岡で開催された
「住宅収納スペシャリスト認定講座」に参加してくださった9名の方々は

主に工務店など住宅に携わる仕事をしており、
施主様に対して より具体的に収納提案ができるようになりたいという
ひたむきな熱い思いの方ばかり!

皆さん、本当にありがとうございました。


そして今日(2/12)の
西日本新聞「マンションリフォームセミナー」は
満席の大盛況!

私は「リフォーム前の収納術」というテーマで登壇させていただきました。
まさに「住宅と生活」双方から快適を提案する場でした。

実際にリフォームを経験された方とトコさんのパネルディスカッションは
とてもリアルで楽しくて

改めて気付かされたことは

リフォームも整理収納も
人と人の信頼関係があってこそ長く快適な住まいになる
ということ。

より良い理想の暮らしのために
お互いに努力を惜しんではいけないということ。

充実した一日をありがとうございました。

個性的で楽しいトコさんは
テレビで拝見するよりずっとキレイな方でした!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モノの片付け、心が通う仕事です

2017-02-06 00:26:32 | 整理、収納、の話
お客様宅近くのとんかつ屋さんの窓に 
見事なステンドグラスがたっぷりと設置されていました。

とんかつ屋さんのイメージが大きく覆る
それはそれは落ち着いた素敵な空間。

冬の日差しが
ガラス越しに
いっそうやわらかくあたたかく
全身を包まれた幸せなランチタイムでした。
 
収納サービスでのランチ時間は
普段はお客様にもしっかり休憩をとっていただきたいので、
私たちは必ずいったん外に出るようにしています。
 
が、
今回は「里さんを連れていきたいお店があるから」
と言って
わざわざお客様がご案内してくださったのでした。
 
私がステンドグラスを趣味としていることを知っての心使いです。
 
モノの片付けを通して
心が通い合う
 
整理収納のお仕事は
そんな素敵な仕事。

片づけの現場が続いて少々体力が消耗していましたが、
おなかも心も目までも!たっぷり満足な一日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加