午後のひととき

☆ 気軽に来て、ゆっくりしてって下さいネ。 ☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日曜洋画劇場 「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」

2010年03月28日 | 映画
          




                             日曜洋画劇場
                          テレ朝 日曜洋画劇場サイト

                     「パイレーツ・オブ・カリビアン」
                            デッドマンズ・チェスト
                         3/28 (日) 21:00 ~ 23:39 (159分)
                     テレビ朝日系列 (地上波) 映画 / 洋画 一般





                           ◇◆◇ みどころ ◇◆◇ 



世界で最も有名な孤高の海賊“ジャック・スパロウ"の秘められた過去と深海の悪霊との壮絶な戦い
空前のスケールで描く超ヒットシリーズ・44周年記念4週連続の第二弾

世界中で驚異的な大ヒットを記録し、空前の海賊(パイレーツ)ブームを巻き起こした世紀のアドベンチャー巨編『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの第二弾、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』。
全世界待望の映像プロジェクトのために、前作『呪われた海賊たち』のスタッフ&キャストが再結集した。
本作では、ジャック・スパロウの秘められた過去と、彼の生涯最大の敵、“深海の悪霊”ディヴィ・ジョーンズとの宿命の対決の物語が描かれる…。
謎と限りないロマンに満ちたカリブ海を舞台に、前作を遥かに凌ぐエキサイティングな冒険が、空前のスケールで繰り広げられる
史上最強のエンターテイメントがここに誕生する。



               




                             ◇◆◇ 内容 ◇◆◇


不死の海賊、バルボッサとの戦いの果て、ブラックパール号を取り戻したジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)。あれから3年…。
自由気ままな海賊稼業に精を出しているかと思いきや、彼は何かにおびえて部下の信頼をも失いかけていた。
そんなある夜、ジャックの前に、かつての仲間であり、ウィル(オーランド・ブルーム)の父でもあるビル・ターナー(ステラン・スカルスゲールド)が変わり果てた姿で現れる。
ビルは、"深海の悪霊"デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)の使者としてやってきたという。

実はジャックは13年前、自らの魂と引き換えにジョーンズと"血の契約"を交わしていたのだ。
契約によればブラックパール号の船長として13年過ごしたあと、フライング・ダッチマン号で100年の労役に服すことになっており、約束の期限はすぐそこに迫っていた。
このままでは、ジョーンズの僕、深海の魔物・クラーケンによって、船ごと海の底に引きずりこまれてしまう…。
ジャックは大急ぎで、ある"鍵"の行方を追いかけはじめる。それは、ジョーンズが隠したという伝説のチェストを開ける鍵だったのだが…

一方、ウィルとエリザベス(キーラ・ナイトレイ)は地中海の港町・ポートロイヤルで結婚式を挙げようとしていたところを突然、逮捕され、死刑を宣告されてしまう。
海賊のジャックを逃がそうとした罪だというが、裏で糸を引いていたのは東インド貿易会社のベケット卿(トム・ホランダー)だった。
ベケット卿は、ジャックの持つ"北を指さない羅針盤"を手に入れれば、2人を放免すると共に、国王から海賊行為を認められた船の船長にジャックを任命するとウィルに持ちかける。
ウィルはポートロイヤルを出航し、ジャックを追うが…
まもなく、エリザベスも父・スワン総督(ジョナサン・プライス)の手引きで脱獄し、ウィル、そしてジャックを追いかける。
こうして、またしてもジャック、ウィル、エリザベス3人の運命が交差していき… 



               

                



                      



                                 キャスト

                               ジョニー・デップ
                              オーランド・ブルーム
                               キーラ・ナイトレイ
                            ステラン・スカルスゲールド
                                 ビル・ナイ
                             ジャック・ダヴェンポート
                              ジョナサン・プライス ほか




                                 <脚本>
                              テッド・エリオット



                                 <監督>
                             ゴア・ヴァービンスキー




               

               

                     




                         見逃さないようにしなくちゃね   


                                楽しみ。 





                                



                               



                                 
                        各地の桜情報    

                    桜・お花見スポット特集 2010 ゼンリン地図・いつもNAVI
                              tenki.jp(開花予想)
                            桜情報 BIGLOBE天気予報
                            さくら情報 - ウェザーニュース

                               今日の天気     

                             【tenki.jp】 気象情報サイト
                               tenki.jp(衛星画像)
                           気象庁 レーダー・降水ナウキャスト

                            

                                                            


          
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 龍馬伝 第13回「さらば土佐よ」 | トップ | 真央ちゃん、今度は「金」獲得! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
制作裏話「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」 (映画制作裏話ブログ)
ジョニー・デップがジャック・スパロウ船長を演じるにあたって参考にしたのは、 ローリング・ストーンズの名ギタリスト、 キース・リチャーズと、ルーニーチューンズのキャラクター、 フランス訛りの恋多きスカンク、ペペ・ル・ピュだそうです。 それでジョニー・デッ...