尼さん漢方医心と身体のお話

法華宗本国寺の住職とA級国際中医師である私の心の持ち方や、

元気に生きるための、お話です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

*不育症ということ。

2015-11-28 22:08:00 | 雅諒のささやかなお話。

 

有機野菜のバターを使わないシチュー、オイルを使わないミートソース、オイルは使わずにオムライスオリーブオイルでふわふわのオムレツ、豆アジの南蛮漬け、カニの卵とじ、くつろぐ華蓮ちゃん。

合掌

  実を言うと、こんな題ではあまり書きたくなかったのですが。

 

    近頃、本国寺に水子供養にいらっしゃる方に大きな変化があります。

 

  というのも、とにかく、赤ちゃんの心臓が止まったり成長が止まったりが特に多いのです。

 

         事実、10年前は50人に1人~2人くらいだったのが、ここ数年だんだん多くなり、

 

  今年は、夏以降、15人中10人を超える勢いです。 

 

    一方では、妙壽堂に過呼吸で見えた方が、約二か月、食事を添加物を取らないよう気を付け、漢方薬をのみ

 

  もちろん過呼吸も収まりましたが、、食欲も出て少し体重も増え、顔色も良くなりお料理も楽しくなり、

 

  もともときれいな女性ですが、活き活きと笑顔で話をしてくれるようになりました。そして、なんと思わぬことに、

 

  彼女は赤ちゃんが授かったのです。彼女自身、少しびっくりしていましたが、とっても喜んでくれました。

 

    又、不妊治療をしていた二人の方が、

 

   不妊治療(体外受精や、ホルモン治療)をお休みして、漢方薬や、食事を添加物なしで、

 

  今元気な身体作りをしています。まだ飲み始めて、一、二か月ですが、一人の方は、二か月目には、

 

  生まれて初めて生理痛の無い生理が来たと喜んでいました。まだこれからですが、

 

    私の考えでは、子供のほしい方は、まず、元気な身体作りと正しい食事をするべきと思っております。

 

  お二人とも、毎日、添加物、農薬を取らないよう食事に気を付け生活しています、まだ一二か月ですが、

 

  頭痛、生理痛、腰痛、肩こり、ひどい疲れもしなくなりました。

 

    私の考えでは、食事を気を付けることで、周りの家族もやはり同じように元気になっていくということ、

 

  このことも、元気な赤ちゃんが授かる、大切な要因です。

 

     ですから、

 

  どこに赤ちゃんが育ちきらない原因があるのか、検証してみましょう。

 

      私が気付いたのは、程度の差はあるのですが、

 

  *自分の食べたり飲んだりしているものが、赤ちゃんを育てているということに気付いていないのでは?

 

  その結果、ファーストフード、コンビニ食品など添加物の多いものを食べているのです。

 

  *頭痛薬、皮膚の薬、ステロイドなども使ったりしている。

 

  *飲み物も、缶ペットのものや、ビールなど、石油でできた人工甘味料や添加物の入ったものを飲んでいる。

 

    実際、どれがどう障っているのかはわかりません。

 

  でも、私の三十一年の経験では、絶対、食べ物、飲み物、薬、などの添加物、防腐剤、人工甘味料など、

 

  口に入れるものは気を付けた方がいいということです。

 

    もちろん、今、お腹に赤ちゃんがいる人も、これから先、赤ちゃんが欲しい人もです。

 

 

  私は本気で心配しています。

 

 

  去年、イギリスのある映画を見ました。

 

     今から20年くらい先の時代で、ここ何年も世界中で赤ちゃんが生まれていない中、

 

     アフリカ系の移民の女の子が妊娠しているのがわかり、

 

     その子を人類最後の希望として守ろうという映画でした。

 

  本当に、映画の中だけの話でしょうか?

 

     私は本当に心配しています。

 

  私は自分が生きている間にもちろんその先も、この映画のような世界を見たくないのです。

 

    いつまでも、

 

  かわいい笑顔の赤ちゃんを囲む、お母さんお父さん、おじいちゃんおばあちゃん、の微笑む姿を

 

  いつまでも見られる世界でいたいのです。

 

 

    実際、

 

   いつからこんなに添加物の入ってない食品を捜すのが難しい日本になってしまったのでしょう。

 

   私にお金と力が有ったら、無農薬、無添加のコンビニを作りたいくらいです。

 

 

    でも、今のような無防備な食生活をしていると、

 

 

   本当に、本当に、赤ちゃんのいない世界が来てしまう気がして、

 

 

   私は本当に心配しています。

 

 

        再拝

 

 本門八品   上行所伝  本因下種   南無妙法蓮華経    本国寺   雅諒

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

*41歳寿命説ということ。

2015-10-19 02:54:34 | 雅諒のささやかなお話。

天然鯛のてまり寿司、地鶏のピザ、キビナゴのから揚げ、有機トマトピュレーで作るキノコソースのハンバーグ、無添加パン有機野菜、地鶏のピザトースト、ちょっと怒った

華蓮ちゃん。

  合掌

   妙壽堂を始めた31年前、巷でこの「41歳寿命説」というのが、ささやかれていました。

 

 でもまだバブルの終わりの方で、まだまだ皆浮かれていて、じっと自分のことを見直す人は、

 

 とても少ない時代でした。

 

    ところが、31年たった今、のんきなことを言っていられない現実があります。

 

 というのも、妙壽堂にいらっしゃる近頃の患者さんの年齢がすごく下がっているのです。

 

 以前、妙壽堂を始めたころは60歳以上の方がほとんどでした。今はとにかく、若い人が

 

 多く、30~40歳が一番多いのです。

 

 それも、ひどい人が多いのです。

 

 それも、どこだけというのではなく、どこも、ここも全部悪いという感じなのです。

 

   *食道に問題があります。(逆流性食道炎、食道アカラシア)

 

   *胃に問題があります。 (胃痛、止まらないゲップ)

 

   *大腸に問題があります。(便秘、下痢、又その繰り返し)

 

   *膵臓に問題があります。(糖尿、油ものを受け付けない)

 

   *肝臓に問題があります。(脂肪肝、アレルギーなど)

 

   *血管に、心臓に、腎臓に、神経に問題があります。

 

  とにかく、身体全体が痛み傷ついているのです。

 

    その方たちに共通していることって何でしょう?

 

  1、ファーストフード、コンビニ食品、インスタント食品ばかりなのです。

 

  2、缶ペットの飲み物ばかりなのです。

 

  3、油っこいもの、甘いもの大好きなのです。

 

  4、野菜、キノコは嫌いなのです。

 

  5、魚介、海藻は食べないのです。

 

  1の結果、

     添加物(防腐剤、発色剤、化学調味料等々)など重なって、

 

  化学物質を多くとることにより、胃腸は荒れ果てた状態に、

 

  肌も、アトピーぽく、吹き出物がいっぱいです。

 

   2の結果、

      水分、糖分、添加物の取りすぎで、胃腸が荒れ、冷え、糖尿や腰痛にも、

 

  近頃では、人工甘味料のせいで、しびれや、神経障害にも。

 

   3の結果、

      この油が良い油ならまだしも、マーガリン、ショートニング、動物性脂肪のせいで、

 

  動脈硬化や、過敏性やポリープがんなど大腸の病気にも。

 

   4の結果、

      ビタミン、酵素不足、食物繊維の不足により便秘、血液の汚れがひどいことに。

 

   5の結果、

      ミネラル不足、EPA,DHAの不足により、うつや、ストレスの増強、脳の働きの低下など。

 

  そして、又、又、問題なのが、

 

 この1~5までのことが、ほとんどどの人も全部重なって有るということです。

 

 

   私は本当に、本当に心配しています。

 

   これからの若い人たちを。

 

 私のように、60を過ぎた者が、無農薬や有機で食べ物に気を付け元気でいる一方、

 

 若い人たち、働き盛りの人たちは、農薬、添加物、人工甘味料などによって、

 

 蝕まれていくのです。

 

   それでは、

 

  私達は、今、何をどうしたらよいのでしょう。

 

  今、何をどうするべきなのでしょうか?

 

 

    まず、第一に食べてるものを知ること。

 

  一品、一品では、食品に添加することが許可されているものがあっても、

 

 今、現在のように、朝から晩まで、幾種類もこういうものを摂取し、

 

 それも、何年も、何年も、続いて、摂取するという状況を把握する必要があります。

 

 

    第二に、自ら行動すること。

 

  自分の口に入れるものです。

 

  真剣に考えてほしいのです。

 

  口に入ったら入っただけ、必ず身体に影響が有ることを。

 

 

    今、確かに、無農薬、無添加のものを探すことの方が難しくなっています。

 

  でも、それでいいのでしょうか?

 

  自分の身は自分で守らねばなりません。

 

 

     30年前、東京に行くと、

 

  本当に、川も海岸も汚くて、帰ってくると、鼻の中は真っ黒でひどいものでした。

 

 でも、今の東京はどうでしょう。海もずいぶんきれいになり魚も釣れるようになり、

 

 なんと、今年は海水浴もできるまでになりました。

 

   行動してきた結果は、成果は、必ず現れます。

 

 

 今の科学の進んだ日本ですもの、添加物を使わなくても、食品を保存することができるはずです。

 

 一人、一人が添加物の入らないものを、農薬をできるだけ使わないものを選んで買うようにしましょう。

 

 その結果は、成果はきっと、あなたや、あなたの家族の健康となって現れることでしょう。

 

 

  私達、一人一人が自分のこととして自覚をもって食品に気を付けていくことで、

 

 本当に、「41歳寿命説」が消えてしまうようにしなくてはなりません。

 

 

   業界でも、

 

     コンビニ、食品、飲料業界も考えるべきです。自分の子孫を守るためにも、

 

   そして、利用してくれる人たち健康、繁栄なくして、会社の繁栄はありません。

 

 

   社会では、特に、

 

   医師、薬剤師、栄養士、料理研究家、

 

   そして家庭では、

 

     母親が、

 

   率先して今の子供たちや、若者の未来を正しく改善していく責任があると思うのです。

 

 

 

   現実は暢気に、国が政府がと言っている状況ではありません。

 

 

   今、そこに、あなたの家庭に危機が訪れているのです。

 

 

  知ってください!!   汚染された現実を!!

 

 

  そして自ら、あなたの家庭から、改善してください!!

 

  そして自ら、あなたの家族から、守ってください!!

 

 

      再拝

 

  本門八品  上行所伝  本因下種   南無妙法蓮華経   本国寺  雅諒

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

   

  

 

 

 

   

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

*御供養ということ。

2015-08-29 18:39:36 | 雅諒のささやかなお話。

洋皿のグリル鶏どんぶり、マグロとホタテのマリネ、具だくさんの豚しゃぶ梅酢冷麺

合掌

   もうお盆も過ぎてしまいましたが、お盆の由来は、

 

 お釈迦さまの神通力第一のお弟子、目連尊者が亡くなった母、青提女をどこにいるか天界を探したところ、

 

 天界にはいず、なんと、慳貪( けち、欲深い )の罪で地獄に落ちていたのです。

 

 そこで、目連尊者はその神通力で母に水や食べ物を送り、母を地獄から助けようとしました。

 

 でも、青提女が口にしようとすると火となって燃えてしまったのです。

 

   困った目連尊者は、お釈迦様にお尋ねしました。

 

      どうして私のように神通力があるのに、わが母を助けることができないのでしょう?

 

   お釈迦さまは、

 

      それは、青提女の罪障のためである。その罪障の深い母を助けたいのであれば、

 

      千人の僧に、お経をあげて、御供養してもらいなさいとおしゃいました。

 

   目連尊者は教えの通りに、千人の僧に御供物をし、母への御供養をしました。

 

   そして、青提女はお経の力により成仏し、地獄界より救われたのです。

 

 このようなことから、

 

   お盆のように、霊を供養してもらうことが始まったといわれています。

 

 皆さんも、よくお墓参りもされると思います。とても良いことで、ありがたいことです。

 

   では、お墓参りと御供養との違いはどこにあるのでしょう。

 

 お墓参りも、もちろん、ご先祖様も、きっと喜んでくださっているに違いはありません。

 

   お墓参りはどちらかというと、お墓参りするこちら側のためのように思えます。

 

 ご先祖や、親や、お世話になった方に、お礼を言ったり、報告したり、することで、

 

 お参りした方がとにかく気持ちが救われるのです。

 

   御供養は見えないご先祖の霊に対して、僧にお経をあげてもらうことにより、

 

 お経( 法味 )により霊が成仏し、またさらに、霊が子孫を守る力をつけることになるのです。

 

   では、自分で上げるお経は、どうなんでしょう?

 

 自分で上げるお経は、自分自身の罪障消滅のためになるのです。

 

  ですから、目連尊者も他の千人の僧にお布施をしてお経をあげてもらったのです。

 

    いつも、檀家の皆さんに申し上げているのは、

 

  1、罪障消滅すること。(お題目、お経を唱える)

 

  2、御供養すること。

 

  3、正しく考える。

 

  4、正しく生きる。

 

   私はこれは、檀家の方でなくとも通じることと思います。

 

 又、以前も申し上げましたが、

 

   家族にとって、仏さま、ご先祖様は、家にたとえると、屋根です。

 

  家族を、嵐や雨や雪や熱射などの人生の荒波より守ります。

 

  家族、親せきは家の壁です。まわりから守ります。

 

  友達や同僚は床で、家族を支えます。

 

  家族も、親せきも友達も大切です。

 

    きっと、仏さまや、ご先祖を大切にする気持ちは、ほとんどの方がお持ちと思いますが、

 

  ぜひ、本来の御供養のことも、考えてみていただけたらと思います。

 

    現代は、見えることや自分のことにはお金を使うことが多い世の中ですが、

 

 見えないけれど、実際に、自分が今あるのは、ご先祖があるからで、

 

 必ず、先にはあなたも先祖になるのです。

 

   御供養により、ご先祖を尊び御法味を差し上げ、救い喜んでもらうことは、

 

 すなわち、お経の力により、先祖の悪い罪障を消し先祖に力をつけ、子孫を救い守ることになるのです。

 

     あなたは、屋根のないお家に住んでいらっしゃいませんか?

 

  あなたの家族に何か問題があるとしたら、屋根が壊れていたり、傷んでいたりしていませんか?

 

   この世は目に見えることだけでできているのではありません。

 

 正しく考え、正しく生き、頑張っていらっしゃる人こそ、

 

 運命のままに、罪障のままに、流され、振り回される人生や報われない自分を、

 

 仏さまやご先祖を御供養することにより、お守りいただけ、人生を変えていけることも

 

 考えていただけたらと思います。

 

   もうすぐ、お彼岸もまいります。

 

  仏さま、ご先祖を御供養しに、お参りされてみませんか?

 

   そして、御供養を積み重ねることで、

 

  大きく、何かが、きっと良い方へ変わっていくことでしょう。

 

  正しい積み重ねに仏様、ご先祖は必ず正しく答えてくださるに違いありません!!!

 

 

      再拝

 

 

 ほんもんはっぽん じょうぎょうしょでん ほんにんげしゅ (の) なむみょうほうれんげきょう ほんこくじ  がりょう

 本門八品   上行所伝  本因下種   南無妙法蓮華経   本国寺   雅諒

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

*芍薬甘草湯ということ。

2015-07-17 02:02:45 | 雅諒のささやかなお話。

夏の冷たいパスタとスタミナカツカレー、具だくさんのゴマだれで食べるそうめん。

合掌

    近頃、芍薬甘草湯がよく話題に上りますね。

   

       テレビでも、ある先生が足のつりを取るのに常用しているとおっしゃっていました。

 

    おっしゃる通り、足のつったりだとか、胃痙攣とか、すぐよくなって本当にありがたいくすりです。

 

       芍薬と甘草の二味からなっていて、

 

    私も、直近では、お医者様の紹介で、胃がんで四か月以上も、幽門が閉じている患者さんに、煎じでおだししました。

 

    もちろん、一日分を一日ではのめないので、一日分を五日に分けて、スポイドで少しずつ口を湿らすように、服用していただきました。

 

       なぜ、芍薬甘草湯を選んだかというと、

 

    もちろん、本来のがんによっても塞がれているのでしょうが、私には、患者さんのストレスがとても大きな原因と思えました。

 

    ですから、気持ちの安定を考え、一緒に安神の真珠を取ってもらい、

 

    芍薬甘草湯の力で、ストレスでぎゅう~と収縮して閉じた幽門を緩めて開けられたらと考えました。

 

      同時に、田七人参、高麗人参、冬虫夏草(天然もの)も、煎薬ととってもらいました。

 

   又、牛黄も、クマザサエキスもお出ししました、

 

     三日目より、ガスが出始め、五日目で便が出始めました。

 

   そして、十八日目に幽門が開きましたと、電話が有りました。

 

      もちろん、芍薬甘草湯だけで開いたとは思いませんが、

 

   一包を五日で飲んでもらった割には、ちゃんと役をしたと思います。

 

      芍薬は、肩こりや生理痛、頭痛にも応用されます。妊婦さんのお腹の張りにも単味で応用することもあります。

 

      甘草は消炎作用もありますが、長期に大量にとると、

 

   Na貯蓄の方に向かうので、芍薬甘草湯の甘草の量が多いので、却って、足がつるのではと逆に心配です。

 

     本来、芍薬甘草湯は、長期の常用して使う処方ではなく、頓服のように使うお薬と思います。

 

     三十年前、妙壽堂を始めたときは、煎薬から始めましたので、

 

    一味、一味の性質が良く理解できたように思います。

 

    一般には、今は漢方の処方は、エキス顆粒が多いですね。

 

    大変便利ではありますが、煎じをしてきた私には、少し物足りない気がします。

 

   煎じはやはり効果がはっきりしていますので、先生方も以前使っていられたでしょうが、

 

   又、思い出して,煎じ薬を使ってみられるのもとてもいいことだと思います。

 

     出来上がったエキス顆粒では、忘れていた

 

      生薬の一味、一味が、

 

      生薬の品質が、

 

     又、鮮やかによみがえり、

 

     薬剤師の薬師としての職能をくすぐります。

 

       

       芍薬甘草湯は、

 

     芍薬と甘草という生薬を使って、先人によって生み出された魔法です。

 

    でも、

 

    1+1 が 2 しかならないのも、

 

    1+1 が 10 になるのも、

 

   どのように症状に、一味を知って活かすかで、大きく違ってくる気がします。

 

      何事も、一から、

 

     基礎、基本からですよね。

 

 

         私自身、初心、基本を忘れず、生薬、漢方薬を、よく勉強し、活かして、

 

         先人の恩に報いて、病気を少しでも良くするため、

 

        精進して参りたいと思います。

 

 

 

            再拝      

 

 

  本門八品   上行所伝  本因下種    南無妙法蓮華経     本国寺     雅諒

  

  

 

    

 

     

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

*反省するということ。

2015-06-17 03:47:37 | 雅諒のささやかなお話。
手作りハムでサンドイッチ

 合掌

   近頃、何が悩みかって、あまりに反省しない人、自分の事を省みない考えの人が多くて、


  本当に、何事も他人のせいにして、困ってしまいます。



   まずは、自分の事を省みることをむねとし、他の人を思いやるのが、親の教え、信仰の基本



  として生きてきた私には、なかなか解からない所が有ります。



   昔と違うなと思うのは、昔の反省しない人って、おごっていて、自信過剰な人でした。



  でも、近頃は反対のタイプ。



   何事も自分が傷つかないよう、悪いのは他人で、何か困ることが有ると他人のせい。



  自分を守ることばかり。全く反省はしません。だって、自分は悪くないもんと。かたくなな心になっています。




   こういう人たちにお願いしたい大切なことが有ります。



  
   反省することは、



     何より、誰より自分の為だという事です。


    
     自分が良くなる向上するためだという事です。



     本当は幸せになる大きなチャンスを失っているかもしれません。



   
  ところで、



    本国寺の四菩薩様は、よく見ると、少し膝を曲げて屈んでいらっしゃいます。



  父が、仏師の方に、本国寺の四菩薩様は、これから飛び立とうとするお姿にしてもらったのでした。



  
    これから大きく飛躍するために膝を曲げる、これは私には、飛び立つために、大きく成長するために



  心を柔らかくすることのように思えるのです。




    大げさに考えなくても、




    自分を振り返り、自分を見直し、改めることは、


  
  次の飛翔、成長のために必要な、大きな自己点検と思ってみませんか?



  次に失敗しないためにも、自己点検、必要と思いませんか?




     ですから、



    すぐ、今から始めましょう、、、反省という自己点検。



     毎日やってみましょう、、、、自分を省みるという自己点検。




   そして、




     いつの間にか、チューンアップされたあなたが、そこにいます。




   楽しみですね。



     どんどん、自己改善されていく自分。



   いろいろなまわりの方が、親が、兄弟が、友が、同僚が、上司が、他人が、



   あなたの自己改善を手助けしてくれます。




  楽しみですね。



     人生って!



  ものの見方や、考え方をちょっと変えるだけで、自分の力で、他の人のおかげで、



  
  人生って、大きく、良く、変えられる、




    楽しみですね。



    
       人生って!






       再拝



  本門八品   上行所伝  本因下種   南無妙法蓮華経    本国寺   雅諒



 
   



       




    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加