骨と腰

骨と腰の大冒険
主にクライミングの記録です。
ムーブに言及しているのでオンサイト狙いの人は見ないほうが良いかも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2月、3月クライミングの記録

2010-03-28 12:43:36 | 城ヶ崎
ブログ更新さぼってました。

ダイヤモンドヘッド攻略後は限界グレードの追求はいったん休止して
NPとかクラックとかマルチをやってました。

いつかのヨセミテを夢見て幅広く登って行きたい。
NP、クラックが登れるようになったら夏の小川山もより楽しくなりそうだし。



2/6 (土) 城山マルチ
バトルランナー途中まで

2/8 (月)イサリビロック CLIFF NP講習
ジャムウェーブ 10a
ホワイトサタデー 5.9
フットアップルーフ 10a TR

2/14 (日)ファミリー @honecoccon @hohta @kasumin
アンクルクラック 5.9

2/20 (土)城山マルチ @hohta

バトルランナー
エキスカーション途中まで

2/21 (日)ファミリー 増形さん
シスタークラック 5.8

3/7 (日)
赤坂バスケ

3/13 (土)あかね

ツワブキ10a
イソギク5.8 TR

ちあきさん

3/22 (月)あかね

ライトレイン 5.8
増長天5.8 TR
カームフライデー 10b TR

@ewok一家

3/27 (土)イサリビロック CLIFFクラック講習

ジャムウェーブ 5.9
ホワイトサタデー 5.9
フットアップルーフ 10a
イサリビクラックライト 10c
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/31 湯河原 ダイヤモンドヘッド

2010-01-31 23:11:13 | 湯河原
宿敵ダイヤモンドヘッドだけを登りに
誕生日だというのに湯河原へ。

来週(2/6)から梅祭りで道路は混むし、入場料を取られるので
登るなら今週が最後のチャンス。
梅祭り終わった後だと掴みかけてる感触も忘れてしまいそうだし。

ということでアップもなしにいきなりマスタートライ。

1週間考え続けた出だしのムーブがきれいに決まる。
(自分でもすこしびっくり)

左足に立ちこみ右手を上げて3本目をかける。
はずが、テンパってしまってフォール。
いや、そこは落ちるポイントじゃないんだけど。。。

がっかり。

一度降りて休憩してから仕切りなおし。
ところが、今度は出だしができなくなってる。
右手カンテと左足の立ちこみの体勢ががイマイチで
右足を上手く上げられずまたしてもフォール。

何度かやりなおすがしっくりこない。

1便目で出だしをクリアして
「これは行ける」と思っていた気持ちがみるみるしぼんでくる。
おまけに三角筋と上腕三頭筋の間に違和感が出てきた。

この後のトライもなんとか右足を上げるが
右手の持ち替えが上手くいかず左足を上げられずにフォール。

何を気をつければ上手く行くのか分からなくなってきた。

がっくりうなだれているところに@moviti師匠のアドバイスが。

・左足に立ちこもうとする前の右足がテラスの左端ギリギリまで来ていないので
 体が完全に左に出ていなくて右手カンテが効いていない。

そうか。これだ。
出だしの体勢が悪いのでその後のムーブがバラバラになってしまっている。
何気なくやっているところもきちんと意識しないとダメだ。

次のトライはテラスから出る時の右足、
右足をカンテに上げた後の右手の持ち替えを意識したら上手くいった。
3本目をかけてこのまま、ゴールか、と思ったら
今度はホールドに誘われるまま右上に行ってしまい手詰まりに。

あー。左に行かないとダメだって分かってるのに。。。
3本目のボルトの上の縦カチは左手で取ってはダメだ。
この辺りはフットホールドを良く見て意識して左気味に進む。
リップ手前の左手ホールドは甘いけど持てる。
あと右足はポケットに入れる。

これで全ムーブが頭に入った。

この日5回目くらいのトライは
テラスから出るところも上手くいって
3本目をクリップ。
少しだけレストして後半に突入。

さっき確認したフットホールドを拾って
左手を水平カチ、右手縦カチで左足をややハイステップ気味に上げる。
右手で上のカチ、左手で左上甘めのカチを取って
右足をポケットに入れて右手をリップに伸ばす。


やった。


ついにRP。

11cというこんなに早く登れる日が来るとは思っていなかったグレード。
はじめに触ったときの絶望感。
1週間考え続けたムーブ。
この日午前中の「やっぱりダメかも」という気持ち。

色んな要素があって凄い高揚感だった。

ちょっと無理して登りに来た甲斐あって最高の誕生日になりました。
応援してくれた皆さんありがとう!















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/23 湯河原 ダイヤモンドヘッド

2010-01-23 00:19:54 | 湯河原
@MOVITI夫妻に誘ってもらって湯河原へ。

前回トライしたダイヤモンドヘッド。
コテンパンで「まだ早いかな」、という感想だったけど、
家に帰ってからあーすれば、こーすればと色々考えてたら
またやりたくなってきた。

2日間考えてたアイディアを胸にもう一度リードで取り付くも
やっぱり左のフェイスに出られない。
右手はカンテなので体を左に出さないと右手が効いてこないのは分かってるんだけど
左足を出して両手カンテから身動きができず
テラスから出たり入ったり。

やっぱりダメ。

しかし、今回は完登してる@movitiさんという強い味方が。
というわけでお手本を見せてもらう。

あたりまえだけど、別に見落としてるホールドがあるわけもなく
左フェイスの細かい皺にきっちり立ちこんで体を上げて行く。

カンテとあのフットホールドでそこまで立てるんですねー。
むー。

「立てない、持ちきれない」という自分の感覚を無視して
ムーブ起こしてみるしかないわけか。

別の人のTRを借りて見せてもらったムーブを再現してみるが
やっぱり厳しい。
でもやってみるとカンテも一箇所指先のかかりの良い所があるし
一本目のボルトのそばの水平の皺もインサイドで乗ると確かに立てる。



なーるーほーどー。

テラスからの出だしは掴んだかも。

上部もやや左からボルトの真上を取りに行くときの
左手、足が決まると行ける気がしてきた。

しばし昼寝して、最後にもう一度リードでトライ。

し・か・し

カンテから出る部分のムーブがかなり不安定。
右手カンテと左足で立ち上がって右足をカンテに上げるんだけど、
右手カンテで左足に立ちこむバランスに持ち込めずあえなくフォール。
さっき「掴んだ!」と思ったのはなんだったんだ。

実はテラスから出てスタートする形にするところが重要なのかなー。

一度テンションをかけてやりなおしたら今度は左足を上げるところまで上手くできた。
しかも中間部からやや左気味に上がって
左足への立ちこみ、やや甘めなカチを左手でとって
最後のリップを取るところまで良い感じで
結局で出しのフォール以外はテンションかけることなく抜けることができた。

この日はこれで終わりにしたけど、
なんだか行ける気がしてきた。

自己最高RPグレード更新が見えてきたかもよ。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/21 湯河原 ダイヤモンドヘッド

2010-01-21 23:16:16 | 湯河原
会社を休んで湯河原へ。

前回ゲイシャをRPしたので次のターゲットは
・もうじきバカンス 11c
・ダイヤモンドヘッド 11c
・コンケスタドール 12a
この辺り。

いつも混んでるコンケスタドールを触ってみようかな、
と思いつつ帰還兵を登っていると
あっという間にとなりのコンケスタにTRが張られてしまった。

というわけでダイヤモンドヘッドにトライ。

一応FLトライということで取り付くが
テラスに上がったところから
どうすれば良いのかさっぱり分からない。

左のフェイスに出ないといけないのだけど
足は頼りにならなそうな細かい皺だけだし手もかなり微妙。
しばらく色々探したけど結局体をフェイス側に出せず断念。
トップアウトどころではない感じなので
リードは諦めてTRでムーブを探る。

しかしTRで吊られていてもやっぱり出だしが分からない。
2本目のボルトまで足が上がればその先は色々ありそうなんだけど。

結局フェイスに出るムーブは解決しないまま上部を探る。
出だしよりは手も足もあるけど細かいホールドスタンスが続いて厳しい。
しかも良いホールドを繋いでいくとやや右上に導かれるけど
右に来てしまうと最後リップに出られない。
ボルトの真上一番とがってる所に出ないといけないらしいけど、
4本目をかけてからは手も足もムーブを固めないと厳しい。

これが11cかー、と打ちひしがれて終了。

これはもうちょっと11a、11bを登りこまないとダメだな、
というわけで出直してきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/17 湯河原 ゲイシャワルツ

2010-01-17 21:17:34 | 湯河原
みつ、@hohtaくんと。

@hohtaくん、初湯河原ですが見事なクライミングでした。
随所にボルダラーの良い面が出ていたのと、
「落ちない!」という気迫が伝わってきた。
いい刺激になった。

というわけで本日の自分のターゲットはゲイシャのみ。
気合の1便目はクロスムーブの前に足が決まらずあっさりフォール。

カチの続くルートだけに、足をうまく使って
可能な限り荷重を逃がしてあげないとダメ。

2便目はクロスムーズも決まり
そこから先のムーブもスムーズにこなして無事RP。
かなり短時間に登りきったと思う。

1週間ずっとこのルートのことを考え続けただけあってとても嬉しい。

自身最高RPグレード11b 2本目です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/11 湯河原 ゲイシャワルツ 11b

2010-01-11 23:26:34 | 湯河原
昨日と打って変って一日曇りで寒かった。

この日のターゲットは「ゲイシャワルツ11b」
11bは「ワンダーマリア」だけ(サイコモーターが11a/b)なので限界グレードです。

壁一面を使って登るルートで左右のルートが気にならない湯河原には珍しい良い
ルート。
遠目にはホールドがなさそうだけど、
良く見るとカチがところどころにある。
これを繋いで登るのだ。

まずはオンサイトトライ。
水平クラックを持ってスタート。
足を少し上げて1本目にクリップ。
左斜め上に走る段差に手を伸ばす。
この辺りから早くもフットホールドが細くて指先が消耗する。
斜めの段差にマッチしたところから右上のポケットに右手を出す。
微妙なかかり具合。
ここで足が上がれば2本目にクリップできるが
スタートの水平クラックでは立ちきれずテンション。

うむ。全然ダメ。

しかもポケットを右手で取ってしまうとその先が手詰まり。
登る前にちゃんとオブザベーションしないと話にならない。

ポケットの次がさらに右上のカチなので、
ポケットをクロス気味に左手で取るか、
ポケットを右手で取る場合は次のカチを左手クロスで取りに行くしかない。
もしくはポケットでもちかえ。

ただこの辺りも足が細かいので探りながら登ってる余裕はなし。
さらに右のカチがかかりが良いんだけどやっぱり足が微妙だし。
次の人が待ってるのでここで一旦敗退。

空いた後に今度はTRでムーブを探ってみる。

まずポケットを取りに行くところは
右足水平クラックの下+左足をかなり上まであげてスメア気味にする。
普通は右足を水平クラックか、さらに上に上げるみたいだけど
自分のサイズでは左足が上げられれば左手がポケットに届く。

ポケットを取ったら左足を斜めの段差、左手をガストン気味に上げて2本目ク
リップ。

次に右上のカチにマッチ。
右足のフットホールドで踏み切って頭上のカチを右手で取る。
右手を取ったらすかさず左足をポケットに入れて踏み込むと左手のカチが取れる。
ここで3本目クリップ。

後は終了点だ。

右足スメアで右手を出す。でさらに右に飛ばす。
左手を寄せる。
右足を上げてから右手で右上の -| こんな形のカチ取って
左手で終了点の左側を持って終了。

と、これらのムーブを一つずつ解析。

全体的に指のかかるホールドばかりだけど全てカチなので指に来る。
足がかなり細かいけど、きちんと拾わないと指がとても最後まで持たない。
ホールドとホールドの間が少し遠いので足を切ったらダメ。

と、こんな感じでかなりシビア。
上手い人はクリップホールでレストするみたいだけど
手も足も細かくて休みきれないので自分の場合はスピード勝負。
でもすごく難しいムーブがある訳ではなく繋げるところが肝かな。

一応一通り理解したけどTRとは言え指が消耗したので
来週への宿題としてこの日は終了。

待ってろ、ゲイシャ!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/10 湯河原 サイレントバリー ミ・アモーレ

2010-01-10 23:05:42 | 湯河原
初めて泊まりで湯河原へ。

3連休の真ん中だけあって、この日の桃源郷は大賑わい。
アップにシャワーコロンを登っているうちに
アリババ近辺はトップロープでいっぱいになってしまったので
早目にサイレントバリーに移動。

アプローチは少々大変だけどサイレントバリーは貸切で
(しばらくしたら2パーティーくらいやってきましたが)
日もあたって超快適。

この日は3人だったのでビレイしてない時間は昼寝をした。

ルートの方は他の二人のためにTRを作りつつアップ。
本気トライは下に降りたところの
ミ・アモーレ 10c 。

カンテ沿いで露出感のある感じ。

10cなんでもちろんOSを狙って取りつく。

1本目をかけて2本目に行くところくらいからムーブがあって徐々に消耗する。
2本目をかけて、これでグラウンドは無いかな、と思いつつ3本目へ。
ボルトの右側のホールドで3本目クリップか、と思い手を伸ばすがすこし微妙。
オンサイトで力んでいるのもあってかなりの消耗具合。
この状態でドローをかけてロープをクリップする余裕はないな、ということでギ
ブアップ。

しかし既に2本目よりもかなり上に来てしまってる。
これはかなり落ちるぞ、と思って、引きつけていた腕をのばして
ちょっとだけ体を下げたところでフォール。

取りつき付近まで落ちてビレイヤーに接触したところで止まった。
いやー怖かった。
3本目たぐり落ちだったらグラウンドしてたかも。
危ない、危ない。
オンサイトトライなので仕方ない部分もあるけど
怪我をしないというのは最低ラインだし
自分の消耗具合とかも考慮して突入しないとダメだ。
気をつけよう。

テンションかけつつムーブを探ったら3本目のクリップホールドはひとつ手前の
左手だった。
分かってしまえばフットホールドもあるし、「10c」という感じ。

次のRPトライは問題なく登れた。
前半にムーブがあるし、後半も足を良く見ないとカンテなのでバランスが微妙に
なるかな。
トポにもあるように確かに面白いルートだと思う。

こういうルートをオンサイトできるようになりたいなー。
余裕がなくなった時に手に頼らず、足で耐えられるようになる、というのが課題。

となりの「来訪者 10c 」も面白そうだけどこれは次回に保留でこの日は終了。
桃源郷とちがって空いてるし、面白いルートもあって
サイレントバリー、なかなかお勧めです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/3 湯河原 サイレントバリー 岳人列伝11a

2010-01-03 23:26:09 | 湯河原
実家から東京に帰るついでにまたも湯河原に寄る。
桃源郷がかなり混んでいたのでサイレントバリーに移動。

スレンテム 5.9 OSm
苔がすごい。
短いけどちゃんとムーブがあってけっこう難しい。

ゆうきゃん 10a OSm
オンサイトトライは気合で登ったけど
回収しようと思ってTRで登ったら登れなかった。難しい。

まりや 10b/c FL
面白い。分かっていても出だし足が上げられない。

岳仁列伝 11a FL
他の方のトライを見て登りたくなった。
出だしが核心なのかな?
後半はサイズがあると楽。
イレブンのフラッシュは嬉しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/31 湯河原 ダイヤモンドヒップ

2009-12-31 23:24:07 | 湯河原
2009大晦日、実家(静岡)に帰る途中に湯河原で登っていくことに。

この日のターゲットは、宿敵 ダイヤモンドヒップ 11a 一本だけ。

8月にトライして良い感じだったけど、
ヒールフックのムーブができた後も上部で何度か跳ね返されて、
挙句の果てにヒールフックからの引きつけでハムストリングが肉離れになって封
印していた。

同行者のTRセットを兼ねて何本か簡単なルートを登って
昼ころ満を持してのトライ。

一本目をクリップしてから右のホールドを左手で取って、右手をカンテに伸ばす。
頭上の棚に両手を移して2本目をクリップ。

左手を棚の左のホールドに移して左足を20センチくらい上げてヒールフックの体
勢に。
フックした足の引きつけでまたハムが痛くなったら、という恐怖があったけど痛
みはない。
右手を伸ばしてサイドのカチを取ったら左足を寄せて3本目クリップ。
安定しているけど足がプルプルする。

右手で持ってる縦カチに左手をマッチ。
次は右手をのばして浅いピンチっぽいホールドを取りに行くのだが、
この辺りのバランスが悪くて何度か落ちている。
左足を流してバランスを取りつつ体を右側に倒して右手をのばす。

右手が取れたら左足を戻して左手を上のガストンに。
右足を一段上げて右手でさらに上のホールドを取るとこれがガバ。
あとは乗り越すだけだけどボルトが足元で怖い。
ここまで来たら落ちたくない。
なんとか足を進めて上のテラスに立つ。

ついにRP。

たくさんの人にお祝いの言葉をもらってとても嬉しかった。
たぶん今までで一番便数かかったルートだったし。

それでは動画をどうぞ。
ちと画像が悪いのと画面が横ですが…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/26 Cliff クラック講習

2009-12-26 23:07:16 | 城ヶ崎
Cliff クラック講習で、城ヶ崎あかねの浜へ。



午前中は雨の予報で電車からは道路が濡れてるように見えたけど
伊豆高原に着いたら雨も上がっていて問題なさそう。

それどころか岩場に着いたらかなりの日差しでむしろ暑かった。
ダウン着て来てたのに。

あかねの浜はクラックのルートばかりの岩場。

本当は21日にNPの講習を受けて、
簡単なルートだったらリードできるかな、という目論見だったが
21日の講習はキャンセルしてしまってこの日も全てTR。

でも結果的にジャミングで登るのに精一杯で
とてもカムをセットしている余裕は無かった。

それにしてもクラック恐るべし。

登ったルート:
ラッキーストーン 10a
ホタテクラック 10b
増長天 5.8
もう1、2本登ったと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加