こどもたちのためにできること ~江戸川区の区立保育園民営化を経験して~

公立保育園民営化、子ども子育て新支援制度…子どもたちを取り巻く環境は本当にこれでいいのでしょうか。

【再掲】「甲状腺エコー検診」のご案内

2017-04-09 | こどものこと
新年度が始まりましたね。

お子さんが入園・入学されたお父さんお母さん方、
おめでとうございます。

新しい生活のスタートですね。


保育園生活が始まったご家庭もいらっしゃることと思います。

我が家の子どもたちも
最初に保育園に預けたときはしばらく大泣きの毎日で。

夕方お迎えに行くと
先生の背中におんぶされて半べそ、なんてことはしょっちゅうでした。


当時は「こんなにまだ赤ちゃんなのに
保育園に預けてまでして働かざるを得ない自分」を責めたり
子どもに「ごめんね」って思ったり。

朝泣かれるのって、つらいですよね。
子どもを泣かす親ってどうよ、って。
本当にこれでいいのかなって。


でもそんな大泣きの時期は本当に一時期で。

いつかは「保育園が楽しい」って慣れる時がきっとやってきます。

新しい生活や環境に早く慣れますように願っています。


-------


さて、そんな前置きは置いておいて。


先日ご紹介した「甲状腺エコー検診」について
再度、ご案内します。


特に東日本大震災での原発事故当時、
小中学生だったお子さんに受診をお勧めしたいとのことです。


『甲状腺エコー検診のご案内』

  ~市民のボランティアによる自主運営で実施~



 日 時:2017年4月16日(日曜)

    午前の部 受付9:30~ 検診10:00~12:00

    午後の部 受付13:00~ 検診 13:30~15:30


 場 所:タワーホール船堀 406会議室
     江戸川区船堀4-1-1 (地下鉄都営新宿線 船堀駅前)

 検診対象者:2011年3月の原発事故当時18歳以下だった方
      

 検診費用:受診者一人当たり1500円程度のカンパ協力を求めます。
       (検診費用にあてます)

 申し込みや詳しい内容は
 甲状腺検診えどがわのホームページ をご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加