株式投資は芸術です

証券会社で長期間、アナリスト業務に従事した後、投資顧問会社を設立。銘柄選定・相場観に違いが分かります。

宮地エンジニアリンググループ(3431)は期待を抱かせる内容だが・・・♪

2017-05-19 14:21:41 | 日記
236円+14円
反発の動きです。上昇率は東証1部の16位。
2017年3月期は売上高362億円(前期比9%減)、経常利益26.12億円(同128%増)と事前に増額した通りの業績で、6期ぶりに最高益を更新しました。
ただ今期は売上高480億円(同32%増)、経常利益16億円(同38%減)と大幅な増収となるものの、大幅な減益を予想しています。
株価的にはこれが響きました。
大幅増収となるのに大幅減益はおかしいと思い決算短信をチェックしたのですが、理由は不明でした。

短信の内容は期待を抱かせるようなものになっていました。
受注は17%伸びており、受注残も前期比33%増の761億円と申し分ありません。
こうした中、今期はこれだけの売上高、これだけの経常利益を見込んでいると出ていました。
慎重に見すぎているきらいがあるのではとみていますが、どうでしょか。

ポチッとクリックをお願いします(1日1回だけでOKです)!!
    ↓         ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 六甲バター(2266)が新値更新! | トップ | お疲れさまでした♪ »

あわせて読む