★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「リバティーン」

2006-04-09 02:53:10 | 映画(ら行)
ジョニー・デップ主演。
今週は観たい劇場公開作が目白押しだったけど・・・
時間の関係でジョニデの作品をナイトショウで・・・
3~40人くらいは入ってたかなっ。
原題は「THE LIBERTINE」=放蕩者。
ジョニデらしい役だよね。
2004年製作の歴史もの系ロマンス・ドラマ、110分もの。

あらすじ
1960年代のイギリス。
主人公のロチェスター伯爵こと、ジョン・ウィルモットは天才詩人。
しかし、自由奔放・傍若無人・酒好き・女好きの放蕩生活。
ある時、芝居小屋で不評を買ってる女優に目を留め・・・
彼女の才能に惚れて、演技指導を申し出るが・・・

ここからネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
でも、彼の評判はすこぶる悪く・・・
体目当て??なんて思われて・・・相手にしてくれない。
伯爵の名声で有名にならなくても、自分の演技で観客を魅了してみせるわ・・なんて。
しかし、彼の熱意に負けて、超厳しいレッスン開始。
次の舞台では拍手喝さいの超演技を披露・・・そして
彼とも親密な仲に・・・。
ところで伯爵・・・奇行が目立って評判は悪いが・・・
国王(ジョン・マルコヴィッチ)は彼の才能を信じて、目をかけてくてる。
彼の父に恩義を感じてるとも言っていたけど・・・
彼に、対立してるフランスとの仲を取り持つような演劇を作るように指示。
そして作った作品が・・・最低・・・
ち●ことま●こが合体するぅぅぅ・・・みたいな前衛作品・・・
いや、ここはイギリスだけに全英作品だったのかもっ。
くだらないジョークはやめといて・・・またまた国王を怒らせてしまった。
雲隠れしても、酒と女をやめず・・・
どんどん病んでいくジョン。
病名は、ありゃ梅毒だね。
顔がボロボロになっていくぅ・・・ジョニデ。
クスリで顔を白く塗るのは「チャリ・チョコ」のウォンカ氏役以来・・・
っていうか、いつもそんな役ばっか。
次回の「パイレーツ~」でも白塗りしてるぞ・・・きっと。
国王も、ほとほと愛想が尽きて、幽閉とか追放とかはやめて・・
お前を無視する・・・なーーんて言い出す始末。
病は進行し、死にそうだけど、最後のお仕事。
国王の弟の即位禁止令の採決に反対ーーーーー。
ややっこしいけど、優しくしてくれてた国王の謀略決議に体を張って抗議の演説。
しかし、世間は彼の思うところと反対に動いて・・・
彼の演説のおかげで、国王の決議は採決されてしまう。。。。いやいや皮肉です。
そんなこんなで、彼は波乱万丈の生涯を33歳で閉じてしまうのでした。

この映画、ナインティナインのオールナイトニッポン風に言えば、
「ワル・ジョニー・デップ、見ましたぁ」・・・ってところ。
まっ、いつもこんな役ばっかりのジョニデですけど・・・
最初と最後に・・・
こんな人間好きになりますか・・・好きにならないで・・・みたいな
ジョニデの1人トークが挿入されてる。
演技とはいえ、ワル・ジョニデのプロモーション・ビデオって感じでした。
最高っ。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は
この映画のロンドンの町が、こりゃまたひどくドロドロだったね・・・
もうちょい後のロンドンが描かれてる「オリバー・ツイスト」と比較してみては・・・。
この映画上映前の予告でやってた06年6月公開予定の「カサノバ」・・
こりゃまたプレイボーイ・時代劇みたいで面白そう。

という事で今回は
放蕩度・・・
唖然とするシーンもたくさんあるけど・・・
実在した詩人のお話なので、時代的にはありなのかなぉ・・・
ちなみにその時代、日本は江戸時代・・・大奥もあった時代でござる。
(主人公はいわば、旗本の次男坊で芝居好き・・・の放蕩侍・・・ってとこかな)

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (76)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ゲット・ショーティ」 | トップ | 「ホステージ」 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もうご覧になったんですね~♪ (honu)
2006-04-10 20:38:39
こんにちは!

ジョニデが大好きなので、この作品は絶対に観ますがどうだったのでしょう??

怖くてネタバレ反転部分は読めません・・・(笑)

この週末にでも観に行ってきま~す(^^♪
こんにちは♪ (ミチ)
2006-04-11 09:55:07
ワルジョニデは見応えありましたね~。

渾身の演技で、この役をやりたい気持ちがよくわかりました。

実話ですから確かにあんな猥雑な雰囲気が満ち満ちた時代だったのでしょうね~。

それにしても露骨過ぎてあまりエロスに酔えませんでした(笑)
TBありがとうございました (chatelaine)
2006-04-11 21:13:39
鼻がもげかけで、白塗りに真っ赤な唇で演説をするジョニーに、またまた惚れました(笑)

たしかに、過去、白塗り率高いですねー。



『カサノバ』は私も観たい作品のひとつです。こちらも女好きで勇名を馳せていますよね~。楽しみです♪
こんにちは~♪ (MAしゃま)
2006-04-13 08:18:02
世間では酷評もあるようですが・・・

私はジョニー作品のダントツ1位になってしまいました!

ファンでない方のコメントを目にするのが怖い~今日この頃ではありますが・・・

ジョニーらしい演技へのこだわりが光っていたように思います



>ちなみにその時代、日本は江戸時代・・・大奥もあった時代でござる。



そうですね~、大奥のあの時代・・・上手い事言いますね~、流石です~!

TBさせてくださいね!



Unknown (あっしゅ)
2006-04-17 19:44:20
こんばんわ。あっしゅです。

どうでしたぁ?

ボクは少し期待はずれだったです。

でもデップの迫真の演技には脱帽です。
TBありがとうございましたm(__)m (まーじょ)
2006-04-18 22:45:16
ひらりんさん、こんばんわ。



何度かTB貼って頂きまして、

ありがとうございました。

『カリビアン』がデップさんらしからぬ作品と

言うならば、これはデップさんらしい

訳のわからない作品??に値しましょうか??



いや。でも、エロエロで美しいデップさんは必見です。

ああ言うご病気になると、鼻がもげるんですね。

どっかの映画でも誰かの鼻がもげていましたし・・・。

美しい→顔が壊れちゃうの落差を演じきれるのは、

デップさんしかいないでしょー。
TBありがとうございました (ニシキテグリ)
2006-04-21 00:20:27
私はジョニー・デップというか、ティム・バートン好きです。彼の映画にはジョニー・デップは欠かせないので、ジョニー度高いです。

この作品の最後ほうで、かつらをとったジョニー・デップがフレディ・マキュリーに似ていたのを今思い出しました。
TBありがとうございました。 (Angelita)
2006-05-05 09:14:41
こちらにもTBありがとうございます。

ジョニーファンなので観にいきましたが、

けっこう疲れました(笑)

でも、ジョニーの役者魂には脱帽ですね。
TB毎度ありがとうございます。 (pompokori)
2006-05-05 17:02:17
こちらもTBさせていただきますね~。



ひらりんさんのネタバレ解説はわかりやすいです♪

「オリバー・ツイスト」のロンドンより「リバティーン」の方が確かにドロドロでした。

あの石畳、歩きたくないです…。
TBども~ (のっこ♪)
2006-05-06 10:32:13
あの売れない女優さんの最初の大根役者ぶりと、

伯爵に演技をつけてもらったあとの名演技との差が

まったく判らなかったのって私だけでしょうか?(苦笑



あ、、でも、馬車に乗る場面、

普通に歩けばいいのに、わざわざ一回くるっと回っちゃう

ジョニさんのアドリブ(?)は大好きです♪
TBありがとうございます (coilfish)
2006-05-23 22:26:44
プロモーションビデオと言われればそんな感じです。

役柄よりも、最初のモノローグのせいか演じているジョニー・デップの印象が強すぎたのかも…

この実在の人物に、様々な俳優さん達が心酔しているようですが、残念ながら自分には彼の魅力があまり分からなかったりませんでした。

こちらからもTB貼らせていただきます。
TB、ありがとうございました (mugi)
2006-12-11 21:54:40
TB、ありがとうございました。
ワルデップ、迫真の演技でした。
彼は「本当はいい人だった」的な役よりも、このような破滅型が合う。
あれまで詩と酒と女が生き甲斐だった人生を送れるのは、凡人の私にはむしろ凄いとさえ思いました。
おはようございます~ (とらねこ)
2006-12-29 09:33:53
「これでも・・オレのこと、好きか?」
って、ジョデ自らが、『パイレーツ~』で一気に増えたファンに向かって言ってるみたいで、なんか気持ちよかった私です
そうそう子供映画ばっかりに出ないで欲しいんですよねー
Unknown (ひめ)
2007-01-15 17:41:36
なかなか賛否両論のある作品みたいですね。
私は好きでした。
ジョニデも好き(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

76 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
リバティーン (**Pink*Fighter**)
17世紀英国、国王の信頼厚いロチェスター伯爵の突飛な行動と性的な魅力で人々を畏怖させていく半生を描いたドラマ。全米配給はミラマックスが担当。ジョニー・デップがカリスマ的な魅力を放つ、ロチェスター卿を演じる。そのほか『マイノリティ・リポート』のサマンサ・モ
リバティーン (ネタバレ映画館)
 「私を好きになることはあるまい」などと言われると、つい逆らってみたくなっちゃいます。
リバティーン (シャーロットの涙)
リバティーン…放蕩(ほうとう)者、 自由思想家… 17世紀(1660年代)に生きた、破天荒な放蕩詩人ジョン・ウィルモット、第二代ロチェスター伯爵の壮絶な生き様を描いた作品。 重点はあくまで、ロチェスター伯爵。 ストーリー展開や時代背景はあまりにも混沌としていて、結構
リバティーン(先行上映) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  奔放がゆえの孤独、絢爛がゆえの闇  
リバティーン (色即是空日記+α)
『The Libertine』 2005年 イギリス 監督:ローレンス・ダンモア   出演:ジョニー・デップ  サマンサ・モートン  ジョン・マルコヴィッチ 公式サイト   エロかっこいいジョニー・デップ。 R-15 上映館が少なくてびっくりしたwCMや広告.
ジョニー・デップ Johnny Depp  俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),9 June 1963,Owensboro, Kentucky, USA 本名 John Christopher Depp IIIThe Diving Bell and the Butterfly(2006) Shantaram (2007) The Rum Diary(2004) Pirates of the Caribbean 3 (2007) パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・
サマンサ・モートン Samantha Morton 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),13 May 1977,Nottingham, England, UKFree Jimmy (2006)(voice) Control (2005) Pride and Glory (2007) Expired (2006) Mister Lonely (2006) Lassie (2005) River Queen (2005) リバティーン The Libertine (2004) Jの悲劇 Enduri
ジョン・マルコヴィッチ John Malkovich 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),9 December 1953,Christopher, Illinois, USA 本名 John Gavin MalkovichTexas Lullaby (2007) Savage Grace (2006) Drunkboat (2006) Beowulf (2007) エラゴン/遺志を継ぐ者 Eragon (2006) Klimt (2006) Art School Confidential (2
『リバティーン』 (京の昼寝~♪)
17世紀末イギリス。閃光のように現れ、燃え尽きた美しい男   ■監督 ローレンス・ダンモア■キャスト ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコヴィッチ、ロザムンド・パイク□オフィシャルサイト  『リバティーン』 17世紀、王政復古のイギ
■リバティーン (シネマでお邪魔~♪(Johnny館))
行って来ました。オールナイト!! この日をどんなに待ち焦がれていたことか。 最初は、トークショーから始まりました。 ロバート・ハリスさんと司会のお姉さんのお話でこのリバティーンやジョニーの話題をあれこれと取りとめも無く話していました。 特別ジョニー
リバティーン (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2006/04/08(2006.04.08鑑賞)監督:ローレンス・ダンモア音楽:マイケル・ナイマン出演:ジョニー・デップ     サマンサ・モートン    ジョン・マルコヴィッチ    ロザムンド・パイク 1660年代、王政復古のイギリス。国王の親族が居並ぶ大事な宴の
映画「リバティーン」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「リバティーン」★★☆ 17世紀の英国ものと聞いただけで私の好み。しかもジョニデが放蕩詩人の貴族の役をやるなんて超期待していた。 この時代背景を知ることがまず重要。1660年代は“王政復古”の時代で、科学技術や芸術が急速に発展し、性に対する考え方もと
「リバティーン」 THE LIBERTINE (俺の明日はどっちだ)
舞台は17世紀の王政復古のイギリス。ジョン・ウィルモットことロチェスター伯爵は天賦の才能に恵まれながら、その破滅的な生き方ゆえ、彼を寵愛する国王(チャールズ二世)さえも敵に回す日々を送っていた。そんなある日、舞台上で観客からブーイングを浴びせられる新人女優
リバティーン (BLACK&WHITE)
【The Libertine】2005年/イギリス 監督:ローレンス・ダンモア   出演:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコヴィッチ 公開初日の今日ジョニー・デップ主演の『リバ
リバティーン (Kinetic Vision)
モノクロームの映像の中でロチェスターが口上を述べる場面はすばらしい。低くささやくような官能的な声で挑発的な言葉を次々に繰り出して、観客に「私を好きになるな」と警告するジョ
リバティーン (悠雅的生活)
17世紀のロンドン、伝説の放蕩詩人
『リバティーン』レビュー/放蕩の申し子 (西欧かぶれのエンタメ日記)
昨日の映画館研修で、映画観たい病が発症し、今日は『リバティーン』を観にいった。3月は旅行や入院であわただしく、映画館に行けなかったので、一ヶ月ぶりの劇場鑑賞。 スクリーンのありがたみをひしひしと感じる…。 まるでモノクロ映画かのように、全編にわたって
『リバティーン』初映画鑑賞に行きました! (ジョニーに首ったけ!)
観に行ってきました。『リバティーン』! 場所は大阪テアトル梅田・・・2時15分からの上映で4時15分まで・・・ やられてしまいました。ジョニーデップという俳優に!完全
ジョニー・デップに喝采!!!「リバティーン」 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
のりにのっている 演技派俳優ジョニー・デップの 「リバティーン」を観てきました。 17世紀のイギリスで 疾風のごとく駆け抜けた 詩人ジョン・ウィルモット (第2代チェスター伯爵)の 短くも(33年)壮絶な生涯。 作品は淡々と始まって生きます。 彼の生き方に対して
映画@リバティーン (sattyの癒しのトビラ)
初めに断っておく。諸君は私を好きになるまい 男は嫉妬し、女は拒絶し、物語が進むにつれて どんどん私を嫌いになる。 .....どうか私を好きにならないでくれ。 17世紀、イギリス 追放されていたある男が、恩赦を受けてロンドンへと戻ってきた ジョン・ウィルモットことロチ
「リバティーン」 (首都クロム)
 劇場を出てから私は直ぐに家路についたが、外を歩く間中、そこかしこに芸術性が横溢しているように感じられた。  信号機の前に垂れ下がる桜の花房が、その明かりの色に代わる代わる染まるのを見ただけで、たいそう心を打たれた。おろしたばかりの靴のためか、足の裏に感
映画 『リバティーン』 4月8日公開! (美人手帳)
テレビ愛知で毎週日曜夜12時から放送しているSHOWBIZ COUNTDOWNという、映画を紹介する番組をみていたんです。正確には、夫が見ていて、私は、ネットをしていたのですが、ちょっと、衝撃的な映画を紹介していました。これから放映される話題作の紹介コ.
映画「リバティーン」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年21本目の劇場鑑賞です。公開翌日劇場で観ました。ローレンス・ダンモア監督デビュー作品。「素晴らしい才能を有しながらも、挑発的な言動を繰り返し、酒とセックス三昧の奔放な人生の果てに33歳の若さで亡くなった孤独な天才詩人の半生を描く。全体的に暗い雰囲気で...
リバティーン~横浜鑑賞~ (MAしゃまとアナマリア☆の独り言)
            「TheLibertine」の四ツ折チラシです~!今日は、横浜出張でした~(爆)!とは言っても~カラ出張?で~3回目のロチェスター鑑賞してきました~!横浜在住のジョニー友がエグゼクティブシートど真ん中のチケットを確保してくださったので~、ま...
リバティーン (MAしゃまとアナマリア☆の独り言)
1660年代のロンドン。国王チャールズ二世とも親しい第二代ロチェスター伯爵は、挑発的な言動で人々の注目を集め、民衆に与える影響も少なくない。彼の才能を評価する王の期待を敢えて欺くかのように、重要な客人の前で猥褻な詩を披露するなどして、王の怒りを買うことも日...
■リバティーン (ルーピーQの活動日記)
17世紀、王政復古のイギリス。追放されていたジョン・ウィルモットことロチェスター伯爵(ジョニー・デップ)が、恩赦を受けてロンドンへ戻ってきた。彼は悪友たちが演劇議論を交わすバーに寄り、国王チャールズ二世(ジョン・マルコヴィッチ)の親族に、性描写の入った
「リバティーン」 (●○ゆるゆるシネマ感想文○●)
「リバティーン」   公式サイト 劇場鑑賞  ゆづの好き度  ☆    (満点は★5個、☆=★×1/2) 2006年4月8日公開  上映時間110分 正直なところ、 見終わった後、非常に具合が悪くなってしまいました。 多少ですが予習していたので、 ロ
リバティーン (とにかく、映画好きなもので。)
   17世紀のイギリスにおいて国王チャールズ二世(ジョン・マルコヴィッチ)の寵愛を受けたロチェスター伯爵(ジョニー・デップ)は、露骨な性描写の政府批判の詩を詠んだ為、国王から追放されていたが、恩赦を受けロンドンへ戻ってきた。  その才能は誰も.
「 リバティーン 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ローレンス・ダンモア 出演 : ジョニー・デップ / サマンサ・モートン /      公式HP:http://www.libertine.jp/ 「 脚本の三行で出演を即決した 」「 後にも先にも一度しかめぐりあわない作品 」ジョニー・デップにそう言わしめた作品。 映...
リバティーン (Black Pepper\'s Blog)
ジョニー・デップの新作「リバティーン」を観てきました。 17世紀のイギリスを舞台
リバティーン (5125年映画の旅)
!!警告!! ジョニー・デップのファンは この映画を観ない方がいい ジョニー・デップをカッコイイと思っている女性の方にはこの映画は絶対にオススメできません。 この映画は、中世ヨーロッパを舞台にしていながらも、優雅さや美しさを一切感じさせません。世間は疫病.
【劇場映画】 リバティーン (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 17世紀、王政復古のイギリス。追放されていたある男が、恩赦を受けてロンドンへと戻ってきた。ジョン・ウィルモットことロチェスター伯爵である。悪友たちが演劇議論を交わすバーに寄った彼は、国王チャールズ二世の親族を前に、性描写の入った政府批判の詩
リバティーン/The Libertine (我想一個人映画美的女人blog)
「どうか私を好きにならないでくれ....。」 なんて言ちゃって、一体どんなナルシストなんだ~。 と観たいリストに入れてはいたものの、 きっと眠くなるような作品なんだろうなーと気合いをいれて、 でも、予想では☆5(普通)くらいかな?{/face_nika/}と思って 期待もしな
リバティーン(映画館) (ひるめし。)
17世紀ロンドン。天才詩人と舞台女優。二つの魂が交わった時、悲劇が始まった・・・。 CAST:ジョニー・デップ/サマンサ・モートン/ジョン・マルコヴィッチ/ロザムンド・パイク 他 ■イギリス産 110分 ”僕が女だったら、妊娠しますよコノ映画。” byオダギリジョー こ
リバティーン (future world)
「最初に断っておく・・・どうか私を好きにならないでくれ・・・」 ・・・ムリです、そんな熱い眼差しで語られたら。。。 この映画の始めと終わりに、麗しいジョニー・デップが懇々と語る~~ ある意味、ジョニーのこの役への思い入れも感じるし作品自体のインパクトに.
Libertine(リバティーン) (あさは記)
「Libertine」・・・・放蕩者 1660年代、王政復古直後のイギリス。激しくも奔放な人生の末、過度のアルコール摂取と梅毒によってわずか33年の生涯を閉じた実在の人物、「放蕩の詩人」ロチェスター伯爵ジョン・ウォルモットを描いた作品。 奔放な振る舞いで常に世間からの注目
リバティーン (メルブロ)
リバティーン 上映時間 1時間50分 監督 ローレンス・ダンモア 出演 ジョニー・デップ サマンサ・モートン ジョン・マルコビッチ ロザムンド・バイク 評価 5点(10点満点)  この2年半で外で映画を見る習慣がすっかり身についてしまったため、むしょうに映画
リバティーン (rukorukoのMovie diary)
2005年/イギリス 監督:ローレンス・ダンモア 出演:ジョニー・デップ、サマン
淋しい男の性。『リバティーン』 (水曜日のシネマ日記)
17世紀のイギリスを舞台に、破天荒な放蕩詩人の人生を描いた作品です。
リバティーン (Alice in Wonderland)
すごくつまらなかったらどうしようかなという不安もあったのですが、我らがジョニー出演作ということで心して観に行きました。感想としては内容はそれなりに興味をそそるものだったんだけど映画としての魅せ方が私には全くダメでした。しかし後半部分のジョニー・デップの...
リバティーン(2004) (かこぶろ。)
2004年には「シークレットウィンドウ」「ネバーランド」を制作しているというから、ジョニー・デップさんの改めてその才能の豊かさを思い知らされます! 前後のモノクロジョニーのシーンは物哀しいながら魅了されます。ゆらゆら揺れる蝋燭の明暗加減がまた良かったりして
17世紀の放蕩詩人「リバティーン」 (That\'s the Way Life Goes)
[:映画:]「リバティーン」 ちょっと新宿に用があって、水曜だし映画観るか…って感じで選んでしまったので、予備知識ナシ。 ジョニー・デップ主演の時代物で、彼が脚本を3行読んで出演を決めた、ということだけ。 もともと時代ものが苦手なので、ジョニー・デップは好き
★リバティーン@シネセゾン渋谷:4/21 Fri. (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
映画鑑賞が趣味になってまだ1年足らずだし、どんなに酷評してきたものでも、どれもそれなりに面白かったって思ってるけど、私はこの映画だけはダメでした。 だから、この映画ついて私が書いていいと思えることは何ひとつないです。 あるとしたら、最初は豪華な宮廷が舞台な
リバティーン (スワロが映画を見た)
原題:The Libertine 製作国:イギリス 製作年度:2004年 上映時間:110分 公開:4月8日 監督:ローレンス・ダンモア 脚本:スティーヴン・ジェフリーズ 音楽:マイケル・
リバティーン (利用価値のない日々の雑学)
ジョニー・ディップというこのところ筆者にとって可也評価の高い男優と、彼を起用した歴史物という待望の作品化に、その内容の如何を問わず、年頭から高い期待度を持っていた。そもそもがこの作品の主役である、ジョン・ウィルモット(ロチェスター伯爵二世)という人物がど
リバティーン (Imagination From The Other Side)
17世紀に実在した英国の放蕩詩人ロチェスター伯爵ことジョン・ウィルモットの半生を描いた歴史ドラマ。 主演は「シザーハンズ」「チャーリーとチョコレート工場」のジョニー・デップ。 共演に「マイノリティ・リポート」「CODE46」のサマンサ・モートン、オリジ ...
リバティーン(新映画日記転用) (「しつこく」もろもろ日記)
ジョニー・デップが17世紀の放蕩詩人を演じると言う話 なんだか顔面もえらいことになってるとは聞いていたんですが
映画「リバティーン」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:The Libertine 初めと最後の言葉、私が好きか?・・こんな私でも・・それでも私が好きなのか、どうか私を好きにならないでくれ・・自由奔放に生きた孤独な男の物語。 第二代ロチェスター伯爵(ジョニー・デップ)は、詩人にして舞台作家。新人のエリ ...
リバティーン (きぶんしだい)
今日は午前中は大学の授業 その後、Kンちゃんとトマオニにご飯を食べに行って(←私の祝☆トマオニデビュー)、梅田に私用があったので出かけて行きました。 んで、5時半くらいに用事を済ませて、LOFTを覗くと、地下のテアトル梅田で 『リバティーン』 ...
「リバティーン」★★★ (本読みと映画)
1660年代、科学技術や芸術が急速に発達し、性の自由に対する考え方も大きく発展していった王政復古のイギリス。国王チャールズ二世の恩赦を受け、3ヶ月の追放からロンドンへ戻ったジョン・ウィルモットは、いつものように仲間と芝居小屋へ繰り出す。そこでジョンは ...
『リバティーン / THE LIBERTINE』 ☆今年39本目☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
こちらに視線をまっすぐ向け、こう語り掛けるジョニデ演じるロチェスター伯爵で始まる本作。 これで一気に、私は17世紀の世界へ突入――。 台本の冒頭3行を読んだだけで出演を決めたというだけあって、まさにジョニデのハマリ役。 溢れるほどの知性と才能を持 ...
映画■リバティーン(2006年新作37) (MyFavoriteThings...     by s.k.ebiju)
新宿:テアトルタイムズスクエアにて。ジョニー・デップ人気もあってか、ほぼ満席でした。時代や舞台(王政復古期のイギリス)について、予習しておけばもっと楽しめたのかも…と後悔しました。ジョニー・デップの演技力は凄い…の一言ですが、彼の猥語の連発(前 ...
リバティーン (+slumberland+ あなたはどんな映画が好きですか?)
ジョニーデップ主演---初めに断っておく。諸君は私を好きになるまい。男は嫉妬し、女は拒絶し、物語が進むに連れてどんどん私を嫌いになる。淑女達に警告。私はところ構わず女を抱ける。紳士諸君も嘆くことなかれ。私はそっちもいけるから気をつけろ。・・・・私は ...
リバティーン (映画通の部屋)
「リバティーン」 THE LIBERTINE/製作:2005年、イギリス 110
リバティーン (エリ好み★)
「インタビュー・ウィズ・バンパイア」に出てくるドラキュラようなJ・デップ。不健康で妖艶なロチェースター伯爵が、最後は梅毒でボロボロになるところまで、なんともデップらしい怪演でした。腐臭が臭ってくるような演技って初めて観ましたよ~。
25 リバティーン (毎週水曜日にMOVIE!)
・・・お答えします。「きらいです」 チョコレート工場も好きだし、パイレーツも、ドンファンも好きでした。 でもこの映画は好きじゃありませんでした。 思惑どおりになって、結局は意図にはまっている気もしますけど・・ 耽美的。退廃的。エロティック。 ...
『THE LIBERTINE』 (BEAUX JOURS)
『THE LIBERTINE ~リバティーン~』を観て参りました ストーリー・・・ 1660年代イギリス。 国王の親族の前できわどい性描写に溢れた詩を詠んだことから、ロンドンを追放されていたジョン・ウィルモットが、恩赦を受けて戻ってきた。 挑発的な言動で人 ...
映画 * 『リバティーン』 (複数恋愛進行中)
アルコールと梅毒が原因で33歳で死亡── ジョニー・デップ扮する第2代ロチェスター伯爵の生涯は 破廉恥で破天荒で、スキャンダルにまみれている。 ? 国王の前で淫猥な語を連ねた詩を詠じ国政と批判し、 他国からの客に披露する舞台で卑猥なモチー ...
映画『リバティーン』を観て (KINTYRE’SPARADISE)
原題:Libertine(イギリス)公式HP上映時間:110分監督:ローレンス・ダンモア出演:ジョニー・デップ(ジョン・ウィルモット、ロチェスター伯爵)、サマンサ・モートン(エリザベス・バリー)、ジョン・マルコヴィッチ(チャールズ2世)、ロザムンド・パイク( ...
『リバティーン』 (douce vie)
リバティーン ローレンス・ダンモア監督 イギリス 2004 17世紀イギリス、詩人ロチェスター伯爵の話。 ジョニー・デップ演じる破天荒な詩人がとてもとてもかっこいいが、 かっこいい状態なのが半分ぐらいで、 後の半分はかっこよくなくなってしまっている ...
リバティーン (えいがのひ)
映画『リバティーン』 ジョニー・デップ主演。 タイトルのリバティーンとは、「放蕩者、自由思想家」とのこと。 実在した天荒の放蕩詩人ジョン・ウィルモット(第2代ロチェスター伯爵)の人生を追った物語。 卑猥な詩を国王の前で堂々と語り、酒と女と演劇に現を ...
リバティーン (銀色ボンド)
また1週間が始まりました。微妙に頭痛が続いてます。悩めるお年頃だからでしょうか(笑さてさて、1ヶ月ぐらい前に 見に行った映画ですが、「リバティーン」のお話をしますよ。主演は ジョニー・デップ。ロチェスター伯爵が主人公なんですが、・・・もうすごい ...
リバティーン (CinemA*s Cafe)
http://www.libertine.jp/ ジョニーデップファンの方3人と私という構図で出かけたので、冒頭からメロメロになっている人に囲まれた感じだった(^^; 確かにこの映画、ジョニーファンにはたまらない一品なのでは
リバティーン (Blossom Blog)
リバティーン THE LIBERTINE 監督 ローレンス・ダンモア 出演 ジョニー・デップ サマンサ・モートン イギリス 2004
リバティーン (ぶっちゃけ…独り言?)
4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) ジョニー・デップが脚本冒頭の3行を読んだだけで出演を決めた作品です。 そーですかぁ・・・ 3行ですかぁ・・・ ・・・・・・・・・・・・何故っ!? 脚本はちゃんと読んで熟慮してから出るか ...
リバティーン(2004/イギリス) (虫干し映画MEMO)
THE LIBERTINE 監督: ローレンス・ダンモア 出演: ジョニー・デップ    ロチェスター    サマンサ・モートン    エリザベス・バリー    ジョン・マルコヴィッチ     チャールズ二世    ロザムンド・パイク    エリザベ ...
リバティーン (cinema note+)
リバティーンTHE LIBERTINE2005年 イギリス あんまり好きなタイプの映画じゃない
149.リバティーン (レザボアCATs)
これを見て自分を好きになれるか?とカメラ目線で語りかけるジョニー・デップ。大ヒットシリーズの『パイレーツ・オブ・カリビアン~』のシリーズの1と2の間の公開作品がこれっていうのが、なんだかとってもジョニー・デップらしいというか、何と言うか。“役 ...
リバティーン (ひめの映画おぼえがき)
リバティーン 監督:ローレンス・ダンモア 出演:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコヴィッチ、ロザムンド・パイク、トム・ホランダー、ジョニー・ヴェガス... 「17世紀イギリス。閃光のように現
リバティーン(04・英) (no movie no life)
山形には来ることが出来なかった映画・・・DVDで鑑賞しました。 ジョニー・デップが脚本を3行読んで出演を決めたというのは有名ですね。 あの冒頭の、暗闇の中に浮かび上がるロチェスター伯爵が「私を好きにならないでくれ・・・」と語りかけてくるシーンは衝撃
リバティーン…鼻カバー見たのは魁男塾以来 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日{/kaeru_fine/}も予定がなく、ブログ更新に勤しむピロEKです{/face_ase2/} 多分お昼からはショッピングに行くと思いますが、そちらも未定。 この三連休は外で遊ぶことも、家の用事(ちらかったオモチャの整理とかね{/face_ase2/})もせず、ダラダラ過ごしてしまい...
『リバティーン』 (Sweet* Days)
リバティーン CAST:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコビッチ 他 STORY:1660年、性の自由に対する考えが変化していった頃の王政復古のイギリス。詩人のロチェスター伯爵ことジョン・ウィルモット(ジョニー・デップ)は国王チャールズ二...
リバティーン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ジョニー・デップ大好き人間でありながら、この映画は未見だった。近所で公開されなかった事と、評判が芳しくなかったので、二の足を踏んだのだ。WOWOWで恐る恐る鑑賞~【story】1660年代、王政復古のイギリスで、ロチェスター伯爵ことジョン・ウィルモット(ジョニー・デ...
映画評「リバティーン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2004年イギリス映画 監督ローレンス・ダンモア ネタバレあり
詩と酒と女、放蕩と自由の極道は正直しんどい!?/『リバティーン』 (活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世)
●リバティーン(THE LIBERTINE)● ●監督;ローレンス・ダンモア ●脚本;スティーヴン・ジェフリーズ ●出演;ジョニー・デップ/サマンサ・モートン/ジョン・マルコヴィッチ/     ロザムンド・パイク/トム・ホランダー/ジョニー・ヴェガス 他 ●製作年度...
リバティーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『17世紀ロンドン。 天才詩人と舞台女優。 二つの魂が交わった時、悲劇が始まった・・・。』  コチラは4/8に公開されたんですが、ジョニー・デップが「脚本の冒頭3行を読んで、出演を即決した。後にも先にも生涯で一度しかめぐり合わない作品さ。」とまで言っちゃ...