★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「アクロス・ザ・ユニバース」

2008-08-13 03:38:41 | 映画(あ行)
<T823/2008/A128/S077>

今週の平日休みは、「川崎チネチッタ」で。
ミュージカルも、ビートルズも意外と好きなひらりん。
とは言っても、ビートルズ世代よりは、だいぶ若いんだけど。
原題も「ACROSS THE UNIVERSE」。
2007年製作のビートルズ系青春・ミュージカル、131分もの。

あらすじ・・・今回はAllcinemaさんより引用させてもらいました。
1960年代、イギリス・リバプールの造船所で働くジュード(ジム・スタージェス)は、米兵だったというまだ見ぬ父に会うためアメリカへと渡る。しかし、東海岸のプリンストン大学で管理人として働く父親は存在すら知らなかった息子の訪問に戸惑うばかり。すっかり失望したジュードだったが、ひょんなことから学生のマックス(ジョー・アンダーソン)と知合う。その後、彼の妹ルーシー(エヴァン・レイチェル・ウッド)と出会い、心惹かれるジュード。しかしやがて、ジュードはマックスと共にニューヨークへと向かい、歌手のセディ(デイナ・ヒュークス)が住むグリニッジ・ビレッジのアパートに転がり込み、様々な若者たちとの刺激的な共同生活をスタートさせる。そんなある日、ベトナム戦争で恋人を亡くしたルーシーが、兄の召集令状を携え、アパートへとやって来た。

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
1.ジム・スタージェスのほっぺたはどことなくポール・マッカートニー似にみえる。
2.当時のアメリカ文化を満喫する英国人主人公。
ひらりん的には当時のヒッピー文化は意味不明・・・

ベトナム戦激化で徴兵されるマックス・・・

反戦運動にのめり込む妹・ルーシー・・・
反戦活動家に嫉妬するジュード・・・2人の関係にひびが。
3.マックスは負傷して帰還・・・
激化した反戦デモに参加してたルーシーと助けようとしたジュードも逮捕されちゃう。
4.ジュードの生みの父が面会に来て釈放されるが元々不法滞在だったので国外退去処分に。
5.帰国すると、恋人は男作ってるし・・・モヤモヤで・・・、
今度はちゃんとビザ取ってアメリカへ。
6.丁度、大家だった歌手のセディがレコード・デビュー・・・
屋上ライブ敢行で警察沙汰に・・・
7.現場に現れなかったルーシーに向けて、
ソロで歌い始めるジュード。

8.ビルは閉鎖されちゃってたので、向かいのビルに登りジュードと対面するルーシー。
"She loves you Yeah! Yeah! Yeah!"・・・って、
「愛こそはすべて」(All You Need Is Love)のアウトロに入ってるよね。
ひらりん的には、ここが一番の感動シーンでした。

ロックシンガーのアパート共同生活は楽しそうだったね。
なんか、どんどん転がり込んできちゃう感じで。
人種差別問題もあったけど、この世代には黒人(マーティン・ルーサー・マッコイ)も
アジア系の娘(T・V・カーピオ)も一緒に、
音楽で結ばれてたのが良かったね。
 
それにしても、ビートルズの曲って、ひらりんの知らない曲が多かった。
やっぱり知ってるのは、有名な曲ばかりだったようで、
イマイチ、引き込まれ度合いが弱かったかな。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
ジム・スタージェスといえば、今年観た「ラスベガスをぶっつぶせ」では天才学生役。
エヴァン・レイチェル・ウッドは、「ハサミを持って突っ走る」ではパンク少女役。
 

という事で今回は
ミュージカル度・・・
当時の世相を繁栄させた映像は理解できるけど・・・
「すまん・・・もっと、ビートルズの曲知ってたら楽しめたのにーーー」
・・・というのが率直な感想。

●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様、「ビートルズは永遠だよー」・・・と、思ってるあなたっ・・・
             
バナーにプチッとクリックおねがいしまーーす。
「人気ブログランキング(映画)」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ゾンビーノ」 | トップ | ★「ドラゴン・キングダム」 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (とらねこ)
2008-08-31 18:29:25
こんばんはー★ひらりんさん。
女の子の名前がルーシーだったのに、なかなか『ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンド』が出なくて、まだかまだかと思ったら、ようやく最後でした♪
面白かったです♪ (はなこ)
2008-09-05 08:27:24
こんにちは♪
先日はTBをありがとうございました。私も早速TBを試みたのですがうまく行きませんでした。今日は大丈夫かしら?

私もチネチッタで見たのですよ。平日でしたが、中々の入りで、観客の平均年齢はちょっと高めだったような(笑)。やっぱりビートルズ世代(団塊の世代?)が多かったかな。私はビートルズ世代よりチョット若い世代に属していますが、ビートルズのレコード(!)、CDを結構持っているほど好きなので、この映画はかなり楽しめました。今回は字幕で改めて歌詞の素晴らしさを感じました。

主人公の名前が私が大好きな曲のひとつ「ヘイ・ジュード」から取っているのも嬉しかったです。

それではまた。ご縁がありましたら…
Unknown (keyakiya)
2008-09-14 08:08:46
「ビートルズは永遠だぁ」と思っているので、
バナーをプチッと押しました。(笑)

人にはそれぞれが青春時代を送った時代がある、歌がある。
60年代、そして続く70年代はボクの時代です。
ビートルズ、ストーンズ、そして、アメリカ西海岸音楽、イーグルズなどが、ボクらの音楽です。
ひらりんさんの音楽は?

いつも、ipodにいれて持ち運んでいますよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アクロス・ザ・ユニバース (Memoirs_of_dai)
ビートルズ好きにはたまらない演出 【Story】 イギリスのリバプールに暮らすジュード(ジム・スタージェス)は、まだ見ぬ父を捜しにアメリ...
ACROSS THE UNIVERSE / アクロス・ザ・ユニバース (Funky Sensation)
映画『ACROSS THE UNIVERSE/アクロス・ザ・ユニバース』を観た。 あまり深い情報は取っていなかったのだが、ビートルズの名曲で綴られるミュージ...
アクロス・ザ・ユニバース/ACROSS THE UNIVERSE (我想一個人映画美的女人blog)
{/m_0146/}All You Need Is Love{/ee_3/} 愛こそはすべてー。愛がなくちゃね{/m_0136/} 中学生になった頃、洋楽を聴き始めたのはビートルズが最初だった気がするー。 この映画は、ミュ-ジカルの「ライオンキング」、オペラ「魔笛」、映画「フリーダ」の女性演出家、...
愛こそはすべて (MESCALINE DRIVE)
The Beatlesである。 実はビートルズに明るくない。とは云っても、有名な曲は知っているし、それとは知らずに彼らの曲を聴いていることもあるだろう。友人にビートルズの熱烈がいて、彼らと一緒にいるときに聴いたのも、あれはビートルズの曲だったのかもしれない。 ビ....
「アクロス・ザ・ユニバース」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Across the Universe」2007 USA ビートルズのヒット曲をバックにリヴァプールからNYに渡った青年の青春ミュージカル・ドラマ。 ジュードに「ラスベガスをぶっつぶせ/2008」のジム・スタージェス。 ルーシーに「シモーヌ/2002」のエヴァン・レイチェル・ウッド...
アクロス・ザ・ユニバース (レンタルで映画)
 今日は「アクロス・ザ・ユニバース」に行ってきました。ビートルズの曲だけで構成されたミュージカルとして話題ですよね!  でも、ビートルズをあまり聴かずに育ってしまった私・・・もちろん世間並みには知ってるつもりですけど。音楽好きは自認するところなんですが...
『アクロス・ザ・ユニバース』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
原題:ACROSSTHEUNIVERSE監督・原案:ジュリー・テイモア出演:エヴァン・レイチェル・ウッド、ジム・スタージェス、ジョー・アンダーソン、ディナ・ヒュークス鑑賞劇場 : シネカノン有楽町1丁目公式サイトはこちら。<Story>1960年代。リバプールからアメリカ....
アクロス・ザ・ユニバース (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『All You Need Is Love 愛こそはすべて』  コチラの「アクロス・ザ・ユニバース」は、ビートルズの曲だけで構成された8/9公開のミュージカル映画なのですが、やっぱりミュージカル映画好きとしてはハズせません!観て来ちゃいましたよ~♪監督は、「ライオンキン...
アクロス・ザ・ユニバース (eclipse的な独り言)
 この劇場で妻は暗闇の中、階段でこけてしまいました・・・・・しかし、映画の内容は
『アクロス・ザ・ユニバース』 (Sweet*Days**)
監督:ジュリー・テイモア CAST:ジム・スタージェス、エヴァン・レイチェルウッド 他 1960年代、リバプールから父親を捜しにア...
アクロス・ザ・ユニバース (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。ジュリー・テイモア監督。タイトル自体も、ジュード(ジム・スタージェス)とルーシー(エヴァン・レイチェル・ウッド)と主演の2人の名前までビートルズの名曲で固めたビートルズ・ミュージカル。デイナ・ヒュークス、マーティン・ルーサー・マッコイ、ボノ、エ...
「アクロス・ザ・ユニバース」 (或る日の出来事)
待ってました。劇場未公開になるのかとさえ思っていました。(詳しくはこちらを。)
「アクロス・ザ・ユニバース」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2008.8.7 8月9日より公開される「アクロス・ザ・ユニバース」の試写。 監...
アクロス・ザ・ユニバース (映画のメモ帳+α)
アクロス・ザ・ユニバース(2007 アメリカ) 原題   ACROSS THE UNIVERSE    監督   ジュリー・テイモア   原案   ジュリー・テイモア ディック・クレメント       イアン・ラ・フレネ    脚色   ディック・クレメント イアン・ラ・フ...
アクロス・ザ・ユニバース (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
ミュージカルが苦手な人もこんな風に歌がドラマに溶け込んでいれば大丈夫。60年代、リバプール出身の青年ジュードは、父を探して渡った米国でルーシーと恋に落ちる。既成の曲だけを使うジュークボックス・ミュージカルだが、全編をビートルズの名曲で構成する贅沢さ。しか...
『アクロス・ザ・ユニバース』 (マガジンひとり)
Across the Universe@神保町・一ツ橋ホール、ジュリー・テイモア監督(2007年アメリカ) 『ライオンキング』の舞台演出を手がけたことでも知られる『フリーダ』のジュリー・テイモアの新作は、今なお愛されるビートルズの名曲33曲を盛り込んだオリジナル・ミュージカル...
映画「アクロス・ザ・ユニバース」を試写室にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「アクロス・ザ・ユニバース」@映画美学校第一試写室 映画の話 イギリスのリバプールに暮らすジュード(ジム・スタージェス)は、まだ見ぬ父を捜しにアメリカへ。父の働くプリンストン大学へ出向いた彼は、そこで陽気な学生マックス(ジョー・アンダーソン)と出会い...
映画「アクロス・ザ・ユニバース」 (Andre's Review)
across the universe 2007年 アメリカ ジュリー・テイモア監督がビートルズの楽曲33曲を使って撮影したミュージカル映画というだけで、他の情報は何も得ずに、これは絶対に見なければ!と思った作品。 舞台は1960年代。リヴァプールの造船所で働く主人公ジュードは...
映画 『アクロス・ザ・ユニバース』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆全編にわたってビートルズの名曲を使用し、1960年代のアメリカに生きる若者たちの青春を描いた異色ミュージカル。監督は『フリーダ』のジュリー・テイモア。イギリスのリバプールに暮らすジュード(ジム・スタージェス)は、まだ見ぬ父を捜しにアメリカ...
「アクロス・ザ・ユニバース」 (てんびんthe LIFE)
「アクロス・ザ・ユニバース」試写会 九段会館で鑑賞 聞きなれた旋律が心地よく、ほぼビートルズ世代の私としては感動の涙。 実際にビートルズ世代というのは団塊の世代の方々ですか? ただのビートルズ音楽を集めただけの映画だと軽く見すぎていました。 そんな意...
アクロス・ザ・ユニバース (シネマと!)
至福の時間だった。 ラストは「もう終わっちゃうのか」と思ったほど。 ビートルズの33曲を使ったミュージカル映画で、 舞台版「ライオンキング」の演出家である ジュリー・テイモア監督による作品。 リバプールから渡米したジュードが、ルーシーと恋をする「ボー...
アクロス・ザ・ユニバース (あーうぃ だにぇっと)
監督: ジュリー・テイモア キャスト ルーシー☆エヴァン・レイチェル・ウッド ジュード☆ジム・スタージェス マックス☆ジョー・アンダーソン セディ☆デイナ・ヒュークス ジョジョ☆マーティン・ルーサー・マッコイ プルーデンス☆T.V.カーピオ ドクター...
『アクロス・ザ・ユニバース』 (ラムの大通り)
(原題:Across the Universe) ----これってビートルズの曲だけを使って作られたミュージカルなんだよね。 大胆というより、難しそうな気がするけど。 先に曲ありきってわけだし…。 「ぼくもそこが心配だったんだけどね。 だって、歌うのは本人たちとは別の人。 結局は...
『アクロス・ザ・ユニバース』(原題:Across the Universe)~要チェック若手UK俳優~ (潮風のささやき)
観終わった後、心地よい気分に浸りました。いいよね、ハッピーエンド。60年代NYが
アクロス・ザ・ユニバース (I am invincible !)
1960年代。 イギリス、リヴァプールの造船所で働くジュード(ジム・スタージェス)は、アメリカ行きの船での仕事に転職をすると母に告げた。
「アクロス・ザ・ユニバース」  (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 舞台版ミュージカル「ライオンキング」の演出家ジュリー・テイモアが ビートルズのナンバーをモチーフに描きあげたLove&Peaceな青春映画。 60年代のNYを舞台に繰り広げられる群像劇で、とにかく主人公の二人が魅力的。 リバプールで生...
アクロス・ザ・ユニバース☆独り言 (黒猫のうたた寝)
冒頭のGirlから始まる導入で、これははまる!っと確信のようなものを感じちゃった(笑)そう、それは『ムーラン・ルージュ』のプロローグで感じたものと同じなんです。はじめから終りまでビートルズで始まりビートルズで終わる。そして歌ってるのは吹き替えではなく出演者た...
アクロス・ザ・ユニバース (映画を観たよ)
ビートルズの楽曲は馴染みがあります。
111●アクロス・ザ・ユニバース (レザボアCATs)
ビートルズの曲に乗せたミュージカル、かつ、ベタな青春モノ♪狙ったのは『RENT』辺りかな?
アクロス・ザ・ユニバース (maemi's diary)
2本目『アクロス・ザ・ユニバース』 1960年代。リバプールからアメリカへ、ジュードは父親を捜しにやってきた。父親と再会はできたもののそれはジョードが望む形とはいかなかった。しかし気の合う友人マックスと出会う。ジュードはマックスとNYに向かい、セディ...
「 アクロス・ザ・ユニバース」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・レボルーション・スタジオ/監督:ジュリー・テイモア) 「ライオン・キング」でブロードウェイ・ミュージカルに新風を巻き起こした女流演出家、ジュリー・テイモア監督による、
アクロス・ザ・ユニバース (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ビートルズが刻み、映像が魅せるLOVE&PEACE
愛こそが全て (CINECHANの映画感想)
224「アクロス・ザ・ユニバース」(アメリカ)  1960年代、イギリス・リバプールの造船所で働くジュードは、米兵だったという父に会うためアメリカへと渡る。東海岸のプリンストン大学で管理人として働く父に会うことはできたものの、父の戸惑う態度に失望する。...
(22)アクロス・ザ・ユニバース(Across the Universe、米) (はなこのアンテナ@~無知の知)
60年代を駆け抜けた伝説的バンド、ザ・ビートルズの楽曲33曲に乗せて綴られる青春物語。初めに物語ありき、ではなく、既存の曲をつなぎ合わせて物語を紡ぐと言うスタイルは、数年前にロンドン・ウエストエンドで見た舞台ミュージカル『マンマ・ミーア』が記憶に新し...
アクロス・ザ・ユニバース◆ビートルズが紡ぐ普遍のラブストーリー (好きな映画だけ見ていたい)
     「アクロス・ザ・ユニバース」 (2007年・アメリカ) 数年前に劇団四季の「ライオンキング」のオープニングで感じた興奮が、スクリーンによみがえった気がした。ジュリー・テイモアという演出家は、世界の遺産ともいうべきビートルズの楽曲が放つ重みに臆する...
「アクロス・ザ・ユニバース」を鑑賞する (ROCK ANTHOLOGY BLOG)
今日、ようやく観て来ました。 しかも、なんばパークスシネマが出来て、初めて行ったのが今回の映画となりました。 以前からどんな感じの映画館になってるんやろう?とは思ってたけど、なかなか行く機会がなかっただけに、ようやく行けたって感じ。 という事で「アク...
アクロス・ザ・ユニバース ビートルズのメロディーに乗せて~~♪ (銅版画制作の日々)
    何故か?パンフレットの赤がでません(>_<)   9月8日、MOVX京都にて鑑賞。今週末で上映終了なので、急いで観て来ました。音楽劇です。ビートルズのがいいです。でも、私はビートルズ世代ではありません。ビートルズ解散後、彼らの存在を知りました。...
アクロス・ザ・ユニバース ( Art- Mill  あーとみる)
アクロス・ザ・ユニバースHP  http://across-the-universe.jp/ 浜辺で唄う「girl」で幕が開く。陰鬱なスコットランド、リバプールの海。切なく甘いメロディにキューンとのめりこんでしまっ
『アクロス・ザ・ユニバース』 (Gingham Notes)
『アクロス・ザ・ユニバース』を観ました。 1960年代。ジュードはまだ見ぬ父を探しに、イギリスのリバプールからアメリカへ。父との再会は失望するものの、そこで出会ったマックスと意気投合。ジュードはマックスに誘われるまま、ニューヨークへ行くことに。歌手のセデ...
アクロス・ザ・ユニバース (ネタバレ映画館)
人名だけでも楽しめるビートルズ・カバーのミュージカル。
「アクロス・ザ・ユニバース」  Across the Universe (俺の明日はどっちだ)
" Is there anybody going to listen to my story ?  All about the girl who came to stay ? " 小学生5年生のときに友達のお姉さんの影響でその存在を知って以来、中学にかけてビートルズはビーチボーイズとともに大好きなバンドだった。 そして彼らの初期の曲の中...
「アクロス・ザ・ユニバース」 (cocowacoco)
映画 「アクロス・ザ・ユニバース」 ACROSS THE UNIVERSE を観ました           ジュリー・ティモア監督 2007年 アメリカ 映画の最初のシーンでもうノックアウト! 既成の曲(全部ビートルズの曲)の歌詞でよくもこれだけそのシーンに合ったものを探せたも...
アクロス・ザ・ユニバース (スワロが映画を見た)
原題:ACROSS THE UNIVERSE 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:131分 監督:ジュリー・テイモア 原作:―― 脚本:ディック・クレメ...
「アクロス・ザ・ユニバース」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
1960年代、英国リバプールの造船所で働くジュード(ジム・スタージェス)は、米兵だったという まだ見ぬ父に会うため米国へと渡る。しかしプリンストン大学で管理人として働く父親は 存在すら知らなかった息子の訪問に戸惑う。ひょんなことから学生のマックス(ジョー・ア...
「アクロス・ザ・ユニバース」 (シネマ・ワンダーランド)
全編33曲のビートルズ・ナンバーから構成する異色の青春ミュージカル映画「アクロス・ザ・ユニバース」(2007年、米、131分、コロンビア映画配給)。かつて、同じくビートルズのカヴァー曲を取り入れたドラマ、ショーン・ペン主演の「アイ・アム・サム」があった...
アクロス・ザ・ユニバース (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『アクロス・ザ・ユニバース』  (2007) = イギリスのリバプールに暮らすジュード(ジム・スタージェス)は、まだ見ぬ父を捜しにアメリカへ。 父の働くプリンストン大学へ出向いた彼は、そこで陽気な学生マックス(ジョー・アンダーソン)と出会い、意...
映画『アクロス・ザ・ユニバース』を観て (KINTYRE’SDIARY)
72.アクロス・ザ・ユニバース■原題:AcrossTheUniverse■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:131分■字幕:藤澤睦実、鈴木吉昭■鑑賞日:8月16日、新宿バルト9(新宿三丁目)■公式HP:予告編をご覧下さい□監督・原案:ジュリー・テイモア□製作:スザ...