羅布泊通信

活動の予告と報告 http://lopnor.archive661.com/index.html

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

個展「脈絡」@island MEDIUM

2012-01-16 01:06:12 | EXHIBITION
年の瀬のお忙しい時期かと思いますが、個展のお知らせです。

2012年最初の展示は、3331 Arts Chiyoda内にありますisland MEDIUMというギャラリーにて行います個展「脈絡」になります。


齋藤祐平個展「脈絡」
会期:2012/1/26(木)~2/19(日)
会場:island MEDIUM(http://islandjapan.com/)
開場時間:12~19時
休廊日:月・火曜日
オープニングパーティー:会場にて、1/28(土)18時から

師走の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
このたびisland MEDIUMでは、齋藤祐平による個展『脈絡』を開催いたします。

齋藤祐平は絵画を中心とした平面作品を制作しつつ、制作した作品がどのように発表されうるか・鑑賞者の頭の中でイメージがどのように流通しうるかについても留意し、活動を行ってきました。
フリーペーパーの制作、ゴミ捨て場での展示、路上での自作印刷物交換会「Paper Talk」開催、自作の絵を使用したライブパフォーマンス、商店街の空き物件や引越し前/後の空き部屋を使用したギャラリー「場所と出来事」運営、CDジャケットやイベントフライヤーの制作、他作家の展覧会の企画、郵便物リレー転送イベント「COMPO」開催、ライブペイントイベント/展覧会「間欠泉」開催など、その活動は場所やメディアを問わず展開し続けています。
このたびの個展『脈絡』は、齋藤にとって初のホワイトキューブでの個展になります。
いわゆるギャラリーと比べればイレギュラーな空間での展示が多かった齋藤としては、異例とも言える空間での展示になります。
作品は全て新作。
近年多く取り組んでいた複数の絵を構成し1つのインスタレーションとして見せるやり方ではなく、1枚1枚を独立した形で見せる展示になる予定です。
それぞれの絵の中に潜んでいる手の動きや思考の過程・関連性=脈絡をシンプルにご鑑賞いただければと思います。ぜひご高覧ください。


というわけで、自分でもそっかーという感じですが初めてのホワイトキューブでの個展になります。
あまりこういう機会も無いので、インスタレーション的な見せ方はちょっと今回やめにして、1点1点をシンプルに見せるやり方を取ろうと思っています。
準備期間も結構長く取れたので、力の入った個展になりますよ。

フライヤーのデザインは加瀬透君(http://trashmagazine-trashmagazine.blogspot.com/)がやってくれました。
あと、会期中は松下学(http://rad-commons.main.jp/)制作によるパンフレットが配布される予定です。
パンフは、僕の今までの活動などを知らない人にも「なるほど、今までのいろいろな活動があって今回はこういう展示になったわけかー」と伝えられるような内容になる(?)かと思います。

この展覧会は自分にとっていろんな意味で節目になる気がしているので、少しでも僕の絵や活動に興味のある方にはぜひぜひお越しいただきたいです。

よろしくお願いします!


+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

(1/16更新)

展覧会初日まであと10日になりました。

作品はほぼ完成しています。
ギャラリーが天井高3メートルほどあるので、なかなか展示する機会のないような大きめのサイズのものも出します。
結構壁を埋める感じの、ボリュームのある展示になりますよ。

今回はシンプルにここ半年の作業結果を報告するというような展示なので、リラックスして準備を進めることができています。
ぜひ、多くの方々に見に来ていただきたいです。

よろしくお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トークイベント「第四表現主... | トップ | アメリカンスピリットのノベ... »
最近の画像もっと見る

EXHIBITION」カテゴリの最新記事