美容・コスメ・エステ・スキンケアの豆知識

美容・コスメ・エステ・スキンケアなどに関する豆知識をご紹介します。当ブログの記事は転載自由なので、好きにご利用ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エステで人気の足つぼマッサージ

2013年08月29日 00時26分32秒 | エステ
エステで扱われているマッサージコースの中でも足つぼマッサージは利用者が多いようです。足つぼマッサージはリフレクソロジーとも呼ばれ、最近人気のエステメニューになっているようです。足つぼマッサージは着衣のまま受けられるという気軽さや、10分1,000円というリーズナブルな価格でマッサージ受けられることなどが受け、人気があると言われています。1度~数度の施術で足つぼマッサージは受けることができるので、負担に感じずに受けることができます。足つぼマッサージでもみほぐす足の裏は、内臓に直結するツボが多数寄り集まっています。このツボをもみほぐし、適度な刺激を与えることによって血流が促進され、健康効果やリラックス効果が期待されます。中には、精油の香りでリラックスしながらマッサージが受けられるアロママッサージコースもあります。足つぼマッサージとフェイシャルマッサージを一緒に行うようなマッサージコースがあるエステも存在します。足つぼマッサージとは、痛みを伴うものだという印象を持っている人もいます。実際に体験してみた人の感想では、痛みはさほどなくむしろ心地よかったという話を聞くことが多いようです。エステサロンという施設に関心はあるものの金銭的な負担などが気になるという方は、まずはリフレクソロジーのコースを試して雰囲気を体感してみてもいいかもしれません。納得のいくエステ体験をするためにも、足つぼマッサージをエステで利用する場合は、施術内容を前もって確認しておくといいでしょう。

美容・健康グッズをGET♪ 株主優待ランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エステのマッサージで気分転換

2013年08月22日 00時26分53秒 | エステ
精神のリフレッシュにエステのマッサージはどうでしょう。ストレスを一気に取り去るためにも、エステの全身マッサージで心地よい体験をしたいという人は多いようです。マッサージの方法はサロンによってさまざまです。体験できるリラックス感はまさに極上のひとときです。あまりの心地よさに、つい眠ってしまう人もよくいるそうです。マッサージをうけることにより、全身のリンパの流れが良くなります。体内の老廃物が排泄されやすくなり、美肌にも効果があります。指圧とは違いエステでうけるオリジナルのマッサージには、脂肪を燃焼させることによるダイエット効果も望めることが多いそうです。"全身マッサージに代表されるボディトリートメントのコースは、エステによっては安いところで8,000円、高いところで40,000円と店舗によって大きな違いがあることに注意をしてください。"もし定期的にエステに行きたいと思っても、何万円もかかるとなるとためらってしまいます。日頃は節制をしていても、時には自分への贈り物のつもりでエステの全身マッサージを受けてみるのもいいことといえるでしょう。バリ式マッサージやタイ式マッサージなど、海外旅行先で本場のテクニックを経験するのも貴重な体験になるでしょう。いつもよりワンランク上のサービスを受けて、エステのマッサージで心も体もリフレッシュする機会もいいものです。自分に合ったエステのマッサージが見つかれば、疲れたときには最高の癒しを与えてくれることでしょう。

美容・健康グッズをGET♪ 株主優待ランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エステでできるマッサージ

2012年12月27日 22時14分02秒 | エステ
多種多様なコースがエステにはありますが、定番サービスにマッサージがあります。エステに行ってマッサージを受けたことがある人は意外と多いようです。エステの店舗数は近年多くなっています。美顔コースの他にも、全身脱毛やダイエット、マッサージなど色々なコースが存在します。この頃は女性だけでなく男性のエステ利用も多く、年齢も様々のようです。男性用エステサロンも増加しており、様々な状況にある人が各々の理由でエステを利用しています。エステでの人気コースにマッサージがあります。多くの人が利用しており、健康や痩身、心身のリフレッシュなどにも役立ちます。マッサージには様々な方法や手順があり、指圧とはまた別なマッサージ方法があり、部位や方法などはエステによって色々です。名前や表現がエステ毎に差があることもあります。主に顔をマッサージするフェイスマッサージ、アロマオイルを使ってマッサージするアロママッサージがあります。リフレクソロジーという足のつぼを集中的にマッサージする施術もあり、健康促進などに重宝されています。エステサロンによってマッサージの方法は個性があります。中国式、タイ式、バリ式、インド式など、外国の技法を取り入れたマッサージも存在します。マッサージの内容はエステによって全く違っていることが多いので、どのようなエステのマッサージ方法があるのかチェックしてみるのも面白いでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目の下のたるみ改善法

2012年12月13日 23時36分55秒 | 若返り
目の下のたるみが気になってきたら、筋膜ストレッチや、目の周囲の筋肉の血流促進や運動をすることです。普段は滅多に使わない目の下の筋肉が細く弱くなることで、筋肉によって支えられていた脂肪が自重で垂れ下がってしまうのがたるみのようです。筋肉を強化し、脂肪の塊を支えることができればたるみはなくなるわけですが、そのためには運動が大事です。表情筋を鍛え、顔の筋肉を強化することは、目の下のたるみ改善以外にもいい効果がたくさん期待できます。頬肉や顎の肉などを鍛えることにより、小顔効果やフェイスリフトアップ効果も期待できるのです。この頃では、顔の筋肉を鍛えて表情豊かなたるみのない顔になるための書籍が色々あり、家で手軽にできることから多くの人が実践しています。目の下のたるみの改善方法として挙げられるのがエステサロンや医療クリニック、美容クリニックなどの利用です。たるみを取るためのコースは様々で、リンパマッサージによる顔のたるみ解消や、注射やメスを用いて脂肪塊の部分を取り除く手術など、施術内容や価格はとても多くの種類があります。また、肌にハリが出てたるみが目立たなくなる美容液も販売されています。たるみのない目の下になれるかどうかは、根気よくお手入れを続けられるかどうかです。人の体は午後10時~午後2時にかけて新陳代謝を集中的に行うので、その時にぐっすり睡眠を取ることも大事です。体にいい食事と生活をしながら、心も体も快適に過ごせるようにすることが、肌のためにも目の下のたるみのためにもなります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目の下のたるみとクマの関係

2012年12月05日 23時36分24秒 | 若返り
目の下にたるみやクマができてしまうのはどのような理由からでしょう。下まぶたの筋膜が細く弱くなったことや、眼球のまわりについている脂肪細胞が自重で下に引っ張られることがたるみの原因で、たるみ解消はクマ解消と近いといいます。目の下に色素が沈着して、隈取りのように黒く見える場合もあります。脂肪塊が周囲の皮膚と透過性が違うため、光の加減で色素沈着と似たように色味に見えてしまうことがあります。目の下の皮膚は顔の他の部分と違い非常に薄いためその下にある脂肪細胞に光が吸収されて黒く見える傾向があるのです。目の下のクマが皮膚の色素沈着か脂肪塊の光の屈折かを知るには、鏡を見ながら、目の下をそっと動かしてみることです。目の回りに脂肪が多くついている民族がアジアの北方にいて、彼らを祖先にする一部の日本人は脂肪塊が目の周りにあるともいう説も存在します。遺伝によって目の下がたるみやすい人がいるという見方があるというわけなのです。体脂肪は脂肪細胞の分量によって決まりますが、脂肪細胞の数は成人段階で一定数となり増減なくなり、以後は縮小したり肥大化したりで見た目の量が変わるといいます。脂肪細胞を縮小させるため、余分な水分や老廃物を溜め込まないようにしましょう。顔のむくみなどが出ないよう、ミネラルウォーターなどをこまめに摂取する習慣をつけるといいでしょう。たるみのない目の下やクマのない目を得るためにも、ダイエットのようにエクササイズやマッサージで代謝を高め、脂肪を燃やすようにしてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目の下のたるみとは

2012年12月03日 23時34分56秒 | 美容
目の下のたるみは加齢に伴う悩みです。年を取るとそれにつれて肌の状態も変化します。肌はカサカサになってたるみがちになり、シミやシワも増えてきます。肌の加齢効果の1つにたるみがあると言われており、皮膚にたるみが出るとそれだけで年をとって見えるようになります。一般的には加齢現象であるとされているのが目の下のたるみです。人によっては、まだそれほど年を取っていないのに目の下のたるみが目立つという人もいます。眼球がそこそこ大きいという人や、頬骨がひっこんでいるという人は、年を取る前からたるみが目立つようになることがあります。目の下たるみの原因として考えられているのが下瞼の筋肉の衰えとされています。筋肉があれば固定できていたはずの眼球周囲の脂質部分が、これまでの支えを失って自らの重みでたれるというわけです。他にも睡眠不足や過労、肌の乾燥や紫外線によるコラーゲンの減少により肌の弾力や張りが失われることがあります。いくつかの理由から、目の下の皮膚はたるみはじめるのです。たるみが出てしまう芽の周囲の皮膚は非常に薄くてデリケートです。こまめなスキンケアで負担をかけずに蘇らせていきたいものです。顔面の表情筋を鍛えることで目の下のたるみの目立つ皮膚を引き締め、ストレッチやマッサージで肌の血流を改善してたるみ解消に向けて色々なことを実践したいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

顔の若返りとサプリメント

2012年11月15日 00時14分06秒 | 若返り
顔の若返りの為には、いろいろなサプリメントがあります。人体にある成分で、老化を引き起こす活性酸素の働きを抑える効果があるというコエンザイムは、サプリメントとしても人気が高いようです。コエンザイムは、20代をピークにだんだん減少していってしまいます。コエンザイムのサプリメントが若返りなどに重宝されるのは、摂取する物を切り替えても、体でコエンザイムを作る力の衰えを止めることはなかなか難しいためです。顔の若返りにコエンザイムが影響するということは、ヨーロッパやアメリカでは盛んに言われており、利用者もたくさんいます。コエンザイムの存在は、近頃は新聞や雑誌を介して日本でも知られるようになってきました。顔の若返りサプリメントに役立つ成分は、英語で胎盤を意味するプラセンタという成分です。胎盤とは、赤ちゃんがお腹にいる10ヶ月の間、胎児へ栄養を送り続ける物質ですから、生命力にあふれているだろうことは想像に難くありません。プラセンタを確実に体内に取り入れるには注射をする人が多いようですが、サプリメントも活躍しています。お肌の美白や老化対策には、プラセンタの代謝促進作用が効果的だと言われています。注射の場合は、病院などに行って打ってもらうしかありません。サプリメントは肌の状態に合わせて、自分で飲む事が出来るので便利です。顔の若返りをサプリメントでなし遂げたいという場合は、どんな若返りサプリメントが存在しているかをまず突き止めることです。

【おすすめサイト】
愛知県・岐阜県・静岡県・三重県でカーナビ取付店を探すなら「カーナビ★取り付けくん」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

顔の若返り

2012年11月15日 00時11分46秒 | 若返り
顔の若返りについて調べてみました。男性でも女性でも、いつまでも若々しい顔でいたい、若返りたいと思うでしょう。初対面の相手とは第一印象が重要です。その時、お互いの顔を必ず見ることになります。顔を年齢以上に若返らせておくことは、人と会う時に非常に重要なことといえるでしょう。顔の若返りと言って想像するものはなんでしょうか。シミやくまとり、たるみやしわの改善などがあげられると思います。老け顔というとまず真っ先に連想するのがしわやしみですから、しみやしわがなくなればそれだけ若返り効果があることは想像に難くありません。シミやシワに関しては、若い頃はほとんどなかったのに、最近は寒さが増してくるとシミが増えているという人もいるようです。人間、年を重ねると、特に徹夜をしたわけではないのにくまが残るといったことがあるようです。目の下のくまは、皮膚の薄い部分の血流が悪くなったことなどが原因でできます。出産によってホルモンバランスが崩れた場合などは特にシミができやすくなります。たるみは、顔の皮膚の下にある脂肪の塊が年齢と共に減って来るのがたるみの元となります。しわは紫外線の影響や皮膚の乾燥によって起きます。若い頃は形になりにくいですが、ある日いきなり肌に出てきます。それぞれの老化の理由は決定的ではないものの、積もり積もって作用が現れるのです。顔の若返りを実践することは、年を取って見える原因になることを取り除いて肌を老化から守ることとなります。

【おすすめサイト】
尾張旭市・瀬戸市の訪問美容室・訪問理容院『プチヴェール』
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

顔の若返りとプチ整形

2012年11月01日 00時15分32秒 | 若返り
若返りという効果を狙うには、まず整形手術を受けることが広まっています。整形にも色々バリエーションがあります。シミやくすみを取るためのレーザー照射や、シワ取り効果のある成分の注入、フェイスリフトといった方法が、エステサロンなどで盛んに行われています。コエンザイムのサプリメントが若返りなどに重宝されるのは、摂取する物を切り替えても、体でコエンザイムを作る力の衰えを止めることはなかなか難しいためです。ちょっとした整形手術で若返りを行うのがプチ整形の特徴です。ボツリヌス菌やヒアルロン酸などの毒素を顔に注射する事によってしわやたるみをなくしたり、シミをレーザーで消したりするものです。プチ整形のメリットは、施術時間も短く値段も比較的安いものが多い事です。女性が整形を行うことが多いと考えている人もいるようです。ですが、プチ整形は人前に出る機会が多い職業についている男性が、シミやほくろの除去を目的に利用することもあるようです。残念ながら、プチ整形での変化は一時的なものであり、時間が経てば元に戻るという欠点があります。シワ取りに定番のボツリヌス菌由来の薬液がありますが、この効果は3~4ヶ月で消えますので、3ヶ月おきに打たなければしわがまた現れます。プチ整形にはいい点もちゅういしたい点も様々あります。しかし若返りを望む方に対しては効果がありますので、考えてみてはどうでしょう。

【おすすめサイト】
東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県でカーナビ取付店を探すなら「カーナビ★取り付けくん」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫外線ケアのための食事

2012年10月01日 22時24分16秒 | スキンケア
近年は紫外線が影響の度合いを増し、日焼け止めクリームなどの存在が欠かせません。紫外線からお肌を守る方法はいくつかありますが、紫外線ケア効果があるという食材を使うという方法もあります。活性酸素が紫外線の作用によって生成されることで、体内では良くない影響が出ます。外界に存在するウイルスや雑菌が体にダメージを与えようとすると、それを守るためら白血球が活性酸素を作り出します。活性酸素により細胞がさびてしまうと、内臓や皮膚・骨などのあらゆる組織にダメージを与えます。老化やガンや生活習慣病などにつながると言われています。活性酸素を増やさないような食生活で、体を守るといいでしょう。抗酸化作用があり、活性酸素対策になるのはビタミンCです。紫外線ケアのために、ビタミンCは毎日何らかの形で摂取したいものです。ビタミンCは緑茶や果物に存在している他、野菜やイモ類にも存在していますので、毎日何らかの形で食べるようにしてください。効率良くビタミンCを取り入れるためには、スープやサラダがいいでしょう。ビタミンCは水に溶け出し加熱すると壊れるという性質を持ち合わせているためです。抗酸化作用のある栄養素としてはビタミンEがあります。大豆やナッツ、玄米などに豊富に含まれます。脂溶性ビタミンであり、水には溶けませんが油に溶け出す性質があります。酸化してしまったこれらの食品は逆効果になります。なるべく新しいものを摂取するようにしましょう。大事なことは、食べ物の栄養とはバランスが取れて初めて健康にいいということです。リコピンやβカロテンも紫外線対策になりますが、偏重するものではありません。栄養素は過剰でも欠乏していてもいいことはありませんので、体が必要としている栄養をまんべんなく摂取することが健康維持と紫外線ケアには必要です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加