東京シザーハンズ

通算「5万回」カットしてきた知識と経験 外苑前suburbia SHIMAからの独立 日記じゃない美容師ブログ
 

ホームページ完成!

2009-05-04 12:57:51 | チョット聞いてョ!
ホームページリニューアルを着手してから、1年2ヶ月、ようやく完成致しました!

素人発想ながら、伝えたい内容になったと思います。

各ページ更新もマメにしていくつもりですので、今後ともよろしくお願い致します!

代表 石川ヒデノリ

http://www.suburbia-hair.com
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ホームページ制作

2009-02-28 12:23:35 | チョット聞いてョ!


この度は、永らくブログの方をお休みしておりました。

というのも、新しいホームページのデザインを手掛け、そちらに集中していました。

素人ですから、時間がかかるもので、、、。

でも、それも大詰め。3月の中旬には、アップ出来る状態だと思います。

ご期待下さいネ!


でも、ブログはまだチョットだけお休みします。

その分は、是非ともホームページにて、、、。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

トリートメントをオススメしない美容室

2009-01-06 22:07:43 | “ Treatment Treatment ”



  冒頭からいきなりですが、

  ワタシの美容室では、こちらから、“トリートメント”をオススメしていません。

  理由は、明確なデータがあり、且つ、説明は単純です!


さて、今まで、一体何種類のトリートメントを試して来ただろうか?

ボクも髪の毛はオトコにしては長い方なので、新しいトリートメントが出る度に、

自分で実際に試している。今でも随時使用感を追求している。

お客さんにお出しできるかどうかの、「正当なデータ」の為に。


近頃のトリートメントの相場は、¥4,000~¥6、000くらいだろうか?

決して妥当とは言えない金額だからこそ、知ってもらいたい内容である。

  
  「美容室で、トリートメントしたら、どれくらい持ちますか?」

  「美容室で、トリートメントしたら、この傷み、直りますかね?」

よく尋ねられる、こんな質問。

* このテーマはあくまでも、“美容室で行うトリートメント”の現時点での事実であり、

  トリートメントそのものを否定した内容ではありません。

  その他、ホームケア用のトリートメントなど、このテーマでは、取り上げておりません。


では本題です。単刀直入に言うと、

  「トリートメント」でダメージは、完全なる修復、回復、改善はしません。

  通常に効いても、最高に効いても、“それ以上は悪くはならない”程度です。

おそらく、“世界一凄いトリートメント”でもです。まぁ、出会った事はないですが、、、。


説明をすると、こんな感じです。

  まず、髪の毛とは「生きていない細胞」なんです。例えば、「爪」と同じような

  成分構成なのです。

  もしも「爪」が、何かによって、「割れた」と仮定しましょう。

  その「爪」の割れ、何かを付けてみたら、2、3日で治ったっていう経験、

  皆さんありますか?

 

はい、そうですね。そうなんです。まず、ありえないんです。

  割れた爪が何をしても二度と元に戻らないように、残念ながら一度傷んでしまった髪は、

  何かをどんなに付けても、もう二度と、元には戻ることはありません。

もっと言うと、爪も髪も、「死んだタンパク質の“塊り”のようなモノ」なのです。

違うとすれば、「硬さ」や「色」くらいでしょうか。

ここまで、御理解頂けたでしょうか?


それでも、もしも、トリートメントで元に戻ると仮定をするならば、髪の毛の中に「神経」や、

「血液」など、身体中に流れている全ての同じ「器官」が必要になります。

仮にもそんなようになった時には、髪を切った時、計り知れない程の「激痛」を

体験することになるでしょう。


なんかこう書くとチョイとリアルですが、、、。


  でもこれが、髪の毛は「生きている細胞」ではないと断定出来る、唯一の表現です。

  だから、何を付けても、意味が無いトリートメント分の「お金」の無駄使いする前に、
  
  ワタシなりに得た「事実」と「知識」を是非皆さんに提供させて頂けたらと思ったんです!


しかしながら、美容師さんに恨まれそうな内容ナリ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

髪の毛が硬い方、急増中!

2008-12-21 14:06:51 | 本当に聞いて欲しい話


  去年から引き続き、もっと増えるであろう、髪が硬い女性、、。

  そして、どんどん硬くなっているのに、本人が気付きにくいその現象、、。

  だけど、その理由は明確にある。

* この記事はあくまでも、その商品を否定しているのではなく、事実、

  「硬くなりますヨ。」ということを強調しています。


  最近流行過ぎてる、「オイル系」の流さないタイプのトリートメントや、

  オーガニックなシャンプー、コンディショナー類。

  地肌に優しい、ナチュラル成分が売りのシャンプーなど。

これらを同時に使っている人こそ、まさに、『KING OF 硬い髪!!!』

(単品使いは勿論、組み合わせが悪いと、硬さに拍車をかけることになります。)
  

その特徴を説明すると、良くも悪くも、こんな事実がある。

  《 オイル系の流さないタイプのトリートメント 》

①、オイルは内部浸透しづらく、外部に皮膜を張るので、髪の毛をどんどん

  コーティングしていく。

  メイクで例えると、「ファンデーション」みたいな役割をするのです。

②、オイル成分はしっかり洗っても残りやすく、毎日毎日、薄いコーティングを繰り返し、

  より髪の毛は太く、滑りは悪くなる。もともとの髪の「動き」も封じ込められる。

  《 シャンプー類 》
  
①、無添加系のシャンプーは、髪の毛に何もプラスしてくれません。

  その言葉の通り、本当にそのまま、「無添加」です。

  これを「クレンジング」に例えると、取りきって欲しくない「油分」「水分」

  を取るだけ取って、何もしてくれない、そんな感じデス。

②、安価のシャンプーは使っている成分に十分なコストがかかっていない為、

  洗浄力は最も強く、残して欲しい「油分」「水分」を取りきり、更に髪の成分

  である、大切な「タンパク質」まで持って行かれ、また更に、いらない「添加物」

  を残していきます。香りが強いモノは、より添加は強めです。


ザッと説明するとこんな感じです。

ちなみにワタシの美容室は、「柔らかくしたい人、柔らかい人」の為の美容室なので、

これらのモノは使っておりません。(要望があれば、別ですが、、。)

 
  まぁ、誰も「硬い髪」を狙っているわけではないでしょうが、

  やっぱり柔らかい方がイイですネ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WAXを使わない美容室

2008-12-20 22:38:24 | チョット聞いてョ!


   世の中に「WAX」を一度も買ったことのない人っているのだろうか?

  誰しも1個は、買った事があるハズ。

かなり前から思っていましたが、「WAX」って、ボリュームアップの為に付けても、

結局ペシャンコ。結局はベタついて終わり。そんな印象。

午後にはもう、髪の毛を触りたくない感じになる。

ショートとかメンズの髪型なら、もちろん全然アリですけどね。


  ツヤなしのWAX、軽いWAX、とにかく「WAX」と名の付くモノは、最終的に

  「油分」が固まった、固形物的なモノである。


後にも先にもやっぱり髪の毛は、“触りたくなる髪”じゃないとね、特に女性は。


ボクももう長い間美容師してますが、WAXが世に出てから変わった事と言えば、

WAXに使われている 「オイル成分」が良くなって、シャンプーの時に落ちやすくなった

ぐらいだと思います。


   いずれにせよ、ワタシの美容室では最後の仕上げに、WAXは使いません。

   と言うより、WAXが必要になるような「カット」は提供していません。

   (WAXを使うことを前提にしたショートなどは別問題デス。)


だって、“髪の毛を触りたくなる”くらいの方が、絶対イイ女ですからネ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加