【北辰物産D-station】スタッフの声

北辰物産オンライントレードスタッフによるブログ。取引画面の便利な利用方法の紹介など様々な角度から情報発信致します。

東京金4500円台に乗せて上値を伸ばす展開となるか。。。

2017-07-27 17:37:33 | お知らせ

商品先物取引のリスクについて


こんにちは。


昨日の担当者も天気について、書いておりましたが、
7月に入り、暑い日が続いておりましたものの、
関東地方は昨日は雨で、本日は曇りとなっております。

このため、昨日の夜は久々にエアコンを付けず、
就寝できました。
このまま、夜だけでも過ごしやすくなればと願うばかりです。。。

因みに向こう一週間の天気予報をみると、
あまり天気が良くないようですね。
最高気温も30度を超え、蒸し暑い日が続きそうです。
どうせ暑いのなら、カラッと晴れて、暑い方が
夏らしくて良いのですが。。。

今の気候は台風が近づいている影響でしょうか。
まだ、本州には近づいていないようですが、
台風の進路によっては、これから風雨が
強まる可能性がありますので、
注意したいですね。


さて、本日日本時間午前3時に米連邦公開市場委員会(FOMC)の
声明発表があり、政策金利を1.00-1.25%に据え置くことが
決定されました。

FOMC声明の主な内容は以下の通りです。
・政策金利の据え置き
・資産縮小は比較的早期に着手
・物価上昇率は鈍化
・経済は緩やかに拡大
・雇用増は堅調で、失業率は低下


発表直後、ドル建て金は1250ドル近辺から
1252ドル台まで上昇。
更にその後上値を伸ばし、約1ヶ月半ぶりとなる
1260ドルを突破しています。



ドル円相場は、112円近辺から111.70円まで下落。
その後、更に値を切り下げ、111.20円を割り込んでいます。


東京金は、ドル建て金の上昇とドル円の下落で、
「綱引き」となりましたが、ドル建て金高の勢いが勝り、
4480円台後半から4495円まで上昇。



尚、FOMC声明前後の東京金、ドル建て金、ドル円について、
フォーカスを当てたページを公開しておりますので、
ご参照ください。

07/27更新 米連邦公開市場委員会(FOMC)声明はこちら

東京金日中立会も堅調に推移し、夜間立会に入り4500円を
窺う展開となっています。

上記の声明通り、早ければ9月にも資産圧縮に着手する
一方で、物価の見通しについては、これまでの
「目標の2%を幾分下回っている」から
「目標の2%を下回っている」と下方修正され、
インフレ動向に警戒感を示したことで、
利上げ時期の後退観測が強まり、
外為市場でドル安に傾く一方で、ドル建ての金が
買われる展開となっているようです。

東京金は4500円に乗せ、更に上値を伸ばす展開となるのか。。。

また、来週末8月4日には、7月の米雇用統計の発表があります。
重要イベントを控え、今週末から来週にかけて、
金をはじめ、商品市場に注目したいですね。

では、マタ。


【セミナー情報】
8月9日(水)開催
「D-stationで始める 金オプション取引」



【キャンペーン情報】
新規口座開設キャンペーン!


TOCOMリアルトレードコンテスト応援企画!


金オプション取引売買手数料0円!




商品先物 ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

梅雨明けからのジメジメ。。

2017-07-26 18:35:20 | Weblog

商品先物取引のリスクについて


ここ関東ではちょうど一週間前の7月19日に
気象庁から梅雨明け宣言が出されましたが、
その後の天気はというと、どうにも湿った天気が続いており、
本日も朝から結構激しい雨が降っております。

『梅雨明け』には明確な基準は設けられていない為、
7月に入って晴れの日が続けば、気象庁の判断で宣言されますが、
今年のように晴天と激しい雨とをくり返す天気では
なかなか梅雨明け宣言を出すタイミングも難しかったのでは?
と個人的には思っているところです。


とはいえ、7月も残すところあとわずか。
早く夏本番のカラッとした天気が待ち遠しいですが、
週間天気予報では見事に曇りマークが続いており、
本日、早くもフィリピン沖で台風9号が発生したとのことですので、
まだしばらくは「ほんとに梅雨明けしたのか??」といった
天気が続きそうです。


さて、マーケットの方ですが、
本日は重要イベントとして27:00(明日朝3:00)に
「FOMC政策金利」の発表が控えております。

今回は政策金利自体は据え置きが確実視されておりますので、
動きはないかと思いますが、注目されているのは
「資産圧縮の開始時期がどうなるのか?」という点が焦点となっています。

「資産圧縮」とは何か?という方もいらっしゃると思いますので、
簡単に説明させて頂きますと、08年のリーマンショック以後、
アメリカ(FRB)は景気を立て直す為に、米国債を大量に購入することで、
市場にジャブジャブと大量のお金を流通させる施策を取りました。

その甲斐があって、米国の株式市場は08年の金融危機から完全に
脱して現在は史上最高値を更新しております。

NYダウ 月足チャート


かなり大雑把に図式にするとこんな感じでしょうか。
国債の購入⇒国債価格上昇⇒長期金利の低下⇒株式上昇

ところが、FRBの保有資産は国債購入によって
08年の金融危機前は1兆ドルを下回っていましたが、
現在は4兆5千億ドル規模と、およそ4.5倍にも膨らんでおります。
その為、景気も良くなってきたし、そろそろ金利も正常の状態に戻して(引き上げて)
保有資産(米国債)を減らしていこうという流れになっています。

当然、持っている国債を一気に売却なんてすると金利が暴騰して
景気低迷を招く恐れがあるので、そのサジ加減は非常に難しいところです。
ですので、FRBも慎重にならざるを得ませんが、市場では少しでも
今回のFOMCで判断材料が出ないかどうかを見極めたい、というのが
市場参加者の共通認識となっております。

仮に景気の不透明感が強く、資産圧縮開始が遅れるという見方が広がった場合は
当分は長期金利の上昇は見込まれないということからドル安(円高)要因に、
逆に早い時期にとなれば、ドル高要因になるとひとつの判断材料になります。

そういうところも含めて、FRBも分かっているでしょうから、
今回は、はっきりと示してくる可能性は低いかな、と個人的には
見ておりますが、声明により市場がどう判断するのか、注目したいと思います。

それでは、また。


【セミナー情報】

7月27日(木)開催
「移動平均線の基礎から実践まで」


8月9日(水)開催
「D-stationで始める 金オプション取引」



【キャンペーン情報】
新規口座開設キャンペーン!


TOCOMリアルトレードコンテスト応援企画!


金オプション取引売買手数料0円!




商品先物 ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

継続は力なり

2017-07-25 22:30:29 | お知らせ

商品先物取引のリスクについて


実家建て替え中のGです。

解体工事が終わったようで、
敷地内のアスファルトも全て剥がされておりました!
後は家が建つのを待つのみ!!

家を建てるにあたり、
もちろん住宅ローンを組むわけですが、
これを機に加入している生命保険も少し
見直して将来のリスクに備えようと思い、
今日日中保険を見てくれている友人に相談しました。

保険屋さんのブログではないので
詳細は特に書きませんが、今日の話の結論は
次の健康診断でがんばって数値を少しでも改善しよう!!
ってことになりました。

ちなみに直近の健康診断結果で悪い数値が出ている部分は、
腹囲(少し、ほんの少しオーバー)・脂質代謝・肝機能と、
正に生活習慣の乱れが顕著に出ておりまして。。。

5月には100キロランニングも達成しましたが、
いかんせん1回に走る時間の長さを考えるとその分
家族との時間も減るし、むしろ負担していただいていることに
少し申し訳ないなと感じて、先月今月とほぼ継続しておりません。

ただ、何もやらずに食べたいものを食べ、
飲みたいものを飲む生活を過ごしていると、
当然数値は悪化していってしまうので、今日決心しました!

『距離ではなくコツコツ30分ずつランニング』

これなら家族への負担も最小限に抑えられるし、
何より継続的にがんばれそう!!

これが一番大事です。
継続していけば必ずいいことが待っていると信じて頑張ります!!


さて、
継続という言葉に無理やり絡めて、
相場に対しての付き合い方は人それぞれあると思います。

ただ、個人的にはここにも

『継続は力なり』

って通用すると思っております。
一度に大きなお金をかけて運用すれば、
確かに大きな利益を得られることもありますが、
逆に大きな損失を被るリスクも増えるわけです。

長く継続していられれば、
チャンスの回数はその分増えると思います。
そのチャンスに勝負できるかどうかが重要だと思うんです!!

お取引中の皆様、
リスク管理を十分しながら、
長くお取引を継続して頂ければ幸いです。


それではマタ!!


【セミナー情報】

7月27日(木)開催
「移動平均線の基礎から実践まで」


8月9日(水)開催
「D-stationで始める 金オプション取引」



【キャンペーン情報】
新規口座開設キャンペーン!


TOCOMリアルトレードコンテスト応援企画!


金オプション取引売買手数料0円!




商品先物 ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

夏休み突入。気になるガソリン価格は…?

2017-07-25 02:08:32 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



もうじき4歳になる我が家の娘。

今年の5月から習い事としてプールに通わせて
おりまして、日々練習というよりは水遊びに
励んでおります。

そんな習い事も、そろそろ3か月が過ぎようとして
いる今日この頃、自宅での自主練習が日に日に
その激しさを増しております。

今やっている世界水泳にでも出るんですか?
くらいの暴れよう…

自主練習といっても、我が家はプール付きの豪邸では
ございませんので、練習は専ら小さなお風呂場です。

娘をお風呂に入れるのはパパである私の仕事ですから、
自然と自宅でのヘッドコーチに私が任命されたわけで…。

毎晩繰り返される自主練習。
あの狭い浴槽で潜水の見本を見せろとせがむ娘。
3歳児に体力の限界ってのはないのか?
ヘッドコーチはお風呂上がりクタクタです。

普通、お風呂っていうのはその日の疲れを癒す場である
はずなんですが、このところ全く疲れが取れない…
というか、余計に疲れる。

暑さで夏バテというよりは、違うところで体力を持って
いかれているような気がしてなりません。


(オクラでも食べて体力付けないとなぁ…)




こんばんはSSです。
さて、学生の方々は夏休み突入。
お子様のいる家庭では、家族で遠方へドライブなんて予定を
立てられている方もいるかと思います。

新幹線や飛行機で帰省するくらいかなぁという方は、
あまり気になさらないかもしれませんが、お車で遠方に
出かける予定をされている方が気になるのが、ガソリンの
値段ですよね。

一般的には市場の原油価格が、およそ一か月後にガソリンの
小売り価格に反映されてくると言われます。

ですので、今よりも高くなりそうなのか安くなりそうなのか、
直近の原油価格の動向をみることで、ある程度占うことが
できます。

ということで、ここ最近の原油価格を見てみましょう。





6月下旬に42㌦付近まで下落していたNY原油。
その時の価格がちょうど今くらいに反映されているはずなので、
その時点から比べると8月の中旬から下旬にかけては、やや値段
の上昇があるかもしれません。

4月中旬には53㌦台にあった原油価格ですから、ゴールデン
ウィークにお出かけされた時よりも、やや値段は抑えられ
そうでしょうか。

ただ、ガソリン価格は地域によって全然異なりますので、
一概に高くなりそうだとか安くなりそうだとかは言えませんが、
ひとつの目安として、NY原油の価格動向を見てみては如何で
しょうか。



ではまた。




【セミナー情報】

7月27日(木)開催
「移動平均線の基礎から実践まで」


8月9日(水)開催
「D-stationで始める 金オプション取引」



【キャンペーン情報】
新規口座開設キャンペーン!


TOCOMリアルトレードコンテスト応援企画!


金オプション取引売買手数料0円!




商品先物 ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

金相場は来週のFOMC声明に注目!!

2017-07-21 20:34:40 | Weblog

商品先物取引のリスクについて


こんにちは!!!

ホントに連日暑いですね。。。
私は今週の勤務シフトが昼出社なものですから、一番暑くなる
時間での通勤で駅に着くと汗がドッと流れます。。(-_-;)

さて、前回書きましたが家庭菜園を楽しんでいるわけですが、
夏野菜はこの暑さを喜んでいるかのようにスクスク育ち、キュウリや
シシトウの収穫が始まりました!!
キュウリは冷やしてサラダ!
シシトウは素焼きで塩で頂きました!!これが美味しい!(笑)

トマトも赤くなり始めましたのでもうすぐって感じです!

でも、夏バテに効くといわれるオクラの姿が見えてきません。。
ネバネバ食材で夏を乗り切るためにも待ち遠しい。。

ところで、なぜ夏にはネバネバが良いのかご存知ですか?

ネバネバは滋養強壮になるからとか、栄養成分があるからとか
言われます。
でも、調べてみると間違いではないようですが、夏バテに「効く」
程ではないとの実験結果もあるようです。

ただ、ネバネバの正体は、ポリグルタミン酸というものなどで、
これは、うま味の成分であり、おいしさの元なのだとか。。。

また、ネバネバにあるフラクタンというものとが結合すると、
糖たんぱく質の一種である「ムチン」というものになるそうなんですが、
このムチンが大事な役目をしているそうです。

ムチンは人間の体内でも分泌されていて、ムチンによって胃や腸の壁の
粘膜を保護する働きがあり胃の表面が守られているそうなんですが、
夏は胃が弱りがちになるため、ムチンとなるネバネバが夏に良いと
言われる理由の一つのようです。。

浅い調べで得たことですので間違いがあれば申し訳ありませんが、
ネバネバは良いものというのは間違いないようですから、
ネバネバを食べて暑い夏を乗り切りたいと思うところです。

オクラの収穫まちですが。。(笑)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

さて、マーケットはというと。。。。

金相場は、引き続き、狭いレンジでの持ち合い相場が継続していますね。

米国の雇用情勢は良しとしても、消費者物価指数(CPI)や、
小売売上高は市場予想を下回り、引き続き、インフレ指標は鈍いままと
なっているため、米国の年内追加利上げに懐疑的な見方が広がっている
ことや、今週は米上院共和党によるオバマケア改廃への取り組みが頓挫し、
トランプ政策の先行き不透明感が強まっていることは金相場の支援要因と
なってはいるものの、これらの要因はドル円相場を圧迫しているため、
東京金は動き難くなっている印象です。

今日も、米国の経済指標もなければ、金融当局者の講演予定などもはあり
ませんので、静かな週末かも知れませんね。。

注目するのは、来週25-26日開催のFOMCですかね。。
次回は、イエレンFRB議長の会見は予定されていないこともあり、金利
は据え置きが予想されていますが、声明内容には注目が集まりそうです。

前回のタカ派的な声明が維持されるのか、ハト派的へ変化するのかが
注目されそうです。


それでは。。。また!!





【セミナー情報】

7月27日(木)開催
「移動平均線の基礎から実践まで」


8月9日(水)開催
「D-stationで始める 金オプション取引」



【キャンペーン情報】
新規口座開設キャンペーン!


TOCOMリアルトレードコンテスト応援企画!


金オプション取引売買手数料0円!




商品先物 ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

日銀 金融政策の現状維持を決定!!

2017-07-20 17:20:35 | 相場情報

商品先物取引のリスクについて


こんばんは。

毎日暑い日が続きますね。
昨日の担当も言っていましたが、関東は昨年より
10日早い梅雨明けとの事で、これから9月初旬までは、
憂鬱な日々が続きそうです。

♦♢♦〇♦♢♦ ♦♢♦〇♦♢♦ ♦♢♦〇♦♢♦ ♦♢♦〇♦♢♦ ♦♢♦〇♦♢♦


さて、本日は日銀の金融政策決定会合が行われ、
金融政策の現状維持が決定致しました。

また、2%の物価目標達成については、2018年頃から
2019年頃に先送りとなり、発表後、日経平均株価は
上昇しましたが、デフレ脱却や本格的な景気回復には、
まだまだほど遠い印象がありますね。


米国は6月に今年に入ってから2回目の利上げに動き、
ユーロ圏も金融緩和の出口戦略に着手し出している
模様。

主要先進国の中で、依然金融緩和に突き進んでいるのは
日本だけになっており、短期的な金融政策の違いや
将来的な金利差拡大観測からも、本来は円が売られやす
い局面にあると思われます。

しかし、ここに来て再び米トランプ政権の政策運営に対する
不透明感が強い事から、現状はドルの上値も重く、ドル円
はむしろドル売り・円買いが短期的に優勢となっており
ます。



そうした中、今夜はECB理事会が開催されますが、その
結果と理事会後のドラギECB総裁会見内容が、市場の注目を
集めております。

政策金利は現行の0.00%の据え置きが予想されておりますが、
ドラギECB総裁が会見で、具体的な出口戦略やその時期
を示すのかがポイントになりそうです。


また、来週25,26日はFOMCが開催されます。


ここ最近、低調な米経済指標が続いている事やトランプ
政権の政策運営能力に対する懸念から、今回の利上げは
見送りとの見方が大勢を占めておりますが、年内残り
1回の利上げが行われるのか、手掛かりが示されるのか
注目です。

最近、金や白金などが夏枯れムードで、やや値動きが
緩慢になっておりますが、重要イベントの結果次第では、
再び大きく動き出す可能性があるので注意したいですね。


それではまた・・・。


【セミナー情報】

7月27日(木)開催
「移動平均線の基礎から実践まで」


8月9日(水)開催
「D-stationで始める 金オプション取引」



【キャンペーン情報】
新規口座開設キャンペーン!


TOCOMリアルトレードコンテスト応援企画!


金オプション取引売買手数料0円!




商品先物 ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

年に一度?の

2017-07-19 22:30:14 | Weblog

商品先物取引のリスクについて


こんばんは。

本日、関東甲信~四国にかけて梅雨明けが宣言されました。

関東は昨年より10日早い梅雨明けということで
いよいよ夏本番、今以上に厳しい暑さが予想されます。
毎回言っている気がしますが、
しっかりと対策をして猛暑に備えたいですね。


さて、昨日の担当者も触れていましたが、
先週末はお盆ということで墓参りに行ってきました。

今年は久々に一家揃って行けそうだったので
少し距離はあるものの二箇所参ることに。

ついで参りは良くない、という話もありますが
どちらも主目的ならよい、とも聞いたので
後者の説を採用、ということで…

暑い中の移動でくたくたにはなりましたが
年に一回くらいはきちんと行かないとな、と思います。

ちなみに私はずっと関東にいるので7月のお盆にあまり違和感はありませんでした。
ただ、やはりメディアではお盆といえば8月ということが多いので、
幼い頃はあまり深く考えずに
「お盆っていうのは年に二回あるんだなあ」
程度の認識だった記憶があります。
近年普及?しているハロウィンもケルトのお盆と
考えれば年三回ですね(笑)


さてさて話はガラッと変わりまして、帰りに家電量販店に寄ったところ
某ライダーのバイクのプラモデルを発見しました。
特撮系はそれこそ幼い頃にレンタルショップで借りていたくらいで
全然詳しくないのですが、何故か惹かれるものがあり
ついつい買ってしまいました。
手のひらサイズなので塗装が大変そうですが楽しみです。

バイクといえばガソリン、ということで(半ば強引に)
エネルギー市場の方に目を向けてみますと、
今夜は23:30にEIAの週報を控えています。

今朝のAPIの週報では原油は320万バレル減の予想に反して160万バレル増、
逆にガソリンは66万5000バレル減の予想を上回る540万バレル減
となりましたが果たしてどう動くのか、今夜の発表に注目です。

それではまた。


【セミナー情報】

7月27日(木)開催
「移動平均線の基礎から実践まで」


8月9日(水)開催
「D-stationで始める 金オプション取引」



【キャンペーン情報】
新規口座開設キャンペーン!


TOCOMリアルトレードコンテスト応援企画!


金オプション取引売買手数料0円!




商品先物 ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

所変われば・・・。

2017-07-18 23:42:00 | お知らせ

商品先物取引のリスクについて


こんばんわ。

先週末は3連休でしたね。
夏らしく暑い日が続きましたが、
この3連休を利用して、出かけた方も
多かったのではないのでしょうか。

私は妻の実家へ出かけました。
ただ、出かけたといっても大げさな話になります。
というのも、妻の実家は自宅から徒歩5分の距離。
普段でも良く顔を出しているのですが、
今回はお盆ということもあり、
出かけた次第です。

7月のお盆にお盆?と思う方もいらっしゃるかと思います。
「お盆はいつ?」と聞かれたら、多くの人の答えは
「8月」なのではないでしょうか。

実は上司に週末お盆で妻の実家に出かけたという話をしたら、
「7月にお盆をやるの?」といった不思議そうな反応でした。

ということで、お盆の時期について、調べてみたところ、
お盆の時期は、必ずしも8月というわけではないそうです。
地域によっては、7月にお盆の行事を行うところもあるようです。

元々は7月がお盆だったようですが、
お盆の風習の始まりはとても古く、平安時代には
「盂蘭盆」という行事が定着していたそうです。

当時は、お盆の行事を行う7月15日を中心として、
7月13日~16日がお盆の期間でした。
(ここでの7月は旧暦になります。)

明治以降、新暦(太陽暦)が導入されると、
8月に「お盆」というのが、一般的になったそうですが、
今でも旧暦のお盆(7月13~15日)
8月13~16日、8月20日前後など地域によって、
違うようですね。


因みに旧暦のお盆を行っているのは、
東京都(一部地域を除く)、南関東(主に都市部)、
静岡県の一部、函館、金沢旧市街地等だそうです。

私の妻の実家は、南関東の都市部にありますので、
この地域では7月にお盆というのが一般的なようです。

私の実家は長野県は、8月13~16日がお盆ですので、
7月にお盆というのは、結婚するまで知らず、
少々違和感がありましたが、
時代的な背景や地域の風習などを知ると納得できますね。

また、他にも「七夕」が8月に開催する地域もあるなど、
地域によってそれぞれ異なる催事・行事が多く存在するようです。
さすがに全てを調べようとは思いませんが、
歴史的な背景などを聞くと、ちょっと興味が湧いてきますね。


さて、
当社では毎月2回、セミナーを行っております。
概ね相場の見通し、商品先物取引の初心者向けの内容が
中心となっておりますが、
8月9日実施するセミナーは金オプション取引についてです。

8月9日(水)開催
「D-stationで始める 金オプション取引」詳細はこちら↓


オプション取引というと、
「聞いたことはあるけど、どういうものかわからない」
「なんだか難しそう」
「先物取引と何が違うの?」

等のイメージをお持ちかと思います。
興味はあるけど、難しいそうだということで、
中々先に進めず、取引を躊躇っている方も
いらっしゃるかもしれませんね。

今回のセミナーでは、オプション取引の
基本的な仕組み内容を当社のスタッフが
分かりやすく解説致します。
また、当社のオプション取引のシステムについても
ご説明致します。

ということでこの機会にオプション取引について、
学んでみてはいかがでしょうか?

ではまた。



【セミナー情報】

7月27日(木)開催
「移動平均線の基礎から実践まで」




【キャンペーン情報】
新規口座開設キャンペーン!


TOCOMリアルトレードコンテスト応援企画!


金オプション取引売買手数料0円!




商品先物 ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

競争

2017-07-14 20:29:18 | お知らせ

商品先物取引のリスクについて


こんにちは。

よくパソコンに「入っている」というCMで有名なメーカーさんの
新CPUが、本日発売となりました!

※CPUは、中央演算処理装置と呼ばれるもので、
 コンピューターの頭脳に当たる部分です。

このメーカーのCPUで、「Core i」シリーズがあり、
今回の発売もこれにあたります。
この「Core i」という名称に続くのは、
「3」か「5」か「7」の3通りの数字でした。
数字が増えていく毎に高性能として販売されておりまして、
今回、その一番上の7の新しいものが販売されております。

しかし、それだけではありません。
今回は、7の次、新たに「9」が追加されました!
繰り返しますが、数字が増えていく毎に高性能であることを
売りに販売されております。

その分、お値段も高価格!
10万円以上します。CPUだけで!

パソコンパーツには、CPU以外にもマザーボードやメモリ等、
ありますので、各パーツを一からそろえて完成形までもっていくまで、
一体いくらになるのか?

このCPUを求める顧客層は、当然、高性能であることを
求めているのではないでしょうか。
CPUだけで性能の全てが決まるわけではないですから、
他のパーツもいい(お値段のする)パーツをそろえて
いく方が多いのではないかと思います。

一応、念のため付け加えておきますが、弊社の
オンライン先物取引の各ツールを利用をするには、
もっと安いパソコンで十分です。
逆に、今回発売されるCPUは高い能力を発揮する分、
消費電力が他のCPUと比べると多いようですから、
パソコンの購入代金と電気代という諸経費の面で、
黒字を出すには不利か?

よって、今の私には縁のないお話でした。
ただ、現在の高機能とされる技術・性能は、将来販売される
下位のグレードに転用されていくケースがあると思います。
ちょうど自分がパソコンの買い替えを考え出す時に、
よい性能のパソコンに巡り会えればなと思います。

なお、現在、私が使用しているパソコンの中で、
一番低性能なパソコンは、2009年製のCPU(Core 2 Duo)を
利用したパソコンです。
8年前ということで、上記のCore iシリーズより前のものです。
その古いCPUでも問題なく、D-stationやPrestoが利用できております。

ちなみに、このCore i9の発売に噂がありまして、
メーカーの計画では本来もっと後であったようです。
このCPUメーカーは、市場でかなりの販売シェアを占めております。
ただ、他のメーカーで新しいCPUを最近発売しておりまして、
これが、好評で市場シェアを伸ばしてきているようです。
今回、それに対抗して、計画を前倒しして販売したのではないかと
いわれております。
噂の真相はともかく、消費者としては、今回みたいな競争が今後も行われ、
お互いより良い商品が販売されていけばいいなと思いますね。

また、こういう競争は、どの業界にもあるものだと思いますので、
北辰物産が今後もより良いサービスを提供していけるよう、
私も努めていきたいと思います。

それでは、また。

【セミナー情報】

7月27日(木)開催
「移動平均線の基礎から実践まで」


8月9日(水)開催
「D-stationで始める 金オプション取引」


【キャンペーン情報】






商品先物 ブログランキングへ


この記事をはてなブックマークに追加

4年目にして。。。

2017-07-13 23:57:57 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



以前ちょろっと当ブログ上でも書きましたが、
実家を建て替える為、現在古い家を解体しております。

工事は6月19日から始まったんですが、
1ヶ月も経たないうちに建物はほぼ完全に解体されました。
毎週末工事の進捗を見に行っておりますが、
壊し始めるとあっという間ですね。

正直最後に家を出た時は、
かなり色々なものがこみあげて
少し悲しい気持ちになりましたが、
壊したら後は作るしかないんで今は
ワクワクしているという気持ちの方が上回っています。

来年引っ越すので、
今住んでいる場所で過ごすのもあと8ヶ月くらいです。
そんな中、ふと担々麺が食べたいと思いネットで検索してみると、
外観古~めな中華料理店がヒットしました。
今まで目の前はよく通り過ぎているものの、
こういうネットの情報を見ない限り個人的に入ろうとは思わない店構え。

在住4年目にして初めて行ってまいりました!!
頼んだのは四川担々麺!!
ウマッ!!

ひと口スープを口に含んだ瞬間、

『何じゃこりゃあ!?』

と、
何で今までこの店に来なかったんだ。。。
と、今まで拒んでいたことをひたすら後悔。笑
個人的には今まで食べてきた担々麺で一番おいしく感じました!!

人は見た目で決めちゃいけませんが、
お店にも同じことが言えるなと、この4年間で教わった気がします。

おいしいとわかったからにはひたすらリピートしよ(^o^)


さて、
週明け月曜日は『海の日』ですね!
日本のみが祝日の時は毎回のご注意となりますが、
海外市場は通常通り立会が行われる為、休日明け
18日の日中立会寄付きは海外の値動きが一気に反映されます。
想定外の動きになることも想定されますので、
お取引中の方はより一層リスク管理の意識をお持ちいただきたいと思います。

まだ明日1日ありますが、
良い連休をお過ごしくださいませ。


それではマタ!!


【セミナー情報】

7月27日(木)開催
「移動平均線の基礎から実践まで」


8月9日(水)開催
「D-stationで始める 金オプション取引」


【キャンペーン情報】






商品先物 ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加