「若狭の猫たちと初」 のblog

「野良猫から地域の猫へ いのちにやさしいまちづくり」
福井県若狭の地域猫活動 若狭猫ネットです。

黒猫を助けてください(緊急) (K.H)

2017-06-22 01:57:38 | メンバーズページ

川崎猫虐待事件で皆様に大変なご心配をおかけしています。

事件については新聞報道が先になりましたが、ブログでも事件の詳細やお願いを

させていただきたいと思っています。遅れていまして申し訳ありません。

 

こんな状況の時ですが、

緊急の里親さん探し、メンバーさんからのお願いです。

 
サム、今日もやっぱり元気がなくてあまり食べず、腎臓の具合が悪く痩せ細ったマリンが、一回り小さくなってしまったように見えるサムにそっと寄り添う姿を見ると本当に悲しくなります。 本当に無力で悲しいです。

それから、追いうちを掛けるようなことを言って本当に申し訳ありませんが、Jセンターの裏門に、先週から生後1年くらいの黒猫が棄てられているのをご存知でしょうか、、、。Yさんに聞いて確認に行って知りました。
知原さんにも伝えてもらったほうがいいかもしれないと言われていましたが、すぐに、サムがあんなひどいことになってしまって、お伝えすることを躊躇っていたのですが、、、。
かなり痩せ細っていて、喉元から胸元にかけて何かの皮膚炎かと思うのですが毛がごっそりと抜けてしまっています。しばらくは(多分)遺棄した家庭の子どもだと思いますが会いに来ていたような形跡がありましたが、今はもう放置されてしまっていると思います。

場所を動かずにずっと同じ場所にいて、呼ぶと力無く鳴きながら奥の方から出てきてエサを食べますが、最近の高温の気候でもちこたえられないのではないかと心配で、昨日と今日は、お昼休みと夕方と2回様子を見に行って食べさせています。
1度病院に連れていくべきだと思うのですが、せめて皮下点滴でも受けさせると少しは元気になるかと思うのですが、、。
、見た目だけで言うのですが、黒猫は、とてもこの夏の暑さを乗り越えられるような体には見えません。
ただでさえ大変なときに、すみません。

お問い合わせ ☎090-1632-3398

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まりん そしてグレーの兄弟、青い首輪の子 ( K.H )

2017-06-17 01:10:54 | メンバーズページ

今日もマリンに会ってきました。
今日はロイヤルカナンのドライフードに、ちゅーるを少しかけたものを食べてくれました。
ちゅーるも腎臓には良くないのかもしれませんが、、、
今日はクレメジンは出しませんでした。

あと、帰り際に、顔が黒い白黒の子が現れました。もうずっと会えずにいました。
黄緑色の立派な首輪をつけていました。
でも、痩せていて、右目が、目ヤニがたくさん流れ出ていて潰れたようになっていて。
もう薄暗かったのですが、よく見ると目は潰れてはいないようでしたが、よくわかりませんでした。
エサを飛び付くように食べたので、抗生剤もエサに混ぜて飲ませることができました。
心配です。
まだ新しい首輪でしたが、どこか家の中でかってもらえていたような毛並みにも見えず、痩せてお腹を空かせていて、、、
心配なので明日また様子を見に行きます。
会えるといいのですが。

 

Kさん、いつもご連絡ありがとうございます。

Kさんの詳しいご報告のお蔭で行けない日のK町の様子がわかって本当に助かります。

次々に心配事が絶えなくて辛いですね。

特に、何年もそこを離れずに待っている付き合いの長い子がまだ若いのに倒れていく様子など、年々

きつくなってきています。棄てられれ続ける猫に対処できなくなってきていますね。

 

相変わらず猫嫌いの人が多いまち、8年たっても思ったほどに「地域猫」が理解されて

いない、浸透していない。

 猫が増えることを食い止めている、子猫がいなくなった、苦情がなくなったと 市は毎年

報告書を提出するたびに言いますが、それならせめてチラシ一枚でも行政の名で啓発を行ってくれれ

ば地域の人たちの意識はどんなにか変わるのに。環境省のポスターひとつ自費で作り

毎月市に掲示の申請に通わなければならない。

活動の手を止めれば8年前に猫を集中捕獲しなければならなかったまちにまたすぐに戻り

人の心をも傷つける、地域の大きな環境問題なのです。

 

「地域猫」は行政がかかわらないと、単に猫好きが餌を与えてここで猫を飼っているとしか

猫を迷惑に思う人たちには写らないのです。 啓発したくてもその重要性を一番思っている

私達ですが不妊手術と猫の世話でいっぱいいっぱいなのです。どうか力尽きる前に協力?対策

をとってほしい。

 

職場では指導の立場、親が高齢、介護などの年代の人が少人数でやらなければならなくて

ほんとに辛いですね。でも猫達の現状に心を痛めている人は多いはずです。昨日、Yさんと

いう方がK町で声をかけてくださいました。多くの人が少しづつ力を出し合って幸せそうな猫達

に会えて楽しくなる 人も動物も幸せなまちになる  その日まで。 

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

雨の中 4羽が飛び立ちました  ヒナを拾わないで

2017-06-07 14:27:53 | 初の日記

車庫のツバメの雛4羽が今日飛び立ちました。

夜はシャッターを閉めて昼間は犬のメグを車庫に入れてカラスの番をしてもらって

いたのですが、メグが居なくなって、、、

どうしようかと、、ツバメが居る間、車を車庫に入れなかったのですが今年は入れた

ままにしておいたらカラスが来なくなりました。

 

飛び立つ前に板上に4羽ならんでいるところ写真に撮ろうと思ってカメラを取りに行って

いる間に飛んでしまいました。まだ蝶々のような危なっかしい飛び方

今日は雨なのでカラスが居なくて飛び立つにはいい日です。2,3日は巣に戻ってきます。

濡れて体が冷え切らないうちに戻っておいで。

親鳥は車の横を通って餌を運び続けてよく頑張りました。

これから子供たちが一人前に飛べるようになるまで親は一番大変な時です。

 

玄関にも5羽の雛がいます。一つの巣に5羽はきつい、どうか落ちませんように。

車庫でもこの一族のツバメたちがまだこれから卵を産むラッシュが続きます。

今年は何羽飛び立ってくれるか、お盆ごろ子供たちを連れて渡っていく日まで

ハラハラドキドキが続きます。

お願い

一度飛び立ったヒナが地面に落ちてバタバタしていても決して拾わないでくださいね。

近くで親鳥が 頑張って!飛びなさいと見守っているのです。

小さな鳥を保護しても人間の手で育てられるものではないんですね。。

でもまだ飛べないのに巣から落ちていたらしっかり、そっと巣に戻してやってくださいね。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

めいちゃん元気です  (shiba)

2017-06-02 21:08:21 | 里親さんクラブ

ご無沙汰しております。
昼、夜の仕事。また、田んぼの時期で忙しくしてます。 

週に一度か二週に一度しか行けていませんが、たくさんの子達に会える日、

少ししかあえない日があります。

また、時間に余裕がある時に連絡させていただきます。


めいちゃんも元気にしてます。

 

去年の春、Fさんのお家にもらわれためいちゃん。

Fさんに可愛がってもらってちょっとふくふく気味かな?少しダイエットしましょうか??

人懐こくて帰ろうとするとついてくるので辛かったけど

Fさんのお家に行けてとてもかわいがってもらってほんとによかったです。

さつきもあきの、のちせと一緒に元気でいますよ。

Fさん、shibaさん(shibaさんはFさんのご近所です) ありがとうございます。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メグの急死と しま、ナミ、のの そしてマリン、グレーの子・・・辛い日が続きますが (take)

2017-05-29 12:47:28 | メンバーズページ

知原さん、昨日は電話出れなくて申し訳ありませんでした。

悲しいことが続いて辛いでしょうね?

メグちゃんにしても最後は家に帰れたこと、家で最後を迎えられたことが唯一の救いですね。
 
ナミについては、心配でたまらないでしょうけど、後は願うことしかできません。
 
 
 知原さんは、今まで愛してきた多くの動物たちの魂に見守られていると思います。
 
確かに、悲しみは大きいけれど今までもそうであったように立ち直ることができる人です。
 
泣く時は泣いて、喜ぶときは笑う、そういった人生を実践している人として見ています。
 
 
こちらも、現在は地区や業務を優先しておりますが、その中で「理解者」を」探し、人脈を
 
確立してまいります。
 
また、力を身につけてお手伝いさせて頂きますので、共に頑張れるように努力致します。
 
 報告書については、ゆっくりでもいいかと思いますし、また、落ち着かれたら連絡いただ
 
けますか?お願いします。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加