funky days

読書・鑑賞記録&日記

2017年6月の鑑賞メーター

2017年07月08日 | 鑑賞メーター
6月の鑑賞メーター
観たビデオの数:6本
観た鑑賞時間:2777分

エージェント・オブ・シールド シーズン3 COMPLETE BOX [Blu-ray]エージェント・オブ・シールド シーズン3 COMPLETE BOX [Blu-ray]
今シーズンも毎週楽しんで鑑賞した。やっぱり十字架と共に消えるのは、予想通りあの人だったにゃ。それにしてもメイになってる方、50歳越えてるとはとても思えず。なんとかっこいいんだ。
鑑賞日:06月29日 監督:
ゲーム・オブ・スローンズ 第五章: 竜との舞踏 ブルーレイ コンプリート・ボックス (5枚組) [Blu-ray]ゲーム・オブ・スローンズ 第五章: 竜との舞踏 ブルーレイ コンプリート・ボックス (5枚組) [Blu-ray]
父タイウィン殺害後、密かにキングズ・ランディングを脱出したティリオンは、ペントスに着く。ミーリーンでは、デナーリスがドラゴンを幽閉している牢を訪れ、手に負えないほど大きく成長した子どもたちを前に恐れおののく。
一方、黒の城ではジョン・スノウが、自らが七王国の王だと主張するスタニスと、彼に囚われた“壁の向こうの王"マンス・レイダーの狭間で揺れる(Amazon)。。。総帥になったジョン・スノウの活躍が凄かった。死の軍団怖い。ラストにあれれ?今後どうなるの?サンサは?デナーリスは?次早く観たい。
鑑賞日:06月29日 監督:
ゲーム・オブ・スローンズ 第四章:戦乱の嵐-後編- ブルーレイ コンプリート・ボックス (5枚組) [Blu-ray]ゲーム・オブ・スローンズ 第四章:戦乱の嵐-後編- ブルーレイ コンプリート・ボックス (5枚組) [Blu-ray]
先の“ブラック・ウォーターの戦い"で前王の弟スタニス・バラシオンによる襲撃から王都を守ったラニスター家は、スターク家の息の根を止めるため、ロブの叔父の結婚式の最中にロブとキャトリン、ロブの妻らを惨殺。ラニスター家と同等の財力のあるタイレル家を味方につけようと、"王の手"タイウィン・ラニスターが子供たちの政略結婚を次々に決定していった(Amazon)。。。過激なシーンには目を覆いたくなるが、やっぱり面白い。スターク家が主人公のように思うので、特にサンサ・アリアの姉妹の行く末、ジョンの活躍など、目が離せない。
鑑賞日:06月29日 監督:
ゲーム・オブ・スローンズ 第三章: 戦乱の嵐-前編- ブルーレイ コンプリート・ボックス (5枚組) [Blu-ray]ゲーム・オブ・スローンズ 第三章: 戦乱の嵐-前編- ブルーレイ コンプリート・ボックス (5枚組) [Blu-ray]
ジョージ・R・R・マーティンのベストセラー長編小説『氷と炎の歌』第3部「剣嵐の大地」の前半を映像化した第三章においても緊迫した人間関係、
試される忠誠心、そして交錯する過酷な運命が描かれてゆく。ウェスタロス大陸を動かす者たちの熾烈な戦いは決して終わらない(Amazon)。。。久しぶりに続きを観るチャンスができ、第三章の再鑑賞。2年ぶりなので大分忘れてたよ。
鑑賞日:06月23日 監督:
ドクター・ストレンジ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]ドクター・ストレンジ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
天才的な技術を誇るが傲慢な性格だけが欠点の神経外科医スティーブン・ストレンジは、不慮の事故で両手の機能を失い、築いてきたキャリアの全てが崩壊する。手の治療と失われた人生を取り戻すため、あらゆる手段を模索するストレンジは、やがて神秘に満ちた魔術の力へとたどり着く・・・(映画com)。。。ストーリーは簡単。ドクター・ストレンジ物語のエピローグという感じ。高層ビルの大小・右左・斜め・くるくる、どこでもドア、時間の進退の戦闘シーンの映像が楽しかった。ドクター、アクションだらけで常に痛そう。今後楽しみだ。
鑑賞日:06月23日 監督:スコット・デリクソン
暴走機関車 [DVD]暴走機関車 [DVD]
1985年米映画。評価4。。。アラスカの刑務所からマニーとバック、ふたりの凶悪犯が脱獄し、貨物列車に乗り込んだ。しかし発車してまもなく、機関士が心臓発作で急死したために列車は暴走を始めていく。一方、ふたりを追う狂気の刑務所所長(ジョン・P・ライアン)はヘリで列車に乗り移ってきた……(Amazon)。。。巨匠・黒澤明が書いた脚本をもとに「マリアの恋人」のA・コンチャロフスキーが映像化。最初から最後まで目が離せない映画だった。
鑑賞日:06月11日 監督:アンドレイ・コンチャロフスキー

鑑賞メーター
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年6月の読書メーター | トップ | 2017年7月の鑑賞メーター »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鑑賞メーター」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。