花が咲く日まで…

母が脳梗塞になりました…家族と母の毎日の記録

母の笑顔

2016-10-13 10:45:25 | 病気

昨日、夫が休みになったので息子がお昼寝してから母のお見舞いに行きました。

病室に入ると母は寝ていました。
私がオムツの予備などを確かめるため棚をパタパタと開け閉めしていたら母が目を覚ましました。
「あら今、寝てたの。頭も痛くてさ…この頭取り外したいくらい」と母は言いました。
そのあと「〇〇ちゃんは?」と私の息子の名前を言いました。
「今、お昼寝中」と言うと「あらずいぶんと気持ちよく寝てるのね」と言った。

そんなことをしているうちにオムツ替えの人が来て私は廊下に出た。
オムツ替えが終わり部屋に戻ると母はにこにことしていた。

「親子だからすごく似てるって言われたよ。でもあなたは嫌でしょ?私に似てるなんて」と母が笑って言った。
今までうつろでわけわからなかった母とは違って久しぶりに普通な母を見たような気がした。
そんなふうに来た人とも会話ができるようになってよかったと思った。

それから歯みがきがしたいと言うので手伝って歯みがきをさせた。
それから私が自分の歯医者に行った話をしたり、母は入院する前に行ったバーベキューの話をしたりした。

そして私が持っていった息子の写真を「私に似てるわ、きっと小さい頃こんな顔してたと思う。可愛いわ」と言った。

私の息子と母は偶然にも誕生日が同じで顔もとても似ています。
なので、上の兄の小さい頃によく似ていると親戚に言われます。
母は私の息子と自分の息子を重ね合わせて見ているように思うときがあります。
はじめて声を出して兄が笑った日を忘れられないと母はいつも言います。

そんな上の兄からおとといメールで金曜に実家に泊まりに来ないか?と来ました。なんで?と聞くと甥っ子からパワーをもらいたいと言ってました。
母がいなくなり男だけの我が家はとても寂しいのだと思います。
母は本当に明るいからいなくなったら暗いんだと思います。

2番目の兄も来週から本格的に一人暮らしするらしく、その前に泊まりにおいでとのことらしいです。
なので明日は息子と実家へ泊まりに行こうと思います。

そして母と話をして「さぁ帰ろうかな」と言うと、母は私の息子を少しだけ見せてほしいと言いました。
たぶんどこかその辺でお昼寝していると思ってるんでしょう。
「寝てるからダメだよ明日連れてくるから」と言うと、「そう。わかったわ」と少し寂しそうに言った。

部屋を出てくるとき「じゃぁねありがとね いつもありがとね」母は言った。

久しぶりに見る明るい表情にホッとした。
このまま少しずつ回復してくれたらいいなと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 一歩 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。