Parallel life

別世界(MMO)の記録

Kirov

2017年07月13日 | 艦艇
キーロフ(Kirov ソ連 Tire5 巡洋艦)


本来、このキーロフを作るためにソ連ツリーを始めたのだが駆逐艦に浮気していたので遅くなりました。
作ろうと考えた動機は「正面に撃てる主砲の砲門数」ですw

最初は馴染みのある日本巡洋艦を進めて古鷹を作ってC船体に強化。
ここも本当は青葉を目指してたけど古鷹Cで大差がないのとTire6辺りから補給のお金が上がってくると
どこかのサイトで読んだのでお金を溜める為に一旦終了。(終了といっても青葉開発分の経験値はあるけどね)

次にAP弾が強いのと装甲が頑丈なTire5ドイツ巡洋艦ケーニヒスベルクを開発。
確かにAP弾の貫通能力は凄いですが過貫通も多く更にHE弾の火災発生率が低いです。
それと正面に撃てるのが1基×3門(古鷹C 2基×2門)で最大散布界(弾頭のばらける範囲)が大きいので正面に
向かっての攻撃が当たり難い。斜め前方にに後ろの砲台を向ければ良いけどやはり散布界が広いのと
古鷹Cの主砲は203mm AP4700dmgに対してケーニヒスベルクは150mm AP3900dmg
装填時間がケーニヒスベルクが古鷹Cの半分なので火力は↑だけど当たらなければ意味がないので結局は
同じくらいかなって感想でした。(射程もケーニヒスベルクが全然広いけど当たらないのでw)

そこでソ連艦を見たところこんな性能

主砲:180mm×3基×3門(正面 2基×3門) HE2500dmg AP4100dmg 最大散布界126m 装填時間15sec


副砲:100mm×6基×1門 HE1400dmg


魚雷:533mm 2基×3連装 14400dmg 範囲4km


WoWsの武装設定は細かいので今まで作った3隻を比較すると…
・最大散布界:古鷹C 129m ケーニヒス 147m キーロフ 126m
・HE弾火災率:古鷹C 19.0% ケーニヒス 8.0% キーロフ 13.0%
・射程(最大):古鷹C 13.9km ケーニヒス 16.5km キーロフ 16.3km
・HE弾初速:古鷹C 840.0km ケーニヒス 960.0m/s キーロフ 800.0m/s
・AP弾初速:古鷹C 840.0km ケーニヒス 960.0m/s キーロフ 800.0m/s
・装填時間:古鷹C 15.0sec ケーニヒス 7.5sec キーロフ 15.0sec

正直なところ古鷹Cの主砲がぶっとび性能だけど門数が少ないのでバランスが取れているのかな?
最大散布界はキーロフが優秀で長距離攻撃でもばらけないです。(古鷹Cも良いけど射程で負ける)
ケーニヒスは装填時間が早いのでとにかく数で勝負。全砲門を向ければ7.5秒毎に9発撃てます。

わては敵に近づいて魚雷攻撃が苦手で主砲で交戦することが多いからキーロフがバランス的に扱い易いです。
(魚雷は敵艦が近づいた時の保険的な使い方ですね。)
弾の初速も遅いので素直に狙ったところに飛びます。(初速が遅いと低弾道、速いと減速も大きいので山なり)
狙ったとこに飛ぶ=VPが抜きやすいです。

今日の戦績




今日は巡洋艦と交戦してたら島影から戦艦が出てきて慌てて魚雷を撃ち込んだのでダメージが出た感じ。
そのまま相打ちで双方撃沈でしたw(見ての通り格下のTire4が多いのでダメージが伸びた感じ)

魚雷なしの戦績


主砲に徹して魚雷なし縛りでやってみた結果です。


VPをガシガシと抜いているので魚雷なしでも近いダメージが出ています。
撃沈したのは空母だけどHE弾でVPが抜けたりしていました。
そしてなんといっても主砲で遠距離~中距離なので安全w

Coop戦は巡洋艦が駆逐艦を差し置いて接近で魚雷を打ち込む人が多いですw
戦艦とタイマンをやっててもお構いなしで魚雷を撃って当たらなければ特攻して沈める人がいます。

どんだけ必死なんだろうね。
つか何と戦ってるんだろw

あと巡洋艦はアメリカ、イギリス、フランスとあるけどアメリカ、イギリスがTire3、フランスが手付かず。
どちらにしろ沢山船を作ってきてお金がヤバイから後回しになりそうです。

しばらくはTire4,5辺りでマッチ戦も視野に入れて遊んでいます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネタガナイw | トップ | 記録更新 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

艦艇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。