爺のラジオ局 Ⅱ

年金も満額いただける年齢になりました。まだ、仕事をしつつ競技ダンスから園芸など多趣味な生活を送っています。

稲取温泉 (伊豆)

2009年02月18日 | Weblog

前回の続きです。

17人での一泊旅行ですが、泊まったのは稲取温泉でした。

都合で一人だけ行けなかった仲間の「永ちゃん」居ないのは残念ですが・・・。

 

東京駅で待ち合わせをし、スーパービュー踊り子で稲取に向かいました。

出発早々、もう宴会モードにスイッチオンです。

宿に着く頃はほろ酔い気分です。

 

宿に着きくつろぎながら、風呂に入ったりして宴会時間が来るまで過ごしました。

海辺のホテルですので、部屋からの眺望は180度が海になっていました。

 

 

 

この時期の稲取は、アチコチに吊るし雛が飾られていました。

こんな置き雛もありましたよ。

 

 

 

吊るし雛の全体を撮るのは難しいですね。

一枚だけアップしたものをご紹介します。

 

 

 

幹事任せの旅行では、どこへ行くのやら、スケジュールなども良く理解していません。

したがって、泊まったホテル名もよく覚えていません。確か「いなとり荘」だったかな?

 

男性ばかりの宴会ですので、いろいろありましたが、同輩、後輩と酒を酌み交わすのも良いものです。

私が寝付いたのは12時ちょっと前だと思います。(他の方は幹事部屋で2時過ぎまで盛り上がって?いたとか・・・)

 

 

 

床に付く前に一風呂浴びに別館へ向かいました。

浴場までの長い通路です。(幻想的だったのでパチリしました)

 

 

 

いくつか風呂がありましたが、その中の一枚です。

ゆっくりと湯につかり、大きな一息をさせていただきました。

37年の時の速さを感じていました。

 

しかし、風呂場までカメラを持って行くのは、さすが、ブロッカーの証ですね。

けっして、怪しいものではありません。

 

 

 

翌朝(6時半ごろだったかな?)、仲間が寝ている間を抜け出て、最上階の野天風呂に行きました。

少しすると、日の出時刻になりました。

宿のパンフレットに使えるような情景です。

 

日の出、波の音、眺望、温泉・・・。

五感が癒されます。

 

 

 

昼食は下田駅前の食事処でした。(名も覚えていません)

でも、全てが美味しかったですよ。

カメラを構えたら、後輩からブログ用ですか?と声がかかりました。

私は、ただ、にんまりするだけです。

 

 

 

やはり、伊豆の東海岸といえばキンメ鯛の煮付けですね。

これも美味しかったですよ。

下の売店で、パック入りを4つも土産に買いました。(二切れ入っていて1500円です)

 

 

 

あぁ~満腹満腹!

 

酒を酌み交わし、食べて、昔話をして、風呂に3度も入り、全て良しです!

大変、満足のいく旅行会でした。

 

幹事さん、ご苦労様でした。

心から感謝しております。

 

yuki-G

 

最後の追い込みで、ブログをアップするだけで、精一杯なんですよ。本来であれば、みなさんのところへ足跡(コメント)を残さなければと思っていますが、無礼をお許しくださいね。

ジャンル:
我が家
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 河津桜 | トップ | ロンドンから届いたクリスマ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
稲取も下田も・・ (KEN-SAN)
2009-02-18 10:32:19
伊豆という場所自体、よく訪れたところです。
稲取は宿泊してませんが、下田の金目鯛とか
台風シーズンの貸切(時間が遅いから)での温泉。
高波を見ながら湯につかる。1日30分を3回くらい
繰り返しました。伊豆高原に「和村」というリーズナブルな店でお皿から飛び出るほどのエビフライを食べたことを覚えています。(大きさが凄いです)。
稲取温泉 (楽子)
2009-02-18 14:11:30
良いですね~

お風呂場にもカメラ持参とは、
yuki-Gも、やるよね~(笑)

今日は、地震お見舞いありがとうございました~
大きい揺れが少し長く続いたような感じでした・・・
早朝?だったので、
びっくりしましたが
お陰様でたいしたことは
なかったですよ。
いいなぁ・・・ (ippo)
2009-02-18 20:28:50
yukiさん
ご旅行とはいいですねぇ・・・
日常の忙しさの中で
日常を離れ
仲間との語らいあり
美味しいものをいただく
最高ですね。
もう少し、楽しんでくださいね~!

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事