とんかちドリルズ

家作ったり、家具作ったり、図面書いたり、滑ったり。そんなゆるゆる工務店の話し。

4.12TheWall未遂事件

2009-04-13 11:15:04 | Weblog
2009/4/12 pm12:00 一台の車は大きく右にハンドルを切り、そっと伸ばした手でテールランプを付け暗く長いトンネルに消えて行った…。

この話しはノンフィクションです。
「事前にチェックする事はとっても重要だ」と言う物語。

数日前、伊勢までの高速料金を調べたら1000円だった。ついでに相模湖から乗って小出まで調べたらこっちも1000円。

Bowlに入れなくても、ピクニック気分で観戦に行ってみようかな~と。試乗も出来るみたいだし、車泊しながらのんびり家族で行こうと、お砂場セットとソリと雪板乗っけて土曜の夜に飯食って出発。

赤城高原PAで車泊して、朝7:00小出IC降り、恐怖を感じるシルバーラインを抜け奥只見ダムを覗いて奥只見丸山スキー場に到着。
ちょっとのんびりして着替えて歩き出すと、TheWall感が全く無い。イベントやってる感も無い。
あるのはドラゴンのマーク入りの壁だけ。
おや?Bowlはどこだ?

ゲレンデマップを見て初めて「あっ!Bowlは一番上じゃん!」と気が付きました。
試乗は…「あ!それも上か!」

あわわわわわわわわ…。

えぇ、ワタクシてっきりBowlが下の方にあって見えて、んで試乗も下の方でやってるもんだと思って板置いてきましたよ、ズドーンと家にね。
な~に~、やっちまったな!です。

まぁどうにかなるか、と子どもとソリしたり砂場セットで遊んでるとね、今から捻るぞ風な人、明らかに雰囲気の出てる常連さん、greenツアーで見かけた人など色々な方が家族愛を眺め、数人が会釈をし通り過ぎて行きました。gentemstick,indy,replant,outflow,farなど何枚がオレの前をチラチラした事か。
そして何度舌の先まで「板余っていませんか?」と出かかった事か。

考える事数分「あっ!RGBstoreクルーが来てるだろう。ショージ君に連絡とって…」あっ…圏外…。

心はポキッと音をたてて真っ二つに折れました。

下のリフトを呆然と眺める事数十分。ワタクシの前に天使が現れる事はありませんでした。

結局、奥只見まで行って本当にピクニックしてきました。
雪板に2回乗っただけ。

ね、事前にチェックは怠らないようにって話しでしょう?

残ったサングラス焼けが妙に悲しい今日この頃。
ジャンル:
モブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダブルピンテール | トップ | スクエアテール »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (すが)
2009-04-13 11:43:02
あぁ~もぉ~~w 何日か前に連絡ちょ~だいよ!!

奥只見は連絡取りづらいからね~w

あの雰囲気を感じて欲しかったっす!

来年ゼヒ!!
えぇ (とちりタロー)
2009-04-13 15:16:25
えぇ、その感じを味わいたく行ったのですがねぇ。
すがさん、下から呼んでもちっとも来てくんないんだもん。
声の枯れるほど「すがさ~ん、すがさ~ん」と何度呼んだ事か。

道行く人に「すがさん知りませんか?すがさん知りませんか?」って聞いてもみんな「知らないョ」しか言わないし…。

さすがに「圏外」見た時は力抜けましたよ、マジで(笑)
Unknown (よん summer)
2009-04-13 22:26:47
やっちまいましたね~

どんなときも板は積んでおかないと~
フラットキャンバーならそんなかさばらなさそうだし

家族の目があるなら、TTSSあたりでどうでしょう?
まるでフローリング
だれも気づかないはず

僕もこの週末奥只見に以降と思いましたが、ちょっと遠いので田代滑ってきました。
ttss (トチッタロー)
2009-04-13 23:09:43
そりゃ気づかれないわ。
でもね、目で笑ってもツノ出ますよ、嫁の頭から。

いやね、試乗っていったら普通下だと思うじゃんよー。支度大変だぜ、あんなにテント張ってあったりしたらそりゃーもう簡単に歩いて行ける距離だと思うじゃんよー。

先入観は恐ろしい。

Unknown (ショージ)
2009-04-14 13:29:24
下で見れるんだったら、松葉杖でも行ってたよ!
シュミレーションを何度かしたけど、松葉で下ってくるのは無理だった、、、笑

ですよね~。 (うっかりタロベエ)
2009-04-14 15:29:44
雪板でリフトに乗ろうか迷いましたが、降りて来れる自信がなかった…(笑)

嫁は「それにビンディング付ければいいじゃん!」と名案を与えてくれましたが、止めようが無かった…。

体育館風の建物の横で、見えない先をぼぉーっと見つめていた数十分は今でもハッキリ覚えています(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL