Green@Spots&Megatti's Diary

Megattiとその仲間たちとの楽しい日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トルコ・ルノー強し!

2010-06-11 03:14:49 | Weblog

トルコ第三の都市イズミールで撮りました。
トルコ警察のパトカーです。

トルコはEU向け自動車の生産拠点となっており、
ルノーもブルザに工場があります。
(トヨタ、日産、ホンダの日本勢も進出してます)

私もここに来るまで知りませんでしたが、ルノーは
トルコでシェアNo1です。

1位 ルノー
2位 フィアット
3位 フォード
4位 トヨタ
5位 オペル
    (2008年統計)

さらに、Cセグメントの車種別ではメガーヌがダントツです。

1位 メガーヌ  2.2万台
2位 カローラ  1.7万台
3位 Focus    1.4万台
4位 Civic       1.2万台

街で見かけるメガーヌは、セダンタイプが圧倒的に多いです。
ハッチ、CC、SPORTは少数派です。
メガーヌの黄色タクシーに乗ると嬉しくなります。

昨年秋にロシア、ルーマニア、トルコで限定発売された
フルーエンス(中型セダン)も結構見かけます。
→来年発売予定の電気自動車のベース車と言われてます。

現地の人に、日本の話をすると驚かれます。
「じゃあ、なぜおまえはメガーヌに乗ってるんだ?」と。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

トルコ・カッパドキアにて

2010-04-14 02:46:03 | Weblog

トルコにある世界遺産のひとつ、カッパドキアのギョレメ
野外博物館の駐車場で見つけました。

Policeではありません。いわゆる交通警察です。

トルコでは、メガーヌといえばセダンタイプです。
アンカラでもイスタンブールでも結構活躍してます。

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

パリ・ルノーショールームに行ってきました

2009-11-01 18:59:42 | Weblog

仕事でパリに来ました。

週末、ロンドンからユーロスターで移動し、凱旋門近くの
プチホテルに泊まりました。

 

メガーヌオーナーになって初めてのフランス。
お仲間がたくさんいたので、嬉しかったです。
しかし、インクブルーのハッチは、本国でも希少の部類
であることが分かりました。

シルバー系、シトラス系の薄めのカラーと、ブラックが
主流です。

意外にも、新型ではホワイトを見かけました。

  

パトカー、タクシーなどの仕事クルマはプジョー、 
シトロエンが多いんですね。
(確かに、映画のTAXIや、ダビンチコードのパトカーって、
プジョーですもんね)

とはいえ、ベルサティス、アヴァンタイムを結構見かけたので、
さすが、と思いましたが。。。

街はほとんどが石畳で、クルマも「ごろごろ」言いながら
走ってます。
しなやかな足回り、たっぷりのシートストロークは、成程
こういうところがら生まれてるんだな、と感心しました。

そして、今回の目的のひとつである、シャンゼリゼ通りの
ルノーショールーム。

入っていきなり目に飛びこんできたのは、新型MEGANE SPORT。
まだ慣れていないので、じっくり刻み込みました。
日本で購入できるようになったら・・・ヤバイかも。

そして、同じボディー色のCLIO、TWINGOが奥に控えています。
こちらもSPORT。日本にも入ってきますよね。

 

こちらは5と8。往年の名車です。
赤と青。見慣れたイメージカラーです。

  

右がショールーム全景。
2階はカフェレストランになっていて、くつろげるように
なっています。

ミニカーや時計、バッグなどのアクセサリーの販売もやって
ました。

ちなみに、この通りには、MERCEDEZ BENZ、TOYOTA、PEUGEOT、
CITROENのショールームもあり、各社工夫を凝らした展示を
しています。
個人的には、TOYOTAが一番面白かったです。

 

また仕事で来る機会もあるので、次回もまたテーマを決めて
「研究」したいと思います。

おまけ:コンコルド広場の一角で、ファッション誌かブランド品の
    写真撮影をやってました。

有名なモデル?

(追伸)
翌日は仕事でしたが、事務所往復のタクシーはプジョー308SW、
同僚のセールスマンのクルマはModusでした。
運転はできませんでしたが、(仕事はともかく)いい試乗会でした。

Modusの乗り味は、コンパクトカーとは思えないほど重厚で、
フラット。静音対策もよくされており、高速でも静かです。
マニュアルの加速も申し分ない感じでした。
ツインルーフも快適そのものです。
でも、日本には入らないんでしょうね。。。残念

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

CHECK GEARBOX...

2009-04-12 08:21:30 | クルマ

走行34,000キロにして、とうとう出てしまいました。

今週の火曜日、ちょっとした坂道で、アクセルを踏み込んだところ、
足元でドンッとショックが来たと思ったら、「Service」の警告灯と
「CHECK GEARBOX」の表示が・・・

普通に走るのですが、シフトチェンジされません。注:3速ホールド
恐る恐る家まで運転して戻りましたが、一度エンジンを切って
再始動すると、表示も消え、シフトも正常に戻ります。

気になったので、S.B.Tさんに相談しました。

***
私の見解としてはATF(オートマチックフルード)をまず交換して
みるのが良いでしょう。
多分スラッジ(A/T内のゴミ)が溜まりバルブの動きが悪くなって
いると思われます。
それに加えてフルードの劣化も関係しているでしょう。

最初はフラッシングの意味もあり最低でも2回抜き換えることを
おススメします。
それでも全量の1/3程しか抜き変わりません。
全量交換するには最低でも5回ほど抜き換えガ必要です。
それはフルード交換により今回の症状が改善されればこの先
半年又は1年ぐらいのスパンで1回ずつ交換して行けば良い
と思います。
***

と、メールで懇切丁寧なご説明を頂きましたので、お願いする
ことにしました。

週末には作業が完了しました。

油圧制御をチェックした上で、ATFを交換(2回抜き)して
もらいました。
(ついでに、スロットルボディーの清掃と、水温センサーカプラー
点検はサービスで。。。クルマもホイールもぴかぴか
ありがとうございます)

デジカメで撮ったオイルを見せて頂きましたが、見るからに
汚れていました!

ATは夏に酷使することになる、ということで、秋口にもう1回
ATFの交換を薦められました。9月頃に交換します。

しばらく様子見ですが、それでも直らなければ、バルブの交換
ですかね・・・

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

車検終わりました

2008-03-15 01:03:41 | クルマ

先日、3年目の車検が終わりました。

総額143,000円也

ほぼ予算どおりだったので、ほっと安心しました。

車検整備一式             26,250
エンジン及び下廻りスチーム洗浄   2,500
保安確認のための総合検査料     7,000
4輪ブレーキエアー抜き一式      2,300
フロントホイールバランス調整      3,000
エアーエレメント点検、交換       3,060
ACフィルター点検、交換         2,040
右前ウィンカーソケットの交換
右上エンジンマウントの交換
フロントワイパーゴム点検、交換
リヤワイパーゴム点検、交換
A/C内外気切り替えモーターの交換
ラジエータキャップの交換
Fドアインナーハンドルの交換
F左右ドアミラーコーナーカバーの交換
FR左右ドアアウターハンドルの交換
<部品明細>
エンジンオイル 
オイルエレメント    1,080
ドレンパッキン        90
ブレーキオイル     3,000
エアエレメント      2,400
ACフィルター      3,770
ワイパーゴム      3,600
バルブソケット
マウント
アクチュエータ
ラジエータキャップ
ドアハンドル
ドアコーナーカバー
カバードアコーナー
ハンドル
キーシリンダー
インジェクションクリーナー 2,000
エンジンコンディショナー
環境整備費用        2,500

整備小計     64,590
一般消費税     3,229
自賠責保険    22,470
重量税       37,800
印紙代        1,800
代行手数料    12,000
他非課税計       710
諸費用消費税      600
値引き         -199
総合計       143,000

6ヶ月点検をマメに受けていたので、特に大きなトラブルも無く、
比較的いい値段で収まったと思います。

3日間で終わりましたが、代車もルーテシアだったので快適でした。

なお、1-2年の延長保証プランには、たぶん入らないと思います。

 

 


 

 

 

 

コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加