NPO個人ケイ&リルこの世界のために 全日本動物愛護連合 アニマルポリス 動物愛護党

平和と平等と幸福を! 知らないといけない様々な現実と、考えないといけない物語を提供します。命のために、協力してください。

◆皆さんは「骨粗しょう症」の原因が牛乳だということを御存知ですか?モ~飲ませたくない牛乳にさよならだ

2013-12-30 14:01:47 |  ◆◇トップページ◇◆ 見てね♪

モ~飲ませたくない!牛乳にさよならだ! 2013. 5. 25 in 神戸 (ロングバージョン)

http://youtu.be/M9zqNc-bw3Q


★ありがとうございました◎牛乳にさよならだ!5・25レポート★
http://ameblo.jp/vivihappieta/entry-11538758588.html


「モ~飲ませたくない!牛乳にさよならだ!5・25」は大盛況でしたね!


次回日程:2013年6月30日(日)

時間:14時30分 集合・挨拶・集会開始
(デモ行進前に、簡単な説明や情報交換会をしたいと思います。)
    15時30分 デモ出発 ~ 17時頃解散予定

*予定変更の可能性がありますので、参加予定の方は事前連絡をお願いします。
 with.all.animals@gmail.com

集合/解散場所:神戸三宮 花時計前(神戸市役所のすぐ近く)




●Facebookをやってる人はイベントページで参加表明してください。
 http://www.facebook.com/events/113918138817964/



牛乳や乳製品が、様々ながんをはじめ、動脈硬化、糖尿病、白内障、骨粗鬆症、アレルギー、アトピー、花粉症など、重大な疾患を引き起こす原因となる事が明らかになっています。
東日本大震災、原発放射能、警戒区域の壮絶な様子でも分かるように、乳牛と呼ばれる動物の一生も悲惨なものです。
これらの病気を予防するため、牛乳・乳製品は摂取しない方が良い。
自分自身と子供の健康を守るのは、あなたの正しい知識と行動です。





◆皆さんは「骨粗しょう症」の原因が牛乳だということを、御存知ですか?

実は「骨粗しょう症」の原因は牛乳なのです。
この事実が知らされないばかりか、全く正反対の宣伝がいまだにマスコミに踊っています。
日本やアメリカで25万人以上の胃や腸を調べ研究して、世界的に有名なアメリカのアルパート・アインシュタイン医科大学の新谷弘実教授や、宮崎大学教育学部の島田彰夫教授など多数の研究者や臨床家が、昔から牛乳の害についての警告を発し続けてきました。
歴史的に「骨粗しょう症」が多かったのは、スカンジナビア半島の人たちや遊牧民の人たち、エスキモーの人たちなどです。
気候が厳しく農耕が栄えなかった地域の人たちが栄養を補う意味で乳を飲み、それによって骨粗しょう症を発症させてきました。

4~50年前の日本に「骨粗しょう症」のお年寄りが何人いたでしょうか?
おそらく「骨粗しょう症」という病名自体を聞いたことのある人はほとんどいないのではないでしょうか。
一昔前のお年寄りは、牛乳も乳製品も、ましてカルシウム剤もとっていないのに骨が丈夫だったのです。
今、子供たちは毎日給食で牛乳を飲んでいます。
にもかかわらず20代の女性の骨密度は40~50代の骨密度、という人が多いといわれています。
何倍ものカルシウムをとっていながら骨がもろい、これはどういうことでしょうか?

牛乳を飲むと血液中のカルシウムが急激に上昇します。
人体は体内のバランスを保つために余剰のカルシウムを体外に排出しようとします。
この際、カルシウムだけでなくその他様々な栄養素も一緒に排出され、これが「骨粗しょう症の原因」となるのです。

人間や牛の赤ちゃんがどうしてお母さんの乳を飲むのでしょうか?
それは大人のものをまだ食べられないからです。
牛に限らずすべての哺乳動物は、ものが食べられるようになるまでお母さんの乳を飲みます。
離乳期を過ぎて乳を飲み続ける生物はいません。
乳は赤ちゃんのためにあるのです。
そして牛の乳は牛の赤ちゃんのためだけにあり、人間の赤ちゃんは人間の乳を飲んで育つようになっているのです。

牛乳や乳製品は、健康や栄養のためではなく、強制され、思い込みから習慣づけられている嗜好品なのです。


最近の子どもや若者は、確かに体格は大きくなった反面、明らかに体質は劣化しつつある。
それは、糖尿病をはじめとした成人病の増加および低年齢化、気管支喘息・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・滲出性中耳炎・アレルギー性結膜炎といったアレルギー疾患の増加をみても明らかである。

ポテトチップス、ケーキ、ドーナツ、コーラにサイダー、毎日好きなだけ食べたり飲んだりしていても体の見た目は大きくなるでしょう。





◆じゃあカルシウムはどうやってとればいいの?

よく聞く言葉ですが、この言葉には大きな間違いがあるのがお分かりでしょうか?
そもそも牛乳や乳製品から必要な栄養をとっているわけではないので、もしあなたが健康なのだとすれば、たくさんの自然な食物から必要な栄養をすでにとっているのです。



人間と同じ霊長類のオランウータンやチンパンジーの生活を見て、同じように、「カルシウムはどうやってとってるの?」と考えてみてください。

 


私たちは、自分たちの大切な身体について、健康や正しい食生活について、真剣に考えた事がありませんでした。

どの食品にどれだけカルシウムの量があるかなどは教わってきましたが、食品ではなく食物そのものが身体に必要だと言う事は教わってきませんでした。
動物はみんな、生きたままの丸ごとの栄養が身体に必要だと知っています。



カルシウムの量だけで健康を考えると、インスタントラーメンが骨を強くする健康な食品だと言う事になってしまいます。




◆牛乳には母乳の3倍ものタンパク質が含まれています。その主成分(87%)はカゼインです。

カゼインは粘着力の強いにかわ状のタンパク質で、食物アレルギーを引き起こす筆頭にあげられる強烈なアレルゲン(体に異常な反応を起こさせる物質)です。

その強烈な粘着力のため、カゼインは木工用の接着剤にも用いられていますが、消化器官で分解できないもの(プリン状の固体)を形成して腸壁にへばりつき、栄養の吸収を著しく妨害します。

その結果、栄養が十分にとれないため、食べすぎ、肥満、貧血、疲労感や無気力感などが生じます。
一方母乳のタンパク質の主成分はアルプミンで、形成される凝乳(白いかたまり)は非常に小さくて軟らかいため、赤ちゃんでもたやすく消化できる性質のものです。

カゼインは消化器系ばかりか、甲状腺(喉頭の前下部、器官の両側)や呼吸器系に致命的なダメージを与えることになります。

カゼインが未消化のまま腸壁から吸収されてしまうと、体はこの異物に対して免疫反応を起こし、アレルギーの原因ともなるスタミンが形成され、それに続いてほかのどんなものよりも多く粘液が製造されることになります。
このネバネバした粘液は、呼吸器官のデリケートな粘膜の内側を覆い、詰まらせ、体の排泄機能に莫大な負担をかけ、種々のアレルギー症状を引き起こすなど、体内に有害な影響を与えます。

また、日米問わず幼児の再発性中耳炎も急激に増え、耳鼻科が大繁盛しています。
これも乳タンパクが引き起こすアレルギーで、アメリカでは6歳以下の子供の40%を悩ませています。
牛乳や乳製品をとらない子供達には、このような痛ましい現象はまったく見られません。


アメリカの医師チャールズ・アットウッド博士は、小児科医になって以来35年間、喘息患者にはどんな治療よりもまず牛乳、乳製品をとらないことをすすめていて、
「牛乳と乳製品の摂取をやめてみると、信じられないようなことが起こる」と言っています。

博士自信、子供の頃から慢性のひどい喘息に悩まされていましたが、大学入学後に牛乳の摂取をやめたとたん、発作から開放される、という思いもよらない体験をしているからです。

牛乳や乳製品が引き起こしているトラブルは、私たちが気づいていないところでたくさん起きています。
でもそれは、牛乳や乳製品に対して起こる反応が、摂取して12~15時間もあとになってから起こるので、牛乳の悪影響に気が付きにくいからです。

しかし、牛乳と乳製品のすべてを食事から1週間排除するだけで、ほとんどの人がその違いに気がつきます。

たとえば、鼻の通りが良くなる、花粉症が消える、よく眠れるようになる、慢性の疲れがなくなる、エネルギッシュになる、排便がよくなる、頭に靄(もや)のようなものがかかっていたのがなくなり、考えがはっきりしてくる、筋肉や骨の痛み、腰痛から解放される、などの変化を体験し、人生が変わります。





なぜ「牛乳」は体に悪いのか ―医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害 (プレミア健康選書)
本来、子牛の飲み物である牛乳は、アレルギー、下痢、胃けいれん、虫歯、虫垂炎を引き起こす。
あるいは、心筋梗塞、脳卒中、がんのリスクを高める――。
医学界、酪農・乳業界のタブーに挑戦し、米国で読み継がれているロングセラーの日本版。

以前は「完全栄養食品」と呼ばれ、体によいとされてきた牛乳。しかし、研究がすすみ、
医療の現場でわかってきたことは、牛乳は体によくないという現実であった。
「牛乳の糖質は、消化器症状を引き起こす」
「牛乳のたんぱく質は、アレルギー体質をつくりやすい」
「牛乳の脂質は、心筋梗塞、脳卒中、がんのリスクを高める」
「カルシウム源として不適切」など、
さまざまな健康被害の実態が明らかになってきた。
アメリカ医学界の権威がこの驚くべき事実をひとつずつ、やさしく解説している。

本書の最終章で、以下のように結ばれている。
「全国民の牛乳の健康被害についてしっかり教育を受けるとき、
牛乳を飲むのは子牛だけになるでしょう。
牛乳というのは、あくまで子牛のための飲み物ですから」

牛乳を飲むのは体によいと信じている方はぜひ一読してほしい一冊。

 



「牛乳」という神話の正体
http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/827c38e6c6741158849f0c689bd7bd49

牛乳の中身の真実
http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/b7419f7aaacebd69396f1182bbc2d637

牛乳を信じるな 例えば、赤ちゃんに牛乳を注射するとすぐに死んでしまうと言う事実。
http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/d0dc119fef663fc68b1f61cc1d1006d6

「動物性タンパクは最も良質なタンパク質である」という仮説は打ち砕かれた。なぜ正しい情報が発信されないのか
http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/bd072d6c21f66edc352aaaf1f4dd737d

花粉症にも1年に2度ひどく悩まされたものだったが、乳製品をやめると同時に、それらは徐々におさまっていった
http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/2ba40bb1eb894f2414861f0ef3c491ea

『牛乳には危険がいっぱい?』
http://t.co/kgONOfGQf8

「絶えずガンの発生・増殖を強力に促進させるものの存在」牛乳のタンパク質の87%を構成しているカゼインだった
http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/fa945f83730780471c5ade5d930138ee

接着剤に用いられるカゼインの弊害
http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/8d30cf71d4ea2207d837cbce2e8bb457

mixiコミュニティ 飲ませてはイケナイ!牛乳
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5934614




産業のために使い捨てにされる動物たち





乳を出すためだけの身体に作りかえられる


牛乳のためだけに閉じ込められ生かされている





『牛乳拒否』 注射もしない薬も出さないその小児科には毎日全国から大勢のお母さん達でいっぱいだそうです
http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/0a76230fcc80a6431d10bda1be5b4fcf

『世界がもし100 人の村だったら3 - たべもの編』
http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/ef7105faffc08285b07f8b63ac2a1d0e

『世界がもし100 人の村だったら4 - 子ども編』
http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/2ba64501a23c4c8743a25a6f21feeb99

【アミノ酸の正体とは?】恐怖の化学調味料
http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/4f31c824bebabc2ccb1e97fcf983aea5



乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか
世界15か国で翻訳された、400万部のベストセラー。
乳がん発症 → 乳房切除 → 5年後に転移 → 2週間後に再々転移 → 放射線療法 → リンパ節に3度目の転移 → 放射線による卵巣摘除 → リンパ節に再度、鶏卵半分ほどの大きさのがん発症 → 牛乳・乳製品・乳牛肉の摂取をやめる → リンパ節のがんが小さくなり消滅 → 15年間一度も再発なし。
……以上が、42歳で乳がんになったプラント教授の乳がんの歩みである。たたいても、たたいても、消えないがんにおびえながら、プラント教授は、自分がなぜ乳がんになったのかを調べ始める。
プラント教授は、最初に乳がんになったあと、ブリストル・ダイエットという有名ながんの食事療法を取り入れた。これは、油・動物性食品・塩分・カフェインなどをとらず、野菜や果物、ヨーグルトなどを多くとるという食事療法であった。しかし再発! 余命は長くないと、医者からも告げられる。……愕然とするプラント教授は、それでもあきらめなかった。学術論文を読みあさり、まさに命がけで研究を続ける。そしてついに、プラント教授は乳がんの真犯人を探り当てた。それから15年。プラント教授の乳がんは一度も再発していない。
プラント教授が本書でその研究を発表したとき、多くの科学者がこれを批判した。だが、一人としてプラント教授の説をくつがえすことはできなかった。やがてプラント教授は、医学の発展に貢献したとして英国王立医学協会の終身会員となる。そしてもちろん、いまも元気で活躍を続けている。
──私が乳がんになる2年前に、このような本が出ていたら、私が乳がんになることはなかったであろう。──ジェイン・プラント。







◆牛乳や乳製品の味が好きな人でも代わりのものがたくさんありますよ。
スーパーとかの方が安かったりします。
ふくれん 九州産ふくゆたか大豆 成分無調整豆乳1L紙パック×12(6×2)本入

マルサン 有機豆乳無調整 1L×6本

「紀文豆乳」詰め合わせ200ml 12種類24本

紀文 おいしい無調整豆乳 1000ml 12本セット(6本×2) 常温保存可能

発酵豆乳マーガリン 160g

発酵豆乳マーガリン 160g価格:331円(税込、送料別)



豆乳アイス ソイ(詰め合わせ)

豆乳アイス ソイ(詰め合わせ)価格:2,000円(税込、送料別)




 

モ~飲ませたくない!牛乳にさよならだ!5・25

日程:2013年5月25日(土)

時間:14時30分 集合・挨拶・集会開始
(デモ行進前に、簡単な説明や情報交換会をしたいと思います。)
    15時30分 デモ出発 ~ 17時頃解散予定

*予定変更の可能性がありますので、参加予定の方は事前連絡をお願いします。
 with.all.animals@gmail.com

集合/解散場所:神戸三宮 花時計前(神戸市役所のすぐ近く)








2013/5/2
2013/5/27


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「おい中嶋、お前のランドセ... | トップ | 鶏だってなつくし。ぜったい... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (Unknown)
2013-06-09 12:04:00
農水省、ALIC、J-MILKの役人体質と消費者の牛乳への盲信に辟易しているものです。

このような活動は牛乳の日(6月1日)にぶつけたら良いと思います。
また、単に健康に良くない点を強調するのでは一般的な理解を得づらいと思います。牛乳利権の構造を解き明かし、利権を守るために国民に牛乳の必要性を啓蒙(洗脳)していることを訴求することで広く共感を得られるようになるのではないかと思います。

HPなどでの活動で一般に訴求するのも良いですが
・マスコミ各社へのリリース発信
・大手メディア前でのデモ行進
などで、マスコミに牛乳の問題への認知を植え付け、理解を得ることが地道ながらも活動を大きくさせる方法だと思います。

今後益々のご活躍を祈念いたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。