なすがままに

あくせく生きるのはもう沢山、何があってもゆっくり時の流れに身をまかせ、なすがままに生きよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高倉健のお母さんも頭の低い人だった

2014-11-19 13:38:30 | 昭和
 我が郷土の星「高倉健さん」が亡くなった。テレビ各社では異例の特番を組んで健さんの事を報じている。いかに「健さん」が偉大な人だったんだと改めて感じた。
 今から約30年位前に僕の知り合いの宅急便のドライバーは八幡西区の香月地区の荷物の集配をやっていた。香月にはその当時「健さん」のお母さんが住んでいた地区である。
その家に毎月定期的に届く荷物があった。荷物の依頼主は「小田剛一」つまり、高倉健さんだった。荷物を手渡すときに健さんのお母さんは「いつも 剛一がお世話になります。とふかぶかと頭をさげて荷物を受け取ると言う話をよく聞かされた。毎日各家庭に何十個もの荷物を届ける彼が言うのには「あれほど感謝して荷物を受け取る人は小田さんだけ」。
昨日健さんの訃報を聞いて30年前の知人の言葉を思い出した。この母にしてこの子あり健さんの実直で礼儀正しい人柄はお母さんから受け継がれたのだと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青空が欲しい

2014-06-12 03:19:24 | 昭和

 福岡地方は入梅したものの雨は殆ど降らない。もしかしたら、その反動で梅雨末期に大雨になるんじゃないかと心配だ。ここ数年空を見上げておもうのだが、遠くの山の稜線が白く霞んではっきりと山の稜線を見たためしがない、遠賀郡は高い建物や高層マンションがないので皿倉山や福知山そして、若松の石峰山まで360度の山の稜線を見ることができる。原因はPM2.5のせいだ、それに、黄砂が混じると視界はますます悪くなって来る。自宅の二階からは天気のよい日は皿倉や福地山の山頂まで見ることできるのに、最後に見たのはいつのことなのか記憶にない。空を見るたびにイライラしてくる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グーグルのストリートビューがすごい

2014-06-11 15:00:18 | 昭和
最近グーグルのストリートビューが殆ど全国をカバーしている。ちなみに、僕の自宅も住所と番地を入力すればすぐ見れる。確か、つい最近までは番外だったはずだ。ちなみに僕の故郷であるいちき串木野市の東シナ海に面した狭い坂道の途中のある本家の墓地を入力したら、なんと、その墓が写っているではないか。墓碑銘はぼかしているが墓の形や石の色から我家の墓とすぐに分かった。こんな場所にもグーグル車が来て撮影したのだ、すごいと思った、これから命日はこの画面を開いてお墓参りもできる、往復数万円の交通費も不要だ。本当にすごい事だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花菖蒲が満開

2014-06-09 17:28:57 | 昭和

 戸畑の夜宮公園に行ってきた。花菖蒲が満開だとテレビで言っていたので午後から戸畑に向かった。戸畑に住んでいた頃は夜宮公園へ続く道は中学・高校の通学路だった。あの頃の夜宮池は単なるどぶ池だった、それが今ではこの時期になると市内外からたくさんの見物客を集めるほど花菖蒲で有名な公園になってしまった、行政と市民の努力の賜物だと思う。母親が亡くなって2年余り戸畑の地を訪れる事は殆どない。帰りに以前住んでいた住宅の前に車を走らせた。「時々は花菖蒲にかこつけて戸畑に帰って来い」と母親の声が聞こえた。そして、母親の霊に向かって手を合わせている自分に気がついた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ASKAの事

2014-05-17 14:41:55 | 昭和
 ASKAが覚せい剤不法所持で逮捕された。昨年からそういう噂が飛び交っていたので「やっぱりか」という思いである。実は僕の家内がASKAのフアンだった、いつしかASKAファン同士のグループで情報のやり取りをするようになった。その時、ASUKAの隠れ別荘が岡垣にあるらしいという情報を手に入れてきた。場所は岡垣の成田山不動寺を過ぎた湯川山にあるマンションがそれだと言うのだ。当時7人乗りのSUVを所有していた僕に家内が友達も一緒に乗せてその場所に連れていって欲しいというのだ。それならばと僕は家内とその友達を乗せて湯川山を目指した。成田山は初詣で時々いくのだが、それから先の道は初めての道路だった。道はだんだんせまくなるしアメリカ製の大型SUVなので対向車が来たらアウトだ。そんな不安にかられながもそのマンションまで辿りついた。なるほど、芸能人がお忍びで来るには格好の場所だ、静かな山林、きれいな空気、そして眼下には玄界灘が一望できる。もちろん一般の人が足を踏み込めるようなロケーションではない。やっぱりこの場所に違いないと確信した、車を降りて7人の男女は付近を散策するがマンションの立ち入りは部外者立ち入り禁止の張り紙があるので建物内の進入は出来ない。マンションを背景に記念写真をとりあったり、車の中で飲み物など飲みながら待つこと一時間。その間その建物への人の出入りは一人もなかった。「涼ちゃんは今頃東京だよ、あきらめて帰ろうよ」と言うとみんなうなずいた。ASUKAの隠れ家が分かっただけでみんな満足だったのだ。あれから、17年あの建物はまだあるのだろうか、もし、あっても2度と行きたくない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6時間の寿命

2014-05-15 16:27:30 | 昭和
 昭和27年4月弟が生まれた。難産だったらしいが、とにかくこの世に生を受けることができた。そのとき僕は4歳。父と話して、名前まで決めていた。男だったら「節雄」女だったら「節子」。その前の年、近所の子供達と鹿児島本線の踏み切りを渡り終えない最後の女の子が列車にはねられ死んだ。その子の名前が「節子」だった。父に連れられて母の入院する病室に入った。そこに、赤ちゃんはいなかった。生まれて6時間後に亡くなったからだ。髪の毛がふさふさした顔立ちのいい子だったと父から話を聞いた。今から60年前の出来事だが病室の光景と、火葬場帰りに遺骨を抱いた父と僕が小倉駅前の平和通りをとぼとぼ歩いている姿を何故か鮮明に覚えている。我が家のお墓には○○節雄・夭折当歳と刻まれている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

38年前にタイムスリップ

2014-05-15 14:12:16 | 昭和
 この間数年ぶりに黒崎の街へ行った。商店街はあい変わらず閑散としており、この街の復興はもうないのかも知れないと思った。わが青春の表舞台であり、キラキラ輝いていた当時の黒崎の街が懐かしい。僕が当時勤めていたK無線の前で立ち止まった。この店舗のシャッターが下されて久しい、その前は大手の不動産会社の店舗が入居していたが別の場所に移転してから空き店舗になったままなのだ。
今から38年前のオーデイオブーム全盛期には九州で唯一の専門店として飛ぶ鳥を落とす勢いで成長していた、仕事の喜びを教えてくれたのもK無線だった、現在の家内と知り会ったのもこの店の前だった。「このシャッターを開けたら38年前にタイムスリップ出来ないかな」とそんな嬉しい空想をしてみた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3年ぶりの更新

2014-05-13 14:51:29 | 昭和
久々に自分のブログを読み直して、懐かしい気持ちになった。そして、この空白の3年間を思った。一昨年には母を亡くし(92歳)、その半年後には伯父が死去したこと。そして、その2カ月後には自分自身が胃潰瘍で吐血して入院したことなどストレスの多いブログ空白期間だった。自分自身の日記なのだからときどき更新しようと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民放に明日はあるのか。

2011-03-10 16:13:01 | 昭和
ここ数年テレビの見方が変わった。それは、現在放映されているニュースなどは別にして、現在放映中の番組は聴取していないという事だ。それでは、何を見ているのかと言うとDVDのHDに録画された、映画やドラマを見ているのだ。つまり、民放で2時間の映画がHDで見ると一時間半で見れるからだ。早い話、CMをすべて飛ばしているので30分の時間短縮ができるのだ。最近はほとんどの人がHDやDVDに予約した番組を録画して、休日などに番組を楽しんでいるらしい。もちろんCMはカットして見ているのだ。これは、民放にとって由々しき問題だと思う、視聴率の高い番組に高額なCM料を払っている企業にとって企業の存続にかかわる事に違いない。CMのないスカパーやBSの契約者も増えている、僕の家でも見る番組はスカパーがほとんどである、そして、民放の番組を見るときはHDでCM飛ばし。おかげでCMのかん高い音に悩まされる事なく短い夜の時間を楽しめるようになった。民放に明日はあるのか?
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

師の話は本当だった

2010-10-04 11:48:43 | 昭和
楽天に出店前に僕は商工会専属のHP作成の先生に相談した。
 「楽天に出店を考えているのですが}
 「ふーん、楽天ね、正直言いますが、やめておいた方がいいですよ」
 「なぜですか?」
 「私もHP作成業者ですから、楽天の事はよく知っています、しかし、
  楽天に出店した店舗さんで成功例はほんの1割位です。あなたの
  店がその1割に入る可能性はゼロです」
 これが、その時の会話です、実はその時楽天から資料が送られてきて
いた、その中には成功事例がたくさん記載されていた、つまり、その資料
には失敗例などただの一行も書かれていなかった。だから、楽天の暗示
にかかっていたのだろう、そして、楽天という会社を100%信じていたから
先生の意見に反発して、さっさと前家賃27万を振り込んでしまったのだ。
出店して1カ月、HPにアクセスしてくるのは得体の知れない会社ばかり、
つまり、順位を上にあげるには毎月4万とか5万円出しなさい、そうしたら
あなたの店を上位10に上げてあげますから。そんな、勧誘の電話ばかりだった。
そこで、1社と契約したJ○○○という会社と検索ワード登録した、前金で28万
前払いした(2年契約)。ところが、アクセス解析の結果、その登録した検索
ワードで入ってくる人は皆無だった。しまった!まただまされた。
楽天に27万、J○○○に28万、HP作成業者に約15万合計70万円があっという間
に楽天とその関係者から吸い上げられてしまった。夢を見させたくれた代金が70万
何と言う損失なのだ。あの時師の話をよく聞いておくべきだったと今大後悔している。
本日も受注ゼロを更新中です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加