栂森鉄道管理事務所別室

栂森鉄道管理事務所の別室です。
ジオログの本家管理人室よりさらに私的な内容です。
わからない方、ごめんなさい。

作りたいものはたくさんありますが…

2018年02月18日 18時20分01秒 | 模型
作りたいものはたくさんありますが、人間そう何でもかんでも手を出すわけにもいきません。稀にそういうのができてしまう方もいらっしゃって、それはそれでたいへん羨ましくはあるのですが、こと私に関しては、この勤務状況のなかでそれをやると確実に死に至ります(比喩ではありません、残念ながらw)

で、作りたいものを順番にやっていく訳ですが、そもそもその順番とかいうのがまたコロコロ変わるわけですね(笑)

過日ブチ上げたギターケースレイアウトはお陰様で第一案をボツにし、絶賛考え直し中です。でも数年のうちには手をつけると思います⬅おい!
かわりに浮上しつつあるのがフツーの四角いやつ。

YAMAHA純正、ホルン用ハードケース(ベルカット仕様)です。いつも行かない道を走ってて見つけたリサイクルショップで買いました。こんなの純正ケースだけなんてだれも買いませんから、珍しい出物っていうか、私のために売られていたようなものてす(笑)

で、プランニングですが、実は作品を作るとき、毎回、あまりやってないことを盛り込むようにしているのです。今回やってみたいのはデルタ線。これとか


これとか。
本のページの写真を撮って載せるのはまずいような気がするので申し訳ありませんが、そんなイメージからスタートして

こんな感じで。どうでしょう?

でも、一見してお分かりのように、このスペース(600×350)ではデルタ線を配置すると向こう側を回ってこられません。だからといってエンドレスの内側にデルタ線を設置しても面白くないのです。

さて、どうするか。
ここはひとつ、みのるさん方式でいってみようかなと🙋
あとは、右隅のターンテーブル、これも何とかしたいですよね…脱力仕様(笑)の小型ターンテーブル、これも考え中です。さあ、どうなるかな?っていう混沌がまた楽しいことかもしれませんね。以上、近況のご報告🙇
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「どっかへ行きたい」ごっこのご案内

2018年02月09日 17時20分29秒 | 模型
だいぶ更新の間が開いてしまいましたが、何も作っていないどころか、出して眺めることすらしていません。忙しいです。

さて、昨日Twitterにあげてみた心のつぶやき「どっかに行きたい」ですが、実は、車両そのものは走らないながら、車内には入ることができて、簡単に幻想旅行気分を味わえますのでご紹介したいと思います。

ネタはこれです。

こんなふうに、きれいに保存されている客車です。
もと相模鉄道の客車で、その後、別府鉄道に移り、廃止にともない里帰りした車両です。
場所は相模鉄道のかしわ台車両センターの入り口を入ってすぐ。かしわ台駅の改札を出てまず道路を渡り、その後改札からみて右方向に坂を下った途中に正門があります。所用の場合、必ず守衛所(受付)にお願いして入れていただくことになります。

中に入るとすぐに

こんな感じで。

機関車は同じくもと相模鉄道の3号機。正しくは神中鉄道ですが、よくまとまったタンクロコです。
客車の方は、それに牽かれるように展示されています。

中も見学できます。そっとドアを開け、大切に見学して下さい。また、ここ以外の場所には絶対に立ち入らないこと。そして見学が終わったら、受付にお礼のご挨拶を忘れずに。

正しくその手順を踏めば、あなたも「どっかに行きたい」ごっこをしみじみと楽しむことができるでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鉄道模型、幸せですか?

2018年01月24日 01時19分17秒 | 模型
ご無沙汰しています。

あ、って思ったことをツイッターでパッと外に出すと、それで全て完了したみたいな気持ちになってしまうことがあって、そうすると、きちんと考え直したり纏めたりという作業はますますやらなくなる今日この頃、それはもともと直感的感情的にパッと動いてしまうことの多い自分にとって、危険な方向に行っているように感じる昨今でもあります。

新しいレイアウトについて、考えています。
正月休みに、こんなレイルカーを作りました。

思いつきで直感的に形にして、結構気に入ったものができまして\(^^)/さて、どこを走らせようか、と思ってはじめて、自分の作ったレイアウトのどこにもピッタリの風景はないように感じるのです。そこで新しく作る(笑)
私にとって鉄道模型とはそんなものであるようです。

で、ずっと温めていたネタを進めようと思います。こんなの。

形が形なので、しっかり考えながら作らないと、どうしようもないモノが出来上がるか、さもなくばたいして進まないうちに頓挫するか、となるのは必定のような気がするので、これは今年の軽便祭には間に合わせません(笑)

とにかく、このへんの車両たちに活躍の場を与えたいのが原点で。


できたら幸せだろうなあ。
形にするの大変そうだけど。

そう言いながら並行して別プロジェクトも同時に考えてたり


さて、あなたの鉄道模型は幸せですか?(笑)

続く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2017年12月31日 23時18分07秒 | 模型

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

 

 振り返ってみますと、昨年は月刊「とれいん」の平野さんからお声かけ頂いたことに始まる「カバン線を作ろう」の連載がついに始まりました。以前にもお話ししましたように、そもそもこの連載の企画は、もう3年も前のJAM会場における会話、

平「レイアウトの『作り方解説』の記事を書きませんか?」
栂「そうですねえ…じゃあ、今できているのをどうやって作るかで…」
平「いや、そうじゃなくてですね、今あるのじゃなくて、スゴイやつを新しくどーんと作っていただいてですね、それを記事にして」
栂「(ま、まじか?!)えー? スゴイのはつくれませんけど・・・」
平「いや、ぜひぜひ」

みたいな会話から始まっているんですが、じゃあやらせていただきますと言ったものの、作品のプランがなかなか決まらず、決まったら決まったで製作そのものが進まず(爆)、さんざんお待たせした挙句、やっと連載開始に漕ぎ着けました。ここまで引っ張ったにもかかわらずあたたかく辛抱してくださった平野さんをはじめとれいん編集部の皆さんにおわびとお礼を申し上げるとともに、また一生懸命書いていきますのでよろしくお願い申し上げます。

 で、この記事の眼目なんですが、これもさんざん語らせていただいておりますように「初心者の方がとりあえずのものを作るガイドになるように」という点です。私に「スゴイもの」は作れませんが、私自身初心者に毛が生えたようなもの(誰ですか生えてないじゃんって言ってるのはw)ですから、こうやったらこういうものができた、その裏には実はこんな失敗があったり、もっとこうやったら良かったりする、なんていうことなら書けそうだな、とりあえず本職も〇〇関係だしなあ(爆)という、本気で初心の方に的を絞った記事です。というわけで、初心の方はぜひお読みいただくだけでなくお作りいただいて、「なんだ、こんな感じでできるんだったら栂森なんて大したことないや」ってお感じいただければ幸いですし、それ以上の方にはこの記事の穴とか間違いとかをコッソリ教えて下さるよう、伏してお願い申し上げます。
 ここまでですでに足掛け3年、このあと何年かかるのかすでに不安ではありますが(笑)皆さんがご自分のレイアウトをお作りになるための「踏み台」としての記事が書ければいいなと考えています。ご質問、ご意見もぜひお寄せください。お待ちしています。

 さてさて、今度は自分が作る方ですが、祭りに向けて2年間進めてきました「猫屋線を走らせよう」プロジェクトは、一昨年の「駅だけ作って仮設エンドレスで繋げばじゅうぶん遊べるぜぇ」と、昨年のリバースとトレインターンテーブルのモジュールレイアウトを以てとりあえず終了の予定です。猫屋線もいろいろと広がりを見せつつ第3弾、第4弾と続いていますし、レイアウトをお作りの方も何人もおられますので、私が不出来なものをお出しするまでもないかなと思います。で、次の方向ですが、私の場合、やはり原点はカバン線と小型車にあるので、そちらをさらに掘り下げる方向で。ただ、プランニングは既に始めているのですが、どうも簡単には出来そうにないので、今年の祭りには「間に合わせない」方向で行きたいなと。途中経過をお示ししつつ、これもまた3年間くらいでどうかなと思っています。さあ、着手しないとね。

 あと模型とは関係なくなってきますが、昨年の大きなポイントは、12月に初めてライブハウスというところに行ったこと。今までコンサートホールは聴く方も出させていただく方も(アマチュアですけど)それこそ数え上げるのが面倒くさいほど行っていますが、オールスタンディングのライブハウスは初めての体験でした。聴きに行ったのがJazzをベースにしている部分のあるバンドだったので幸いにも観客中最高齢っぽくはなく、浮き方もそれなりで済んで良かったです。紹介してくださった若い恩人の皆さんに感謝しつつ、音楽もたくさん楽しめる年になりますように。という感じで、今年も長々とwよろしくお願い申し上げます🙇

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やはり今年のまとめ?

2017年12月29日 19時58分40秒 | 模型

だいぶご無沙汰していました。
さて、この時期になりますとみなさん「今年は何を作ったか?」をアップされたりしてますね。どうも私はそれが苦手で…ただ、反省としてはいいかなあ、というわけで、大雑把に振り返ってみることにします。

まず、私のメイン活動?である(はずの)地面系から
子猫屋線



思いつきでテキトウに作り始め、想定していた入れ物には入らなかったりw
意外に好評で有り難く思います。

次、リバースモジュール

エンドレスではないレイアウトの実験です。結果としては、機能的には良いがもう少し長く、リバース部分も大きくないと実感味に乏しいようです。やはり町線リバースは炬燵櫓あたりを使わないとダメなんでしょうね。ただし全手動トレインターンテーブルだけは気に入ってます。動力も配線もなし、完全アナログ式。(写真を載せました)

回転台を手で回します(笑)。回転式テレビ台はなんと税込み¥324(笑)、ベースパネルは以前から持っていたB4パネルを1.5枚つないだもの。テーブルに合うように木ぎれで嵩上げ。一番高かったパーツはスライド式伸縮レールだったかも。めっちゃ安上がり(爆)

これですよー、写真ブレてますけど。手で繋ぎます。
差込部の出っ張りをちょっとだけ削って、抜き差しがしやすい構造になっています。言ってみればカ・・・・(これ以後お伝えできません)

作ったのはこれくらい🙇 いつもながら車両は作ってないなあ…祭りの記念板も何年分も手付かずだし、キット罪庫も豊富ですよ(おい)何から手を着けますかねえ…

あとは、前々からおはなしがありましたカバン線製作法の連載が始まりました。

2回やって1回休みが入っていますが(笑)このあとも続きますので、よろしければお読みくださいませ。

あとは、京急押入線の卓さんをはじめとする、新しいお知り合いができたこと。もしかしたらこれが一番大切なのかも知れません。ありがとうございます🙇

模型以外では若い人たちのお薦めを受けて聞き始めたバンドが素晴らしくツボで、人生初のライブハウスしかも2日間連チャンでスタンディングとか(笑)

クラックラックス、ものんくる

渋谷WWWXでのクラックラックスは残念ながら写真がないんですが、とっても自由な変拍子、あの人たちは呼吸も変拍子何じゃないかと思えるほど。圧倒的な演奏力・・・個人技もバンドアンサンブルもアイディアも。それからボーカルのオダトモミさんの存在感とかこれだけで10回分のネタはあります。ものんくるの方も生の演奏感がひしひしと幸せないいライブでした。音に定評がある(らしい)代官山UNITだから余計にそうだったのかもしれませんが、音がとても良かったです。またアマチュアベーシストの端くれとしてもいろいろと勉強に。

そしてついにはブルーノート東京まで進出(ただし観客としてw)

熱帯JAZZ楽団!良かったです。大人だねえ、っていう感じで。これも写真ありませんけど。

さて、わずか9日間にライブ3本はさすがにペース速すぎ(笑)
でも、この歳になってもまだまた新しいことに触れられたり挑戦できたりすることは幸せという他ありません。ですから、このように新しい刺激を下さった方を、年齢や立場に関わりなく、私は恩人と呼んでいます。模型、音楽、その他いろいろの恩人のみなさん、ありがとうございました🙇

いろいろありがとうございました。まだあったような気もたくさんしますが、それはそれとして、そろそろ作りたい本来のものが見えつつありますので来年以降もよろしくお願い致します🙇

(追記)で、その「来年」ですが、そろそろ前々から自分がやりたいと思っていたものに戻ろうかなと。じゃあ猫屋線とか記事書きとかは違うのかよ、というとそれもやってみたくてやってはいるんですが、先日呟きましたように、昔TMS 見ながらこれぜったい作るんだ(買うんだじゃないところに注意)って思ってたことが自分への宿題みたいになって結構残っているんですよ。まだそんな歳ではないとは思いつつ、本当は人間いつまで生きられるかわからないですから、この年末にはプランニング始められたらと考えています。但し1年くらいでできるものじゃないでしょうから、来年の軽便祭には間に合わせない方向で。 でも展示は出したいな。「新作は?」って聞かれて、明るく「ありませーん🙋」って答えたいです(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加