栂森鉄道管理事務所別室

栂森鉄道管理事務所の別室です。
ジオログの本家管理人室よりさらに私的な内容です。
わからない方、ごめんなさい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「キリクと魔女」演奏会

2019年04月29日 23時56分46秒 | 模型

久しぶりに書きます。また模型ネタとはほぼ関係ありませんが(^o^;)

バンド「キリクと魔女」の演奏会に行って参りました。

もともとベーシストの近藤佑太さんを存じ上げていた関係で知ったバンドなのですが、良いボーカルとキーボード中心のバンド編成(なのかなと思っていますが)、自然な形で織り込まれる変拍子(5拍子とか7拍子とか。慣れてみると全然「変」ではない)などがツボでした。今回、念願かなってライブに行くことができましたので、感想等をまとめてみたいと思います。

まずは、「バンドはやっぱりボーカル」であるということ。

先に明言しておきたいと思いますが、私は基本的に「演奏至上主義」者です。ひとりひとりが高い技術と音楽性を持ち、そのメンバーが高い次元でアンサンブルを繰り広げる、といったバンドが好きです。それはただ単にテクニカルであればよい、ということではなく、きちんと楽器を演奏して、それをバンドとしてきちんと合わせている、そんなバンドが好きです。そんな前提の上に立って思うことが、やはりバンドはボーカルだということ。

ここ何ヶ月か、めっちゃ忙しいなかでも細々とライブ通いをしてまして、中村嘉穂、CRCK/LCKS、ものんくる、オーニソロジー、アジカン、アナログフィッシュなどの演奏を聴いてきました。そんな中で強く思うのが、「やっぱりバンドの命はボーカルである」ということです。音楽のスタイルはいろいろあるので、その演奏スタイルに合ったボーカル、ということになるんですが、たとえば中村嘉穂さんなんかは物凄い人で、ピアノの前に座ってひとつポンと弾いて一声発しただけで会場全体が中村色に染まってしまう。恐ろしや。また、超多芸多才集団のCRCK/LCKSでもその超絶演奏の上を自由に漂う(しかも超絶難しいピアノパートを弾きながらの)小田さんのボーカル、聴くたびに説得力を増すものんくるの吉田沙良さん、その人柄が垣間見えるオーニソロジー辻村さん。アジカンのごっちはやはり存在感抜群だった、などと振り返ってもやはりボーカルはバンドの命です。

そんな中で、今回のキリクと魔女も、まず悠実さんのボーカルが素晴らしい。美しく耳なじみが良く、それでいて単に流れ来て去っていくだけでなく、きちんと伝えることのできる声、そのような印象でした。いや、幸せ。

で、次に「キリクと魔女はバンドアンサンブルがたいへん良い」ということ。

演奏至上主義者から見ても、キリクと魔女のバンドアンサンブルは強力です。ベースの近藤さんの演奏は「あるべきところにあるべき音がある」演奏、それと組み合う、しっかりとしてかつ空気感を失わないNaotoさんのドラムがまたいいですね。その上に悠実さんの上手なピアノ(NOADエレクトロ3、いい楽器だなあ)が載り、そしてサラリとしていながら要所を締めるY田さんのギター。それに今回のライブではサポートにバイオリンとコーラス、SEが加わってとっても良い音を出していました。これに演出上の必要から朗読者2名(このお二人がまた上手)、VJ(この映像も超重要だった)が加わった豪華編成でした。

キリクと魔女は一つの世界観を軸にしたライブが持ち味で、今回も、ストーリーが朗読される中で楽曲の演奏が進むという形式でした。このような形式はたぶんそう多くないでしょうし、特にこのような世界観を持ってトータルに展開できるのはこのバンドだけだと思います。それが計画倒れにならず、すばらしい成果をあげられた理由が、このバンドアンサンブルの強力さにあると思います。演奏至上主義者(しつこいなあ)としてはですね、欲を言えば、歌と演奏だけで勝負するキリクと魔女のライブも見てみたいなあと思います(もっと乗ってたいw)。そのときはドラムもギターも、もっと多彩なフレーズを期待。ちなみにプログレギターならyesのスティーブ・ハウが好きです。

個人的にツボなのが・・・

近藤さんのベース。キリクと魔女以外ではDC/PRGやオーニソロジーでも聴ける近藤さんのベースプレイは以前から大好きなんですが、今回、シンプルな指弾きからバチバチの変拍子スラップまで盛りだくさんだったエレベの演奏の他にアップライトベースの演奏が良かったです。落ち着いていてしかもちゃんと流れがあって。ご本人曰く「エレベだとつい弾きすぎてしまう」のでこの楽器の選択は良かったと思う由、なるほどと思います。また、単純にfl-bじゃないところも良かったのかも。

曲「鏡の中の美術館」のオルガンの音。CDで聴いていて「おっ」と思わせる癒し系の音色で、パイプオルガンなんですが世のイメージにあるパイプオルガンよりだいぶ素朴でポジティブオルガンっぽい音色。いいですねこの音。小振りなパイプオルガンのフルー管中心の音だなあ、と思ってファンブック記載の内容からたどってみると、日本キリスト教団の杉並教会でライブされてるんですね。ここのオルガンはWEB検索によると6ストップ、ああ、この感じですね。いいなあ。このオルガン欲しい(爆)
ちなみにライブでの音色は音源の関係からかもう少しフルストップ寄りの音色でした。それはそれで今回のライブの雰囲気にも合っていて良かったのですが、もし機会があったらCDのオルガンに近い音をライブで聴きたいです。

ちなみに杉並教会のパイプオルガンはこちらのサイトより確認できます。
オルガン製作工房「マナ・オルゲルバウ」http://www.manaorg.co.jp/

さて、肝心の模型の方ですが、N先輩からいただいてしまった建物をもとに何か作ります。
祭りにも出られますように。よろしくお願い致します。

 

 

コメント

子猫屋線の譲渡先が決まりました

2019年01月02日 22時34分56秒 | 模型

子猫屋線のお譲り先、あっさりと決まりました。ありがとうございます。

コメント

新年のご挨拶を申し上げつつ子猫屋線をお譲りしたいのお話

2019年01月02日 16時32分10秒 | 模型

明けましておめでとうございます。
模型の製作もブログの更新も間延びに間延びを重ねておりますが、今年もできるペースで細々と続けていければと思います。
お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

さて、今年は何を作ろうかな?といろいろと思いめぐらす今日この頃ですが、猫屋線についてはいろいろな方がいろいろな方向で取り組まれておられるので自分としてはもういいかなと。で、手を出したい方向は「運転して遊べるもの」でしょうか。

というのも、コイツで初めて「年越し運転」なるものをやりまして、「やっぱり走らせるのはいいねえ」ということになり…

で、今に至ると。
現在、栂鉄本線(TMSレイアウトコンペ佳作入選なるも10年前のことなのでご記憶の方がどのくらいいてくださるのか不安)がある部屋を事情によって娘に占領されているので、要再整備かつ最小曲線半径120Rの本線では大型車両(あくまで軽便として)の運転は難しく、さりとてモジュールをいくつかつなげるのも実は面倒くさい(この病を治す必要は感じているのですが)ので、新しくかつ簡単な「運動場」が欲しいのですよ。電源内蔵、最小半径150R以上、列車交換設備のある側線と簡単な入れ替えができる留置線や貨物ホームとか。昨年夏あたりのTMS誌上で大谷巨匠が発表されておられた子供の科学レイアウトみたいなの、いいですねえ。コピーして作ろうかな ←コラ!

というのも、猫屋線運転用に作ったコレ、通称「子猫屋線」

こいつはこいつで楽しいんですが、曲線半径を140Rで作ってしまったため、手持ち車両の中で通過できないのがあるんですよ。たとえばコイツとか。

机の上から転落して(奥さんが引っかけて落とした。でも机の端近くに置いた私が悪い。)破損が大きく、本当は手を入れないとなんですが、結構気に入っていますのでお構いなしに走らせて遊びたい。下回りがEF65なんで、140Rは回りません。でも確実によく走る。「奥山線ですね!」って勘違いしてくださる方もいらっしゃって甚だ申し訳ないのですが、元々は草軽の電車です。ナローガレージさんのキットを「ウチ(栂鉄)に電化線はねえ!」って気動車にしてしまったもの。これが走れる組み立て式でないのが欲しい、というのがここ数年来の懸案事項です。

それと次

Nナローだ!
こいつもなんとかしたい。
トーマモデルワークスの九十九里単端。ころころ動力でよく走り続けます(でも止まりませんw)。買ったからには完成させて地面を…しかももっとキツい半径回ってくれそうなのでB5版レイアウトとか100均ディスプレーケースレイアウトとか作れそうです。

カバン線の新作も。カバンはあります(笑)
これももうちっと運転楽しめるのにしたいです。

例の「とれいん」の原稿書きがまだまだ続くのでそう簡単にできないでしょうが、ここ2~3年のうちに少しずつできたらいいかなと。ただ、次の軽便際までにきちんとした新作を間に合わせようという考えはやめにしようかと思っています。出来たときは面白いんですが、そのあと遊ばないんですよね。それではもったいないので、じっくり考えてじっくり作りたいと思います。(でも祭りには出ます…旧作オンパレードで。連載の「町線」部分はさすがに終わるでしょうから、それに合わせて何か展示法を考える予定です。)

ちなみにさっきの「子猫屋線」ですが…

ご希望があればお譲りしようかなと考えています。
駅ホーム付きミニモジュールのエンドレス、曲線部が6分割、直線部は駅側、反対側とも2分割で10ピース、24cm×22cmの小型アルミケースに収まります。こんな感じ。

白い箱の部分にはとりあえず車両を入れています。電源をコンパクトに作られる方でしたら電源入れてもいいかなと。
youtubeに参考動画がありますのでご覧いただけるとおわかりになるかと思います。
https://www.youtube.com/embed/EGSnecNCdjQ

カバン線ファミリーも多くなりすぎて、処分しないと次を作れない状況ですので、もしよろしければ材料費くらい(6千円ほど)で引き取って楽しんでいただけるとありがたいです。引き取ってやるか、という方、ご連絡は現在PC交換後の混乱でPCメールが使用できませんので、お手数ながらツイッターのDMからお願いできればと思います。
栂森鉄道ツイッター →https://twitter.com/godspeed_brass です。

コメント (1)

ジオラマギター売れました

2018年11月17日 21時04分14秒 | 模型
買っていただけたらいろいろな意味でありがたいなーと思っておりましたら、なんと先ほどご希望をいただきました。ありがとうございます🙇

という訳でジオラマギターめでたく終了致しました。とれいんの連載終えたら町線山線もだすかもしれませんので、そのときはよろしくお願い致します。
コメント

ジオラマギターを売りまするの話

2018年11月17日 16時54分52秒 | 模型
ご無沙汰しております。
怒濤の○○連勤を何とか乗り切って本当に久しぶりの休日です。そろそろ「休日」っていうコトバを忘れかけていて辞書で引いてみないと意味がわかりませんwみなさんはそうなりませんように。

さて、「カバン線は片付けも簡単(^o^)v」とか偉そうに言ってましたが、さすがに作りすぎて維持できなくなってきたので処分に入ります。で、今年の祭りに出させていただいたジオラマギター、どなたかこれを買ってくださる方はいませんか?
エピフォンのリゾネーターギター(お古だけどハードケースつき)、車両1、パワーパック1、自動往復コントローラーまで全部込みで5万円です。これだと実は材料費の合計の方が高いんですけどね、そこはまあそれ、作るので楽しみましたから。

ギターはエピフォンでドブロではない普通のラウンドネックのもの(リゾネーターギターはネック断面が四角い奴もありますがこれは普通のギターと一緒です。弦高はやや高め)です。ギターには全く固定せず載せてあるだけなので単独の演奏も可能です。声かけがなければ解体の予定(^o^;)

こんなギター(左の方)です。
演奏者側からの眺めはこんな感じです(^o^)v
けっこう遊んでる部分もw

問題は送り方でどうしても箱が大きくかつ3箱になっちゃうんですよ。直接手渡しで行ければベストですが…近くなら届けます。
興味がおありの方はコメント欄からまたはTwitterのDM等でご連絡いただけるとありがたいです🙇
Twitterの名前は栂森誠之介というのでやってます。

ご希望がなければ解体、ギターは普通に中古楽器として出しちゃう予定です。よろしければぜひ(^o^;)
コメント