ごーさんの中国放浪記in威海

ガイドブックに載っていない中国を写真で紹介します。

奈良の風景

2017年05月18日 | 中国・威海

私の住んでいる住宅街から少し離れたところ,

殺風景な中国から帰ると必ずこの場所に来ます。

 

田圃風景が広がっていて日本の四季を感じることができるので、

ホット心が落ち着くところです。

 

 

 

 

 

旧家の家の前には花や果物の気が植えていて、

季節ごとに風景が変わります。

 

 

 

 

水門

 

 

私は、Zビザを取るために月曜日に警察署に行ってきました。

“”犯罪経歴証明“”を申告するためです。

 

ただ書類に必要事項を書いて申告するだけではありません、

10本の指の指紋を全部とられます。

犯罪者になった気分になりちょっと嫌な気分です。

 

この指紋を全国の警察署に照合して犯罪を起こしていないかどうか調べるので、

結果が出るまでに10日間かかります。

 

この後、

犯罪経歴証明書を公証役場してもらって、外務省で認定。

まだ終わりません

中国大使館に行ってビザ申請を行います。

 

面倒ですよ!!!

長年問題なく取れていた就業ビザが今年から厳しくなり不合格!!

書類は一からやり直しです。

 

けど、、、、、

取れるかどうかの確信はありません(涙)

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

就業許可書

2017年05月05日 | 中国・威海

就業証明の取得が今年から難しくなりました。

 

就業証明の更新を3月初めに申し込んで、

10日後に書類に不備があるという理由で書類の再提出

 

 

その後・・・待っても通知が来ない。

 

4月初め・・・また書類が帰ってきた・・。

 

理由は

私個人の納税額が少ないと言うことでした。

 

 

そこで、仕方なく昨年一年間の税金分58,000元を納税して来ました(涙)

日本円で約95万円です!!!

 

再度申し込み

 

4月20日通知が来まし!

 

 

 

不合格・・・・(;_:)

 

 

納税したお金を返してくれ~~~!!~

 

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

張村の東北料理

2017年05月04日 | 中国・威海

東北料理店は日本ではあまり見かけません。

 

東北料理の特徴は、じゃがいも、ナス、ピーマン、などの野菜と、
羊、鳥、豚、の肉類を用いた料理です。
味付けのベースは塩か醤油。

 

 

 

 

テーブルの真ん中に置かれた大きな鍋に、鶏肉、じゃがいも、野菜などを入れて

鍋フタをして約30分間煮込みます。

 

鍋の周りにトウモロコシを手で練って貼り付けていきます。

 

 

店の中に入ると昔の農村雰囲気そのものでタイムスリップしたようです。

壁や食器には、中華人民国を建国した毛沢東の写真をモチーフにしています。

 

コップは左の大きいのは、お湯を入れ、真ん中はビール、一番小さいのはお茶入れ、

コップは外もなかもサビています。

 

 

 

料理の量が多いと思ったのですが四人で全部食べてしまいました。

中国では東北料理は人気があり何處の街に行っても必ずあります。

 

料理は少し脂っこいのですが、東北は寒いので50度以上ある白酒と一緒に

料理を食べると油っこさが暖和されて体がほっこりと暖かくなります。

 

昔の農村の雰囲気を味わいたいと思ったら「東北人家」に行ってみてください。

住所はメモするのを忘れたので行きたい人があれば調べてきます。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

公園散歩と思ったら山登りでした

2017年04月05日 | 丹東

錦江公園入り口

 

威海から丹東に行くには、

大連に飛行機で行きその後は高速鉄道かタクシーを使うためにすごく不便でした。

 

最近気がついたのですが、煙台ー丹東の直行便ができていました。

今回の出張は直行便、一時間で着くのですごく便利になっています。

 

行きは、煙台から午後の3時の便で、帰りも午後の5時頃という中途半端な時間です。

帰りの日の午前中は予定がなかったので、

会社の人が公園に散歩に行きましょうと軽く返事をしたのですが、、、、。

 

 

公園に入って錦江山の一周ハイキング

私は予定していなかったので革靴の普段着。

結局3時間ぶっとうしで歩くことになった。

 

 

 

山を歩いていると、通訳がこの場所はお墓です。

え、、、、墓ですか?

よく見ると小石が丸く囲んで置いてあります。

私だったら亡くなって場所に埋葬されたら絶対に嫌です!!

 

ちなみにこの場所に埋葬するには3万元かかるそうです。

 

こちらは、お金持ちの墓

ちゃんと墓石もあります。

 

今の季節は緑がなく、景色もあまり変わらない。

単調で歩いていてもすごく疲れる。

 

途中、鴨緑江や北朝鮮が見えます。

もう少し春になって緑がある季節だったらいいと思う。

 

 

 

 

 

 

出会ったおばちゃん

山で生活をしていて燃料の焚き火を運んでいる途中です。

重い木を背に背負って苦しそうにしていたのでちょっぴり可愛そうになってきました。

 

 

この公園は、旧満州時代に日本の象徴の神社でしたが、

日本の敗戦後に侵略の痕跡をすべて排除してしまったそうです。

しかし、所々に日本の痕跡が残っています。

日露戦争における戦死者の納骨をしていたそうです。

 

中国では、いたるところに日本軍の痕跡が残っています。

国と国の争いの中一番被害をうけるのは一般の人々です。

二度と戦争など起きてほしくはないです。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

威海のいちご狩り

2017年03月13日 | 中国・威海

温室のいちご狩り

 

3月8日は労働婦女節は女性の日でした。

工場は午後から休みで会社からは贈り物を渡して、

従業員をイチゴ狩りに連れていくことになりました。

 

私の工場から車で20分ぐらいのところにある「里口山」

この場所は、リンゴ、梨、ミカンなどの果物が季節ごとにとれます。

 

 

 

 

 

 

両端の建物はすべてイチゴ栽培の温室ハウス。

入園料金は35元(525円)で食べ放題です。

 

 

 

 

 

この温室のいちごは無農薬なのでそのまま食べても大丈夫、

、、、らしい?

本当に大丈夫なのかと不信感はすご~くあります・・・が、

 

「郷に入れば郷に従え」

その 土地やその環境に入ったならば、

そこでの習慣ややり方に従うのが賢い生き方をしろ!!…

 

と言うことですので、そのまま食べることにした。

しかし、もうすでに体の中は農薬だらけではないかと思う!!

 

 

 

 

 

食べ放題といっても、そんなにたくさん食べることができません、

一粒が大きいので私は10個ぐらいで十分でしたが、

従業員は元を取るのに必死で頑張って腹いっぱい食べています。

さすがに私の会社の従業員です、根性がありたくましいです。

 

 

 

変形イチゴ

 

最近の果物は昔よりは甘みもあり美味しくなってきています。

しかし、まだまだです、

日本で食べる方がずっと美味しい。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加