ごーさんの中国放浪記in威海

ガイドブックに載っていない中国を写真で紹介します。

公園散歩と思ったら山登りでした

2017年04月05日 | 丹東

錦江公園入り口

 

威海から丹東に行くには、

大連に飛行機で行きその後は高速鉄道かタクシーを使うためにすごく不便でした。

 

最近気がついたのですが、煙台ー丹東の直行便ができていました。

今回の出張は直行便、一時間で着くのですごく便利になっています。

 

行きは、煙台から午後の3時の便で、帰りも午後の5時頃という中途半端な時間です。

帰りの日の午前中は予定がなかったので、

会社の人が公園に散歩に行きましょうと軽く返事をしたのですが、、、、。

 

 

公園に入って錦江山の一周ハイキング

私は予定していなかったので革靴の普段着。

結局3時間ぶっとうしで歩くことになった。

 

 

 

山を歩いていると、通訳がこの場所はお墓です。

え、、、、墓ですか?

よく見ると小石が丸く囲んで置いてあります。

私だったら亡くなって場所に埋葬されたら絶対に嫌です!!

 

ちなみにこの場所に埋葬するには3万元かかるそうです。

 

こちらは、お金持ちの墓

ちゃんと墓石もあります。

 

今の季節は緑がなく、景色もあまり変わらない。

単調で歩いていてもすごく疲れる。

 

途中、鴨緑江や北朝鮮が見えます。

もう少し春になって緑がある季節だったらいいと思う。

 

 

 

 

 

 

出会ったおばちゃん

山で生活をしていて燃料の焚き火を運んでいる途中です。

重い木を背に背負って苦しそうにしていたのでちょっぴり可愛そうになってきました。

 

 

この公園は、旧満州時代に日本の象徴の神社でしたが、

日本の敗戦後に侵略の痕跡をすべて排除してしまったそうです。

しかし、所々に日本の痕跡が残っています。

日露戦争における戦死者の納骨をしていたそうです。

 

中国では、いたるところに日本軍の痕跡が残っています。

国と国の争いの中一番被害をうけるのは一般の人々です。

二度と戦争など起きてほしくはないです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

威海のいちご狩り

2017年03月13日 | 中国・威海

温室のいちご狩り

 

3月8日は労働婦女節は女性の日でした。

工場は午後から休みで会社からは贈り物を渡して、

従業員をイチゴ狩りに連れていくことになりました。

 

私の工場から車で20分ぐらいのところにある「里口山」

この場所は、リンゴ、梨、ミカンなどの果物が季節ごとにとれます。

 

 

 

 

 

 

両端の建物はすべてイチゴ栽培の温室ハウス。

入園料金は35元(525円)で食べ放題です。

 

 

 

 

 

この温室のいちごは無農薬なのでそのまま食べても大丈夫、

、、、らしい?

本当に大丈夫なのかと不信感はすご~くあります・・・が、

 

「郷に入れば郷に従え」

その 土地やその環境に入ったならば、

そこでの習慣ややり方に従うのが賢い生き方をしろ!!…

 

と言うことですので、そのまま食べることにした。

しかし、もうすでに体の中は農薬だらけではないかと思う!!

 

 

 

 

 

食べ放題といっても、そんなにたくさん食べることができません、

一粒が大きいので私は10個ぐらいで十分でしたが、

従業員は元を取るのに必死で頑張って腹いっぱい食べています。

さすがに私の会社の従業員です、根性がありたくましいです。

 

 

 

変形イチゴ

 

最近の果物は昔よりは甘みもあり美味しくなってきています。

しかし、まだまだです、

日本で食べる方がずっと美味しい。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

杭州(Hangzhou )

2017年03月07日 | 中国・威海

小雨の西湖

 杭州市は浙江省の北部にあります。

観光でも人気があるところでバスで上海から高速で50分です。

 

市区の面積は約3000㎢で、観光地は西湖のまわりに点在しています。

西湖の付近のホテルに泊まれば、どこに行くには便利です。

 

 

 

 

霧に包まれた西湖

このボートに乗って西湖を遊覧して観光ができます。

361カ所ある観光地での一番人気のあるところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 飛来峰

岩に彫られた布袋様は見ごたえがあります。

  三蔵法師も立ち寄ったといわれていて、ここも観光で人気のあるところ。

入園料は40元

 

 

 

 

 

親子の武舞

公園に来るとカンフーからいろんな武芸を各自に自由に披露しています。

 

 杭州は始皇帝の時代に都が置かれていたことでも名高く、

さまざまな歴史的や観光などのおすすめスポットが存在しています。

ぜひ一度は行ってはみてください。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

中国での就労ビザ(Zビザ)

2017年03月01日 | 中国・威海

最近は、すこし寒さも和らいで、

ダウンの上着を着る機会が減って少し薄着になってきました。

 

だけど・・・・暖かくなって気分がよくなるはずですが、

今年は、パスポートの期限が切れて新しく更新をおこない、

就労ビザの更新があります。

 

今年から外国人のランク付けが始まり、就労ビザを取るのが難しくなってきました。

ランクAは一般の人は取ることができませんので、

最低でもランクBを取る必要があります。

 

犯罪歴や中国で何か問題を起こしていては絶対ダメです。

 

パスポートの更新は、青島領事館に行って無事に更新してきました。

申し込んで4,5日で新しいパスポートができます。

場合によって急いでいるときは、申し込んでから次の日にやってもらうことができます。

 

 

 

さて、次の難問は、就労ビザが取れるかどうかです。

そのために、「中国人民共和国外国人就業許可証書」が必要ですが、

書類を色々と揃えないとだめなので、すごく面倒です。

 

そこで、ランク分けの採点基準を調べてみました。

 

Bランクを取得するには、最低でも60点は必要です。

Aランクの「高級人材」は絶対に不可能です。

「中国の発展に不可欠な外国人人材」でなければなりません。

要するに、中国にとって利益のない人は要らないということです。

 

それでは、どのような採点基準なのか見てみましょう。

厳しいです!!!

 

大学も世界的に有名大学出なければならない・・無理

教育水準は博士号あるいはそれ相当…無理

中国語ただ話ができるだけではなく検定試験を合格…無理。

中国から支給される給料・・・45万元…無理

年齢60歳以上は採点0点・・・・涙

 この基準を見るとランクBを取得するのがかなり難しいようです。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

威海の漁師

2017年02月20日 | 中国・威海

威海は三方を海に囲まれていています。

海岸線は1000キロメートルもあり 

三つの大きな漁場があって中国最大の漁業産地です。


その中で小さな漁港は数えきれないほど点在しています。

収入源は農村よりも多くあり、そのためか若い人が働いている姿をよく見かけます。

 

 

 

 

 

 

大型船は小さな港には入れないので、漁から帰ってくると

小さな船に積み替えて港まで運んできます。

 

 

 

 

 

母船が帰ったときは小さな港も活気づいて男たちは忙しく動き回っています。

捕った新鮮な魚は、すぐ港で即売が始まります。

 

 

 

 

 

  仕事が一息ついたころ、

一般のお客さんが行くと残った魚は安く売ってくれます。  

 

 

 

 

 

若者は船の後片付け、

冬の漁は寒さが厳しくて大変です。

 

新鮮な魚を買い求めるのでしたら、午後の4時ぐらいに港のところに行けば

その場で新鮮な生きのいいものを買うことができます。

 

しかし、乱獲のために近海では海の資源が少なくなり、

隣国まで行って操業するためにトラブルをよく起こしています。

昨年はアルゼンチン沖で違法操業を行い海上警察に撃沈されました。  

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加