アメージング アマデウス

天才少年ウルフィは成長するにつれ、加速度的に能力を開発させて行きました。死後もなお驚異の進化は続いています。

艶華 中森明菜

2017-03-20 22:59:22 | ポップス
 中森明菜の艶華を聴いた。演歌でも、怨歌でもない艶華です。読んで字の如
く艶やかな華ですが、この華は一筋縄では正体を表さない。大体上手いのか下
手なのかも判然としない、全ては謎に包まれています。
 不思議なアルバムだ。演歌のカヴァーで有りながら、歌い上げたり、コブシ
を利かせたり決してしない。歌うと言うより語っているようだし、童謡に聞こ
えたりもする。
 普通演歌のカバーをすれば、大抵の歌手はオリジナルを模倣したり、対決し
たりするものだが、明菜にその意識は全く見られない。彼女はディーバという
言葉を使わず歌姫と称しているようだが、何度か聞き返している内に意味が分
かった。
 明菜はことのは(日本語としての言葉)を大切にしているのだ。伴奏と編曲も
ミキシングも見事に使命を果たし、呟いたり囁いたりしているように聞こえて
も、歌詞は極めて明瞭だ。
 評判はかなり芳しく無いようだが、わたしは高く買います。
 特に絶品なのが、越冬つばめだ。極めて色鮮やかな序奏に始まり、明菜が囁
き始め、次第にテンションを上げていくが中々気づけない、ヒュリーヒ
ュリーララ、といきなり歌い上げた。絶妙な間の取り方と演出だ。脱帽です。
矢張り彼女は強かな歌姫で、歌も多分かなり上手いのだ。
 和洋折衷の管弦楽団は一貫して艶やかに華を奏でていますが、明菜の低く呟
くが如き歌声の邪魔をしません。また、曲間も通常よりもかなり短い。そうで
す、これは組曲なのです。演歌カバーの曲集ではなく組曲・艶華なのです。
 何度か聴く内にすこしづつ好きになり、今ではすっかり中森明菜の術中に填
まってしまいました。
 演歌やポップスが嫌いでも好きでも、中森明菜が嫌いでも好きでも、一聴に
値する名盤と、わたしは見ました。
 欺されたと思って、どの曲でもいいから、最低三回くらいは聴いて見て下さ
い。きっと面白さに気が付くと思います。

艶華-Enka-
クリエーター情報なし
UNIVERSAL SIGMA(P)(M)



1. 艶華I(Instrumental)
2. 天城越え
3. 無言坂
4. 氷雨
5. みちづれ
6. 越冬つばめ
7. 艶華II(Instrumental)
8. 悲しい酒
9. 舟唄
10. 石狩挽歌
11. 矢切の渡し
12. 夜桜お七
13. 艶華III(Instrumental)

商品の説明
『歌姫ベスト』『バラードベスト』と立て続けにリリース、精力的な動きを見せる中森明菜。彼女がデビュー26年目に突入して心機一転!全曲“演歌”のカバーによるアルバムを発売。
トータルプロデュースに、数々の中森明菜作品を手がける千住明氏を迎えて、氏自らも数曲アレンジを担当。原曲のイメージを尊重し、リスナーを限定しない、老若男女が楽しめる上質なカバーアルバムに。期待盤!

メディア掲載レビュー

ロング・ヒットを記録した『歌姫』シリーズに続いて、中森明菜がオール演歌によるカヴァー・アルバムを発表しました!`歌って欲しい演歌募集`企画で上位3曲に選ばれた「天城越え」「夜桜お七」「越冬つばめ」のほか、演歌の名曲を多数収録。中森明菜×千住明によるゴージャス(艶華)な新世界で魅了します!! (C)RS
(アマゾンHPより)

   2017年3月20日    Gorou
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 華厳二稿 Ⅶ かぎろひ(終章)  | トップ | 我が青春に悔いなし »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Gorou 様 (うらら)
2017-03-20 22:07:45
中森明菜さん…色のある方ですよね。
とっても、魅力的だと思います。

読者登録、ありがとうございます。
時々の更新になりますが、ヨロシクお願いいたします。
こちらこそ (Gorou)
2017-03-20 23:03:58
こちらこそ宜しくお願い致します。
いままで明菜さんの歌は余り聴きませんでしたが、今は艶華に填まっています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL