Cogito

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

Happy Birthday!

2017-03-13 10:44:52 | 日記
今日はPapasanの80歳の誕生日。
寒い日だ。しかも小田原市立病院まで、半年に一回のペースメーカーの検査に行かなければならない。

「お釈迦さんの亡くなった80歳まではどうしても生きたいと言っていたけど、その80歳になったよ。では今後の目標は?」とPapasanに意地悪な質問をした。「元気になる」と答えた。「うん、元気になるのは、自分でやらなきゃなれないよ。病気は気からっていうじゃ~、病人だと思うから病人になるんだよ。昔にかえることはできないから、今の状態に慣れて、それを基本にできることをしていくんだね」と言った。
そんな会話が頭に残っていたのか、タクシーを呼ぼうというと、「駅まで歩く」と頑張った。で、初めて駅まで歩いた。途中何回も立ち止まり「駅ってこんなに遠かったっけ」とぼやいていた。低いと思っていたけど、地下道への石段も低くはなかった。構内にはタクシーは並んでいた。「帰りはクシーに乗ろうね」私だって駅まで遠かったから、Papasanはさぞや疲れただろう。一応30分前に家を出たが15分で着いた。あとはベンチに座っていた。次の難関は乗車。ここらへんなら少しは隙間が少ないかと思っていたが、これも外れて、乗せるのは怖いくらいだった。乗るとすぐに中年の男性が席を代わってくれた、Papasanを座らせると、その隣の男性が立つので「私は大丈夫です」と断って立っている。

先ず、レントゲンと心電図の検査をして、予約通りにペースメーカーの検査をした。そのあと、ひたすら待つのだが、意外と早く呼ばれて内科に行った。でてきたpapasanが28日にまた来るのだという。??
そのあと介護士さんが来て説明してくれた。3月28日はCT検査。その検査結果を診断するのが4月4日、となっている。4月4日は私は無理だが、何とかしようと帰ってきた。しかし何とかはならなかった。そこで電話をして4月4日を取り替えてくれと頼んだ。付き添いなしで電車には乗れないから、と。木か金にしてほしいというと、不整脈の検査なので、火曜日しかないという。4月の火曜日は全部ダメ、私の白内障の手術があるから。じゃ~湯河原でも受けられるからCTをキャンセルしてくださいというと、診察日を5月にしたらどうかという。GWの初めは嫌だったが、5月2日に予約した。やり取りを聞いてたPapasan、「申し訳ない」と謝っている。

思いがけず息子が迎えに来てくれた。早く仕事が済んだので、寄ってくれたのだ。「買い物していきますか」と言われたが、疲れてしまったので、家に帰る、と言った。

往き、歩いたので二藤さんの前に「ブリあります」の張り紙を見た。そんな話をすると二藤さんに寄ってくれた。でもぶりはもう1さくしかなく、
明日またおろすというので、明日にする。うちには照り焼き用につけたブリの切り身がある。今夜はあれでいいにしよう。

夜、メールを見るとアンドレイさんから誕生祝いのメールが届いていた。朝(ベラルーシの朝だから日本では午後)、電話をしたのだけど留守だった、と。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とんだ騒動 | トップ | チェルノブイリの祈り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。