東京湾ロマン

東京湾に魚の群れを追って釣り探険。
フグやカレイなどとの遭遇をスケッチする私的日記です。

真夏の暑さに出撃見合わせ(^^♪

2017-05-21 22:11:42 | フグ

 21日(日)は湾フグ午後船に乗ろうと目論んでいたが、朝、外に出てみたらと暑い!まだ5月というのに、まるで真夏みたい()。横浜・青葉区から船宿に向かう電車の出発時刻が迫り、釣行見合わせを決断。これから真夏に向かうのに、これでは先が思いやられると苦笑いした

昼下がり、午後船はもう出船した頃だな~と想像しながら、街中を散歩すると、こりゃ~暑い。お好み焼きの店でこんな吊るしというか旗が目に止まった^^♪。

「氷」

何とも涼しげなデザインに誘われ、たまらず店内へ。お好み焼き店だった。「宇治金時」や何種類かのかき氷のメニューがあったが、定番中の定番、「いちご」を注文。

昔ながらのかき氷

ミカンなどフルーツのトッピングも旨そうに見えるが、当方は今でもクラシックな氷菓が好きだ。今年初めてのかき氷、ひととき暑さを忘れることが出来た♪。

スーパーの店頭

冷やし中華も♪

スーパーもこのところの暑さで敏感に反応、品揃えが涼しげな店頭を見ると、“さっと水でほぐすだけ、ゆでずに簡単”など、麺類のそばやそうめんの冷やしのPRが目についた。予報通り、本日は関東各地も今年1番の暑さになり、横浜も気温が30℃にまで上り、真夏日を記録したとか

金沢八景「野毛屋」午後船

気象庁の予報によれば、あす22日(月)は暑さは少し和らぐが、やはり暑い1日になりそうとか。何にせよ、この程度の暑さにめげていては釣り人は務まらぬというのは自分自身百も承知だが…

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

 是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

フグ刺しの晩酌と一汁一菜^^

2017-05-16 23:01:41 | フグ

 先日、東京湾のショウサイフグ狙いで金沢八景から大貫沖に出撃すると、何とか本命2尾が釣れた。数は物足りないが、今季初の極旨ブランドをどう頂くか思案したが、結論は定番のコレ!

関西の“てっさ”

ショウサイの身欠きは3枚下ろしにして刺身に切り分け、2尾のうち1尾分を盛り付けると、上等の一人前になった♪。2尾のサイズはどちらも30cm近い良型なので当方にはこれで十分だった

身の美しさにうっとり♪

同じ湾フグの仲間でもアカメやトラフグは身が固いので暫く熟成させるが、ショウサイの身はプリップリッと柔らかく、釣行当日からすぐ美味しく頂けるのが楽しい♪。

薬味

フグ刺しはやはりポン酢和えが旨い!薬味はもみじおろしと刻みネギ。家でフグ刺しが楽しめるのは釣り人ならではと、いつもながら有難さを噛みしめた。フグ刺しを肴に晩酌が進んだのは言うまでもない(^0^)。

刺身&薬味と並ぶ冷酒は“糖質ゼロ”。当方も、もう年輩だし多少はヘルシーを心掛けているのだ(^^♪。

白子のポン酢和え

刺身とともに白子もポン酢和えで味わえた。フグ船に同乗した客から、“良かったら~”とお裾分けがあり、1尾分を有難く頂いた。

こちらはフグの味噌汁。身欠きと中骨にワカメと豆腐。味噌汁にショウサイは勿体ない気もするが、奇しくもテレビや雑誌でお馴染みの料理研究家が提唱する“一汁一菜”。ショウサイの味噌汁とご飯だけの一汁一菜で二日分の朝食を頂いた(^^♪。父子二代続く料理研究家も、こんなレシピを褒めてくれるかも~。

東京湾でトラフグ爆釣が起きたのは去年4月。2年目の4月もトラフグ乗合が成立するほど釣れ、当方もトラフグ乗合に参戦し本命をゲット!それから1か月、連休明け12日(金)はショウサイ狙いだったが、本命は釣れたがメスばかり()。今度は自分で釣ったオスの白子を食したい

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅ればせのショウサイフグ参戦♪

2017-05-14 20:21:48 | フグ

 新緑の12日(金)、東京湾へルンルン。横浜・金沢八景「野毛屋」フグ船で出撃だ。連休中の釣行をしそびれ、湾フグは先月12日のトラフグ乗合以来1か月ぶり。今度の目当てはショウサイフグ。釣り場は内房の大貫沖へ。

フグ船「第一忠丸」

早朝に岸払いして東京湾に出ると、間もなく第2海堡を通過。当方には去年10月以来の光景だったので懐かしい♪。

開発が進む第2海堡

大貫沖に錨を降ろし、係釣りが始まると、すぐに“型を見たよ~”と健船長がアナウンス。左舷胴の間からは目撃出来なかったので、右舷トモ側だろうか^^。

各種カットウ針

ナツメや丸型の錘を使ったフグ独特のカットウ針。潮が早いので、錘はナツメ10号と丸型15号を使い分けた。曇り空から日も差してきて、すっかりバカンス気分だ。そうなるとクーラーボックスから取り出したのはコレ!

爽やかに缶ビール

エサの赤エビは殻を剥き終えていたし、臨戦態勢バッチリだったが、困ったことに仕掛けが船底へ流れ、釣りづらい。塩尻らしい()。魚が掛かったら注意しようと思った。道糸が船底に擦れると新素材のPEでさえ簡単に切れてしまうからだ。しかし、そんな心配はご無用!なにしろ竿先は一切揺れなかったのだ()。

ヒトデばかり連発!

賑やかな右舷側とは対照的に釣り開始から4時間余り、当方に釣れたのはアナゴの仲間のほかは次々と迷惑なヒトデばかり。殺生はしたくないが、フグの天敵というので、“死刑”の天日干しを励行。

富津岬

フグ船は昼前、富津岬や第1海堡を見渡す釣り場へ移動。これが当方には大きな転機となった。正午過ぎ、誘いを繰り返していると、穂先が一瞬おかしい!合わせると重く強い引きが腕に伝わった!負けずに抜き上げると待望の本命だった^^。

今季ショウサイ第1号♪

喉元にカットウがクリーンヒット!サイズはまずまずの28cmだったが、体型がややスマートなので気になった。白子持ちのオスなら背中の左右が菱形に見えるのに…(^^♪。

ちょっとスマートだねぇ~

何はともあれ本命ショウサイの今季第1号を素直に喜んだ()。これからの白子祭り、真夏に向けて暑くなってくるから、冷えたビールが一段と旨くなるので楽しみにしている

尾目のショウサイ

右隣のミヨシにも注目していたが、熱心に誘っているのにエサさえ取られないと、ぼやいていた。こちらも大苦戦だが、第1号から2時間余り、空合わせにガツンと来た!一瞬、こりゃ~大きいと抗戦したが、意外や意外、第1号とさして変わらない30cm弱の29cm。

白子持ち有望♪

しかし、よく太っていたし、体型が菱形にも見えて白子持ちかもとワクワクしたのだが、沖揚がり前に船長に捌いてもらうと、何と2尾ともメスで白子は空振り!“白いダイヤ”とも称される絶品白子は残念ながら、次回以降にお預けだ~()。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

魚市場はゴミ捨て場!?

2017-05-11 20:11:27 | 魚市場

 「目には青葉、山ホトトギス、初鰹」。そんな新緑の季節を迎え、わが家の食卓もカツオの刺身が登場することが多くなった。スーパーの店頭には房総・勝浦港に水揚げされたばかりの新鮮なカツオの柵や刺身がずらり♪。

カツオの刺身

横浜・川崎市民の台所、川崎北部市場の魚市場を久しぶり覗いた。東名高速・川崎ICに近い市場は各地から保冷車で鮮魚が送られてくる。場内は一般市民に小売りする店もあるが、業者相手の卸売りの店も多く、早朝の駐車場は買い出し業者の車がひしめいている。

魚市場の場内

魚市場の駐車場

市場のトラフグ

魚市場は釣りに行けないときの癒しのスポットだ。色んな魚を眺めているだけでも楽しいし、本日もまずはトラフグにご挨拶(^^♪東京湾でこの春も釣れた30cm前後のトラが店頭に並んでいた。しかし、当方の目当てはこちら!大好きな竜田揚げが食べたい。店も早く売り尽くしたかったのか、随分とサービスしてくれた(笑)。

鯨肉(アイスランド産ナガスクジラ)

※魚市場もグローバル化♪

鯨の刺身はスーパーでも買えるが、市場の方がお買い得だ。日本が調査捕鯨で細々と捕獲している鯨も出回るが、市場の鯨は大抵が北欧のアイスランド産。市場に並ぶホンマグロも地中海産など外国産が多く、マグロは海外から航空便で輸入されてくるのが今や常識。魚市場もすっかりグローバル化しているのだ♪。

地中海マルタ産のホンマグロ

車内にマイカーの通行証掲示

実は馴染みのこの市場で“異変”があった。買い出し業者には以前から車の「通行証」が義務付けられていたのだが、この通行証がマイカーにも必要になったのだ。市民に敷居の低い市場に何があったのか?市場を管理する川崎市の現地事務所に訳を訊いてみたら意外や意外!

一番の理由は業者用の駐車スペースにマイカーが駐車するので、車が置けないという苦情が寄せられたからとか。なるほど、とこれには納得したが、もう一つの理由にはビックリ仰天!

※市場はゴミ捨て場か!?

広大な駐車場だが…

魚市場の駐車場は広大だが、要らなくなった洗濯機や冷蔵庫などの家電が放置されるばかりか、極端な場合、車までも置き去りにされることもあるとか!ナンバーや車検証を取り除けば、そんなことが出来るのか分からないが、マイカーの通行証は、市場がゴミ捨て場になるのを防ぐ手立てだった。通行証が必要という注意書きが何度もワイパーに挟んであったので、やむなく手続きしたが、釣り人に優しいスポットは大切にしたい。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

捕らぬ白子の皮算用ですが~(^^♪

2017-04-29 21:48:51 | フグ

 待望の大貫沖出撃が連休後半に叶いそうだ。金沢八景の定宿「野毛屋」は久里浜沖のトラフグ乗合とともに2日から大貫沖のショウサイフグ乗合にも出船するとか。春のトラフグ乗合2年目は去年ほどの爆釣こそ無いが、小型中型とともに大型も混じり、思いのほかのロングランになっている。

久里浜沖

東京湾の出口に近い深場で、今年4月もトラフグ乗合が成立したことは興味深い♪。付近の海域にトラフグが棲息していることを裏付けるからだ。毎年夏場、トラフグの稚魚を東京湾と相模湾に放流してきた神奈川県水産技術センターの長年の取り組みが実を結んだのかも知れない~♪。

記念すべきトラフグ

当方も物は試しに初めてトラフグ乗合を体験。サイズは物足りなかったが、本命がゲット出来た♪。大型とおぼしき当たりを掛け損なかったのは口惜しがったが、いつかでかいのを仕留めてやるというモチベーションは出来た(^0^)。

大貫沖(去年6月19日)

さて、湾フグはいよいよ大貫沖のショウサイフグの季節だ。オスの精巣、白子の登場が待ち遠しい♪。白子は“白いダイヤ”と持てはやされる珍味。捕らぬ白子の皮算用だが、今年も白子を楽しみたい~♪

白子ムニエル

白子持ちのショウサイが釣れたら、一番のお気に入りはムニエル。新鮮なうちに白子をボイルしてオリーブオイルで唐揚げ。小麦粉か片栗粉をまぶして、下味は塩コショウだ。サクッと噛むと、中からとろーり、クリーミーな舌触りが堪らない。

白子のポン酢和え

白子のポン酢和えもgoo~だ♪ボイルした白子を長葱と、もみじおろしを薬味に晩酌も乙なものだ。冷酒にもビールにも合う酒のお伴だ♪

白子の塩焼き

茹でた白子をアルミホイルに置いて塩をパラパラ。あとはコンロでこんがり焼くだけ。白子のレシピはどれもシンプル♪手間がかからない美味しいファストフードだ。

野毛屋桟橋(今月12日)

定宿のショウサイ再開には仕事の関係で間に合わないが、連休後半にぜひ乗船したいと楽しみにしている。例年は連休前半にゲットしていた白子。今年はやや遅れるが連休中に白子を拝めるなら文句無しだ♪

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の連休は白子が拝めない?

2017-04-26 21:10:57 | フグ

 東京湾のフグ釣りは春のトラフグ乗合が閉幕すると、今度はショウサイフグ狙いで舞台は内房・大貫沖へ。湾フグはここ数年アカメの台頭に加え、去年4月の劇的なトラフグの登場で様変わりした。釣場もアカメなら八景沖一帯の浅場だが、トラフグは久里浜沖の深場。季節もアカメは秋~冬だが、トラフグ乗合は4月限定だ。

大貫沖の野毛屋フグ船(去年4月)

湾フグと言えば以前はショウサイフグ、釣場は大貫沖で決まりだった。今や今昔の感があるが、ショウサイはせめて初夏から秋にかけてはあの輝きを取り戻してほしい。一つは梅雨時とほぼ重なる“白子フグ”、もう一つは初秋の“寄りフグ”だ(^0^)。

巨大な白子(2015、05、29)

新緑の季節になると、白子が待ち遠しい。産卵に備えるショウサイのオスの精巣だ。白子は急速に成長、一昨年5月末に釣れた白子は、梅雨入り前だったのにびっくりするほど巨大化していた。ショウサイの産卵は謎めいているが、梅雨時に五月雨式に行われるようだ

こんな白子に垂涎♪

白子は釣り人にモテモテだ。フグは内臓に猛毒があるのにショウサイの白子は安全どころか、とても美味しいので“白いダイヤ”と称され、フグ乗合は活況を呈する。そのシーズン本格化前にここ数年は連休前半に自身の白子第1号をゲットしていたので、今年もワクワクだった。

久里浜沖の「第一忠丸」(今年4月)

ところが、定宿の金沢八景「野毛屋」は連休30日(日)までトラフグ乗合の予約を募っていたので、大貫沖のショウサイ乗合はそれ以降か、と思いきや、トラフグ乗合は何と連休最終日の5月7日(日)まで予約の受付を延長するとか!

野毛屋桟橋(今月12日)

う~ん、これは困った。連休後半にショウサイ乗合で出撃、白子をゲットしたいと目論んでいたが、トラフグ乗合が延長だと、連休中の白子の望みは潰えそう()。しかし、折角の連休だし、トラフグ乗合にもう一度チャレンジも面白いかも♪このところ、船中1尾とか、バラシ多数の釣果欄が気になるのだが…()。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラフグ狙いか白子フグか?(^^♪

2017-04-21 20:52:07 | フグ

 東京や横浜のソメイヨシノはすっかり葉桜となり、新緑の季節へ。当地、横浜・青葉区では初夏を彩るツツジが咲き始めた。あと1週間もすれば大型連休。スーパーの店頭には早くも鯉のぼりが登場している。

生け垣のツツジ

鯉のぼりのミニチュア

※トラフグ乗合は連休突入

船宿「野毛屋」

例年だと、ショウサイフグの白子シーズンが待ち遠しい時期だが、今年はいささか様変わり。定宿の横浜・金沢八景「野毛屋」では、トラフグ乗合は連休の30日(日)まで予約を受け付けるというので、ショウサイ乗合はそれ以降になりそうだ(^^♪。

※連休前半は白子フグの吉日♪

去年初の白子2尾分(右下)

実は連休前半は当方には吉日だ。去年も一昨年も5月1日に湾フグの本場、大貫沖でショウサイのシーズンお初の白子持ちをゲットした。白子とはフグ釣りファンなら百も承知だが、梅雨どきの産卵に備えるオスの精巣のことで、食べると絶品だ♪。

一昨年初の白子1尾分

ブログを遡ると、3年前の初めての白子フグも連休前半の29日だった。“白いダイヤ”とも称される珍味の白子、当方は3年連続、連休前半にゲットしていたのだ

※トラフグ乗合で本命ゲット!

記念すべきトラフグ

東京湾の4月のトラフグ乗合は2年目の今年もすこぶる人気だ。湾フグ各船が釣り場に乗り入れており、当方も先日、初体験、何とか“型”を見たが、ここに来て釣果が下火になっているのが気懸りだ。去年4月、世間をあっ!と驚かせた東京湾のトラフグ爆釣。来年以降も4月にそこそこ釣りが楽しめるなら素直に嬉しい♪。

フグ船「第一忠丸」(先日12日)

※白子フグも待ち遠しい♪

一方、大貫沖のショウサイも目下、低迷しているらしいが、野毛屋の第一忠丸も、いずれ大貫沖に舵を切る筈だ。新緑の5月は、まだ白子シーズンの走りだが、やがて釣行のチャンスが来るのを楽しみにしている

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

江戸前トラフグごちそうさん♪

2017-04-16 20:30:10 | グルメ

 先日(12日)、トラフグ乗合で東京湾に出撃すると、本命1尾ゲット。釣って楽しく食って美味しいフグ。昨今、料理店などに出回るトラフグは養殖物だが、こちらは正真正銘、れっきとした江戸前の天然物だ。虎の子のトラフグは関西で“てっちり”と呼ぶフグ鍋を楽しむべく、まず三枚おろし~。

トラフグの身欠き

左右二枚の身欠きと真ん中は中骨。この中骨からコクのある出汁が出るので鍋の底にしのばせる。野菜は白菜のほか、長ネギ、エノキにハルサメ。ときにシイタケや春菊も使うが、今回はシンプルな鍋だ。

フグ鍋

調味料と薬味はポン酢に刻みネギと、もみじおろし。変哲もない定番レシピながら、もみじおろしに、さらに一味唐辛子を加えたピリ辛がお気に入り。取り皿の表面が赤く見えるのはそのためだ(^^♪。

取り皿

フグ鍋は夕食と晩酌を兼ねて堪能した。鍋を楽しんだら、翌朝の〆はフグ雑炊♪ この朝食のために前夜からご飯を冷蔵しておいた。炊き立てのご飯だと、雑炊が水っぽくなり旨くない。冷たく固くなったご飯を熱い鍋で加熱、最後に溶き卵を入れると、味も食感もgoo!そのためなら、わざわざご飯を冷蔵しておく労は厭わない(^^)。

雑炊

天然トラフグの雑炊など、滅多に望めない(^^♪。鍋に沈めた中骨のおかげで、雑炊も美味しく頂いた。フグの雑炊と言えば、前回はアカメ狙いでキムチ雑炊を食した。アカメに続いて、今度はトラフグ。絶品フグの雑炊連発は釣り人ならではの幸せだ(^0^)。

トラフグの虎の子

鍋や雑炊を堪能した江戸前トラフグ。トラフグ乗合にもう1回乗りたいが、乗合がいつまで出船出来るのか先行き不透明だ。東京湾で去年4月に起きたあの椿事。湾フグ各船が釣場に殺到したが、騒動はあっという間に終了したものだ。まだ気が早いが、東京湾ではショウサイフグの白子シーズンも次第に近づいている。

 只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京湾トラフグ乗合の虎の子(^^♪!

2017-04-13 17:39:25 | フグ

 12日(水)早朝、横浜・金沢八景からトラフグ乗合で東京湾に出撃!定宿「野毛屋」は予約制で1隻20名ずつの2隻出し。トラフグ乗合初体験の当方は2隻目「第三忠丸」の左舷ミヨシ3番手に入った

出船前の第三忠丸

いざ東京湾へ

釣行は2月下旬のアカメ狙い以来、1か月半ぶり。ここ数日の船宿釣果を見ると、食い渋っているのかトップでさえ3尾や2尾とあったから、“おでこ”の危険もいっぱいだ(^^♪。船は定刻通り、7時15分に出船。気分は誰しもワクワクドキドキだ

観音崎

第三忠丸は三浦半島の観音崎を右手に見つつ東京湾を南下、火力発電所を臨む久里浜沖へ。ここが朝いちの釣り場だった。トラフグ乗合はアカメ狙いと同様、錨は降ろさない流し釣りだ。

久里浜沖に到着

日本一の名山

天気は前日の冷たい雨が噓のように文句無しの釣り日和♪。予約した日がこんな上天気に恵まれるとは幸運というほかない(^^♪。久里浜のはるか向こうには富士山がそびえていた。沖釣りはこんな光景が楽しめるので嬉しい♪

フグ竿は健流コンセプト5

仕掛けのカットウは川崎の釣具店特製のナツメ錘20号。このカットウを4号のリーダーと連結して道糸PEにセット。両舷、大勢が仕掛けを降ろしたが、当たりはさっぱり。釣り開始から50分ほど経過したころ、ようやく左舷トモで船中第1号のトラフグ!バケツに泳ぐ本命を撮影させて貰った^^。

トモの船中第1号

俊之船長によると、朝いちの釣場は水深50~60mあたり。私は最初から20~30mの棚を中心に探った。トラフグの当たりは水深20~30mで出ることが多いと、船宿で聞いていたからだ。すると、第1号から約1時間、当方の竿先がざわついたので、即合わせた。しかし、手ごたえがないので空振りか、と一瞬思ったが、穂先は正直に揺れていた^^。こりゃ小さいな~と思いつつ水面に浮かしてそのまま取り込んだのがコレ!

本命の船中第2号

カットウ針が胸に掛かっていた。出会い頭の不運に怒っているのか、腹を目一杯膨らませていた(^^♪。フグには悪いが、当方は本命に感謝して缶ビールで乾~杯♪

祝杯が旨い♪

それにしても釣り開始から2時間も経つのに、この時点で船中まだ2尾。天気は良いのに何故か釣れない。釣り業界で言う“凪倒れ”か(^^♪。

俊之船長

トラフグ乗合は午後に入っても沈黙が続いた。船長は懸命に転戦してくれたが、どこでも当たりが出ないので苦戦。当方が口惜しいのは沖揚がり1時間ほど前の出来事だ。水深20数mあたりを誘っていると、いきなりガツンと来た!しかし、掛け損なった。もう一度誘うと、微かに反応があったのにまた取り逃がしてしまった(涙)。仕掛けを上げると、エサのアカエビはぼろぼろ。無残なエサ針に口惜しさが募った。“逃がした魚は大きい”かも知れないが、釣り人的にはあれが大型トラフグだった気がしてならない♪。

付近の湾フグ各船

僚船「第一忠丸」

周りの海域には東京湾の主だったフグ船が乗り入れていたが、どの船も静かだった。野毛屋から2隻出しの僚船「第一忠丸」も近くで奮戦中。第三忠丸の船中は釣れた人が4人で1尾ずつ、合計4尾止まりの撃沈模様だった。あんな大勢の中で私はとてもラッキーだったのだ。

東京湾フェリー

釣り場の海域は久里浜と千葉・金谷を結ぶ東京湾フェリーの航路の近く。当方は口惜しい場面もあったが、何とか本命の虎の子が1尾釣れ、海で英気も養えたし、初のトラフグ乗合はまずまずの釣行だった。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

東京湾のトラフグに虎視眈々(^^♪

2017-04-08 20:50:40 | フグ

 湾フグを巡る耳寄りな情報を目にした。フグ釣りの横浜「野毛屋」のHPにトラフグ狙いで予約制の2隻出しを始めるとあったからだ。船宿の「第一忠丸」が東京湾の深場で探索を続けていたら、大中小のトラフグが釣れ始めたらしい。フグ釣りファンなら誰しもが注目したニュースだろう(^0^)。

野毛屋の船宿

※トラフグ騒動再来?

去年4月の前代未聞の大事件。特大や大型のトラフグが東京湾で大漁に釣れたというので湾フグの船宿も釣り人もびっくり仰天した!()。定宿野毛屋のトラフグ狙いの乗合にも釣り客が殺到!早朝、車で乗りつけた人たちでさえ、2隻出しでも大勢あぶれたというから、電車釣行の当方など涙を呑むしかなかった()。トラフグ騒動はのちにTV各局のニュース番組で大きく取り上げられた。

大型トラフグ(TVリポートから)

※トラフグ狙いにチャレンジ!?

今年もその4月を迎え、トラフグ乗合は指を咥えて眺めるつもりだったが、ここに来て光明が見えてきた♪。定宿HPには「トラフグ乗合は2隻出しで完全予約制」とあった。予約してあったら1隻20名ずつ計40名まで乗船出来るというのだ

健船長のフグ船「第一忠丸」

※トラフグ用の特製カットウ!

シマヤ釣具店

定宿の健船長と昵懇の川崎の釣具店へ向かった。この店でトラフグ用カットウ仕掛けを作り始めたというので興味津々♪。目指す「シマヤ釣具店」は川崎大師に近い道路沿いにあった。社長兼店長の山口勉さんから、今作ったばかりだという特製のカットウ仕掛けを2点買い求めた。

山口店長と特製カットウ

仕掛けの錘はナツメの20号。錘の色は白もあったが、メタルカラーの方に決めた。トラフグ用のカットウは丸型の20号錘を使った自前の仕掛けも用意してあったので、これで2種類のカットウが揃った(^0^)。

期待の特製カットウ

※まさに釣りロマン♪

船宿では週明けの10日(月)から16日(日)までの予約を始めたので、当方も仕事の日を外してエントリー。当日の天候次第で出船出来ないかも知れないが、予約しなければ始まらない(^^♪。

小型トラフグ(去年11月)

小型トラフグならアカメ狙いの外道で去年11月にも釣ったばかりだが、大型トラフグなど、そうそう釣れるものではない。釣れなくても語り草になるし、万が一、大型が釣れようものなら万々歳!最高の釣りロマンだ。

只今、「釣りブログ村」ランキングに参加中です。 

是非、この「船釣り」ボタンをクリックして下さいね!

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村 

いつも応援有難うございます(^^)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加