enjoy

炭焼き母ちゃんの奮闘記
スローライフ・エコライフ・エンジョイライフ

梅酒あれこれ

2017-07-16 17:44:43 | 日記

 

 
6月の仕事
梅仕事。6月に入ってから始まるのが普通だったが、地球温暖化のせいか?今年は特に暖かかったからか5月の20日過ぎには梅の実ができあがってきて、「早く採らないと落ちていく~」くらいの状......
 

今年も漬けました(^_^)v
なんせ、これができるのが梅仕事の楽しみ

パープルクィーン梅酒。6月1日に漬けました。
パープルクィーンの個性を生かしたいからオーソドックスにホワイトリカーと氷砂糖のみ。

 
ウィスキー梅酒。梅酒漬けるには最高の品種の”古城(ごじろ)”を使用。
初挑戦ゆえ、どんな味になるのか?! とても楽しみ~~~

もう1つ。画像には撮らなかったけど・・・ブランデー梅酒。
完熟梅2kgを使用。
梅採りが終わってラッキョウを切っている時にいただいた落ち梅。梅干しに最適なくらい大粒で見事に熟している。
さて、どうする? なんて悩むことなく決めた。
今、4年前につけ込んだ完熟梅酒を飲んでいる。
青梅とは全く異なる何ともいえない甘さとこくのある味を楽しんでいる。
完熟梅酒、最高~~
これが、ブランデーだと、どんな味になるのかなぁ・・・? 
来年ひとくち味見して、2~3年後を楽しみにしよう!!

楽しみ、いっぱ~~い
健康に気をつけて、末永く、おいしく、楽しくお酒を飲み続けられますよ~~に

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終了(^_^)v

2017-07-02 16:54:38 | 日記
 
7月・・・

今日7月1日。朝からむせかえる様な、でも久々の快晴。昨日、無事梅採り~らっきょう切りの仕事まですべてが終わった歳だねぇ・・・例年なら梅採りの途中経過やつけ込みの状況くらいは投稿......
 

昨日、7月1日午前中で無事、今年の梅とらっきょうの仕事が終わった。

昨年のブログを読んで、あまり変わらない今年の状況に苦笑いしてしまいそうだ(^_^;)
やっぱ、確実に一年!歳とったんだなぁと実感できる。

昨年との違いは・・・
梅がわりと少なかったことと、整体に行けなかったこと。
法事が済んでから予約を入れるべく電話したら、整体師さんが病気療養中で休診。
主人が診てもらったことのある別の整体師さんは1週間後の予約しか取れずに断念して、そのまま梅仕事に突入するしかなかったのだ。
メンテナンスなしで突っ走った結果、体はボロボロだ(>_<) 明日、電話予約をしようと思っている。
まぁ、「よく頑張った!」とほめてあげたい心境である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本酒で漬けたイチゴ酒

2017-06-04 17:47:57 | 食・レシピ

静岡のお土産にもう1つ、イチゴを4パック相当分の大箱を1つと別に1パック買ってきた。

パックは大粒が並んでいる。”章姫”という銘柄で甘いそうだ。290円。(田辺なら450円以上するだろう)
大箱は”紅ほっぺ”。粒は小さいけど、1箱500円。ムッチャ安い!! ジャムなどにピッタリだ(^_^)v もちろん、そのまま食べてもOK!

昨年、梅を日本酒で漬けた。
実は、その”日本酒で漬ける梅酒”のパックにイチゴをつけるレシピが載っていたのだ。
それを見たときから春になったら漬けたいと思っていた。
イチゴが出回りだしてからずっとめぼしい物はないかと探していたけれど、なんせ高くて手が出せないでいたのだ。


レシピの分量はわからなかったけど、1~2パックもあれば充分のはずやから、こんだけあれば食べる分にまでまわせられるはず!
絶対、お得な買い物だった(^_^)v


イチゴ 500g。 レモン 1個。 氷砂糖 300g。 梅酒のための日本酒 1パック(1.8㍑)
『2~3日で酒に色がつけばOK』と書かれているけれど、ホワイトリカーで漬けたとき約1ヶ月でイチゴをひきあげたから、せめて2週間くらいは置いておこうかな・・・
漬けたイチゴは色が抜けて白っぽくなるけれど、『取り出したイチゴはジャムが作れます』とわざわざ書いてくれてある。 当然、作るつもりだ
二度おいしい”イチゴ酒”

さて、”梅酒のための日本酒”を買いに行ったら、隣に並んでいたおもしろいものをみつけた。

梅酒のためのウィスキー!とでも言うべきか

梅仕事が5月31日から始まった。
昨年は”日本酒”。
今年は”ウィスキー”で漬けてみよう っと

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

強行軍3

2017-05-28 16:40:08 | 日記

さて帰り道。真っ直ぐ走るのは私の性格からしてちょっと無理
同じ休憩するなら、ビューポイントがいい
てなわけで、寄り道!
まずは、近場の道の駅で桜エビとその他地場産の珍しい物をお土産に買う。

御前崎灯台。映画『喜びも悲しみも幾歳月』のロケ地になっていたところだ。

上まで登ったら足がすくんだ 灯台そのものは低い方だけど、海岸との落差が大きいようだ。
気象レーダーや遠くには風力発電機が点々と立っている。
灯台の上ではそれなりに強い風と感じるけれど風力発電のプロペラは回っていないのが不思議に思った。

御前崎の先端。北緯34°35'42”、東経138°13’36” だそうな・・・

車を路肩に止めて、運転席から撮った。この間を通り抜けて走るなんて壮観だ(^_^)v

景色を堪能しながらひたすら運転。目指すは浜松駅!

予想通り、12時過ぎに浜松到着! お昼ご飯は当然!うな重
偶然にも”うな炭・・・”とついていてラッキー
店内にはいると炭を並べて焼くところが見えた。案内してくれた店員さんいわく、ご当地でも炭火で焼いている店は少ないそうだ。
ただ、ちょっと悲しかったのは・・・”本場備長炭”と書かれていたこと。
一瞬しか炭は見えなかったけど、白炭は白炭だったものの、備長炭とは違った様な感じだった。
そして、看板はあがっていなかったから多分違うんだろうなぁ・・・
まぁ、”備長炭”て書くだけでハクがつくんだろうなぁ・・・
そんなことしなくても炭で焼いてるだけあって、外はカリッ、中はフワ~ッ、言うことなしにおいしかったんだけどなぁ・・・

せっかくだから、ウナギの聖地?浜名湖もフラッと走った。

鳥居の後ろの橋は1号線。左が東京側で右が名古屋方面。
実は1号線を左に海、右に浜名湖を見ながら走り抜けたのに、わざわざ中に入って、弁天島で休憩をした。
ただ1号線を走ってるだけでは鳥居は見つけられなかったので、寄り道して得した気分だ(^_^)v

そんなこんなで、自宅に帰り着いたのは夜10時。
48時間、走行距離1,422km。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

強行軍2

2017-05-27 15:37:30 | 日記

東京と和歌山の間、どっちかというと東京よりにいとこが在住している。
休憩地点にするにはちょうど良いところ。おまけに料理屋を営んでいる。

出発前に場所を確認して連絡もいれて、近場に宿泊の予約をとっておいた。

法事と会食を終えて向かった。
さすがに眠たさに勝てず、パーキングで小1時間ほど爆睡した。
主人は会食でビールを数杯飲んでるから助手席で爆睡。運転席で私もばくすい・・・
かなりみっともない、醜態をさらけだしていたとは思うけど、そんなこと言ってられない
お陰でばっちり目が覚めたそのあとの運転は快適だった。人目なんて気にしてられなかった安全運転が第一だ!

宿泊先でひとっ風呂浴びてから、小料理屋へ。

旬のかつおのお刺身の盛り合わせ。お店の主人つまりいとこのおまかせで出してもらいました。
実はその前にもっと旬の品が出ていたんだけど、感動してパクついてしまって写真は撮ってない(^_^;)
桜エビの生!! 今ならでは! この地ならではの一品だ(^_^)v


さわらの西京焼きとだし巻き卵、手前の総菜はなんだったのか?気になりつつも聞きそびれてしまった。
なんせ、おしゃべりにも忙しかったから・・・

桜エビのかき揚げ。みどりは三つ葉。お塩でいただいた。
超ビッグ!で食べきれるか心配になったけど、なんのなんの、熱々に大喜びでパクついて、あとはボチボチと話しながらも箸が進む。
ゴーヤと何かとすり下ろしリンゴを焼酎で割ったヘルシーカクテルにもマッチしていてみごと完食!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加