三浦半島の富士山ビューポイント 荒崎公園

再び 富士山ビューポイントです

今回は荒崎公園 立石公園からさらに南に約10kmです
時間が経つにつれ 富士山にかかる雲が多くなり 山頂付近は見えなくなってしまいました
黄色と黒色の灯台は 亀城礁という浅瀬です

太平洋からの波風に晒されるこの場所は 荒崎という名前に相応しいダイナミックな海岸線が特徴です
夏は 磯遊びやバーベキューでにぎわいそうですが 冬は訪れる人も少なく ちょっと穴場的な場所です




















〔K-3Ⅱ/18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM〕

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

河津桜

早春の彩 河津桜があちらこちらで満開になっています
河津桜といえば その名のごとく 伊豆の河津町が本場ですが 最近は 身近なところでも見かけます
1年前のブログ記事を見ると 雪と氷の北海道で 滝川から新十津川まで歩いて 
存続が危ぶまれる札沼線に乗りに行っていました
それに比べ バイクでお花見ツーリングができるなんて 関東地方はやはり温暖ですね























1~6 〔K-3Ⅱ/18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM〕  7 〔DSC-RX100M2〕

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

三浦半島の富士山ビューポイント 立石公園

富士山ビューポイント 3ヶ所目です

今回は立石公園です
前回の披露山公園から海岸線に沿って南に10kmほど進んだ所に位置します
写真愛好家にとっては 夕日の撮影場所として お馴染みの場所でもあります
いつか夕暮れ時にチャレンジしてみたいものです














〔K-3Ⅱ/18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM〕

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

三浦半島の富士山ビューポイント 披露山公園

引き続き 富士山ビューポイントです
今回は披露山公園です 
前回の逗子マリーナの裏手の小高い丘の上に位置し 逗子マリーナが眼下に見えます
逗子マリーナからの富士山の眺めも良かったですが ここからの眺めは一段とナイスビューです
桜の木も植わっていますので 桜が咲いたら また来てみたい場所です

















〔K-3Ⅱ/18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM〕

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

三浦半島の富士山ビューポイント 逗子マリーナ

関東地方では冬晴れの日が続いています
空気が澄んだ日には 三浦半島からも富士山がよく見えます
三浦半島から富士山までの距離は80~90kmほどですが このところほぼ毎日見えます
某大学の調査によると 東京から富士山が見える日は 
1973年のオイルショックを境に 減少傾向から増加傾向に変わり 最近では年間100日近く見えるとのことです
オイルショックを契機に環境に対する社会の取り組みが変わったということのようで まさにショック療法です

三浦半島の富士山ビューポイントについては 今回からシリーズものでアップします

まず最初は 逗子マリーナからの富士山ビューです
ここからの眺めは 手前に江の島 その先に富士山と 何とも贅沢な眺めです
マリーナには リゾートマンションが併設されていますが こんなすばらしい風景が拝めるマンションに住んでみたいものです


















〔K-3Ⅱ/18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM〕
 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

剱埼の夕景

剱埼は三浦半島の南端 東京湾の入り口に位置する岬です
岬の先端には剱埼灯台が建っています
初代の灯台は1871年(明治4年)に建てられましたが 1923年(大正12年)の関東大震災で倒壊し
1925年(大正14年)に建て換えらました
建て換えられたといっても既に90年以上の歴史を持つ灯台です
使用されているレンズは第2等フレネルレンズで神奈川県最大です
こんな由緒ある灯台ですが まったく観光化されておらず 周りは畑が広がっています
アクセスもあまり良くないので 訪れる人もそれほど多くありません
そんな素朴さが好きで お気に入りの場所です
天気が良ければ 海の向こうに伊豆大島も見え お弁当でも持ってきて 一日中のんびりたたずみたい気分です 





















〔K-3Ⅱ/18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM〕
 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

吾妻山公園の花畑

湘南海岸を見下ろすお気に入りのビューポイントにやってまいりました
小高い丘の上の公園にはこの時季 菜の花が咲き その先には 相模湾 伊豆半島 そして富士山が見渡せます
が・・・当日は富士山には雲がかかり すそ野部分しか見えませんでした
お天気ばかりは どうしようもありません
菜の花が咲いて 一見暖かそうに見えますが 寒波到来で とても寒い日でした
















6 残念ながら富士山には雲がかかっています


7 本当は雄大な富士山の姿がバックになるはずですが・・・



〔K-3Ⅱ/18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM〕


8 今回は残念ながら富士山の姿を見ることができませんでしたので 過去にこの場所で撮った写真を 引っ張り出してきました



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スイセンが香る岬

冬真っただ中ですが 1月になるといろいろな花が咲きだします
冬でも暖かな伊豆半島の爪木崎は 今 スイセンの花が真っ盛りです
海の景色と一面のスイセンやアロエの花に視覚が癒されますが
辺りに漂うスイセンのさわやかな香りに嗅覚も癒されます
 
訪れたのは 先週の三連休の初日です
日曜日からお天気が崩れるということで 往復320kmの道のりを 急きょバイクで走りました
北海道に住んでいた時は 1日320km程度のツーリングは 全然苦になりませんでしたが
こちらの交通環境で300km以上走るのは かなり気合が必要です
行きは早朝に出たため 比較的スムーズに走れましたが
帰りは案の定渋滞に巻き込まれました
渋滞してもバイクならすり抜けができますが 狭い路肩やクルマの間を走り抜けるのはあまり得意ではありませんし
事故のリスクもあるため 積極的にはやりません
なので 渋滞になると クルマと一緒にトロトロ走ることになります 
ここで新たに導入したノークラッチのバイクの威力が発揮され クラッチ操作が無いだけでもかなり疲労感は軽減されます
ただ止まったり進んだりする時の足を付いたり上げたりするのが面倒なので 
足つきも自動でやってくれるといいのですが・・・それだったらクルマに乗れってことですね





























1~8 〔K-3Ⅱ/16-85mmF3.5-5.6ED DC WR〕
9    〔DSC-RX100M2〕


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

黄昏時の横浜散歩 その2

前回の続きです

その1では港の見える丘公園から山下公園を抜けて大さん橋まで歩きました
今回は 大さん橋から赤レンガ倉庫の横を抜けて みなとみらい地区まで歩きます

すっかり日も暮れて 風景は夜景に変わりました

港の見える丘公園からみなとみらい地区までは 海に沿って歩ける みなと横浜の超定番散策路です
何度歩いても飽きません
独りで歩いても カップルで歩いても 家族で歩いても グループで歩いても それぞれ楽しめます


1 大さん橋から赤レンガ倉庫とみなとみらい地区方面


2 大さん橋から赤レンガ倉庫とみなとみらい地区方面


3 象の鼻地区


4 象の鼻地区


5 横浜税関


6 赤レンガ倉庫


7 赤レンガ倉庫


8 カップヌードルミュージアム


9 コスモワールド



〔α6000/E 16-70mm F4 ZA OSS〕

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

黄昏時の横浜散歩 その1

箱根駅伝と日にちは前後しますが 年明け2日の横浜です
親戚への挨拶回りを兼ねて 帰りがけに 黄昏時の横浜をぶらぶらと歩いてみました
「よこはま・たそがれ」なんていう演歌がありますが 港町は夕暮れ時がいいですね
観光でしょうか 初詣帰りでしょうか 
たくさんの人たちが繰り出し 夕闇にたたずみ 溶け込んでいくようでした


1 港の見える丘公園からベイブリッジ方面


2 港の見える丘公園 風車の塔


3 山下公園通り


4 山下公園


5 山下公園 氷川丸


6 山下公園 氷川丸


7 山下公園


8 大さん橋


9 大さん橋から山下公園方面


10 港内クルーズ船 ロイヤル・ウィング




〔α6000/E 16-70mm F4 ZA OSS〕


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ