イーゴンの徒然 ゆりあげ(閖上)の風景…

趣味で撮っている新幹線やラッセル車の写真など。東日本大震災写真集「その時、閖上は」を出版しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【H23.3.11あれから~回想12】「閖上小学校に戻る、そして家族との合流へ」

2012年12月30日 15時53分43秒 | 【H23.3.11あれから~回想】
前回→【H23.3.11あれから~回想11】「自宅が無かった…」

※当時の私の動きがわかる閖上の簡略図はこちらからダウンロードできます。
「閖上簡略図」pdfファイル






_mg_52371228
12:28 相変わらず仙台新港の油槽所から黒煙が上がっている




_mg_52411229
12:29 閖上五叉路を見る




_mg_52461231
12:31 また燃え始めた漁船



_mg_52491234
12:34 自衛隊の重機が道を切り開く

_mg_52531235
12:35 民間業者も復旧作業を行っている



_mg_52541238
12:38 氷見市消防局(富山県)
 


_mg_52551238
12:38 砺波(富山県)から来てくれた消防。


閖上小学校に戻った。昨日より精力的に動いておられた防災役員と音楽室で話をする。スーツ姿にヘルメットでまったく気がつかなかったが実はよくうちに来られる知り合いの方であった。そこで早速防災無線の話になる。スピーカーだけでも使えないものか?とのことなので屋上に行き見てみる。バッテリーが生きていれば配線を繫ぎ替えてでも使おうと思ったが、試しにブレストークボタンを押してテストした。するとスピーカーから声が出ている。何もしなくてもあっけなく単独放送は出来た。周辺住民に届く範囲内だけでも放送すれば良かったのではないか……。この後、閖上中学校から閖上小学校に移動して来る方に向けて屋上から放送をした。初めは女性の先生が放送していたのだが、先生には持ち場に戻っていただき途中から私が放送をした。

閖上中学校までは車が入れないので、閖上小学校からマイクロバスで内陸部の避難所(館腰小学校など)に輸送することになっていた。大勢の人がバスに乗る列を作っている。

私は歩けるので歩いて脱出しようと決めた。すでに携帯電話の電源はない。家族と合流する場所は決めていなかったが、大おばあさんの入院している岩沼の南東北病院に向かう。日没から逆算して1600に出る事にした。顔見知りになったお世話になった方々に挨拶をして小学校を後にした。



_mg_52561610
16:10 閖上小学校から出て歩き始める やけに夕陽が眩しかった


_mg_52591611
16:11 海から離れているのに漁船が



_mg_52651617
16:17 東部道路名取インター


_mg_52641617
16:17 夜を徹して道を開いてくれたおかげで翌日には重機が現地に入れた


_mg_52661618
16:18 避難所まで移動する為の桜交通のバスが見える


東部道路の近くのミニストップがある交差点に差し掛かった時、若者が乗る一台の車が止まる。そして岩沼まで乗せていただくことになった。岩沼の病院まであっという間に着いた。若者の親切な行動に最大限の御礼を申し上げ別れた。そして家族がいないか探そうとしたその時、我が家の白い車が目の前に止まっていた。あっけない家族との合流だった。


娘『帰ってくるのが遅い!』

妻『どこ行ってた?館腰小の体育館に迎えに行ったのに!ったく…』


閖上浜育ちの家人は言い方がきつい。いや、言い方のキツさはあの街の方全般的に言えるかもしれない。でも、会えただけで充分だ。家族にカメラの画像を見せた。皆黙ってしまった。そして今までの経過を話し、これからどうするかを車の中で家族で話し合う。病院の上層階で地震にあった家人も大変怖い思いをしたようだ。この病院では地震後すぐに外に避難をしたが、津波警報が出てまた皆で上の階に上った。仙台空港を襲う津波を上層階から見ていたそうだ…。そして、避難所になっている館腰小学校に向かう。




_mg_5268_2
17:16 館腰駅 

3月11日の1445到着1446発車の上り584M福島行き普通列車。

仕事柄、車両がしっかり留置(動かないように止っているか)されているか確認する。


_mg_5269
17:16 館腰駅に駅員はいなかった


館腰小学校に着くと大勢の人で混乱していた。入るスペースもなさそうだったので、配給のパンをいただいてから利府の親戚宅に向かうことにした。真っ暗な4号線は信号も点いていないのにやけにスムーズな流れであっという間に利府に着いた。途中、岩切も道路がガタガタであった。連絡はしていなかったのだが親戚に暖かく迎えていただいた。そして、真っ暗な部屋に入ると安堵感からかすぐにそのまま寝てしまった…


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 今、思う事


 現在(平成24年12月現在)、閖上の海側地域は平坦な土地が続く状態になっています。この光景を見ていると、ここに住んでいた街があったという事が信じられません。そこには多くの営みが、そして歴史がありました。




“当日の防災無線について”

震災時、閖上の街では防災無線が鳴りませんでした。防災無線は補助的なハードであると考えますが、住民が逃げるきっかけにもなる重要な設備です。安全面に関しては幾重にも対策を施さなければすり抜けてエラーが発生する事を私たちは過去の大きな犠牲から痛いほど学んでいます。防災無線の故障は言葉になりません。震災翌日、閖上小学校で防災役員さんに頼まれ屋上設置の防災無線を見に行きました。可能な限りのコマンドを入力してもやはりネットワークでは繋がりませんでした。ただし、単体での放送は可能でした。そして閖上小学校の先生と一緒になって閖上中学校方面から避難されてくる方に向けて放送案内を行いました。外部への放送装置としては単独で充分に使えました。せめて聞こえる範囲内だけでも津波に対する避難を呼びかける放送が出来なかったものか?防災設備を最大限使いたいものです。ソフト面に対してもいまだ住民への避難に関する周知が薄いと感じます。ハードはあくまでも補助的要素、一番大事なのは個人個人の防災意識です。市民への防災教育を広く深く実施していただきたいと願っています。そして、行政ばかりに頼らず、自らももう一度それで良いか考えませんか?


“防災無線の利用法”

単身赴任先の湘南地域のとある市では、防犯情報(振り込め詐欺発生や行方がわからない方)を防災無線で適宜流しています。かなりの頻度です。日頃から使用していれば無線の機能確認にもなります。このような運用方法は名取市でも可能ではないかと思います。


“エリアメール”

数年前、神奈川に滞在時に津波警報が発せられた際、エリアメールが届きました。市内の避難所すべてが載っている詳細なものでした。3.11の閖上では津波警報エリアメールは受信しませんでした。津波警報に関するエリアメールは自治体ごとではなく、全国統一で整備してもらえないかと思う次第です。


“車での避難”

平成24年12月7日の津波警報時、内陸部の道路も激しい渋滞になりました。避難渋滞を見るとあの日の光景を思い出します。車での避難を基本としないのであるならば、歩いていける避難施設の整備が求められます。個人的な考えではありますが、初期の段階では車での避難が有効であると思います。


“街の再構築について”

海沿いののんびりした閖上はとても大好きな街でした。あの街で目一杯人生を楽しむ予定でした。閖上地区は嵩上げした土地に現地再建をするということですが、私は津波の恐怖から内陸に入った所にすでに仮の居を構えました。本来ならば閖上の仲間とまた一緒に住みたかったのですが、閖上地区を集団移転という形に舵を切っていただけなかったことがとても残念でなりません。私のようなただの1市民が街の再構築に口を出すべき立場にはありませんが…


 新しい閖上が
 
「地域の特色を活かし、住民の意見を捉え、震災を教訓とした、安全で“誰からも愛される”人が集まる街」

                 になる事を願ってやみません。



今回の規模の津波が1000年に一度と言うなら、すでに「次の1000年が始まっています」……なら、津波のみならず防災に関する備えをしっかりしておきましょう。家族、職場の仲間で、地域の皆で、ご近所で。そう、どの地域においても。
    



震災直後からあらゆる方面で活動されたすべての皆様に感謝を申し上げます。

現在まで、そして現在も我が街に関わってくださる全国の皆様に心から感謝を申し上げます。

会社や中学の同級生、趣味の仲間……閖上の仲間…本当にありがとう。




そして、この震災で犠牲になられた方々に心からお悔やみ申し上げます。






乱筆乱文失礼いたしました。長い間お付き合いいただき誠にありがとうございました。

宮城県名取市在住 小齋誠進




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【H23.3.11あれから~回想11... | トップ | 東日本大震災写真集『その時... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。