Dr.木本のちょっと面白い話

Dr.木本のちょっと面白い話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-03-30 13:47:03 | Weblog

4月5,8,12,15日に一人約1時間の診断と治療が始まります。

癌でお困りの方、慢性疲労症候群、パーキンソン病&手足振戦、鬱病や躁鬱病、パニック障害、

更年期障害、不妊症、ブドウ膜炎、黄斑変性症、網膜変性症、老眼、近視、難聴などで難治の人は、

じっくりと説明しながら治療を致します。日本中国で一番効果のある最高の治療を行います。


この記事をはてなブックマークに追加

腹が張るのがつらい・下痢  42才女性

2016-10-09 08:31:45 | Weblog

昔から冷えに弱く、腹の脹りは毎日四六時中気になる。

下腹部痛や腸鳴があり、朝に軟便がでても、後に何回も便意がある。

ときに何回も下痢をすることがある。

胃のつかえはない。食欲は普通。白色帯下が多い。疲れやすい。

多方面の治療でよくならず、H28年6月3日友人の紹介で来院。

はじめエキス剤で処方し、諸症状改善したが、一番治して欲しい

腹脹がよくならず、9月15日に煎じ薬処方とした。

2週間後に来て、「煎じを飲んで、すぐにお腹の張りがなくなったのには

びっくりしました。便は1日1〜0回です。疲れなくなった。うれしい」。


この記事をはてなブックマークに追加

慢性疲労症候群 60才女

2016-10-09 08:30:54 | Weblog
  • 33才疲れても休むと仕事は出来ていた。
  • 55才から徐々に悪化。仕事重責でもこなせていたが、

父親が顕微的多発性血管炎で徐々に悪化し死亡。

   86才の義母が事情で近くに住み、ストレスが重なった。

  • 2016年1月から一日寝ている。不眠でマイスリー、デパス、

レスリンを一緒に眠前に服用。左手に振戦。鬱気分がある。

・  2016.5.21 「全身倦怠感で発狂しそう。何とか自分の身体を

元に戻してください」。しんどくて嘔気があるが吐けない。

食べられない。眠剤でも不眠。眩暈がある。動悸は改善。

・  初めての妊娠で双子と判明し、パニック障害に。

・  一年後二人目の産後、鬱になった。

・  2016.5.24 「しんどくて発狂しそうです。眠れないとひどくなる」。

・  針治療で驚くほど改善。「未だ薬を飲んでいないのに不思議!」

・  その後も煎じ薬処方と針で順調に治癒した。

 


この記事をはてなブックマークに追加

複視(右滑車神経麻痺)・両目緑内障 53才男性

2016-10-09 08:30:00 | Weblog

H26年6月に後輩が課長に昇進。実は自分こそ、4人のグループ長

の中で最有力と思っていたが、なれず。ストレスが大きく、不満と

怒りで寝られなかった。

H26年8月1日、突然複視が発症。大学病院に入院し右滑車神経麻痺

と判明したが治らず退院。

H26年9月23日、紹介され治療。

鍼治療直後に複視消失。毎週一回施行。はじめ3、4日持続。

3回後から一週間持続。次は二週間弱持続。

H26.11.1毎日正常に見えるが、忙しい仕事中に嫌な打ち

合わせが入った時、1〜2時間複視になった。

H27夏以降、全く正常に。1年以上再発はない。


この記事をはてなブックマークに追加

34才女性 左斜視・左眼瞼下垂

2016-10-09 08:29:06 | Weblog

H26.6.20  左目斜視があって手元の作業で焦点が合わず、

       疲れると左目の瞳が上転する。両眼瞼重く垂れ

       下がって視野が狭くて困っている。視力は正常。

      針治療→焦点が合い、視野も少しよいという。

H26.6.27  疲れても斜視は左目ずれ小さく、瞳の上転がない。

H26.7.11  急に手元の書類を見るとぼんやりし、右上は焦点が 

      合わず。煎じ薬を加減。毎回、針治療を希望。

H26.9.5    調子が良い。9月19日から転職して香港に住むという。

           間に合ったと喜んで治療を終了した。


この記事をはてなブックマークに追加

耳管開放症・耳鳴り・難聴・便秘 28才 女性

2016-10-09 08:28:29 | Weblog

2年前にひどい耳鳴りと難聴になる(左耳が右耳より悪く、

右は大きい音を感じ、左耳は左から右へ音が抜けていく感じが

する)。ふわーっとゆれるめまいがして座るとすぐ治る。耳鼻科

受診をしたところ自律神経失調症と診断。

2年2ヶ月の間安定剤を処方されるが改善せず、逆にその薬で

だるくて仕事がしにくくなっていた。昨年末に再びひどい耳鳴り

と自分の声が頭に響くようになり耳管開放症と診断された。

今年7月から耳鳴りと空気が抜けるような感じと、自分の声が

頭に響くこと、めまい、動悸がある。生活相談員なので、会社

では自分の思いを抑えて相手に気遣って話をし、頑張っていた。

人から何か嫌なことを言われると1日か2日して腹が立つほど、

頭の回転が遅い。8月中旬から休職すると、耳鳴りも楽になる

が、緊張や出社で悪化。H23年9月26日紹介され来院。

H23.10.3

前回来院した直後から前向きになり調子よい。

3日前に職場に行くと耳鳴り・動悸・頭痛が

 行っている間の3時間強かった。

 耳の空気がぬけて声が響くなどの症状は軽減。

 夜はよく寝られている。

  • 処方・針:前通り

H23.10.11

この1週間は耳管開放症の症状は全くない。

  • 処方・針:前通り 

この記事をはてなブックマークに追加

耳管開放症 69才 女性

2016-10-09 08:27:43 | Weblog

もともと両耳鳴りがあった。パソコンを扱い急になった。

H23年10月3日夜から音、声、話す声が響き、

10月5日に「耳管開放症」と診断。

煎じ薬処方と針治療で、2週間で耳の響き消失。


この記事をはてなブックマークに追加

70才女 肝癌  2014.10.31初診

2016-10-09 08:26:53 | Weblog

C型肝炎→肝硬変・肝臓癌・腹水・両下肢浮腫・肝性脳症

 

28才甲状腺肉腫で手術、輸血後C型肝炎キャリアー。

50才C型肝炎発症。

69才(H26.1月)肝硬変に肝癌併発。3月TAEで胆嚢炎。

・H26.10月31日 腹水、肝性脳症、便秘、尿少、両下肢は

   浮腫で石のように筋肉固くて激痛で泣き叫ぶ。低体温

   35℃。冷え症。頬赤い。頭重感。食欲はないが食べる。

   腹が張る。甘い物・脂っこい物は胃がもたれる。口苦。胸

   焼け。夜間尿1回。便通2回/日。

 「医師から手術はできない。アミノレバン、モニラックで様子

  を見ましょう」と言われ、知人に紹介され横浜から来院。

2015.3.3「先生、すごく嬉しいお知らせがあります」

  「肝臓癌が消えました。」 

   ①漢方煎じ薬 前通り

2015.4.14

         超音波検査で大きい癌一つ、

   小さい癌多数が消えた。腹水

   もない。岩のような肝臓腫大が

   消え腹部も柔らかい。

   アンモニア300→40と正常。


この記事をはてなブックマークに追加

悪性リンパ腫・胸腹部骨転移 50才男性

2016-10-09 08:25:48 | Weblog
  • 34才から脾腫大、41才化学療法R-CHOP4クールで緩解
    49才悪性リンパ腫:DeVIC,GDP2回、HDMTX-AraC
  • H26.2.13 入院中。妻と来院。このままでは死ぬ。助けて欲しい。
  • 疲れやすい、食欲がない、夜間尿3回、抗癌剤で右難聴
  • 3/20骨髄移植予定だが胸腹部骨転移のため出来ない。
  • H26.3.6針と刺絡で、呼吸が急に改善。患者は嘘のようと喜ぶ。

翌日、病院側は信じず、CTを撮ったが、悪性リンパ腫が消失。

患者に胸腔に内視鏡を入れたいと主治医が希望したが、快諾。

検査後、主治医が「数日前のCTにあったが、何も異常がなく

消えていた。無駄なことをしてすみませんでした」。

  • 肉酒刺激物卵乳禁止。漢方処方。

 


この記事をはてなブックマークに追加

特発性間質性肺炎 68才男 2014年4月10日初診

2016-10-09 08:22:24 | Weblog
  • 8年前の下肺野に繊維化あるも無症状。
  • 4年前肺活量は正常だが咳嗽激しくなる。痰少なく白く粘稠。

    食少。便2〜3/日。夜間尿3〜4。咳で寝られず、横になると 

    すぐ咳が激しくなる。死ぬ方が楽かなと思うほど。

  • 2012年10月 間質性肺炎と診断。声しっかり出る。

    風邪は引かない。肺が狭い感じを訴え呼吸が苦しい。

    よくしゃべる。咳が出ると辛い。

    数ヶ月から3年の命と。

    少し歩いてもSPO2が66〜88。

  • 2014年4月10日、妻と携帯酸素を引いて来院。

針治療ですぐ楽になる。漢方処方。

  • 2014.4.24 自分としては相当良い。

  肺が開いて咳が出る感じです。

  • 2014.5.8    5月7日夕から咳嗽が劇的に改善。

           呼吸も深く吸えるので楽。

  • 2014.6.12   動いてもSPO2 80と安定し、酸素なくても。

          目のかすみもよい。焦点も合う。

  • 2014.9.11 SPO2 安静時96 労作87 冬虫夏草10錠
  • 2014.10.9   前方加減
  • 2014.12.11 横になって寝られる。

                      KL-6: 3000→2300→1395

  • 2016.1.15 SPO2が90以上で安静時酸素不要。

         咳やトイレの後SPO2は70〜80

  • 2016.2.12  頚から腰までよく伸びた。

            胡:肺・大腸・胃・木穴。舌針。冬虫夏草10錠/分2。

  • 2016.3.12  携帯酸素持ってきたが使用せず! 
  • 2016.7.30  診察室に人並みの歩きで入る。妻が「急に歩くスピー

         ドが速くなりました。一人で先に行くほどです」。


この記事をはてなブックマークに追加