「困った時はお互い様」    

定額給付金を助け合いに使うキャンペーンブログとして開設。現在はドネーションシップわかちあい事務局ブログとして更新中。

<第二回>わかちあい祭り! ご来場下さった皆様ありがとうございました!

2012-05-01 01:14:30 | わかちあい祭り
4月28日、京都市役所前地下街「ゼスト御池・河原町広場」にて、
<第二回>わかちあい祭り↓↓を開催しました。
http://blog.goo.ne.jp/donationship/e/a13576d42cea4e98662478cdb960a24e

ご来場下さった皆様、ありがとうございました!!
心をつなごう!~子どもたちのために、いのちのために~
という趣旨に賛同いただいて
チャリティーバザーに出品して下さった皆様、参加者の皆様、
心に響くライブステージを披露してくれたISSINさん、
当日ボランティアスタッフとして駆けつけ協力してくれた仲間の皆さん、
みんなの心をあわせ、心をつないで、
「河原町広場」をあたたかいふれあいの場にすることができました。

またこれまでの活動のなかでつながってきた
被災地NGO協働センターのOさん、
テラ・ルネッサンスのKさん、
山王こどもセンターのMさん、
そして、福島から京都に避難されているNさん、Iさん、
京都で福島の人たちをサポートされているEさんから
ごあいさつをいただきました。(ありがとうございました)

参加者や来場者が自由にひと休みする交流スペースには
福島の子どもたちの手紙、福島の人たちの声や資料を置いて読めるようにしました。
ほっとできる居場所でもあり、うれしい出会いの喜びもありました。

被災地支援の「まけないぞう」
津波の被害にあった岩手県大槌町の刺子プロジェクトの製品
ウガンダの元こども兵支援の無農薬コーヒー
パレスチナの刺繍製品等々の販売。

子どもたちに楽しんでもらおうと企画した、
輪投げコーナー、バルーンアート、ジャンケンゲーム。
ふれあいブース・体験コーナーの、
似顔絵、イメージアート、ハンドマッサージ、
免疫力アップのヒーリング、手づくりシュシュ、
各コーナーもにぎわっていました。
全員参加の「ジャンケン大会」では勝ち残りの方に賞品があり、
ワクワク楽しく盛り上がりました。

チャリティーバザーの売上は 91201円
カンパ 37349円 (ふれあいコーナーのカンパ含む)でした。
この全額をチャリティーとして
福島ぽかぽかプロジェクトと山王こどもセンターに寄付します。
(実施後また報告します)
まずはの報告でした!
皆さんありがとうございました!
(さき)
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山王こどもセンターより<緊... | トップ | 「困ってるからって ここまで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。