goo

『僕は君たちに武器を配りたい』がビジネス書大賞2012の大賞を受賞

 瀧本さんの『僕は君たちに武器を配りたい』が、今年のビジネス書大賞を受賞しました。

 
昨年9月22日に出版され、まだ8か月足らず。

 この間に、瀧本さんはNHKに頻繁に出演したり、クーリエ・ジャポンなど著名誌に取材を受けたりと、どんどん有名になっていってます。もう何があっても驚かないはずでしたが、今回もまた驚かされてしまいました。個人的には、『ぼくぶき』は好みでしたので嬉しい限りです。


 ビジネス書大賞は、本屋大賞のビジネス書版を(タブンです)2009年に創設されたもの。2010年が第1回で、今年が第3回に。

 「審査員」は、「ビジネス書に造詣の深い書店員様、企業経営者様、書評家様、ブロガー様、新聞・出版社のご担当者様(約100名様にご依頼)」による投票。

 瀧本さんの『ぼくぶき』は、一次投票二次投票でも1位とわかりやすいものでした(文学賞を含めこういう賞というのは、実際はわかりにくいところがあります。本屋大賞がある程度の支持をうけているのは書店員投票数というクリアさにある気がします)

 「一次投票、二次投票とも、『僕は君たちに武器を配りたい』が1位となった。得点通り、本書を大賞作品としたい

 ぜひ今後とも、この姿勢を貫いてほしいものです。

 後日、「あの本はあっという間に忘れ去られてしまった」となったら、当時の審査員の責任となります。


 

 できたら、これからは、本屋大賞を超える賞に成長させてほしいもの。
 
 そのためには、審査員規模をアカデミー賞のようなものにしていくことかと思案します。

 出版業界というよりも、文系業界もある程度の組織化が期待される時期になっているのではないでしょうか。     


 




              
              ※クリエイト速読スクールHP 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« スーッと集中... 周りの子たち... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。