一本木公園 バラに恋して

信州中野の一本木公園は、私がバラに恋してからたくさんの喜びをくれます。

2017 June

2017-06-28 16:36:21 | 一本木公園のバラ日記
2017年6月のお花たち
手前のピンク色のバラはアルバータイン
Albertine

その先につづくトンネルにはサー・ポール・ スミス
Sir・Paul・Smith
親バラがルイーズ ・オディエと知ってから気になるバラさん

次のオールドローズも素敵ですね
フェリスィテ パルマンティエ


ポールズ・ヒマラヤン・ムスク
この時、雨が降りだしましたが
次に来る時にはもうこの花姿を見る事は出来ないだろうと
撮影したので、カメラに水滴がついてしまいました


スカーレット・ヒノハラ
昨年、日野原先生が植樹された赤バラさんです


広い壁面に誘引されているチェビー・チェイス


ラベンダー・ラッシーは昨年グットタイミングで春バラに出会い
それから夢中の一本なのです

ピンク色の中輪の花がたわわに咲きウットリです

黒岩喜久雄さん作出のシック・ナカノもきれいな花色でした




イングリッシュローズからはセプタード・アイル

こうして観ているとミルラ香がしてきそう〜

ザ・ガーランドも大好きなランブラー


ブラッシュ・ランブラーはやっぱり す て き


モスローズのマダム・ルイ・レヴェクもこんな素敵なお顔です


エセルも大好き


花壇は右を見ても左を見ても素敵な花園で
眼がキョロキョロと大忙しでした






今年もこうしてたくさんのバラやお花を見せてくれた
この公園に感謝です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 May

2017-06-28 09:19:41 | 一本木公園のバラ日記
2017年5月のバラやお花の中から
私の目にとまったものを少しご紹介します

公園内で1番目に開花するカナリー バード


つづいてセリケアやピンピネリフォリアが開花して




ふくらんできたマダム ハーディーの蕾が素敵ですね


モッコウバラが咲き始める頃はキングサリの黄色がきれいです




オールド ブラッシュ


黒岩花壇からはイレーヌ オブ デンマークとブルボンクイーン




オールドローズのシャポー ドゥ ナポレオン

個性的なガクの形ですね

モスローズのアルフレッド ドゥ ダルマ


ビールス作出のマクミラン ナースと


サー ポール スミス


イングリッシュローズからはマサコ (エグランタイン)

やわらかいピンク色の花びらがヒラフワ〜

初めましてのスパニッシュ ビューティ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キングとエクセルサ 2017春バラその15

2017-06-26 19:45:41 | 一本木公園のバラ日記
公園東側のフェンスに枝を伸ばしているキング

黒岩喜久雄さんの本に
“赤い色の野ばら”
と紹介されているのはこのバラのことでしょうか…


こちらは25日撮影のエクセルサ
Excelsa
別名 レッド ドロシー パーキンス

ランブラー系のエクセルサは階段横の広〜い壁面にも誘引されていて
その姿にはすごい迫力があります


エクセルサが咲くこの時期になると
ロサ セリケア プテラカンタのヒップが
色づき始めています


スモークツリーはもっくもく


かしわばあじさい


公園の歴史を感じる
大きなヒマラヤスギ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

半日陰の庭から ジ・オルブライトン・ランブラー

2017-06-23 20:55:56 | 半日陰の庭
昨年3月にお迎えしたイングリッシュローズの
ジ・オルブライトン・ランブラー
The Albrigton Rambler

ゆっくりと成長してこの春
こんなにかわいい花をつけてくれました

想像どうりのかわいさ

想像以上かも…

翌日開花したオルブライトンは淡いピンク色

指先にチョコンとのるサイズです

鉢から抜いて地植えするときには根が太くて驚きました
イメージとしては…大型犬の仔犬の足が太いように…
なのでグラハム・トーマスのようにグングン枝を伸ばすのかと思いきや
今のところ成長はゆっくりです

そのままでいいよ
オルブライトンさん
こんなかわいいお顔を見せてくれてありがとう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジェーン・オースチン 〜ER 2017春バラその14

2017-06-23 19:51:42 | 一本木公園のバラ日記
イングリッシュローズのジェーン・オースチンも
こ〜〜〜んなに素敵な花姿です〜

Jayne Austin
花の外側の淡い色がなんとも素敵〜
ティー系の香りも大好きなバラです


ティージング・ジョージアもすごい〜
Teasing Georgia


コテージ・ローズはピンクのボタンアイがかわいい
Cottage Rose

親バラのメアリー・ローズを少し小ぶりにしたくらいの
花の大きさです




セプタード・アイルはこんなにコロンとしています〜
Scepter'd Isle

ミルラの香りも魅力

クロッカス・ローズも大好きで何枚も撮ってしまいます
Crocuse Rose

素敵なバラですね




元気色のチャールズ・オースチン
Charles Austin


ウイリアム・シェークスピア2000
William Shakespeare 2000

このバラ…ボタンアイを持っていたんですね…
新たな発見


チャールズ・ダーウィンも色々な表情を持つバラですね
Charles Darwin




この頃のホリホック


コメント
この記事をはてなブックマークに追加