アジア映画巡礼

アジア映画にのめり込んでン十年、まだまだ熱くアジア映画を語ります

『アイ アム ブルース・リー』と『李小龍 マイブラザー』

2013-06-24 | 香港映画

李小龍(ブルース・リー)が1973年7月20日に死亡してから、今年でちょうど40年。日本でも『燃えよドラゴン』 (1973)のデジタル・リマスター版が記念上映されたりしていますが、昨年作られたドキュメンタリー映画『アイ アム ブルース・リー』 (2012)の公開が6月22日(土)から始まっています。さらに、7月13日(土)からは、若き日のブルース・リーを描いた伝記映画『李小龍 マイブラザー』の公開も。配給会社は、インド映画『ロボット』の配給や、「ボリウッド4」の宣伝でおなじみのアンプラグド。インド映画”だけじゃない!”アンプラグド、ですね。今日はこの2本をさくっとご紹介してみようと思います。

『アイ アム ブルース・リー』   公式サイト
(2012/アメリカ/カラー/94分/原題:I AM BRUCE LEE)
   監督:ピート・マコーミック
 出演:リンダ・リー・キャドウェル(ブルース・リー夫人)、シャノン・リー(ブルース・リーの娘)、コービー・ブライアント、ミッキー・ローク、ダン・イノサントほか多数
 字幕監修:江戸木純
 配給:アンプラグド

6月22日(土)より、新宿武蔵野館、シネマート心斎橋にてモーニング・レイトショー限定公開

まず、リンダ夫人のお若いのにびっくり。彼女の語りを軸にして、娘のシャノン、ブルース・リーと共演した人々、彼を慕う人々のコメントが、ブルース・リーの映像を挟みながら続いていきます。ブルース・リーの映像は、1965年のカメラテスト映像と、1971年12月のテレビ番組「ピエール・バートン・ショー」のものが主。このドキュメンタリー自体も、アメリカのスパイクTVで放送されたものだそうですが、それにしては語る人々を撮るアングルが凝っているなど、見応えのある作品に仕上がっています。

上映中の新宿武蔵野館には、ブルース・リー関連グッズが展示してあるそうで、ファンとしてはそれを見るためだけでも足を運ぶ価値がありそう。実はわが家にも、ささやかながらブルース・リー関連グッズがありまして、彼の主演作が公開された当時のパンフやら、香港で上映された時のロビーカードやら、香港の古本屋で買ったイギリスのファン向けポスターパンフやらいろいろ眠っています。

上は、没後25年の時香港で発行された数量限定のテレホンカード(左の4枚)とネットカード(右の4枚)。限定2000組だそうで、私が持っているのはNo.1263です。豪華ケースに入っているのですが、それをスキャンしたらこんなピンボケに。

ファンの方は、紙ものからフィギュアまで、いっぱいグッズを集めてるんでしょうね。今夏香港に行った時、何かあれば買って来ようと思っています。

 

『李小龍 マイブラザー』 公式サイト(上に同じ)
(2010/香港/カラー/117分/原題:李小龍)
 監督:葉偉民(レイモンド・イップ)、文雋(マンフレッド・ウォン)
 出演:李治廷(アーリフ・リー)、梁家輝(レオン・カーファイ)、鍾麗[糸是](クリスティ・チョン)
 配給:アンプラグド

7月13日(土)より新宿武蔵野館にて、7月27日(土)よりシネマート心斎橋にて全国順次公開

こちらは、ブルース・リーの誕生から、彼が香港を離れてアメリカへ渡るまでの日々を描いた「李小龍前半生伝記」。時代の再現が見事で、香港好きの方、特にレトロな香港がお好きな方は必見です。実弟のロバート・リー、実姉のフィビー・リーの目から見たブルース・リー、ということで、こういうタイトルになっています。香港版のポスターも付けておきましょう。

香港映画の歴史に興味のある方には、知ってる人が次々出てくるのも魅力。石堅(セキ・キン)に曹達華(チョウ・ダッワー)、呉楚帆(ン・チョーファン)など当時の人気スターやその奥さんが出てきて、香港の映画館ではきっと、「似てないぞ~」なんていう声が飛んだものと思われます。私がびっくりしたのは、于素秋(ユー・ソウチャウ)という女優さんが出てくるところで、現場での吹き替えシーンが登場したこと。于素秋が広東語をうまくしゃべれない、ということからそうなったのかと思われますが、当時は現場同録だったのかしら、とか、様々な疑問が渦巻きました。

ところで、ブルース・リーを演じたアーリフ・リー君ですが、1987年2月26日香港生まれの26歳。本名はアーリフ・ラフマーンといい、お父さんがマレーシア出身のイスラーム教徒なんですね。お父さんは、中国系、アラブ系、マレー系の混血だそうで、お母さんが香港人です。アーリフ君はまずポップス歌手としてデビューし、その後2010年に『歳月神偸』で映画俳優としてもデビューしました。3作目がこの『李小龍』なのですが、この頃はまだ顔が素人っぽいというか、表情が硬かった彼、昨年の作品『寒戦』ではすっかり大人の俳優に成長していて目を見張りました。『寒戦』も今秋公開予定ですので、その予習も兼ねてぜひどうぞ。

あと、ご覧になったらパンフレットも忘れずにお求め下さい。「谷垣健治が語るブルース・リー」というワハハの出色インタビューが掲載されています。え、ブルース・リーの師匠、葉問(イップ・マン)師父ですか? ええ、出てきますよ。誰が演じているかって? えー、正面はご本人で、後ろ姿は....。気になる方は、映画館でご確認下さい。アチョーーーッ!

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『スタンリーのお弁当箱』の... | トップ | いよいよ明日公開!『スタン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。