不妊治療します!!

2007年12月KLCで授かった子を出産。
2012年4月から新橋夢クリニックで2人目に向けてがんばってます!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あれから半年

2013年01月23日 21時27分55秒 | 2人目に向けて
長らく放置していました。こんばんは。

あの悔しい悔しい一日から立ち直るのに、1か月くらいかかり、
その間に授精確認、凍結確認といきましたが、結果凍結できず
私の夢クリニックでの3回目が終わりました。

2011年も3回(最後は流産で終わり)、2012年も3回。
夫ともはなして、精神的にも経済的にもキツイので、あとは
コウノトリに任せようとなりました。

ブログも前回の悔しい内容を書いたまま、そのまま放置する
つもりでしたが、友人からの「ブログ見たよ。がんばったね。」
という一言であの悔しい3回目の採卵を思い出し、泣けて泣けて…

2人目をコウノトリにと言っても、やっぱり前に進めない自分が
いることに気付きました。

しかし、このままでは前に進めない。

今日2つやりました。

1.東京都の不妊治療助成金申請
2.寺元院長宛てにメール

1.は、証明書を夢クリニックからもらっていたのですが、なかなか
申請する気分になれなくて、放置していました。3月までにやらないと
申請できなくなっちゃいますもんね。

2.は苦情窓口があれば3回目の採卵時に受けた心の傷について言えた
のですが、そういう窓口はないし、1.の証明書をもらう時でさえ
受付に伝える雰囲気ではなかったので、結局メールで伝えました。
泣きながら書きました。泣きたくないのに涙が出てくるんです。
「他の患者さんが、心ない先生の一言で前に進めない状況にならないように
改善していただけるようにお願いいたします。」と。

夢クリニックに行って良かったです。最高の技術でもダメだったと納得できるから。
夢クリニックに行かなきゃ良かったとも思います。あんなひどい先生に会わずに
済んだかもしれないから。けど、あんなひどい先生の元でも妊娠できて幸せに
なってる人がいるんだとも思います。

もちろん、あの3回目で結果が出ていたら、嫌な先生にあたったわ~くらいな
話で済んだと思います。ちょっと車を駐車場のフェンスにこすっちゃったくらいな。


私の書いたメールを院長が見てくれないかもしれません。
けど、前に進みたくても進めない人を他にはつくらないで欲しいです。


ずーっと妊活していた友達が妊娠しました。すごくうれしいです。
おそらく自然妊娠だけど、まだ私にも希望があると思って進みます。
進みたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くやしい

2012年07月25日 16時08分45秒 | 夢クリニック3周期目
前回の更新よりまた時間があいてしまいましたが、3周期目通ってます。

で、D3~などの詳細も書きたいのですが…
本日採卵でした。D12。

悔しくて悔しくて悲しいので、ちょっとフライングして今日の事を書かせてください。

来院9時半指定。もうこの時点で院長じゃないことは確実。
前回の先生、採卵時に痛くて声をあげても怒らないで居てくれたけど、精神的にあの
痛さがもう勘弁して欲しい…と思って、看護婦さんに「麻酔お願いしたいんですけど」
と伝えました。
看護婦さんは「殆どの人が耐えられる痛みですし、通常麻酔はしません。」と
いちどははねのけられましたが、「先生に話したらOKが出たので…けど、通常は
やらないんですよ。」と渋々麻酔OKになりました。

けどすぐに「chibidamaさん、××(麻酔の名前?)ダメでしたね。記憶ありません?」
って聞かれたので、歯の治療の麻酔で動悸がしたのを思い出しました。
あーー、あの動悸くらいで痛さと変えられるんだったら、動悸バクバクして良いのにー
なんて超後悔。

結局、麻酔なしで臨みました。

看護婦さんとか「痛くないから。」とか言うけど、あなたは採卵したことないでしょー
って本当に怒りたくなる!! 1回や2回針で刺す分には我慢できるけど、あれを
10回とかって意識が遠くなるから!! しかも針で刺すのはそんなに痛くないけど、
吸われる時が命を吸い取られる感じの他には言い表せない痛さ。

で、麻酔なしでお腹に力いれないように手に力入れて臨みました。

2回目刺したくらいから「力入れないでくださいね~」ってきれいな優しい看護婦
さんが言ってくれたけど、力が入ります。
で、「いっつうぅぅぅぅぅ~」って感じの声が出てしまった時
「辞めるか?これで辞めるか?もう終わりにするか?」と挑戦的というか威圧的な声。

一瞬、誰に話しているのか分かりませんでした。
先生が器具も刺さったままの私に向かって聞いていると分かったのは、看護婦さんが
「大丈夫ですよね。」と私に言った時でした。

「大丈夫です。お願いします。」ってマスクの状態で言ったけど、マスク噛んで
くいしばってたから声が届かず、「はぁ?聞こえん。」とか言われて…
涙目で再度「お願いします。」って言いました。

超屈辱。辞められるんだったら辞めてるわ~。お前プロだろ!!お前はお前の仕事
しっかりこなせよー。「辞めます。」って言ったら採卵途中でも辞めるんか~!!

結局思ったよりも早く終わって、リカバリールームに戻った時は全然痛くないのに
悔しくて悔しくて悲しくて涙が出てきました。


カルテには8個くらいの記載があったのですが、結果は3個。
成熟卵2個、未成熟卵1個。

採卵後の内診も超音波の先端?にゼリーを全く塗らず、すごくカサカサしていて
嫌な感じ。そのあとの話も「あー、3個ですね。んー、F周期…じゃあ、今回
だめだったらこれ飲んで。ピルね。で、生理周期関係なしに8月12日に来て。」

って、次周期は成功報酬関係なくなるのに、こちらの意向はまったく聞かず。

あんなに精神的にダメージ受けたのに、次周期のことなんて考えられませんわっ。


しかも、帰りの会計で「お薬貰ってますね。」と言われて我にかえって
「この薬はいつから飲むんですか?昼って書いてはありますけど。」と伝えると
「先生がお話されたと思いますが…昼?これは夜飲む薬だと先生言ってませんでしたか?」
と言うので、受付のお姉さんに電話で確認してもらったら
「昼と書いてありますが、夜です。今日から夜飲んでください。」
と言われてびっくり。

今回ダメってもう言われたみたいで、相当へこみました。もう次周期に向けて薬を
飲むの?次周期ってなに?

結局、処置室の看護婦さんのところに行って、「今周期だめなら、来周期はお休み
しようと思っているんですけど。」と言って、また先生に話をするために
2番に通されました。
嫌な相手に限って、今日はたくさん顔みなきゃいけないんだなぁ…と思いつつ。

結局、今周期だめなら、次回は都合の良いD3に来院となりました。


けど、正直あの先生の顔見たくない。
S先生。



にほんブログ村 マタニティーブログへにほんブログ村


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(夢クリニック)へにほんブログ村
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

夢クリニック2周期目

2012年07月08日 10時58分29秒 | 夢クリニック 2周期目
3回までがんばろう…けど、補助金は2回しか出ないなぁ~。
前回と同じ感じだったら2回分は補助金でチャラになるけど
3回目は私の貯金かきあつめても足りないかも。
ああ、株よあがれ~。日本経済上向け~。

なんて心配しながらの2周期目。

____D3(6/18)___D8(6/23)___D10(6/25)___D13(6/28)
E2______52________56________93________321
LH______7.2_______9.0_________18.8_______12.4
P4______0.3________0.2________0.2________0.2
FSH_____7.6________4.9________11.9_________5.5
AMH_____16.5

まさかのAMHの2周期連続落ち!!
32.9→20.1→16.5
36歳を境に卵巣機能が落ちるって…私、そのまんまじゃん!!

これじゃあ、成功報酬に入れないかとヒヤヒヤしましたが
D13の採卵ギリギリで「今回も成功報酬の料金体系です。」って
言われてほっとしました。
(D8とD10の時に受付の人に聞いたら「院長が決めるので
次回は院長診察になると思います。」って言われ続けていたのに
結局D13まで院長じゃなかったわ。
院長が決めるなんて…基準は曖昧というか色々な要素を加味して
成功報酬ってするのかもね。)


〔D3〕前回主席卵胞が1個しかなかったため、今周期はフェマーラを服用し
   複数採卵できるように目指す…ため、F周期に。
   ⇒ D3,D4,D5 夕食後にフェマーラ1錠(2.5mg)を服用。

〔D8〕E2あがらず、セロフェン服用指示。(←F周期と言われたのにフェマーラ
   だけでなくセロフェンも服用することに。この時成功報酬NGか?とドキドキ)
   ⇒ D8,D9 夕食後にセロフェン0.25錠(50/4)を服用。

〔D10〕引き続きセロフェン服用指示。
   ⇒ D10,D11,D12 夕食後にセロフェン0.25錠(50/4)を服用。

〔D13〕まさかのE2=321。卵胞がmax14.5mmと小さいのに…
   お薬飲んだので、ほかにも13.4mm,11.4mmなんて卵胞もちらほら。
   院長「うーん、E2高くなってるから明後日採卵ね。小さいのが
      多いなぁ。空かもね。じゃ、看護婦から話聞いて。」


   って、卵胞の見た目で判断しちゃいけないって説明会で言ってた
   のは院長じゃんかーー。なんか採卵前からへこむなぁ。


〔D15〕採卵。

   土曜日のam8:00指定だったので、息子を義母に預け、夫と一緒に新橋へ。
   「私の採卵がOKだったら呼ばれるから、採卵終わったらメールするね。
    それまで出かけても寝てても大丈夫だよ。」と言い残し、私は5階へ。
   
   そこからが長かった~。5階のソファーで1時間半待たされ、その間に
   院長は4階に下りて行っちゃうし、知らない先生が入っていくし…
   「ああ、今日は院長採卵じゃないのか~。」なんてこともわかっちゃう。

   テンション低めで採卵に挑むが、前回のように小さいものまで採られると
   すぐには終わらないので、今回は天井を見てリラックスしようと
   構えていました。

   採卵してくれた石○先生は、消毒は院長と同じくらい痛い。けど、
   動いても泣きわめいても怒られないのがありがたかったです。

   だって「力抜いてください~」って言われても、「おいおい、この状況で
   力抜けるわけないじゃん!!」
って思って変な笑いが出ちゃうし、
   右を刺し終わって気を失いそうになってると「もう終わりますからね。」って
   言った看護婦さんが「あ、次左です。がんばって。」って、まだ半分じゃん!!
   って突っ込み入れたくてまた変な笑い出ちゃうし、痛いから「くぅぅぃぅぅぃぅ…ぅ」
   なんて声出ちゃうし。けど、怒られませんでした。
   (最後に刺して採ろうとした卵は4回くらい刺してもダメで「いいか」とか
    「これはむりか」とか言われたけど。)

   結果はMサイズの卵胞から2個、Sサイズの卵胞から5個。全て成熟卵でした。
   こんなこともあるのね。Lサイズの主席がなかったから撃沈かと思ってたけど
   MからもSからも成熟卵ってできるのね。(良いか悪いかは知らないけど)
   培養士さんは「未成熟卵を成熟卵にするまでにも大変なので、良かったと思います。」と
   言ってくれてました。(←良い言葉しか聞いていないけど)


〔D16〕受精確認
   すべて顕微授精だったからそんなにドキドキしなかったけど、いくつ
   生き残ってくれてるかは…やっぱりドキドキしますね。

   結果、7個中6個受精。1個はダメだったみたいです。


〔D17〕分割確認
   昨日の結果からも、一日ひとつづず力尽きちゃうんじゃないかと思って
   何もするにも心ここにあらず。

   結果、(2細胞)G2×1 ←成長遅め
      (4細胞)G3×1 ←細胞の大小・フラグメントあり
      (2細胞)G4×3
      (3細胞)G4×1

   とまあ、頼りないながらも全て分割していました。


〔D22〕凍結確認
   まあ、結果から言うと、全滅でした。
   1つは胚盤胞になって今朝までがんばってたのですが…とのこと。
   胚盤胞になった段階で凍結してくれるんじゃないの?
   基準が厳しすぎるんじゃないの?…と少し恨んでみましたが、結局
   力のない卵って判断だったんでしょうね。悲しいけど事実なんですね。

なんか、新橋夢クリニックから転院して授かっている人のブログとかを見ると
この病院は最先端だけど、合う合わないってあるんだなぁと思いました。
まあ、それも現実。ご縁なんですね。


凍結確認の電話した時は、自分でも悲しいくらい冷静で、「ああ、また採卵か。」
とあの痛さ(30分で忘れるくらいの痛さだけど)を思い出し、覚悟を決めてました。

夫君にも、「次回は7月の最終週になると思う。夏休みかぶっちゃってどこも
いけないけど良い?」って聞いたら「だって、やりたいんでしょ。いいよ。」
だって。。。夫君にも息子にも迷惑かけて、私は誰のためにやってるのか?
どこまでやるのか?

はぁ、泣ける。やっぱり、泣ける。  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢クリニックデビュー(0周期&1周期まとめ)

2012年07月05日 12時28分26秒 | 夢クリニック 1周期目
重い腰をあげて、やっと夢クリニックの門をたたいたのは4月21日。
D3で土曜日だから、夫くんに息子をみてもらえるし、まあ行かない
ことには始まらないし…って感じで、今周期の予定を考えずに
行ってみました。


______D3(5/20)
E2_____61
LH_____9.1
P4_____0.4
FSH____9.0
β-HCG__0.0
AMH____32.9 (←これは後日判明する数値)

採尿、採血、内診、診察。土日だからか混んでいて、10:00に到着して
3時間はかかったかな。

番号が呼び出されたら携帯メールにお知らせもらえるKLCと違って
外に出るのはアウトみたいだし、システムも良く分からないから
ずーっと画面見ていて疲れちゃいました。

内診・診察は院長(章吉)先生。5年前よりも白髪が増えているような…
ちなみに、5年前にカウフマン療法?ってな感じで卵巣の機能を整える
ように薬でリセットしましょうと決めてくれたのは章吉先生でした。
関西弁だと思っていたら、金沢弁らしいです。

KLCからの転院だということで、KLCのカルテを取り寄せてくれて
たけど、なんせ1人目のときからの履歴なので膨大。しかも、みんな
手書きだから「なんじゃこれ?」とか言いながら目を通してました。
(といっても、サラっと目を通す感じ。)

「数値的に問題ないね。子宮後屈だね。戻すときにカテーテルが届き
 にくいこともあるけど、妊娠には問題ないね。
 はい、じゃ、次は1週間後に来てね。」

で、予定表を見てみると、1週間後の土曜日は息子の保護者会。
「今周期、都合悪いとなったら、どうすれば良いですか?」
って聞いたら
「じゃ、次周期のD3にまた来てね。」

って、言われたので、今周期は見送って、次周期まで体調を整えて
おこうと心に決めて病院を出ました。
その間に夫君には都合の良い日に検査に一人で行ってもらえば良い
かな~って感じでね。

が、しかし…

次周期のD3に行ったら、処置室に呼ばれ看護婦さんに「キャンセル
なさった理由は何ですか?」と聞かれ、???な状態に。
どうやら、D3に行って次回指定された日に行かない場合は、電話
連絡しなきゃいけないらしかったです。
(指定されたD10に行かないことは言ってなかったけど、D10前に夫君が
検査に行く時「今周期は都合が悪いので行けないのですが、夫の検査に
私も一緒に行った方が良いですか?」と電話で確認してたのに…)

???な状態のまま「あー、息子の幼稚園の行事が重なってまして。」
と、看護婦さんには言ったけど、連絡入れろなんて言われた覚えないし!!
って感じで憤ってました。

そんな問題児だからか、内診・診察は章吉先生に。
診察の際、「あの~前回キャンセルしたつもりはなかったのですが…
その周期が都合悪かったら、次周期D3に来てって先生言ってましたよね。」
って恐る恐る弱めに抗議すると、「あー、指定された日に来れないって
連絡がないと、ちゃんと採血リストに載っちゃってるから、困るんだよ。」
って言われて、「はぁ、そうですか。申し訳ありませんでした。」って
結局謝りました。

指定された日に来れなかったりすると、成功報酬から外されるって
聞いていたので、ドキドキしましたが、採血リストとか作ってるってことは
患者さんの待ち時間を少しでも減らそうとしてくれてるんんだなぁ~と
思いました。

まあ、そんなこんなで初めた1周期目。


____D3(5/20)___D10(5/27)___D12(5/29)___D13(5/30)
E2______90________125________193________227
LH______8.5_______7.9_________11.7_______16.2
P4______0.5________0.5________0.4________0.4
FSH_____7.5________5.1________50_________4.9
AMH_____20.1


AMHが激減!!(前周期は32.9)  あー、この数値がどれくらい今周期の
卵ちゃんに影響するのか知らないけど、前周期の卵ちゃんの方がパワー
あったんじゃないか…とちょっと後悔。

【D13】18mmの卵胞あり。これくらいだとE2は200~250で正常。
LHサージが20以上でLHサージだけど、これはまだ。
LHが20以下だったら、本日夜10時にスプレキュアして、明後日採卵。
もしLHが50~だったら翌日採卵。LHが200を超えていたら当日採卵。

ってな目安みたいです。(ざっくりなので正確でないかも)


【D15】採卵当日。KLCより細い針だって言ってたし、自然周期で1個しか
とらないだろうから余裕~~なんて思ってたら、職人・章吉先生の登場。
1年ぶりの消毒に「やっぱり消毒が痛いよね。宮○先生は消毒から
痛くないって誰かのブログに書いてあったけど~」なんて思いながら
画面を見ていると…1個目は余裕。あれ、また刺した。その小さい
卵胞も採るんですか?え、そんな小さいのも?まじで~~刺しすぎ~~。
なぜか15個も採られ(刺したのはもっと)、あまりの衝撃と久しぶりの
痛さに涙目になりながらも、皆様にありがとうございましたと挨拶。

培養士さんの話で「院長、貪欲なんですよね~。これだけ採れたら
結構ノリノリで採ってたと思いますよ。」と。
先生にアドレナリンを出させることができて幸せです。
けど、先生。小さいのも採るって言ってよね~。

結局、成熟卵2個。未成熟13個。
未成熟卵でも1割くらいの確率で凍結までいける力がある卵があるらしい。

その後の結果、成熟卵はG3とG4。未成熟卵は成熟後授精させたが途中で
力尽きてしまったとのことでした。
その後、G3ちゃんとG4ちゃんも凍結手前で力尽きました。

何度も期待しないように…と自分に言い聞かせてきたのに、やっぱり
悲しくて涙が出るものですね。

培養士さんに「次回はD3にきてください。」といわれたので
「気持ちがのらなくてもいかなきゃ成功報酬から外れちゃうんですよね。」
と伺うと「そうですね。どうしてもという事情がなければ…」と
おっしゃるので、気分をかえて行かなくちゃ。


<<0周期目と1周期目の合計金額>>
150500円くらい。ちょうど東京都の不妊治療助成金でチャラになって
くれるわ~。区の助成金がなくなっちゃったから、結構ギリギリよね。
採卵前のD13に排卵しちゃわないようにと打った注射が10000円くらい。
採卵日の消耗品台が40000円。
培養の特殊技術料が43937円。


今回の治療にあまり乗り気でない(一人っ子で良いと思っている)夫くんに
卵ちゃん全員が力尽きたことを報告すると「まあ、今までも1回で上手く
行った事なかったじゃん。」と久々に良い事言う。
(↑長男一人っ子B型のため、別に「良い事を言った」と本人思ってない)
あー、この人も少しは残念がってくれたかと思うと、自分の貯金を崩して
挑んでも、もうちょっとがんばるか~と思えるのよね。
やっぱり懲りない私。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

転院 KLC→新橋夢クリニック

2012年06月13日 19時51分13秒 | 2人目に向けて
1人目の時と違って、自分と向き合う時間がない…という言いわけと、
「すぐに妊娠する気がする。」という超お気楽な思い込みで、2人目の
治療の記録を怠っていました。

けど、やっぱり向き合わないとなぁ。

だって、気が付けば時間とお金がいくらかかっているのかもザルだし、
何回採卵して、その結果がどんなだったか…思い出せない。

ちょうど去年の今日くらいに、KLCで着床。(確か3回目の採卵?)
胎嚢確認したものの心拍確認できず流産となり、7月下旬に手術。

その後は「自然でがんばるか」と取り組んでいたけど、結局冬を越し
春になり…2人目が欲しい思いは増すばかり。

夢クリニックの門をたたいたのは、夢クリニックで2人目を授かった
友達の話を聞いて「KLCと違うかも」と希望を持てたからです。

そして5年前にKLCでお世話になった寺元先生に診てもらいたい
という気持ちもありました。

いま、夢クリで1周期目を終えました。撃沈です。
なんとなく「夢クリ1周期で勝負きめたる。」みたいなアホな自信が
あったので、撃沈した時は泣きました。泣くのも何回目かな?

けど、挑まなければ終わるのだと思うと、あともうちょっと貯金と
気力を振り絞って通おうと思います。

その記録を残し、他の方の参考になれれば幸いです。


私、現在36歳4か月。夢クリの説明会では36~40歳のカテゴリーに入ります。
KLCで授かった息子4歳6カ月。幼稚園の年中さんです。
たまに「ママのお腹から赤ちゃん出てくるよ。」って言います。
そんな話は息子の前ではしないようにしているのに、どうしてだか…。

夢クリでの2周期目が始まる前に、1周期目の記録を書こう。
また後日。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

とほほ…な年明け

2011年01月17日 22時11分51秒 | 2人目に向けて
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。といっても、今年でこのブログを
終えられたらいいなぁ…なんて思ってますが。

12月の治療その後。

長男の誕生日に採卵。なんか運命~なんて感じながら、久々の
あの採卵の痛みに顔がゆがむ。

結果 1個。 2つ卵胞が見えましたが、1つは空だったみたいです。

1つの卵ちゃんを前回までの結果を踏まえて顕微受精し、無事受精。
出産とその後の平穏な生活で卵巣も良い状態だったのかとウカウカ
しておりましたが、なぜか卵巣が痛い。
先生にお伝えして、凍結に持って行ってもらうようにしました。

が…5日後の凍結確認で「凍結できる大きさまで育たなかったので。」
という理由でタイムオーバー。
また次周期という時は生理3日目で来てくださいと念を押され終了。

相変わらずあっけない加藤レディスクリニックです。
何もなかったかのように…いや、請求が来たので現実に戻りますが。


次周期、生理3日目は正月。なんだか行く気にもならず、今月は
旦那さまと自然で頑張ろうということになりました。

13日目くらいから排卵検査薬を使うものの、排卵ラインは出ず。
16日目にくっきりとラインが出て、その後ラインが出続けるまで
旦那様に頑張ってもらいましたが…ん?18日目にもラインが出る。
そして本日19日目。まだ体温上がらず。
おかしくないかい?

前周期でセロフェン飲んで卵巣腫れて…また狂ったみたいです。

旦那様も頑張り3日目くらいからヘトヘトに。
そうですよね~、仕事しながらですもんね。感謝感謝。

本日まだ右卵巣あたりに違和感があるので、今度リセットしたら
体温グラフを持参して先生にどうしたものか詰め寄ってきます。
なんでお金払って体のバランス崩さなきゃいけないのよ~

セロフェンいらなかったんじゃないかな…先生の言うまま飲んで
薬を使うのを拒否できなかった自分に後悔です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

久々のKLC

2010年12月02日 20時56分46秒 | 2人目に向けて
もう前のブログ仲間で、今でも見てくださっている人は
いないと思いますが…お久しぶりです。

前回の投稿は2007年12月22日。こちらから遠ざかって
もう3年になろうとしています。

自分自身も、自分のブログの存在を忘れかけていたのですが
このたび2人目を目指して追記をしていこうと思いました。

1人目が授かるまでに色々と試行錯誤、右往左往しながらたどり
ついたKLCでの体外受精。
2人目を目指すのに、KLCの門をたたくのは迷いはありませんでした。

しかし、2人目を目指すこと自体に迷いがなかったかというと
そうではありません。
一人っ子の旦那様は「別に一人でもOK」というスタンスだったし、
そもそも出産後に2人目を目指してお互い努力をしてこなかった。

けど、最近1人目の息子が、友達の妹や弟を可愛がる姿を見たり
将来のことを考えると、やっぱりもう一人欲しい!!という気持ちを
私の中で押さえることができませんでした。

一人目を妊娠するまでは、「一人で良いから~」なんて本気で
思ってたのに、私って欲張りですね。

2人目を目指すのに難しいのは、金銭的なものと年齢的なものと
時間的なもの。
自分の年齢が…というより毎回生理があるたびに衰えていく卵子。
もちろん確率も4年前の卵子よりは悪いだろうし。
そして金銭的な面。前回は自分も働いていたので、ある程度自由に
なるお金があったし、つぎ込める貯金もあった。けど今はなし。
そして一番大変なのが時間的なもの。子供を連れてのKLC通いは
子供の予定も入っている今の私の状況ではかなりつらい…
幼稚園入る来年4月からは無理だろうな~

なんてことで、とりあえず旦那様とは「来年の3月までとりあえず
がんばって、それでもダメだったら、しばらくしてから考える」
ということにしてもらってます。(旦那様は渋々納得かな?)


で、本日子供を連れてKLCに行ってきました。
今日は午前中お稽古があったので、そのまま新宿へ向かい、小田急の
屋上で少し遊ばせて、KLCへ向かいました。

4年前とは少し変わっていて、9階にキッズルームはできているし、
採血は4階ではなく10階になってるし、行き先や流れがだいたいわかる
紙を渡してくれるし、順番がきたら携帯メールに連絡くれるシステムが
あるし…さすがKLC。すごく進んでいてびっくりしました。

久々の治療でも再診となるらしく、今回も成果報酬とはならないっていう
のがなんかさみしいなぁ~なんて思いますが、贅沢は言えません。
(妊娠出産を経て、卵巣とか子宮とか良いコンディションじゃないかと
勝手に思ってるのですが・笑)

たまたま、同じ年の子を持ち2人目を目指す方と一緒になり、初対面
だったにも関わらず2人目の難しさを少し共有しちゃいました。
その方にうかがうと、午前中にも2人目目指すママさんが何組も来て
いるというので、励みになります。


今日は久々の診察だったので、採血3本と内診と先生のお話で3時間
くらいでした。お代は\11600。ま、こんなもんですね。

最後の採卵の周期に使った同じ薬・セロフェンを明日(D3)の夜から
飲みます。完全自然周期で行けるんじゃないかな~って思いますが
基礎体温つけてないのであまり強気にも言えず…まあ、先生のお導きに
頼って進んで見ようとおもいます。

今日のホルモン値 : <E2> 97pg/ml
<FSH> 8.9mIU/ml

相変わらず何のことだかよくわかりませんが、以前同様に他のかたの
ブログで勉強しようと思います。

まあ、私の備忘録みたいなブログですが、今後ともよろしくお願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

産まれました!!

2007年12月22日 18時18分02秒 | 妊娠中
先週土曜日、12月15日、3254gで産まれました。
というより取り上げてもらいました。

前々から「全然降りてきてないね」って子宮の位置を気にしていた先生。
12月に入ってから「骨盤に収まるかどうかレントゲンと撮りましょう」
ということで撮って見た結果…骨盤的には問題ないのですが、尾てい骨が
内側に入っていて恥骨と尾てい骨の間が狭いことが発覚!!
普通尾てい骨はほぼまっすぐらしいのですが、私は進化しているのか?

で、先生と一緒に悩んで迷ったあげく、帝王切開ということになったのです。

自然分娩しか考えてなかったから、結構へこみました。
けど、周りの友達に励まされ、なんとか当日を迎えました。

うちの病院では帝王切開でも立会いできるのだけど、なんと下半身麻酔が
効いた後すぐからの立会い!! 電気メスで下腹部を横に切る音とその後の
パックリ空いたお腹の映像を旦那様は横目で見てしまったようです。
けど、ずーーっと手を握っていてくれてとても心強かったです。

先生や麻酔の先生と会話をしながらの変な出産・笑
「腹筋ありますねー。スポーツしてた?」「子宮が硬いなぁ、生理痛辛く
なかった?」などなど。

で、ぽこっと押されて出てきた赤ちゃんは、猿というよりお地蔵さんでした。

KLCの9個の採卵で痛くてもういやーって感じで泣いた手術室。
あれから1年。同じような手術室で子供に対面できるとは。涙が溢れていました。

帝王切開の知識がなかったからバタバタしたけど、やっぱり手術。
術後はそれなりに面倒です。点滴は3日くらいはずせない上に、赤ちゃんのお世話。
点滴の管や鍼がめちゃ邪魔でいたかったです。
あとベッドから起き上がるときに下っ腹の痛いこと…これには1週間した今も
まだ慣れません。また薬の影響で下半身がむくんでだるいです。

けど、神様ありがとう。
神様からの授かりもの&預りモノ。大事に育てます!!

そしてみなさんありがとうございました。
不妊治療を乗り越えられたのも、みなさんのコメントのおかげです!!
プレタマのみなさん、プレママのみなさん、次はあなたの番です。
がんばってください!! 心から応援しています!!
そして、このブログは今日で終了します。今まで本当にありがとうございました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

臨月突入!!

2007年11月28日 18時33分18秒 | 妊娠中
長らく更新おこたってましたchibidamaです。

前回の更新からも何の問題もなく、仕事の区切りを迎えたり
引越しの準備(来年2月に2世帯住居に引越し予定)や、
お里帰り出産の準備をしていました。

あ、問題ないっていうのはウソか。
一つ問題を起こしました。それは、35週で転倒…実家の居間で
豪快に転びました。右手に器(丼)を持ったまま、つまずいて…

走ったり、階段使って周りに「転んだら危ないから」って
言われていたけど「この20年近く転んだことはないわ~」なんて
自分を過信しすぎておりました。
今回転んだときには本当にびっくりして、近くに居た父&母も
取り乱し、すぐに血圧はかり、胎動を確認し、けど心配で
病院にかけこみました。土曜日だったのでメチャ混んでたけど
丁寧に対応してくれた病院に感謝。

結果、お腹を打ったとしたら右側だったけど(もちろんかばって
たので、打ったつもりはないが)、胎盤は左上だし、右側には
余裕があるから大丈夫でしょうとのこと。
その後も元気にウニョウニョ動いているので、大丈夫みたいです。

あー、ちょっとおバカだったらママのせいね。本当にごめん。
それ以来、歩くのも手をお腹に当てたりして、慎重になってます。


そんなこんなで明日で37週。正産期というのでしょうか?
検診のたびに「大きいね。普通に産めるかな?」って先生に脅されてます。
36週で推定体重2600g。誤差があるだろうけど、頭が大きいのか?
来週の検診で赤ちゃんが降りてきてなかったら、レントゲンとって
はまるかどうか確認して、だめなら帝王切開の方向で進むみたいです。

まあ、帝王切開だと術後が痛いらしいけど、普通分娩の陣痛が後から
来ると思えば同じかな? 計画も立てやすいし、赤ちゃん安全が一番。
赤ちゃんと神様と先生にお任せしまーす。


そうそう、今日の日経新聞の夕刊で、不妊治療の記事が載っています。
記事の中の31歳IT企業勤務のモデルは私です。先日アンケートと電話での
取材を受けました。記事では色々な企業が不妊治療について制度を設け
バックアップしているというのを紹介しています。
一人でも多くの悩める人の目に留まる事を祈ってます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

妊娠6ヶ月の間の様子

2007年08月24日 12時59分25秒 | 妊娠中
またまた大変ご無沙汰しております。chibidamaです。

暑いですね~。なるべくクーラーを使わずに生活していた
私もさすがの暑さで一日中クーラー入れっぱなしという日が
続きました。
お腹の赤ちゃんには申し訳ないけど、冷たい飲み物もガブ飲み。

今日当たりは少し涼しいので、夕方は散歩しようかな。

さて、前回の更新後、「腹帯のお祝い」をしました。
といっても、父と義父と旦那様が3人で昼間からお酒をたくさん
飲む会といった様子。まあ、名目はなんであれ私も美味しいものが
食べれて満足でした・笑

今回、選んだお店は人形町にある「北浜」。
全室個室で水天宮からも近いため、子供関連のお祝いには色々と
配慮してくれているようです。
ぐるナビのクーポンを持っていくと、大人6人くらいで日本酒の
4合瓶を1本くれました。お得です♪

そのお祝いの席でも「まだ胎動って分からないんですよ」って
話していたのに、その夜になって「ぐり」って感じの感触!!
おお、これが胎動か!! と、赤ちゃんはみんなでお祝いしてくれるのを
待っていたかのようでした。

で、それが5ヶ月末くらいのこと。今はリラックスして横になって
いると、ポコポコたくさん蹴ってきて、旦那様が触っても分かるほど。
ああ、元気なんだなぁ~ってちょっと嬉しいです。


んでもって、最近のお勧めは胎教(?)CD。
オルゴールの音楽とかも聴いているけど、一番効くのでは?と感じるのは
「ほーら泣きやんだ!ゆっくりおやすみ編~となりのトトロ・いつも何度でも」

私は音楽関係の友人から頂いたのですが、産婦人科の先生とヒーリングミュージック
で有名な神山純一さんが共同で作成したものらしく、子宮内にマイクを通して
集めた音がベースとのこと。
「赤ちゃんが産まれたら聞かせよう」なんて思ってためしにあけて聞いてみたら
私がぐっすり!! 昼寝した日の夜だったのに、すぐに寝れました!!
きっとこの音楽が私の胎内記憶に働きかけてたのかも。
ママにも赤ちゃんにも良いと思います♪

ああ、妊娠3ヶ月くらいの不眠症気味だった時期に欲しかった・笑
他にも同じシリーズで色々と出ているみたいなので、トライしてみよう♪

来週で7ヶ月に入ります。
順調にいけばあと4ヶ月。ちょこっと目立ってきたお腹がどれくらい
膨らんでいくのか、楽しみです。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加