私の日記帳

◆◇ベランダの多肉植物栽培日記◇◆
      &
◆◇読了した本の備忘録◇◆

『エンブリオ (上)(下)』 帚木 蓬生 集英社文庫

2018-01-26 | 読書日記
この本を読み始めた時、
あれ?これ読んだことあるかも・・と思ったら、
この本の続編「インターセックス」を7年くらい前に読んでいました。

どうにもいけ好かない産婦人科医が、主人公です。
ストーリーや倫理観云々よりも、この主人公が嫌いです。

この作品も上下巻あって、無駄に長い。

帚木蓬生さんの作品は、
今までに4作品読みましたが、これが最後になるかな・・。
Comment

『薔薇窓〈上〉〈下〉』 帚木 蓬生 新潮文庫

2018-01-26 | 読書日記
1900年のパリを舞台に繰り広げられるLOVE&サスペンス。
上下巻にわたる長編ですが、無駄に長い。
ストーリーは面白いし、登場人物も魅力的ですが、
延々とパリの万博やら街並みの様子やらを描かれても、
いまいち私には伝わってこなくて、そのあたりは退屈でした。

ちなみに「薔薇窓の闇」という本が出版されているようですが、
この「薔薇窓」と全く内容が同じみたいです。
(読んだわけではないので、確かではありません)
何故に題名を変えたのかしら?
Comment

『鬼龍院花子の生涯』 宮尾 登美子 中公文庫

2018-01-26 | 読書日記
「鬼龍院花子の生涯」といえば、夏目雅子さんの映画で、
「なめたらいかんぜよ」のセリフが有名です。

が、私は映画を観に行ったわけでもないので、
どんなストーリーかも全く知らず、
鬼龍院花子=夏目雅子さん、だとばかり思っていました。

そして、「なめたらいかんぜよ」のセリフがどこで出てくるのかと、
楽しみにして読んでいましたが、実は小説では出てこないんですね。
映画だけのセリフであったようで、
解説を読んで、それがどの場面で出てくるのかを知りました。

映画化されただけあって、とても良い作品でした。
Comment

『九月が永遠に続けば』 沼田 まほかる 新潮文庫

2018-01-06 | 読書日記
昨年読んだ作品。

長編小説で、主人公以外に失踪する息子やら元夫の家族やらいろいろ登場します。
とにかくドロドロした不可思議な人間関係が、気持ち悪い。

この作者の本を何冊か過去にも読みましたが、
これで最後になると思います。
Comment

『満潮の時刻』 遠藤 周作 新潮文庫

2018-01-06 | 読書日記
昨年読んだ作品。

遠藤周作氏の実体験を元にして、
結核の再発による壮絶な手術と入院生活に関して克明に描かれています。

有名な「沈黙」と、ほぼ同時期に書かれたとのことですが、
「沈黙」を読んでいないし、
キリスト思想のことはよく分からなくて、
闘病生活がメインなので、なかなかに苦しくなるような小説でした。
Comment

チランジア クロカータが開花しました

2018-01-05 | チランジア
2018年になりました。
このブログも2007年に始めて、早10年が経過しました。

鉢植えの花から始まって、エケベリアやセダムに目覚め、
リトープスやコノフィツムを愛し、
2016年からはチランジアに目覚めました。

そして、最近では花屋さんの切り花にも興味をひかれ、
お花の名前を辞典で調べて勉強して、小さな花瓶に活けたり、
また、ドライフラワーを作るのにもハマっています。

ものぐさな故、結構ぞんざいな扱いをしてしまうことも多いのですが、
なんとかずっと育てることができているのも、
厳しい環境を生き抜く術を身に付けた逞しい植物のおかげです。

そんな植物の逞しさから勇気をもらい、
癒しの香りのプレゼントをもらい、
可憐な姿に癒される、
そんな静かな日々をこれからも過ごしていければいいなと思っています。

クロカータ Tillandsia crocata 
2016年の秋に購入したコです。
購入後1年以上経って、ようやく咲きました。
良い香りです☆
あ~~、ささやかな幸せが嬉しい。
少しづつ少しづつ成長して、たくさんお花が咲くようになると良いな。



励みになります!クリックしてね。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へにほんブログ村
Comment

『夕映え天使』 浅田次郎 新潮文庫

2017-11-21 | 読書日記
この本に収録されている「琥珀」を原作にしたドラマが、
9月ごろに放送されました。

ドラマを録画して観ている途中で原作が読みたくなって、
先に原作を読んでからドラマを観ました。

小説での舞台は東北、主な登場人物は刑事と犯人なのですが、
ドラマでは富山の黒部周辺で、西田敏行さんと寺尾聰さん、
そして紅一点に鈴木京香さんを加えてありました。

小説はわりとあっさりした感じで読みましたが、
ドラマは俳優さんたちの名演技でとても良くて、
黒部のロケの様子も楽しめました。

この本は短編集で、少し不思議なお話がいくつか収録されています。
「丘の上の白い家」もドラマの原作になりそうなお話です。
Comment

『急な青空』 南木 佳士 文芸春秋

2017-11-20 | 読書日記
南木佳士さんの本をたくさん読んでいるのですが、
これは2003年発行のエッセイで、
私は時系列で読んでいないので、前後関係があやふやな読者です。

このエッセイを読むと、
そのときの作者と一緒になってドキドキしたり困惑したり、
ほっとしたり嬉しかったり。

美しく分かりやすい日本語の文章を提供して下さる南木佳士さん、
また機会があれば読みたいと思います。
Comment

チランジア イオナンタが開花しました

2017-10-15 | チランジア
イオナンタ ルブラ Tillandsia ionantha Rubra
ちょっと前から葉が赤くなってきたので、お花が咲くのを期待していました。
雨模様でしたが、今朝開花しました。



Tillandsia ionantha’Escaposa’
こちらは少し大型のコ。
ルブラと仲良く、今朝開花しました。



次のお花が見えています。
しばらく楽しめそうです♪



励みになります!クリックしてね。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
Comment

寄せ植え作り

2017-10-01 | 多肉寄せ植え
先日、趣味の園芸を観ていて、
セダムの寄せ植えが作りたくなりました。

でも、近所のHCにはしょぼい多肉しか置いてなくて、
仕方なく枯れかけた万年草と八千代を買ってきました。
あとは、家にあった余剰苗を追加して詰め込んで・・。

数か月経ったら、色と形が変わって可愛くなるかな?





励みになります!クリックしてね。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
Comments (2)