デ・クラッシュリスの部屋

とりあえず、趣味のF1やラジコンのことでも書こうかなと思っています。
深く静かに進行します(笑)

インディ500

2017-06-04 00:05:14 | その他
先週のインディ500は見ましたか?
予選で琢磨が4番手、アロンソが5番手という情報を見て思わずスカパーでGAORAに加入してしまいました。
さすがに生放送では見れないので、予約録画をして月曜の夜に観る計画だったのですが。。。
月曜日はレース結果を見ないようにネットニュースを遮断し、仕事を定時に終わらせ速攻で帰宅の途についたのですが、その電車の中でふと顔を上げると、車内の流れる掲示板に「琢磨が日本人として初優勝・・・」
油断してました。
あ~、もう完全に何のことだか分かっちゃいました。
レースの内容が面白かっただけに、結果は知りたくなかった。。。
情報化社会も考え物ですよね。
いや、これもニューボディを作った呪いか。

↓過去に作った琢磨号の一部です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

F103 is Back?

2016-12-28 00:19:47 | D-Drive
正式なイベント名称は分かりませんが、11月27日に久しぶりのF1イベントがドラで開催されました。
イベント当日は明け方まで雨が残り、昼過ぎからまた本降りとの予報でしたが、店長の執念なのか、無事に決勝レースまで行うことができました。
天気予報をものともせずに集まった猛者たちがこんなに。


当然、私もSUPERMAN RedBullで参戦しました。



このSUPERMANのデザインは個人的に好きなのですが、いかんせん、実際に走らせて遠目から見ると、塗装に失敗したRedBullのボディが走っているようにしか見えないんですよね。
それでも、久しぶりのF1イベントを存分に満喫することができました。
成績の方は。。。聞かないでください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SUPERMAN RED BULL 復活編 その6(最終回)

2016-12-17 23:15:48 | RedBull
リアウィングを取り付けて、RedBull RB2(モナコGP仕様)のレストア完了です。


かつて展示会のために製作したF201版と比較するとこんな感じです。
クサードばかり作っていますが、特にクルサードのファンというわけではありません。。。


それにしても、無精者の私が珍しく気合を入れてボディを製作していたわけですが、そしたら、11月に首都圏で54年ぶりの積雪だって。
これはボディを作ってはならない!という神の啓示か?
もしNewボディを作ろうものなら、日本が、いや世界がヤバイことになるかも!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

SUPERMAN RED BULL 復活編 その5

2016-12-14 23:37:15 | RedBull
アンテナパイプを適度な長さにカットして、M2径のタッピングネジで固定すれば、バージボードの完成です。


更に追及は止まりません。
リアウィングへの空気の流れを整える整流板も、ホワイトフィルムラベルとプラ板を組み合わせて再現。


これで以前のと比べて、更に雰囲気が増しましたよね。

最後に、超手抜きだったフロントウィングも、新規デカールを作成し、青いウィングに直しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SUPERMAN RED BULL 復活編 その4

2016-12-10 23:18:58 | RedBull
前回は厚手のホワイトフィルムラベルを利用して、なんちゃってバージボードを製作していましたが、今回はプラ板を利用して再現します。
プラ板はライターの火で炙ってから丸いペンなどを軸にして反らせてあります。


デカールを表と裏に貼り、ハサミで切ったらこんな感じになります。


これをどうやってボディに取り付けるのかというと、これを使います。


そうです。アンテナパイプが支柱に打ってつけですね。
でも、最近はアンテナを立てて走行している人をあまり見かけないので、貴重なアイテムだったりしますか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SUPERMAN RED BULL 復活編 その3

2016-12-07 23:25:38 | RedBull
正式なデカールを裏貼りして、青を再塗装しました。


ボディが微妙に湾曲しているせいで、どうしても裏貼りデカールにシワが寄ってしまうのですが、力の加わりそうな所に予めハサミで切れ込みを入れておけば、多少の柔軟性を出すことができます。
それでもできてしまう小さなシワは、デザインナイフで切れ込みを入れ、力を逃がすことでシワを目立たないようにしています。

次はやっつけ仕事で作ったバージボードを手直しします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SUPERMAN RED BULL 復活編 その2

2016-12-03 23:57:22 | RedBull
塗装を剥がすのはノーズにかけての上面だけなので、ボディをひっくり返してリターダーマイルドをたらし、数分放置したら筆を擦り付けティッシュでふき取る。 これを根気よく何度も繰り返します。
すると、タミヤのポリカーボネート用塗料でも綺麗サッパリ。


でも、調子に乗りすぎてシルバーのラインまで浸食して消してしまいました。

ブログ用に撮ったこの写真を見て、このシルバーラインの修復を忘れていたと、今思い出しました。。。

サイズ調整用に印刷した紙と合わせると、こんな感じになる予定です。
ノーズにジャストフィットでしょ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SUPERMAN RED BULL 復活編 その1

2016-11-29 23:39:28 | RedBull
先週の日曜日に、D-Driveで久しぶりのF1イベントが開催されました。
当然、新しいボディを投入するか悩むことになったわけですが、今回は過去に製作したボディをレストアすることにしました。
ベースは、2008年にタミグラへ参加した際に製作したRed Bull RB02(モナコGP仕様)です。
もう8年以上前に作ったボディですが、一度だけレースに参加しただけなので、きれいに残っています。


そんなボディの何をレストアするのかというと、当時は時間がなく色々と妥協してしまったので、それを穴埋めしようと思います。
それでもコンデレを獲得しているのですが。。。

で、一番修正したかったのがスーパーマンの胸デカールです。
元々はF201のボディ用に作ったデカールなのですが、F103(Mボディ)の寸法に合うように、とりあえず縮小しただけなので、幅が足りずにウェストが細くなっていました。
このため、今回はMボディのノーズとピッタリ合うようにデカールを作り直しました。


当然、塗装を剥がす必要があるので、久しぶりにリターダーマイルドの登場です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんちゃってARTA NSX(2009年)製作日記 その8(最終回)

2016-11-20 23:40:52 | Super GT
なにせイベントギリギリまで作業していたもので最後は駆け足となってしまいましたが、デカールを貼ってARTA NSXの完成です!



デカールは旧年型の使いまわしなので、足りなかったり色が違っていたりしていますが、「なんちゃって」なので見逃してください。


鏡面テープがキラーンとしていますね。
黒い輪郭をグレーにするなど工夫したら、より効果的だったかもしれません。

さて、このボディは何年持つのかな? 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんちゃってARTA NSX(2009年)製作日記 その7

2016-11-15 23:47:42 | Super GT
ヘルメットを緑、黒、赤と3色塗り分け、仕上げにMr.スパークリアでツヤを出します。
ついでにリアウィングも黒で塗装。


そしてあっという間にコクピットとドライバーの完成!
ドライバーは2003年にジョーダンでF1デビューしたR.ファーマン選手でした。


いつもの顔写真入りバイザーでキモさ倍増ですね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加